ミニ

カーライフニュース - ミニ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ミニのニュース

フォードモーターは5月21日、EVミニバンのフォード『Eトランジット・カスタム』新型(Ford E-Transit Custom)を欧州で発売した。

Eトランジット・カスタム新型は、蓄電容量64kWhのバッテリーを搭載する。これにより、最大337kmの航続を可能にした。この電動パワートレインには、新しい蒸気注入ヒートポンプ技術を標準装備し、エネルギー効率を向上させた。また、回生ブレーキを採用し、都市部での快適な運転と効率向上を図ってい・・・

ニュースを読む

電動ミニバンとSUVを投入、EVシャオペンが香港市場に参入

by 森脇稔 on 2024年05月22日(水) 07時00分

中国の小鵬汽車(シャオペン、Xpeng)は、香港市場に参入した。香港最大のショッピングセンターで発表会を開催し、電動SUV『G6』と電動ミニバン『X9』の2つのEVを正式に発表した。

G6の香港での価格は、標準航続モデルが29万9900香港ドル、長航続モデルが34万9900香港ドルだ。一方、X9の価格は50万香港ドルを下回る予定。右ハンドル版のG6は第3四半期からの納車を計画している。これらのモデルは新世代の音声制御システムを搭載して・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲンは、小型ミニバン『キャディ』(Volkswagen Caddy)の改良新型の生産を開始した。改良新型は5月末から、ドイツの販売店に並ぶ予定だ。

改良新型キャディ・シリーズには、「キャディ・エディション」が設定された。キャディ・エディションは、標準ボディとロングボディの「マキシ」、そしてカーゴバージョンが用意されている。また、子どもやベビーカー、家族や友人を乗せるユーザー、自転車やサーフボード、ペットを運びたいユーザー・・・

ニュースを読む

日産の欧州部門が発表した新型ミニバンの『タウンスター・エバリア』は、3列シートで7人乗り、十分な荷室を備えている。また、ガソリンバージョンのみならずEVバージョンの両方が設定されている。後部のシートは自由に取り外しが可能で乗客の数に応じて自分好みの使い方ができ、仕事でも遊びでも頼もしい相棒となりそうだ。・・・

ニュースを読む

日産自動車の欧州部門は5月14日、『タウンスター・カラオケe』を発表した。このユニークな新型EVミニバンは、外出先でカラオケを楽しむことができ、「タウンスター」シリーズの多用途性とカスタマイズ性を実証しているという。

日産は、『タウンスターeエバリア』をカスタマイズし、独自のカラオケシステムを搭載した。タウンスター・カラオケeは、これまでの常識を覆す大胆な発想で、EVに不可欠な効率を実現するとともに、誰もが歌い続けることのできるオン・・・・

ニュースを読む

パイオニアが三菱『デリカD:5』用トゥイーター取付キット「UD-K306」と『デリカミニ』および系列車の『eKスペース』/『eKクロススペース』/日産『ルークス』用トゥイーター取付キット「UD-K307」を発売。税込価格はどちらも9570円。

「UD-K306/UD-K307」は車室内に溶け込む高品位なデザインを採用し、ドアミラー裏のパネル部にトゥイーターをスッキリと取り付けることが可能になるキット製品。カロッツェリアの適合トゥイータ・・・

ニュースを読む

スズキ『ジムニー郵便車』ミニカー、限定500台で予約開始

by レスポンス編集部 on 2024年05月11日(土) 15時00分

ヒコセブンは、オリジナルブランド「CARNEL」より、スズキ『ジムニー』 (JB64W)2019年モデルの郵便集配車をモチーフにした1/43スケール(全長約8.5cm)のダイキャスト製ミニカーを発表、5月10日から予約を開始した。

軽SUVとして知られるジムニーは、特に雪が多い地域での郵便集配に使用されている。4WDを搭載した小型SUVは、雪道での走破性に優れている。郵便車特有の赤いボディカラーは市販車にはないため、一目で識別できる特・・・

ニュースを読む

5月8日から12日までの5日間、静岡で恒例の「静岡ホビーショー」が開催。今年は62回目の開催で、海外からのバイヤーたちもすっかり戻ってきた印象だ。

初日から2日間は業者並びにメディアの招待日。そして中日の10日は小中学生の招待日。週末の2日間が一般公開日とされているが、4月の時点ですでに一般公開日の事前受付が終了するほどの人気を博しているから、すっかりかつての活況が戻ってきたという印象である。

とはいえ模型業界の厳しさは変わらずなの・・・

ニュースを読む

レクサスのミニバン『LM』に6座仕様、価格は1500万円

by レスポンス編集部 on 2024年05月10日(金) 07時30分

レクサスは、新型『LM』に6座仕様の「LM500h“version L”」を設定、5月9日に発売した。新仕様は、「素に戻れる移動空間」というコンセプトのもと、快適性と利便性を追求したラグジュアリーミニバンだ。

初代LMは、2020年に中国やアジア地域での需要に応えるために企画され、4座・7座仕様が好評を博した。新型LM500hは、ラグジュアリーマーケットの価値観の変化に対応して、全面刷新された。日本国内では、新たなフラッグシップモデル・・・

ニュースを読む

日産自動車の欧州部門は5月2日、新型ミニバンの『タウンスター・エバリア』を発表した。

3列シートで7人乗りをラインナップ。十分な荷室も備えている。EVバージョンとガソリンバージョンの両方が用意されている。

長いホイールベースと5人または7人乗りを設定した。大型スライドドアは、2列目と3列目のシートへのアクセスを容易にする。さらに、後部の5つのシートは簡単に取り外すことができ、個々のシートを前後にスライドさせることで、乗客の数に応じて・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

運転志

工具が無いとね…

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

初回3ヶ月点検の一週間前なんで、一応エンジンオイル量を確認しておこうかと...[ 続きを見る ]

kasaiurado

良い車です

車種名:日産 ノート
投稿ユーザー:kas***** さん
総合評価:

アベレージが23キロに到達しました。 毎日100キロ通勤してたらいつの間...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針