ホンダ シビック

カーライフニュース - ホンダ シビック

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

9月30日、ショーワ技術体感試乗会「Showa Technology Experience」が、栃木県の塩谷プルービンググラウンドで開催された。

ショーワはシャシーサプライヤーとして有名で、ホンダ系のシャシーパーツを担当するのはもちろんほかの四輪メーカーにもサスペンションパーツを供給している。


Showa Technology Experienceではサスペンション関係だけでなく、次世代の電動ステアリングなどが装着された数々の車両・・・

ニュースを読む

ホンダアクセスは、マイナーモデルチェンジしたホンダ『シビックタイプR』の発売にあわせ、純正アクセサリーを10月9日に全国のホンダカーズにて発売する。

今回、カーボン繊維と赤いポリエステル繊維を綾織りで織り込み、オートクレーブ製法で成形したリアルカーボンアイテムとして「フードエアインテーク」(13万2000円)を新たに設定。従来からラインアップしているリアルカーボン製テールゲートスポイラーやインテリアパネルとコーディネートすることで、シ・・・

ニュースを読む

無限(M-TEC)は、ホンダ『シビックタイプR』改良新型の発表に伴い、各種パーツを10月9日より順次全国のホンダカーズおよび無限パーツ取扱店にて発売する。

新型シビックタイプR用無限パーツは『More "R"』をコンセプトに、各種エアロパーツを始め無限のレーシングスピリットと、「MUGEN RC20GT」から生まれたノウハウを注ぎ込み開発した「カーボンエアロボンネット」や「カーボンウイングスポイラー」等をラインアップした。

カーボン・・・

ニュースを読む

ホンダは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響で発売を延期していた『シビックタイプR』改良新型を10月9日より発売すると発表。また、スポーツ性能を追求した『シビックタイプRリミテッドエディション』を11月30日より国内200台限定で発売する。

今回のモデルチェンジでは、前後バンパーをよりスポーティさを際立たせたデザインにするとともに、エンジンの冷却性能を向上させるなど、サーキット走行性能をさらに追求。また、安全運転支・・・

ニュースを読む

ホンダは現在『シビックタイプR』次期型の開発に着手しているとみられるが、スクープサイト「Spyder7」はデザインに関する最新情報を入手。そのエクステリアを大予想した。

初代シビックタイプRは、1997年に初代が誕生。2001年には第2世代、2007年には第3世代へとバトンタッチされ、3ナンバーサイズへと進化。2015年の第4世代ではニュルFF最速の称号も得ている。そして2020年7月には、現行型となる第5世代「リミテッドエディション・・・

ニュースを読む

ホンダアクセスは、軽自動車からセダンまで7車種に装着できる共通デザインの純正アルミホイールを9月18日より全国のホンダカーズにて発売する。

ホンダアクセスでは、車両のコンセプトに合わせた専用デザインの「Modulo(モデューロ)」純正アルミホイールを提案しているが、今回発売するアルミホイールは、従来のModuloのコンセプトとは異なり、5×2スポークのタイムレスな共通デザインを採用し、リーズナブルな価格を実現している。

サイズ展開は・・・

ニュースを読む

ホンダの自己啓発プライベートチーム「ホンダR&Dチャレンジ」は、2020年スーパー耐久シリーズ(S耐)ST2クラスに、「2020シビック タイプR」で参戦する。

同チームは、モータースポーツに関心のある従業員、シビック タイプR開発メンバー、人材育成担当が合流し、有志で立ち上げた自己啓発プライベートチーム。ホンダのDNAであるモータースポーツを体現する活動を通じ、チャレンジング・スピリッツを醸成し、スポーツカー開発を担う人材を育成する・・・

ニュースを読む

ホンダの米国部門は9月3日、改良新型『シビックタイプR』(Honda Civic Type R)の「リミテッドエディション」を9月後半、米国市場で600台限定発売すると発表した。

リミテッドエディションには、改良新型シビックタイプRのすべてのアップデートに加えて、究極のストリートリーガルサーキットマシンを目指して、専用チューニングが施されている。

◆各部の軽量化によりマイナス20kg以上を達成

リミテッドエディションのハイライトは・・・

ニュースを読む

ホンダの米国部門は9月2日、改良新型『シビック タイプR』(Honda Civic Type R)を米国市場で発売した。

改良新型シビックタイプRは、米国で2017年に発売されて以来、初の本格改良を受けたモデルだ。乗り心地やハンドリング、ブレーキ性能、エンジン冷却性能などのアップグレードが施されている。

◆開口部を広げた新デザインのフロントグリル

エクステリアは、バンパーカットアウト部分にボディカラーのアクセントが追加された新デザ・・・

ニュースを読む

ホンダの米国部門は8月27日、『シビックタイプR』(Honda Civic Type R)改良新型をベースにした「インディカー・シリーズ」のペースカーを発表した。

改良新型シビックタイプRは、米国で2017年に発売されて以来、初の本格改良を受けたモデルだ。乗り心地やハンドリング、ブレーキ性能、エンジン冷却性能などのアップグレードが施されている。

◆エンジン冷却性能を高める新デザイン

改良新型のエクステリアは、バンパーカットアウト部・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

そっとじ

北海道5000㎞の旅

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:そっ***** さん
総合評価:

1か月休みを頂いて静岡~北海道ドライブしてきました 出発日 9月29日 ...[ 続きを見る ]

DY

全く関係ないけど

車種名:ダイハツ ムーヴ
投稿ユーザー:DY***** さん
総合評価:

前期モデルのJC08燃費が最高31あって 後期モデルのJC08燃費が26...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針