コンチネンタル

カーライフニュース - コンチネンタル

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

コンチネンタル、新CEOを任命…12月1日付けで就任

by 森脇稔 on 2020年11月17日(火) 06時15分

コンチネンタル(Continental)は11月12日、次期CEOにニコライ・セッツァ氏を任命した、と発表した。

同氏は、健康上の理由で11 月30日付で辞任するエルマー・デゲンハート現CEOの後任として、12月1日付けで新CEOに就任する。

ニコライ・セッツァ氏は、ドイツとフランスで工学技術管理を専攻した後、1997 年にコンチネンタルに入社した。コンチネンタルでは現在までに、23年間の豊富なキャリアを持つ。

同氏は、ドイツ国内・・・

ニュースを読む

コンチネンタル(Continental)は10月27日、自動運転向けのセンサー技術を手がける「AEye」社に出資すると発表した。

AEye社は、米国カリフォルニア州ダブリンに本社を置き、高精度かつ高性能な長距離LiDAR(ライダー)を開発している。コンチネンタルは、乗用車とトラック向け次世代LiDARの量産化を目指しており、量産開始は2024年後半を計画している。

カメラやレーダーに加えて、LiDARセンサーは自動運転の主要テクノロ・・・

ニュースを読む

コンチネンタル(Continental)は10月22日、元F1チャンピオンのニコ・ロズベルグ氏が、「エクストリームE」レースシリーズに自身のチームを設立して参戦すると発表した。

エクストリームEシリーズは、「フォーミュラE」を立ち上げた団体によって創設された。コンチネンタルは、2021年からエクストリームEのスポンサーを務め、レースに参加する電動SUV全車に、多様で非常に厳しい環境コンディションに対応した専用タイヤを提供する。

エク・・・

ニュースを読む

コンチネンタル(Continental)は10月8日、次世代の自動運転EVタクシー向けコンセプトタイヤ、「Conti C.A.R.E.」(コンチ・ケア)が、『ヨーロピアン・ラバー・ジャーナル』の「Journey to Automation」賞において、タイヤテクノロジー賞を受賞した、と発表した。

Conti C.A.R.E. の「C.A.R.E.」とは、Connected(接続)、Autonomous(自律)、Reliable(信頼)・・・

ニュースを読む

コンチネンタル(Continental)は10月7日、フォルクスワーゲンの新型EV『ID.3』に、高性能コンピュータを供給すると発表した。

フォルクスワーゲングループは、ID.3を皮切りに、「vw.OS」と呼ばれる車両オペレーティングシステムを導入した。従来の車には、最大でおよそ70個もの異なるコントロールユニットが搭載されていた。新しいITアーキテクチャーでは、各メーカー固有のソフトウェアで作動するこうしたユニットが不要になる。

・・・

ニュースを読む

コンチネンタル(Continental)は8月12日、パワートレイン部門のヴィテスコ・テクノロジーが、フォルクスワーゲンに新型EVの『ID.3』用のドライブコントロールユニットを供給すると発表した。

ID.3の欧州仕様には、3グレードを設定する。エントリーグレードの「ピュア」は、蓄電容量45kWh のバッテリーを搭載し、フル充電での航続は最大で330km(WLTP)。電気モーターはリアアクスルに搭載され、最大出力126psと最大出力1・・・

ニュースを読む

コンチネンタル(Continental)は8月5日、2020年第2四半期(4〜6月)の決算(確定値)を発表した。

同社の発表によると、第2四半期の売上高は、66億1970万ユーロ(約8290億円)。前年同期の112億6400万ユーロに対して、41.2%減と2年連続のマイナスだった。

また、第2四半期の最終損益は、7億4110万ユーロ(約928億円)の赤字。前年同期の4億8480万ユーロの黒字から、赤字に転落している。

赤字を計上し・・・

ニュースを読む

コンチネンタル(Continental)は8月1日、パワートレイン部門のヴィテスコ・テクノロジーが、「レッドドット・アワード2020」において、2つの賞を受賞した、と発表した。

1955年に設立されたレッドドットは、世界的に最も権威あるデザイン賞のひとつだ。49カテゴリーの工業製品を対象に、デザインの革新性、機能性、耐久性、人間工学など9つの基準から審査を行う。「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」、「レッドドット賞」、「特別賞」の3賞があり・・・

ニュースを読む

コンチネンタル(Continental)は7月28日、車両のAI(人工知能)システム開発用に、エヌビディアの技術を導入した自社のスーパーコンピューターを構築した、と発表した。これにより、開発時間を数週間から数時間の単位に短縮できる、としている。

先進運転支援システム(ADAS)は、AIを使用して車両が意思決定を行い、ドライバーをアシストし、自動運転を可能にする。レーダーやカメラなどのセンサーがデータを提供する。そのデータは、インテリジ・・・

ニュースを読む

コンチネンタル(Continental)は7月24日、EVやハイブリッド車などの電動パワートレイン車向けに、専用タイヤを開発した、と発表した。

この専用タイヤは、ウェットとドライの路面での安全性、精密なステアリング、短い制動距離、アクアプレーニングの防止、そして非常に低い転がり抵抗を重視して、開発が行われた。

電動パワートレイン車は、バッテリーを搭載する影響で、車両重量が大きい。また、高トルクのモーターを使って発進するために、エンジ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

シロボル

一度ディーゼルモデルに乗ってみたいと思い、本当に思いきって、買ってしまっ...[ 続きを見る ]

ひな

納車1000km

車種名:スズキ ジムニーワイド/シエラ
投稿ユーザー:ひな***** さん
総合評価:

JB74シエラ11月納車、走行1000kmとなりました。トヨタにヤリスク...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針