軽自動車

カーライフニュース - 軽自動車

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

スズキは11月29日、まもなく発売する軽自動車『アルト』新型の特設サイトを開設した。

7年ぶりのフルモデルチェンジとなる9代目『アルト』はマイルドハイブリッドシステムを搭載するほか、予防安全技術「スズキセーフティーサポート」を全車標準装備する。

エクステリアは曲線を多用し、日常に馴染む親しみやすいデザインを採用。また、新しさと使いやすさをひとつにし、毎日にここちよいインテリアとした。また、室内高を先代比45mmアップの1260mmと・・・

ニュースを読む

こどもりびんぐが展開するリサーチ事業シルミル研究所は、Webコンテンツ「こどもリサーチ」にて軽自動車に関する調査を実施。その結果を発表した。

調査は10月8日から21日まで、全国の子どもがいる男女を対象にインターネットアンケートで実施。452人(男性20.4%、女性79.6%)からの有効回答を得た。

調査結果によると、所有経験のある車種は軽自動車が最も多い55.5%となった。利用頻度は「毎日」が60.2%と最多。利用目的(複数回答)・・・

ニュースを読む

データシステムは、リアカメラとウォッシャーノズルを一体化した、ジムニー/ジムニーシエラ専用ハイマウントリアカメラキットを発売した。

新製品は、ウォッシャーノズルの取り付け穴を利用してリアカメラを装着する、全く新しいタイプのアイテム。カメラカバーにカメラとウォッシャーノズルをセットして一体化、高い位置にリアカメラを取り付けでき、純正の低いリアカメラ取り付け位置に比べて後方の視認性が向上する。

カメラは角度調整可能な小型タイプを採用。映・・・

ニュースを読む

HWエレクトロ社は、輸入商用車として国内初となる軽規格の小型電気商用車『エレモ-K』の販売を開始した。価格は249万7000円。

エレモは、HWエレクトロ社が製造・販売する次世代の小型EVトラック。2021年4月に輸入小型の電気商用車として国内で初めてナンバーを取得し、7月24日より『エレモ120』、『エレモ200』の販売を開始した。EVならではのゼロエミッション性能はもちろん、インターネットを介した運用管理やスマートフォンアプリとの・・・

ニュースを読む

小型EVトラックのHWエレクトロ『エレモ』シリーズに、かねてより期待が高かった軽自動車規格の「エレモ-K」が11月20日より発売開始となった。同日に開催された日本EVフェスティバルの会場(東京臨海都心、東京国際交流館)で、その実車が展示されていた。

エレモは、2021年4月に国内販売された100%バッテリー走行の小型貨物自動車(4ナンバー車)だ。キッチンカーや都市部のラストマイル輸送のために開発、発売されたものだが、地方の自治体や事業・・・

ニュースを読む

◆ワゴンRの誕生からスーパーハイト系へ

軽自動車のジャンルにはいわゆるスポーティー車だってあるし、SUVもある。でも、圧倒的人気を誇るのはいわゆるハイト系のワゴンである。

驚くことに軽自動車の半分以上はスライドドア車なのだそうだ。確かにスライドドアは便利である。駐車スペースの狭いショッピングモールの駐車場でも乗り降りしやすいし、そもそも隣の車にドアをぶつける心配がない。ところが考えてみたら、スズキの看板商品である『ワゴンR』にはこれ・・・

ニュースを読む

軽トラ用キャリア「トライター」発売へ…仕事やレジャーで活躍

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年11月15日(月) 14時30分

軽トラ積載用キャンピングシェル「トラベルハウス」を製造販売する自遊空間は、仕事やレジャーで活躍する軽トラ用キャリア「TRYTER(トライター)」を12月20日より発売する。

トライターは剛性の高いスチール製で、表面はキズに強いパウダーコート仕上げ。ルーフラック部分にライトバーを標準装備する。また、キャリア上部に荷物を積載できるラックや、荷台スペースを後方に約30cm拡げられるリアガードをオプションとして用意。キャンピングを始めとするレ・・・

ニュースを読む

三菱自動車は、軽スーパーハイトワゴン『eKクロススペース』に、安全装備や機能装備を充実させて購入しやすい価格とした特別仕様車「Tプラスエディション」を設定し、12月16日から販売を開始する。価格は191万4000円から204万6000円。

特別仕様車はターボエンジン搭載の上級グレード「T」をベースに、マルチアラウンドモニター(移動物検知機能付)付自動防眩ルームミラーを標準装備。フロントビュー、リヤビュー、サイドビューをルームミラー内の・・・

ニュースを読む

スズキさんにしては、ちょっと出して来るのが遅かった?くらいのモデルですよね。全高を抑えたスライドドアモデル。

この分野を初めに開拓したのは、インナースライドドアという技法を使った三菱の『eKワゴン』でしたが、『ワゴンRスマイル』はいわゆる通常のスライドレールを使っているので、さすがに全高1550mmではないものの、『スペーシア』ほど高くないという絶妙なパッケージングに仕上げられています。


そのスペーシアだと、空間は広いものの、そこ・・・

ニュースを読む

生産終了が決定し、いったん受注を終了したホンダの軽2シータースポーツ『S660』。惜しむ声は大きく、商談中に売切れとなった人もいた。そこでホンダは急遽、650台の追加生産を決定した。これが「660」台だったら洒落になっていたのだが。

台数を500や1000ではなく650と刻んできたなら、なぜ車名に絡めて660にしなかったのか。実際、2015年のモデル発表記念の「S660コンセプトエディション」は660台の設定だった。追加生産台数がわず・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2020-2021
e燃費アプリ

車レビュー

スズ(_ _)

AWDモデルについて

車種名:スズキ キザシ
投稿ユーザー:スズ***** さん
総合評価:

キザシの魅力、AWDモデルの機能についても掘り下げます。 燃費に付いて、...[ 続きを見る ]

デカ耳こーぎー

【全般】  Aピラー下端を除き良好な視界で不思議な安心感があり、見た目も...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針