スバル

カーライフニュース - スバル

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

SUBARU(スバル)は10月17日、『インプレッサ』および『XV』のイグニッションコイルなどに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2016年10月3日から2019年3月22日に製造された27万9558台。

不具合箇所はイグニッションコイル、ブローバイガス還元装置(PCVバルブ)、ブレーキホースの3つ。

イグニッションコイルについては、エンジンコントロールユニット(ECU)の制御プロ・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は、軽商用車『サンバートラック』を一部改良、スマートアシスト付グレードにLEDヘッドランプを標準装備とし、10月17日から販売を開始した。

サンバートラックは、広くて使い勝手の良い荷台、ゆとりある室内、優れた燃費性能が特徴の軽トラック。仕事に欠かせない機能と品質に加え、衝突回避をサポートするスマートアシストIIItを設定するなど、高い安全性も追求してる。

今回の一部改良では、スマートアシストIIIt付グレードに・・・

ニュースを読む

スバル STI S209、歴代最強の341馬力…年内米国発売へ

by 森脇稔 on 2019年10月17日(木) 12時30分

SUBARU(スバル)の米国部門は10月14日、『STI S209』(SUBARU STI S209)を年内に、限定209台で発売すると発表した。現地ベース価格は、6万3995ドル(約695万円)と公表されている。

STI S209は、スバルのモータースポーツ統括会社のSTI(スバル・テクニカ・インターナショナル)が手がけるSTIコンプリートカーの最高峰、「Sシリーズ」初となる米国市場向けモデルだ。スバル『WRX STI』をベースに、・・・

ニュースを読む

スバル群馬製作所、取引先部品メーカー被災で操業停止 台風19号

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年10月17日(木) 11時15分

SUBARU(スバル)は、台風19号の影響により、群馬県太田市にある群馬製作所の操業を停止したと発表した。

操業を停止したのは、群馬製作所のうち、完成車工場である本工場・矢島工場と、エンジン・トランスミッションを生産する大泉工場(一部工程を除く)。10月16日の遅番勤務(15時15分〜)以降の操業を停止した。

群馬製作所自体に被害はなかったが、取引先の一部部品メーカーで浸水などの被害があり、自動車部品の調達ができなくなった。スバルで・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は、『スバル XV』改良モデルを発表し、11月15日より販売を開始する。

スバル XVは、「Fun Adventure」をコンセプトに、都会的で洗練されたデザインとスバルらしいSUVとしての走破性、世界トップクラスの安全性能を兼ね備えたクロスオーバーSUVだ。

今回の改良では、「2.0e-Lアイサイト」「2.0e-Sアイサイト」を追加し、水平対向エンジン+電動技術で新感覚の走りの愉しさを実現する「e-BOXER・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は、『インプレッサ』大幅改良モデルを発表、11月15日より販売を開始する。

2016年10月に発表した第5世代インプレッサは、次世代「スバル グローバル プラットフォーム」や、国産初となる歩行者保護エアバッグなどの新技術を採用。「総合安全性能」と「動的質感・静的質感」の大幅向上を実現した。

今回の大幅改良では、ドライバーの運転負荷を軽減するアイサイトツーリングアシストを全車に標準装備するとともに、「アダプティブ・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)の米国部門、スバルオブアメリカは、『インプレッサ』(Subaru Impreza)の2020年モデルを今秋、米国市場で発売すると発表した。

2020年モデルは、現行型のデビュー以来、初の本格改良を受けたモデルとなる。外装を中心に変更を受け、4ドアセダン(日本名:『インプレッサG4』に相当)と、5ドアハッチバック(日本名:『インプレッサスポーツ』に相当)が、米国で同時にデビューしている。

◆バンパーやグリルが新デ・・・

ニュースを読む

米国市場の日系メーカー各社は10月1日、2019年1〜9月の新車販売台数の結果を発表した。スバルと三菱がプラスのほかは、前年同期比マイナス。日産(日産+インフィニティ)は7.1%、マツダは11.5%のマイナスだった。

●トヨタ……米国トヨタ販売(Toyota)の総販売台数は177万9302台、前年同期比は2.5%減だった。トヨタブランドのライトトラック(SUV/ピックアップトラック/ミニバン)系では、主力の『RAV4』が新型効果で1〜・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは10月1日、2019年1〜9月の新車販売の結果を発表した。総販売台数は、1〜9月の新記録の52万5329台。前年同期比は4.4%増だった。

牽引役を果たしたのは、SUVの『フォレスター』だ。1〜9月は、13万1447台を販売。新型投入の効果で、前年同期比は7.8%増とプラスに転じた。新型3列シートSUVの『アセント』も、前年同期のおよそ3.6倍の6万0042台を売り上げた。

また・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)の米国部門は9月23日、米国インディアナ州の「スバルオブインディアナオートモーティブ:SIA」での生産が600万台を達成した、と発表した。

スバルは1989年9月、米国インディアナ州のスバル・いすゞオートモーティブ(現SIA)において、『レガシィ』の生産を開始した。600万台には提携相手のいすゞ、ホンダ、トヨタも含まれる。2016年からはスバル車だけを生産している。SIAは、スバルの日本国外における唯一の生産拠点・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

moo

なかなか走ります!

車種名:ダイハツ ハイゼットトラック
投稿ユーザー:moo***** さん
総合評価:

ハイゼットジャンボ、リクライニングが出来、腰がだいぶ楽です。エンジンはツ...[ 続きを見る ]

ぬ

変なところで実用性がある軽トラック

車種名:ホンダ アクティ
投稿ユーザー:ぬ***** さん
総合評価:

平成12年式のHA7初期型です。主に農作業に使用しています。 燃費は大体...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針