コンチネンタル

カーライフニュース - コンチネンタル

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

コンチネンタル(Continental)は6月11日、新開発の次世代デジタルコクピットを発表した。

この次世代デジタルコクピットは、米国カリフォルニア州シリコンバレーのLeia社と共同開発されたもの。ライトフィールドディスプレイによって生成された3D画像が特長だ。ドライバーは3Dメガネを装着することなく、デジタルコクピットの表示を立体的に見ることができる。

また、ドライバーだけでなく、助手席と後席の乗員も、座った位置からデジタルコク・・・

ニュースを読む

コンチネンタル(Continental)は6月6日、クラウドベースで自動的にエコ運転を行う「eHorizon」搭載車が2012年以来、10億リットル以上の燃料を節約し、およそ300万トンのCO2を削減した、と発表した。

eHorizonは、車両システムを制御するナビゲーションデータを高度に活用し、インテリジェントで安全な車両ナビゲーションを実現するもの。交通状況を事前にドライバーに知らせることで、安全、利便性、効率を高めることが狙いだ・・・

ニュースを読む

5月22日から24日まで、神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で開催されている「人とくるまのテクノロジー展2019」。独コンチネンタルも自動車業界のトレンドに沿って、「自動運転」、「コネクティビティ」、「効率化」をテーマに出展している。

デンソーや独ボッシュなどと並び、「メガサプライヤー」とよばれる同社も、クルマの機能全体をカバーする製品ランナップが印象的である。

通路に面して最も目立つ場所に展示されているのが「3Dフラッシュライダー」。・・・

ニュースを読む

コンチネンタルが次世代EVを開発、低温時の航続延長へ

by 森脇稔 on 2019年05月22日(水) 17時00分

コンチネンタル(Continental)は5月21日、フランス・リヨンで開催される「EVシンポジウム(EVS32)」において、次世代EVの研究開発車両を初公開すると発表した。

EVは気温が氷点下になると、気温20度の時よりも航続が短くなる。この温度によるバッテリーの性能の低下を、最小限に抑えることが重要だ。コンチネンタルの次世代EVの研究開発車両は、この課題に対する解決策を提示している。

次世代EVの研究開発車両には、新開発されたマ・・・

ニュースを読む

コンチネンタルは、5月22日から24日まで、パシフィコ横浜で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」に出展すると発表した。自動運転、効率化、コネクティビティ分野における最新のソリューションを紹介する。

コネクテッド領域では、同一のハードウェアとソフトウェアプラットフォームで両方の通信規格を満たすことが可能で、V2X通信をグローバルに適用する際、コストや、煩雑性を軽減できる新しいハイブリッドV2Xソリューションを・・・

ニュースを読む

コンチネンタル(Continental)は5月15日、オーストリアで開催される「第40回ウィーン国際エンジンシンポジウム」において、新開発のターボチャージャーを初公開すると発表した。

ウィーン国際エンジンシンポジウムは、毎年開催されている。自動車業界の主要企業が参加し、電動モビリティなどの最新ソリューションを紹介する。

コンチネンタルは、今年のウィーン国際エンジンシンポジウムにおいて、新開発のターボチャージャーを初公開する。このター・・・

ニュースを読む

コンチネンタルタイヤ・ジャパンは5月10日、3月に日本で販売開始したハイパフォーマンス・エコタイヤ『EcoContact6』(エコ・コンタクト・シックス)がメルセデスベンツの『Cクラス』に新車装着タイヤに採用されたと発表した。

EcoContact6は新しいコンパウンド技術「グリーン・チリ2.0」を採用したハイパフォーマンス・エコタイヤ。ウェットブレーキ性能、転がり抵抗、耐摩耗性能という相反する性能を高いレベルで両立したとしている。
・・・

ニュースを読む

コンチネンタル(Continental)は5月9日、2019年第1四半期(1〜3月)の決算を発表した。

同社の発表によると、売上高は110億4670万ユーロ(約1兆3620億円)。前年同期の110億1270万ユーロに対して、0.3%増加した。

一方、2019年第1四半期の調整後の利益は、8億8420万ユーロ(約1090億円)。前年同期の10億6620万ユーロに対して、17.1%の減益となっている。

減益となった主な要因は、研究開発・・・

ニュースを読む

コンチネンタルタイヤのスポーツコンフォートタイヤ「プレミアムコンタクト6」が、ボルボが4月から販売を開始した『V60クロスカントリーT5 AWDプロ』に、新車装着タイヤとして採用されている。

タイヤサイズは235/45R19 99V XL。サイドウォールにはボルボ承認マーク「VOL」が刻印されており、V60クロスカントリーの安全で快適なドライビングに貢献する。

プレミアムコンタクト6は、快適性とスポーツ性を融合したスポーツコンフォー・・・

ニュースを読む

コンチネンタル(Continental)は4月22日、ドライバーの意識調査、「モビリティ・スタディ2018」の調査結果を発表した。

「モビリティ・スタディ」は、コンチネンタルが毎年公表しているもの。市場調査/社会調査会社のinfas社と共同で、日本、ドイツ、米国、中国において、一般ドライバーおよそ5000名を対象に調査を行った。科学分野や自動車業界の有識者へのインタビューも行い、世界で最も総合的な自動車調査のひとつとなっている。

日・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アンケート
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

巨富300M

3年乗ったうえでの追加コメント。 最近、プリウスロケットとか暴走老人問題...[ 続きを見る ]

わいわいにっしー

燃費に満足

車種名:スズキ スペーシア (ハイブリッド)
投稿ユーザー:わい***** さん
総合評価:

通勤用に新古車で購入し、エアコン不要の季節を3ヶ月弱3000キロ程乗りま...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針