ランドローバー(Land Rover)

カーライフニュース - ランドローバー(Land Rover)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

◆一頭地突き抜けた存在に再び帰って来た
初代『レンジローバー』をその昔、ランドローバーのテストコース、ソリハルで試乗した時、その優雅な動きと卓越した走破性に舌を巻いた。

その後2代目、3代目と進化したはずのクルマだったが、初代の強烈な印象を凌駕するモデルは現れず、その後メーカーはBMW、フォード、そしてタタと親会社が点々とする渦中でどうも筋の通った開発姿勢が見えなかったというか、正直言うと一頭地突き抜けた存在ではなくなった印象が強かっ・・・

ニュースを読む

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ランドローバーのコンパクトSUV『レンジローバー イヴォーク』に日本独自企画の特別仕様車「ブロンズコレクション CURATED FOR JAPAN」を設定し、11月8日より限定150台で受注を開始した。

ベースモデルは際立つデザインと充実した装備が特徴のグレード「ブロンズコレクション」。ソウルパールシルバー、サントリーニブラック、カルパチアングレイの3色のエクステリアカラーに、新型『レンジローバー・・・

ニュースを読む

ランドローバー ディフェンダーの魅力を白馬で体感 10月22-23日

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年10月02日(日) 14時00分

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ランドローバー『ディフェンダー』の魅力と世界観を体感できる特別イベント「ディフェンダー デイ 2022」を10月22、23日にエイブル白馬五竜IIMORI(長野県北安曇郡白馬村)で開催する。

本イベントでは、高さ5m、最大傾斜43度の専用スロープをインストラクターの運転で体験する「ツインテラポッド」や悪路走行を想定した疑似体験ができる「ミニテラポッド・バンク」を実施。またプロドライバーの運転による・・・

ニュースを読む

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ランドローバー75周年を記念した特別仕様車『ディフェンダー 75TH リミテッドエディション』を225台限定で日本に導入。9月15日から10月16日まで注文を受け付ける。

ランドローバーの歴史は1948年、アムステルダムモーターショーで初公開したオフロード向け車両『ランドローバー・シリーズI』から始まった。2023年で75周年を迎えるにあたり、その誕生を記念した特別仕様車ディフェンダー 75TH ・・・

ニュースを読む

ランドローバーは9月14日、欧州向けの『ディフェンダー』(Land Rover Defender)に、「75thリミテッドエディション」を設定すると発表した。

同車は、ランドローバーの75周年を記念するモデルだ。ヘリテージディテールとして、グラスミアグリーンの色合いをエクステリアとインテリアに採用した。専用の「75 YEARS」のグラフィックもあしらわれる。

3Dサラウンドカメラ、マトリックスLED ヘッドライト、カスタマイズ可能な・・・

ニュースを読む

日本最大のランドローバーファンイベント「LAND ROVER CHEERS 74」が10月28日から30日の3日間、ライジングフィールド軽井沢(長野県北佐久郡軽井沢町)で開催されることが決定した。

「LAND ROVER CHEERS 70」は2019年、ランドローバー誕生70周年を記念して、「ランドローバーを愛する者同士、ともに乾杯(CHEERS)をしよう」というテーマのもと初開催。翌年の「CHEERS 71」でも、参加台数350台・・・

ニュースを読む

ランドローバー(Land Rover)は8月19日、「モントレー・カー・ウィーク2022」に合わせて開設した「レンジローバー・ハウス」において、新型『レンジローバー』の「SVカーメル・エディション」を初公開した。最も豪華なレンジローバーとして、北米市場専用に17台を限定生産する予定だ。

SVカーメル・エディションは、米国カリフォルニア州カーメル周辺の海岸線と入り江に沿って見られる風景にインスパイアされ、「SVビスポーク」がカスタマイズ・・・

ニュースを読む

ランドローバー(Land Rover)は8月19日、「モントレー・カー・ウィーク2022」に合わせて開設した「レンジローバー・ハウス」において、新型『レンジローバー』の「SVカーメル・エディション」を初公開した。最も豪華なレンジローバーとして、北米市場専用に17台を限定生産する予定だ。

◆専用のサテンブロンズの外装色に4シーター内装
SVカーメル・エディションは、米国カリフォルニア州カーメル周辺の海岸線と入り江に沿って見られる風景にイ・・・

ニュースを読む

ランドローバー(Land Rover)は8月19日、「モントレー・カー・ウィーク2022」に合わせて開設した「レンジローバー・ハウス」において、新型『レンジローバー』の「SVカーメル・エディション」を初公開した。北米市場専用に17台を限定生産する予定だ。

SVカーメル・エディションは、米国カリフォルニア州カーメル周辺の海岸線と入り江に沿って見られる風景にインスパイアされ、「SVビスポーク」がカスタマイズに取り組んだ。専用のサテンブロン・・・

ニュースを読む

これまで『レンジローバー』を筆頭とするランドローバー系モデルにはたくさん試乗してきた。1948年のシリーズ1からシリーズ2、3、そして70年デビューの3ドアレンジローバーと。最新モデルは当然だが、クラシックランドローバーの魅力は尽きない。

ただ、新型を乗るといつもその出来栄えに感動する。高級感は毎回アップされ、期待を上回る。今回もそう。デザイン、乗り心地、静粛性、それとパワーの面で想像を超えた。もはやさらに上のクラスのベントレー『ベン・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

ほだ

結構良い

車種名:三菱自動車 eKクロス (マイルドハイブリッド)
投稿ユーザー:ほだ***** さん
総合評価:

なかなかのびる、4WDターボなのでどうかなぁと思っていたが、夏タイヤで2...[ 続きを見る ]

ずーくん

燃費に良くないACC(MT車限定?...

車種名:トヨタ ヤリス
投稿ユーザー:ずー***** さん
総合評価:

ACC(クルーズコントロール)を使わない方が燃費によさそうだと気づいたの...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針