コンパクト

カーライフニュース - コンパクト

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

◆格が上がった感がある新型『208』

プジョーのコンパクトカー、『208』である。先代に比べると力強くも品のある大人顔にデザインされ、格が上がった感がある。

インテリアは黒で統一され、甘さは一切ない。エアコンなどのスイッチは奥へ押すプッシュ式ではなく、トグルスイッチと呼ばれる一列に並んだ小さなヘラ(?)を、上からちょいっと押す感じ。


視認性も使いやすさもとてもいい。それにお洒落だし(だったら“ヘラ”とか書くなと言われそう。ピアノ・・・

ニュースを読む

日産自動車はコンパクトカー『ノート』を全面改良し12月23日から販売を開始すると発表した。独自の電動パワートレインe-POWERの第2世代版を初搭載したほか、運転支援技術も進化させたのが特徴。今回の改良を機に全車e-POWERに統一、価格は205万4800円からとなっている。

新型ノートの車両開発責任者を務める渡邊明規雄チーフビークルエンジニア(CVE)は11月24日のオンライン発表会で「第2世代e-POWERと新型プラットフォームが・・・

ニュースを読む

日産自動車のインド部門は11月6日、新型コンパクトSUVの『マグナイト』(Nissan Magnite)に新開発の1.0リットルターボエンジンを搭載すると発表した。

日産マグナイトは、力強いパフォーマンス、目を引くエクステリア、先進のテクノロジーを兼ね備えた小型SUVだ。あらゆる都市環境において、運転に最適なモデルとなることを目指している。

マグナイトは、インドでは日産車初となる全長4m以下の小型SUVだ。マグナイトは同社の事業構造・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車の米国部門は11月5日、2021年型『RAV4』(Toyota RAV4)の「TRDオフロード」が、「コンパクトSUVオブテキサス」を2年連続で受賞した、と発表した。

同車は、RAV4をベースに、オフロード性能を高めたグレードだ。外観は専用デザインとなっており、ボディ前後とサイドのアンダー部分が、ダークグレー仕上げとなる。最低地上高は218mmとした。フロントにはLEDフォグランプが標準装備される。ルーフレールや樹脂製のフ・・・

ニュースを読む

スズキのインド子会社のマルチスズキは10月6日、『ビターラ ブレッツァ』(Suzuki Vitara Brezza)が55万台を販売し、インド最量販コンパクトSUVになった、と発表した。

ビターラ ブレッツァは2016年2月、インドで開催されたオートエキスポ2016で初公開された。インドの顧客の好みや価値観をより重視して開発された都市型のコンパクトSUVだ。力強いエクステリアと充実した装備、多様なオプションパーツなどが特長で、2017・・・

ニュースを読む

「東京モーターショー2019」にてマツダ初の量産EVとして登場したコンパクトSUV『MX-30』だが、日本導入はマイルドハイブリッド搭載モデルからとなる。

ボディサイズは、全長4395×全幅1795×全高1550mm。ホイールベースは2655mmで、同社のコンパクトクロスオーバー『CX-30』とほぼ同サイズだ。

◆あえて廃止したシグネチャーウィング



2019年の『マツダ3』からフェーズ2に移行したマツダのデザインテーマ「魂動」・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲンは9月29日、10月13日に初公開する予定の新型コンパクトSUVの『タオス』(Volkswagen Taos)に、1.5リットルターボエンジンを搭載すると発表した。

タオスは、フォルクスワーゲンのラインナップにおいて、『ティグアン』の下に位置するモデルになる。フォルクスワーゲンが掲げているSUV倍増戦略における次なるモデルになるという。

このタオスのパワートレインが、1.5リットルターボエンジンに決定した。「EA2・・・

ニュースを読む

◆新しい価値を備えるBMWの前輪駆動プラットフォーム

BMWはスポーティな運転感覚を特徴とするブランドで、駆動方式も後輪駆動とこれをベースにした4WDが多い。後輪駆動では、操舵は前輪、駆動は後輪と役割を分けるから、操舵感が駆動力の影響を受けにくい。加速時には荷重が後輪に加わって駆動力の伝達効率も優れ、前後の重量配分も均衡する。


今は前輪駆動車でも上質な走りを味わえるが、後輪駆動は運転感覚がさらに自然で、そこにこだわるのもプレミアム・・・

ニュースを読む

VW ID.4 発表---コンパクトSUV市場にフルEV投入[速報]

by 高木啓 on 2020年09月24日(木) 11時15分

VW=フォルクスワーゲンは9月23日(日本時間24日未明)、新型EVの『ID.4』を発表した。VWにとって初めてのフル電動SUVであり、世界市場で最大規模のコンパクトSUVセグメントに投入される。

電動パワーは150kW(204PS)、航続は520km。ID.4はゼロエミッションを実現するとともにカーボンニュートラルな状況で生産されるという。・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲンは9月17日、10月13日に初公開する予定の新型コンパクトSUVの車名を、『タオス』(Volkswagen Taos)と発表した。

タオスは、米国ニューメキシコ州の町の名前に由来するネーミングだ。世界クラスのスキーリゾート、広大な平原、サングレ・デ・クリスト山脈、壮大なリオ・グランデ渓谷などで知られている。

また、タオスは、フォルクスワーゲンのラインナップにおいて、『ティグアン』の下に位置するモデルになる。また、フ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

otou

とても気に入っている車です

車種名:トヨタ ポルテ
投稿ユーザー:oto***** さん
総合評価:

まもなく走行距離が11万キロになります 燃費は走行環境により差があり、市...[ 続きを見る ]

kuneen

デリカD5

車種名:三菱自動車 デリカD:5
投稿ユーザー:kun***** さん
総合評価:

中古で購入。ガソリン車4WD、Gプレミアム。エンジンパワーを考えると、デ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針