スバル

カーライフニュース - スバル

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

【スバル レガシィ 改良新型】機能価値と情緒価値を進化

by 内田俊一 on 2017年10月23日(月) 09時30分

SUBARUは9月にマイナーチェンジした『レガシィアウトバック』と『レガシィB4』を、スバル研究実験センター美深試験場(北海道中川郡)において一部報道陣に公開した。

◇レガシィの個性をさらに際立たせるために

今回のマイナーチェンジの狙いについて、スバル商品企画本部プロジェクトゼネラルマネージャーの堀陽一氏は、「6代目レガシィは2014年に発売以来、日本を含む全世界にて高い満足度を獲得。その強みである“機能価値”と“情緒価値”をさらに・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは10月20日、2018年型の『アウトバック』(日本名:『レガシィ アウトバック』)と『レガシィ』(日本名:『レガシィB4』)が、米IIHS(道路安全保険協会)の新方式の衝突安全テストにおいて最高評価を獲得した、と発表した。

IIHSの衝突テストには従来、対向車がセンターラインを超えて衝突した場合を想定し、運転席側の前面の4分の1を、64km/hでバリアにぶつけるスモールオーバーラッ・・・

ニュースを読む

スバル、北海道のテストコースを刷新…アイサイトを進化

by 雪岡直樹 on 2017年10月20日(金) 22時30分

SUBARU(以下スバル)は北海道・美深試験場に高度運転支援技術の開発に向けたテストコースを新設、10月20日報道陣に披露した。

スバル研究実験センター美深試験場(北海道中川郡美深町) は、冬季の雪上試験を目的に1995年に開設された試験場だ。総敷地面積361ヘクタールの中に、寒冷地走行試験のためのコース、高速周回路やハンドリング路で様々なテストを行ってきた。

運転支援システム「アイサイト」をさらに進化さめるために、スバルは美深試験・・・

ニュースを読む

スバル、神戸製鋼製アルミ板をボンネットに使用…安全基準はクリア

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年10月20日(金) 11時53分

SUBARU(スバル)は10月19日、検査データ改ざんが発覚した神戸製鋼所製のアルミ板について、ボンネット(フロントフード)に使用しているが、すべての安全基準をクリアしていることを確認したと発表した。

スバルが神戸製鋼より直接購入している自動車用素材で、データ改ざんの報告を受けているのはアルミ板のみで、ボンネットに使用していることがわかった。スバルによる検証の結果、該当素材の品質は、同社が定めるすべての安全基準を満たしていることを確認・・・

ニュースを読む

【IIHS衝突安全】スバル XV と WRX S4、最高評価を獲得

by 森脇稔 on 2017年10月10日(火) 08時52分

SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは10月6日、新型『クロストレック』(日本名:『XV』)と『WRX』(日本名:『WRX S4』)が米国IIHS(道路安全保険協会)から、最高評価の「2017トップセーフティピック+」に認定された、と発表した。

IIHSの「トップセーフティピック」を獲得するには、前面衝突、側面衝突、追突想定、スモールオーバーラップ衝突、ロールオーバー(車両転覆)の各耐衝撃性能試験のすべてにおいて、最高・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは10月3日、2017年1〜9月の新車販売の結果を公表した。総販売台数は47万8848台。前年同期比は7.2%増だった。

牽引役を果たしたのは、『アウトバック』(日本名:『レガシィ アウトバック』)。1〜9月実績は14万0491台で、前年同期比は11.1%増と、2桁の伸び。セダン版の『レガシィ』(日本名:『レガシィB4』)は3万7461台。前年同期比は21%減と、落ち込む。

SUV・・・

ニュースを読む

今回は、『レヴォーグ』(と『WRX S4』)に採用されたスバルの新型アイサイトである。新たに搭載された技術に、ハンドル制御の進化版がある。自車線内にとどまるように、ハンドルをきってくれるというものだが、これまでは、白線をアイサイトのカメラで読み取って行っていたけれど、今回は、渋滞により先行車の存在で車線が見えにくかったり、さらに白線が消えていても、先行車の走行軌跡から判断して、アシストできる機能が加えられている。

設定された高速道路で・・・

ニュースを読む

クローズドコースのみでの試乗だった試乗会では試せなかったあれやこれやを、一週間お借りして試してみた。スバル『XV』の話である。

お借りしたのは「2.0i-Sアイサイト」。消費税込みで267万8400円。これに付け加えるとしたら、ナビゲーションと5万4000円のアドンバンスドセイフティーパッケージくらいなもの。まあ、本革シートが欲しいとか、シャークフィンアンテナも欲しいとか、物欲旺盛な人はメーカーオプション7という、全部込みパッケージを・・・

ニュースを読む

スバル、XV 好調で輸出が8か月ぶりのプラス 8月

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年09月28日(木) 13時30分

SUBARU(スバル)は9月28日、8月の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年同月比1.8%減の8万3802台と、2か月連続のマイナスとなった。

国内生産は同0.3%増の4万9606台で8月度新記録で2か月ぶりのプラス。国内向け『レヴォーグ』『XV』および海外向けXV等が好調で、北米向け『インプレッサ』生産を米国に移管したこと等による減少をカバーした。しかし海外生産は同4.8%減の3万4196台で2か月連続のマイ・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は、東京モーターショー2017(プレスデー:10月25日〜26日/一般公開日:10月27日〜11月5日)に、「New SUBARU Story 〜モノをつくる会社から、笑顔をつくる会社へ〜」をコンセプトに出展する。4月の社名変更と同時に定めたブランドフィロソフィと同じだ。

スバルブランドが顧客に提供する価値である「安心と愉しさ」の将来像や世界観を、出展車やブース全体を通じて表現し、来場者に笑顔をもたらす体験を提供・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ささきち

無二の存在感◎ 燃費は道次第。

車種名:スズキ ハスラー
投稿ユーザー:ささ***** さん
総合評価:

2016年式 X ターボ無し CVT レギュラーガソリン 5km程度の...[ 続きを見る ]

武人

満タン法

車種名:トヨタ SAI
投稿ユーザー:武人***** さん
総合評価:

15.75km/lでした。 最近寒く暖房つけたり遠出しなかったのであまり...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針