ミニ

カーライフニュース - ミニ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ミニのニュース

トライアンフのニューモデル『ボンネビル ボバー』。1200ccの水冷SOHC並列2気筒8バルブ270°クランクを搭載するモデルだが、そのメディア向け発表会で、トライアンフモーターサイクルズジャパンの野田一夫代表取締役社長は、次のように説明した。

「まず“ボバー”というカテゴリーですが、1940年代にアメリカで生まれ、当初はドラッグレースをするためにできるだけ贅肉を削ぎ落として軽量化したというところから始まっています」

「特徴的なとこ・・・

ニュースを読む

3Dデータを活用する会・3D-GANは、小中学生親子向け工作体験教室「3Dプリンターでマイミニ四駆をつくろう!」を3月19日・20日の両日、タミヤ プラモデルファクトリー 新橋店で開催する。

3D-GANは、3Dデータを活用した産業の普及・振興に取り組む一般社団法人。今回の教室では、3D-GANが参加者1組に1台ずつ用意する3Dプリンター&3Dモデリング環境と、テンプレート化されたボディとカスタムパーツの3Dデータを用意。3Dモデリン・・・

ニュースを読む

三菱自動車は、軽商用電気自動車(EV)『ミニキャブ・ミーブ バン』のグレード展開を見直すとともに一部改良を施し、1月26日より販売を開始した。

グレード展開については、一充電走行距離100kmの「CD 16.0kWh」はハイルーフの2シーターおよび4シーター、同150kmの高出力モデル「CD 10.5kWh」はハイルーフの4シーターに集約し、全3グレードとした。

今回の一部改良では、充電中にエアコン等が使用可能となる空調機能を新たに・・・

ニュースを読む

大阪市のゴム加工会社、モリテックは「オートモーティブワールド2017」にゴムでつくったさまざまな製品を展示した。その中で来場者が注目したのが、全部ゴムでつくった3輪車トゥクトゥクのミニチュアと兜だ。

なにしろ本物そっくりの出来映えだからだ。「それぞれ職人が手作業で切削加工したもので、トゥクトゥクはタイの展示会に、兜は米国の展示会にうちの技術力をアピールするために出品しました。現地では見た人が感心していましたよ」と同社関係者は話す。

・・・

ニュースを読む

去る1月8日に栃木県佐野市で行われた「佐野ニューイヤークラシックカーミーティング」。ここでは360cc時代から黄色ナンバーまでの軽自動車を取り上げてみた。

先輩のスバル『360』と並んでいたのは、1988年式の『レックス コンビ』ヴィッキーII。レックスの3代目に当たり、「コンビ」は4ナンバーバンの通称。「ヴィッキー」は女性向けグレードだ。エンジンは2気筒550cc。オーナーはスバル360も所有しており、エンジンフィールや操舵(そうだ・・・

ニュースを読む

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)ジャパンは1月13日、クライスラー『グランドボイジャー』など2車種に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

今回のリコールは、イグニッションキーの不具合が原因。イグニッションキーシリンダーの「ON」位置の節度が弱いものがある。そのため走行中、イグニッションキーに触れると、キーポジションがONから「ACC」へ動き、エンジンが停止するおそれがある。

また・・・

ニュースを読む

いすゞはこれまでの生産車やコンセプトモデルを保存し、一部は自社の技能伝承、文化遺産伝承を目的にレストア活動を行っている。その一部を報道陣に公開し、撮影会が行われた。

今回公開された車両は12台。そのうち6台は乗用車及びバン、ピックアップ系であった。

いすゞ『ベレル』は同社初の自社開発の乗用車で、当時のフラッグシップサルーンであった。そのデザインは、クルマの走り去るカタチをそのままに、流れるようなイメージしてデザインされたという。日本・・・

ニュースを読む

日立建機は、機械質量2700kg以上のミニショベル8機種53型式に採用している「ソイルフリー トラック」の技術が、国土交通省の新技術情報提供システムNETIS(New Technology Information System)に登録されたと発表した。

NETISは、国土交通省が運営する民間企業などが開発した新技術のデータベース。登録技術を活用することで、公共工事の成績評定で加点対象となる。

今回NETISに登録されたソイルフリー ・・・

ニュースを読む

米国の自動車大手、FCA USは12月上旬、クライスラーブランドの新型ミニバン、『パシフィカ』のプラグインハイブリッド車(PHV)、『パシフィカ ハイブリッド』の生産を開始した。

パシフィカは、クライスラー伝統のミニバン、『タウン&カントリー』の後継モデル。先代モデルのデビューから7年が経過してのモデルチェンジを機に、車名をパシフィカに変更した。

そのパシフィカに設定されるのが、PHVのパシフィカ ハイブリッド。クライスラーによると・・・

ニュースを読む

スズキ、3列シート8人乗りミニバン ランディ を発売…セレナOEM

by 纐纈敏也@DAYS on 2016年12月13日(火) 14時36分

スズキは、3列シート8人乗りミニバンの小型乗用車『ランディ』を全面改良し、12月20日より発売する。

新型ランディは、運転のしやすい車体サイズを維持しながら、ミニバンクラストップとなる室内長3240mm、室内幅1545mmの広い室内空間を実現。2列目シートの690mm超ロングスライドに加え、3列目シートにもスライド機構を採用することでより多彩なシートアレンジを可能とした。さらに2通りに開く「デュアルバックドア」、フタを開いて給油口にそ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2015-2016
ただしがe燃費を使ってみるようです
自動車保険一括見積もり

車レビュー

しずやん

燃費について

車種名:トヨタ カローラフィールダー (ハイブリッド)
投稿ユーザー:しず***** さん
総合評価:

2016年10月に納車しました。 スタイリング良くするためTRDをカスタ...[ 続きを見る ]

NenpiLog

H8/1996年式 L502S モ...

車種名:ダイハツ ミラ
投稿ユーザー:Nen***** さん
総合評価:

NAのJBエンジンはスペック通りの高回転型で低中速が弱く、中間加速の鈍さ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針