コンチネンタル

カーライフニュース - コンチネンタル

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

コンチネンタル(Continental)は5月27日、グローバル自動車メーカーから、量産車向け「ピラー・トゥ・ピラー・ディスプレイ」の最初の大規模受注を獲得した、と発表した。

ピラー・トゥ・ピラー・ディスプレイは、コックピットの全幅に広がるディスプレイだ。このソリューションを開発することにより、コンチネンタルは車載ディスプレイの大型化というトレンドを継続しているという。

左側のピラーから右側のピラーまで、 コックピットの全幅に広がる・・・

ニュースを読む

コンチネンタル(Continental)は5月18日、スマートフォンを使った新世代のデジタルキー「CoSmA」が、「ドイツイノベーションアワード」において、最高位の金賞を受賞した、と発表した。

ドイツイノベーションアワードは、ドイツ連邦議会の主導で設立されたドイツデザインカウンシルが、毎年発表している。審査員は製品の使いやすさ、経済効率、持続可能性、品質、将来の実行可能性を含めたテクノロジーを評価する。

コンチネンタルは、スマートフ・・・

ニュースを読む

コンチネンタル(Continental)は5月6日、2021年第1四半期(1〜3月)の決算を発表した。

同社の発表によると、売上高は102億5890万ユーロ(約1兆3550億円)。前年同期の99億1270万ユーロに対して、3.5%増と2年ぶりに前年実績を上回った。

また、2021年第1四半期の純利益は、4億4760万ユーロ(約590億円)。前年同期の2億9230万ユーロに対して、およそ1.5倍の増益と回復している。

増益となった主・・・

ニュースを読む

コンチネンタル(Continental)は4月14日、中国で4月19日に開幕する上海モーターショー2021において、先進運転支援システム(ADAS)向けの第6世代の長距離レーダーとサラウンドレーダーを初公開すると発表した。

コンチネンタルはレーダーセンサーを、20年以上にわたって手がけてきた。その間、全世界に合計1億個以上のレーダーセンサーを出荷した。コンチネンタルが持つレーダーセンサーに関するノウハウを投入して開発されたのが、第6世・・・

ニュースを読む

コンチネンタル(Continental)は4月9日、「5G V2Xテレマティクス」システムの受注を、欧州の商用車メーカーから初めて獲得した、と発表した。

コネクテッドカーは、ドライバーと乗員が最新のインフォテインメントにアクセスすることを可能にする。また、リアルタイムの交通情報やロードハザード、他の車両やインフラと直接通信することで、安全支援機能を高め、運転をより安全で効率的なものにするという。

これを実現するために、コンチネンタル・・・

ニュースを読む

コンチネンタル(Continental)は3月16日、2022年1月1日付けで、「オートモーティブテクノロジー」部門から、「自動運転モビリティ」事業を独立させると発表した。

今回の発表は、コンチネンタルの戦略的再編の次の段階にあたるものだ。コンチネンタルは先進運転支援システム(ADAS)と自動運転に関して、世界規模でテクノロジーリーダーであり続けることを目指す。

コンチネンタルは2018〜2020年、先進運転支援システムと自動運転の・・・

ニュースを読む

コンチネンタル(Continental)は2月23日、Recogni社に出資した、と発表した。同社は、高度な自動運転に求められる人工知能(AI)をベースにしたリアルタイム物体認識のための半導体を手がけている。

コンチネンタルによると、自動車の計算能力の必要性は着実に高まっているという。数年前には、毎秒数メガバイトのセンサーデータを分析する必要があったが、今後数年間で、その数値は毎秒数ギガバイトに増加する見通し。また、車線逸脱警報システ・・・

ニュースを読む

コンチネンタル(Continental)は1月13日、3つのソリューションが「CES 2021イノベーションアワード」を受賞した、と発表した。

2021年に受賞したのは、センハイザーと共同開発された「透明トレーラー機能」だ。これは、後方のトレーラーを視覚的に透明にして、その後方の道路状況を確認する技術。

2つ目のイノベーションは、自動運転向けに最大300mの物体検出を可能にする4Dイメージング長距離レーダーセンサー「ARS540」だ・・・

ニュースを読む

コンチネンタル(Continental)は1月12日、米国からデジタル開催中のCES 2021において、ライトフィールドディスプレイによる次世代の「3Dナビゲーションシステム」を発表した。

この3Dナビゲーションシステムは、HERE(ヒア)社、Leia(レイア)社と共同開発した。この技術によって、より安全で直感的にナビゲーションシステムを利用できるようになるという。

3Dナビゲーションシステムでは、Leia社の「ライトフィールドテク・・・

ニュースを読む

コンチネンタル(Continental)は12月15日、子会社のVitescoTechnologiesが、ルノーの新世代電動車のオートマチックトランスミッション向けに、アクチュエータモジュールを供給すると発表した。

ルノーグループは、新開発の電動化技術「E-TECH」搭載車を、欧州で設定している。E-TECHは、ルノーのエンジニアリングによって開発され、多くの特許を取得しており、ルノー日産三菱アライアンスで、構造部品を共用する。E-T・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

ミズガメ

CVTのエコラン方法

車種名:スバル レヴォーグ
投稿ユーザー:ミズ***** さん
総合評価:

スバル車を乗り継いで23年、燃費は諦め半分でした。 今は、新型レヴォーグ...[ 続きを見る ]

サクラM

何を基準にして評価するのかは。車種のカタログ燃費ですよね。 しかし同車種...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針