ランドローバー

カーライフニュース - ランドローバー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

レンジローバー イヴォーク、2018年モデルの受注開始…502万円より

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年11月22日(水) 21時15分

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ランドローバーのラグジュアリーコンパクトSUV、『レンジローバー イヴォーク』2018年モデルの受注を11月22日より開始した。

2018年モデルでは、設計から生産まで自社で手がけたインジニウムエンジンを全機種に導入し、ディーゼルエンジンを新たにラインアップに追加。2018年モデルでのみ生産する、デザイン性を強調した「ランドマークエディション」も発売し、全16機種の展開となる。

新採用のインジニ・・・

ニュースを読む

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ランドローバーのコンパクトSUV、『ディスカバリー スポーツ』2018年モデルの受注を11月22日より開始した。

2018年モデルでは、エンジンラインアップを刷新。設計から生産まで自社で手がけた2リットル直列4気筒ターボガソリンエンジン(最高出力240ps)と2リットル直列4気筒ターボディーゼルエンジン(同180ps)の2種類を新たに導入する。

インフォテインメントシステム「インコントロール タ・・・

ニュースを読む

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ラグジュアリーSUV『レンジローバー』に特別仕様車「SVOデザインエディション」を設定し、限定15台の販売予約を11月17日より特設ウェブサイトで開始した。

レンジローバー SVOデザインエディションは、ランドローバーの高性能モデルやビスポークオーダーを専門に手がける、スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)による専用デザインを施した特別仕様車だ。『レンジローバー ヴォーグ』をベースに、存・・・

ニュースを読む

ランドローバーは11月15日、米国で11月下旬に開幕するロサンゼルスモーターショー2017において、2018年型『レンジローバー』の「SVオートバイオグラフィー」を初公開すると発表した。

同車は、レンジローバー シリーズの最強グレード。ジャガー・ランドローバーのスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が手がけた5.0リットルV型8気筒ガソリンスーパーチャージャーエンジンを搭載。最大出力565ps、最大トルク71.4kgmを引き・・・

ニュースを読む

SUV専業メーカーとして積極的にニューモデルを展開しているランドローバー。デザインにおいても一目でランドローバーのモデルだということがわかる。この度ランドローバー社のデザイナーが来日したので、同社でのデザインの位置づけ等について聞いてみた。

ランドローバークリエイティブ・ディレクターエクステリア担当のマッシーモ・フラスチェッラ氏は、1997年にIstitudo D’arte Applicataにて交通デザインの学位を取得後、スティーレ・・・

ニュースを読む

私は、日本の道を走るには大きすぎるサイズのクルマに対して、パッケージングの★は低くすることにしている。でも、『ディスカバリー』は別だ。5つの満点。だってこのサイズでなければディスカバリーは表現できないのだ。これぞ、ディスカバリー。

でも、オススメ度では腰が引けて2つにしてしまう小心者っぷり、面目ない。まあ、とにかく大きい。全幅が2メートルってなんなのよ、それ、である。しかも全長は189センチ超えって、パリコレモデルかバレーボール選手か・・・

ニュースを読む

ランドローバーは10月11日、改良新型『レンジローバー』に「SVオートバイオグラフィー ダイナミック」を設定すると発表した。

同車は、レンジローバーのラインアップの頂点に立つ高性能グレード。その特徴は、ジャガー・ランドローバーのスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)がチューニングした5.0リットルV型8気筒ガソリンスーパーチャージャーエンジン。最大出力は565ps、最大トルクは71.4kgmを発生する。

歴代レンジローバー・・・

ニュースを読む

レンジローバー に改良新型、最新コネクティビティ搭載

by 森脇稔 on 2017年10月12日(木) 15時16分

ランドローバーは10月11日、『レンジローバー』の改良新型モデルを発表した。

レンジローバーの改良新型モデルでは、現行モデルのデビュー以来、初の大幅改良を実施。エクステリアは、新デザインのフロントグリルやバンパーを装備。ヘッドライトには、「マトリクスピクセル」と命名された最新LEDを導入する。

改良新型モデルでは、全車に最新のコネクティビティを搭載。リストバンドのようなアクティブキーは、キーなしで車両のロックとアンロックが可能。新開・・・

ニュースを読む

レンジローバー、歴代初のPHV設定…燃費は35.7km/リットル

by 森脇稔 on 2017年10月11日(水) 16時31分

ランドローバーは10月10日、『レンジローバー』に歴代モデルで初めて、プラグインハイブリッド車(PHV)を設定すると発表した。

ランドローバーブランドの市販PHVは、『レンジローバー スポーツ』に続くもの。ランドローバーは2020年以降、全車種のパワートレインを電動化する計画を掲げており、今回レンジローバーに設定されたPHVは、この計画の一環となる。

レンジローバーのPHVパワートレイン搭載車は、「P400e」グレード。エンジンは2・・・

ニュースを読む

英国のジャガー・ランドローバーは10月6日、2017年1〜9月の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数は46万6662台。前年同期比は8%増だった。

全販売台数46万6662台の内訳は、ジャガーが13万7498台を売り上げ、前年同期比は33%の大幅増。新型SUVの『F-PACE』やサルーン&ワゴンの『XF』、スポーツカーの『Fタイプ』中心に、支持を集める。

一方、ランドローバーの2017年1〜9月実績は、32万9164台。前年同期・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

かのっさ

デミオの良いところ悪いところ

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:かの***** さん
総合評価:

デミオの良いところは、内装がライバルコンパクトカーに比べてプラスチック部...[ 続きを見る ]

キタのおやじ

2日間車に乗らず。翌日モーター走行...

車種名:トヨタ プリウス
投稿ユーザー:キタ***** さん
総合評価:

先日、出張で2日間車を放置。戻ってきていつもの通勤に使用。朝の通勤時の燃...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針