ステランティス

カーライフニュース - ステランティス

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

シトロエンにはかつて世の中を驚愕させた『DS』という名車があった。ところがそのDSはひとつのブランドに昇華して、生みの親のシトロエンがその名を使えなくなってしまった。

新たなシトロエンのフラッグシップを作り出すにあたり、シトロエンが持ち出した過去の栄光は『CX』であった。DSの後継モデルである。名前もかつてのフラッグシップ『C5』の後ろにXをつけて、何となく無理やりCXとの関係性を構築したようにも感じてしまったが、発表会の場で色々な話・・・

ニュースを読む

PSA最後のディーゼルを搭載した『DS 3 クロスバック』
燃費のいい小さな車で遠くへ気ままに行きたい、というのは車好きの根源的欲求のようなもので、軽自動車で車中泊しながら遠出するといった遊び方に、青春18きっぷめいた楽しみを見つける人は少なくないと思う。ただし電動化の時代になって、コミューター用途に限られやすい小さなEVではできないことを、埋め合わせてくれるという意味でディーゼルはやはり、EVの「アンチポデス」だという思いを新たにした・・・

ニュースを読む

こんな表現方法があったとは
これまでCセグ車のなかったDSオートモビルズから、ついに送り出された『DS 4』もまた、すべてが独特な、非常に興味深い1台だ。

まずスタイリングに驚く。2022年1月にパリで開催された「国際自動車フェスティバル」において、「Most Beautiful Car of the Year(=“世界で最も美しいクルマ”)」を受賞したというだけあって、目にした瞬間から引き込まれる何かを感じる。とくに真横や斜め後ろか・・・

ニュースを読む

これまでの『DS 7 クロスバック』や『DS 3 クロスバック』もなかなか印象的だったが、フラッグシップサルーンと位置付けられた『DS 9』はさらに印象深く、世にある全長5m級のEセグメントの中でも屈指のユニークな高級セダンに仕上がっている。

エレガントな世界観は、「DS」なればこそ
滑らかな弧を描くルーフラインによるエレガントな雰囲気はもちろん、立体的でキラキラとしたパラメトリック3Dグリルや、無数の菱形のリフレクターを持つテールラ・・・

ニュースを読む

ステランティス(Stellantis)は7月28日、2022年上半期(1〜6月)のEVの世界販売の結果を発表した。総販売台数は約13万6000台。前年同期に対して、ほぼ50%増加している。

PSAグループとFCAの合併によって誕生したステランティスには、傘下にプジョー、シトロエン、フィアット、ジープ、DSなど、多くのブランドを擁する。そのブランドの多くが、EVをラインナップしている。

例えば、プジョーはコンパクトカーの『208』にE・・・

ニュースを読む

ステランティス世界販売、7%減の303万台 2022年上半期

by 森脇稔 on 2022年08月02日(火) 06時15分

ステランティス(Stellantis)は7月28日、2022年上半期(1〜6月)の世界新車販売(出荷ベース)の結果を発表した。総販売台数は303万3000台。前年同期比は7%減とマイナスに転じた。

ステランティスは上半期、欧州で136万2000台を販売し、前年同期比は18%減とマイナスに転じた。車種別の販売実績では、プジョー『308』新型、『DS4』新型などが好調だった。

北米では上半期、95万9000台を販売。前年同期比は10%増・・・

ニュースを読む

ステランティス、純利益は34%増 2022年上半期決算

by 森脇稔 on 2022年07月29日(金) 16時30分

ステランティス(Stellantis)は7月28日、2022年上半期(1〜6月)の決算を発表した。2年連続で増収・増益を達成している。

ステランティスの2022年上半期決算は、売上高が879億9900万ユーロ(約12兆0665億円)だった。前年同期の753億1000万ユーロに対して、17%増と2年連続で増加した。

また、上半期の純利益は、79億6000万ユーロ(約1兆0915億円)だった。前年同期の59億3600万ユーロに対して、3・・・

ニュースを読む

5月の連休前に久々にアルファロメオ『ジュリア』を借り出そうと思って広報車の借用を申し込むと、ちょうど車両の入れ替えなので少し待ってくれとの返事。

そしてようやく借り出したジュリアは「中村さん、すみませんド新車なんです」の言葉通り、走行僅か40kmという本当に出来立てホヤホヤという感じのモデルだった。なので、「それじゃランニングインを兼ねて距離走りますよ」、と言ってクルマを借り出した。返却時の積算計は950kmを少し超えていたから、1週・・・

ニュースを読む

7月最初の週末、1か月後に「FUJI ROCK FESTIVAL(以下「フジロック」)」の開催を控えたタイミングの新潟県・苗場スキー場で、恒例の「ボードウォーク・ボランティアキャンプ」が実施された。

これは「フジロックの森」を貫く木道「苗場ボードウォーク」の傷んだ部分の交換や補修と新規の延伸を目的に、雪どけの春先とフジロックが始まる前の7月初旬の年2回、ボランティアを募って開催されているものだ。フジロックが地元の企業・自治体と共に会場・・・

ニュースを読む

シトロエンブランドから枝分かれして今では旧PSAの最上級ブランドに君臨する「DS」。その第4弾モデルとして導入されたのが『DS 4』である。

最上級=高級なだけに価格的にもCセグメントのモデルとしては高い(398万円から)。その分内容は凝っていて至れり尽くせりと言えるのだが、正直言うとまだ使い勝手の良い有効なアイテムにまでは昇華していない印象がある。

「アイリスシステム」や「スマートタッチ」のポテンシャル
例えば新しい「アイリスシス・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

CF4152

給油(通算81回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算81回目)を10/2に行いました。前回の給油から519.9km...[ 続きを見る ]

kei

中広くて最高

車種名:ダイハツ ウェイク
投稿ユーザー:kei***** さん
総合評価:

荷物も沢山積めるし加速も良いし最高です。お気に入りです。近場のお買い物で...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針