人工知能(AI)

カーライフニュース - 人工知能(AI)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ソニーと都内タクシー6社、AI技術を活用した配車サービス開発へ

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年02月20日(火) 19時00分

グリーンキャブ、国際自動車、寿交通、大和自動車交通、チェッカーキャブ無線協同組合、日の丸交通および、ソニー、ソニーペイメントサービスは2月20日、ソニーが持つ人工知能(AI)技術を活用した配車サービス事業についての意向確認書を締結した。

タクシー会社6社は現在、都内最大規模の計1万台を超えるタクシー車両を所有。2018年春に新会社を設立し、配車サービスアプリやサービスの開発・運営、タクシーデータの利活用などを行う計画だ。

ソニーは新・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツ、AIを中心にした技術を発表へ…MWC 2018

by 森脇稔 on 2018年02月19日(月) 15時15分

メルセデスベンツは、スペインで2月26日に開幕する世界最大規模の携帯通信関連見本市、「MWC(モバイル・ワールド・コングレス2018)」において、AI(人工知能)を中心にした技術を発表する。

メルセデスベンツは将来、人工知能の利用が開発や生産、車両の使用、モビリティサービスにおいて、中心的な役割を果たすと予測。AIテクノロジーの自動車への導入に、力を入れている。

その一例が、新型『Aクラス』に搭載された「MBUX」。MBUXとは、メ・・・

ニュースを読む

NTTドコモは、人工知能(AI)を活用したタクシー乗車需要予測サービス「AIタクシー」を、2月15日より法人企業向けに日本全国で提供を開始すると発表した。

AIタクシーは、現在から30分後までのタクシー乗車需要の予測結果などをオンラインで配信し、乗客の利便性とタクシー業務の生産性向上を目指す新サービスだ。タクシー運行データや気象データ、周辺施設データなどに加え、ドコモ「モバイル空間統計」のリアルタイム版(人口統計データ)を活用。日本各・・・

ニュースを読む

エヌビディア(NVIDIA)は、新型メルセデスベンツ『Aクラス』のコネクトシステムに、エヌビディアのAI(人工知能)と3Dグラフィックスが搭載された、と発表した。

新型Aクラスのハイライトのひとつが、「MBUX」。MBUXとは、メルセデスベンツ・ユーザー・エクスペリエンスの略。MBUXでは、AI(人工知能)を導入した音声認識アシスタントを採用。ユーザーが「ヘイ、メルセデス」と呼びかけるだけで、音声認識アシスタントが起動。ユーザーの求め・・・

ニュースを読む

ヤフーは、顧客企業の持つデータとヤフーのビッグデータ・人工知能(AI)技術を融合して顧客企業の活動を支援する新規事業創出に向けた実証実験を、本格的に開始した。

ヤフーでは、自社が提供する異なるサービスのビッグデータを組み合わせることで、単一サービスのビッグデータ利活用を上回る精度予測を実現していた。

例えば「Yahoo!検索」の検索履歴と「Yahoo!ショッピング」の購買履歴を掛け合わせることで、「Yahoo!ショッピング」の新規ユ・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツが2月2日、オランダ・アムステルダムでワールドプレミアする予定の新型『Aクラス』。同車に関して、新たなティザーイメージが公開された。

4世代目モデルとなる新型Aクラスの特徴のひとつが、「MBUX」を搭載する最初のモデルという点。MBUXとは、メルセデスベンツ・ユーザー・エクスペリエンスの略。新開発のマルチメディアシステムとなる。

MBUXでは、AI(人工知能)を導入した音声認識アシスタントを採用。ユーザーが「ヘイ、メ・・・

ニュースを読む

アイシン精機は1月19日、電動化や人工知能、情報通信など世界のスタートアップ企業に投資するファンド会社「フェノックス ベンチャー カンパニー」を米国シリコンバレーに設立すると発表した。

アイシングループは、「ゼロエミッション」「自動運転」「コネクティッド」の3分野を次世代開発の核となる技術開発領域と定め、開発を進めている。しかし、この3領域はグローバルで新技術創出や技術革新が加速。将来の競争力確保のため「電動化」「人工知能」「情報通信・・・

ニュースを読む

韓国のLGエレクロニクスは1月9日、米国ラスベガスで開幕したCES2018において、新開発のAI(人工知能)プラットフォーム、『ThinQ』を発表した。

ThinQは、AIの研究を加速するために、韓国のLG人工知能研究所が中心になって開発。このプラットフォームによって、より幅広い製品にAIをシームレスに統合することを可能にした。

例えばThinQは、自動車にも対応。自動車の室内を監視するモニターとして活用できる。ドライバーの表情や動・・・

ニュースを読む

自動運転向けAIソフトウェアを開発するアセントロボティクスは12月19日、記者向けの事業説明会を開催した。2020年までに、高精度地図を必要としない自動運転レベル4に対応したAIを完成させる計画だ。

代表取締役CEOの石崎(※さきはたつさき)雅之氏は、「高精度地図を広範囲で作成しメンテナンスするのには相応のコストがかかる。アセントロボティクスでは、高精度地図が無くてもレベル4で自動走行することができるAIを開発している。2018年春に・・・

ニュースを読む

米国に本拠を置く画像処理用半導体(GPU)メーカー、エヌビディア(NVIDIA)は12月12日、建設現場にAI(人工知能)を導入することを柱に、コマツと提携を結ぶと発表した。

今回の提携の背景にあるのが、建設業界の労働力不足。コマツは2015 年から、「スマートコンストラクション」事業を展開。建設現場に携わる人やモノに関する情報をICT(情報通信技術)でつなぎ、建設現場の安全、生産性を向上させてきた。

コマツは今後、スマートコンスト・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

パパス

大人の遊び車

車種名:三菱自動車 パジェロミニ
投稿ユーザー:パパ***** さん
総合評価:

96年式のH56Aに乗ってます。 ノンターボだと坂道では減速し40キロ出...[ 続きを見る ]

パパス

家族のスキーエクスプレスに最適

車種名:スバル エクシーガ
投稿ユーザー:パパ***** さん
総合評価:

D型2.0i-sとF型2.5アイサイトを乗り継いでます。 どうしても箱型...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針