人工知能(AI)

カーライフニュース - 人工知能(AI)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

日本カーソリューションズ(NCS)とNTTコムウェアは、整備工場からの複雑な請求伝票の確認作業を、人工知能(AI)が代行する技術の開発に成功した。

NCSには、提携整備工場からオートリース契約している企業や個人客の車検・点検・整備などのメンテナンス費用の請求伝票が年間百数十万件届く。膨大な整備請求伝票を、正確、迅速に確認するため、AIを活用していくことにした。NTTコムウェアとの協業で、過去のデータを活用して整備請求伝票の確認作業にA・・・

ニュースを読む

デンソーテンは8月2日、AIを活用して乗車需要予測結果を定期的に提供する「タクシー乗車需要予測サービス」の販売を開始した。

新サービスは、デンソーテンが提供する「クラウド型タクシー配車システム」で、NTTドコモのリアルタイム移動需要システム「AIタクシー」を利用可能としたもの。AIタクシーは、広域における人数分布の移動による変化をリアルタイムに把握できる人口統計データと、タクシー運行データなどを元に、AIを用いて未来のタクシー乗車需要・・・

ニュースを読む

コンチネンタルは8月1日、ドイツで9月に開催されるハノーバーモーターショー2018(IAA商用車)において、大型トラック向けの最新の「右折(日本では左折)支援システム」を初公開すると発表した。

このシステムは、歩行者や自転車の巻き込み事故を防止するための安全装置。交差点を曲がる際などに、大型トラックの内輪差ゾーンに入る動く物体や静止物体を検知。危険が発生した場合には、ドライバーに警告を発する。

また、このシステムでは、レーダーをベー・・・

ニュースを読む

コンチネンタルは7月30日、米国カリフォルニア州シリコンバレーにおいて、人工知能(AI)の国際研究開発ネットワークを拡大すると発表した。

コンチネンタルは、カリフォルニア大学バークレー校のAI研究グループと提携。この提携は、未来の車とAIシステムの安全のためのニューラルネットワークのスピードアップを狙うものとなる。

提携の初年、コンチネンタルとカリフォルニア大学バークレー校は、2つの研究分野に焦点を当てる予定。 まずは、安全関連シス・・・

ニュースを読む

東京海上HD、AIを活用 保険支払い判断や事故対応を自動化

by レスポンス編集部 on 2018年07月25日(水) 11時30分

東京海上ホールディングスは、子会社の東京海上日動火災保険を通じて米国自動車保険会社のメトロマイルに資本参加して人工知能(AI)を活用した保険支払い判断や事故対応を自動化すると発表した。

メトロマイルは業務プロセスにテクノロジーを積極的に取り込み、実際に活用しているデータ分析に強いインシュアテック保険会社。具体的には保険加入や事故対応に幅広く機械学習や高度なデータ解析能力を活用、独自のビジネスモデルで米国向け個人向け自動車保険を展開して・・・

ニュースを読む

7月19日、都内において「SoftBank World 2018」(ソフトバンクワールド2018)が開幕した。ソフトバンクグループの幅広い取り組みをアピールする年に一度のショーケースだ。

開幕を飾る基調講演には、今年も孫正義氏が登場した。今年は特に投資家としての活動がクローズアップされることが多かったが、自動車関連でも、世界中のライドシェア大手各社(Uber、滴滴出行、Grab、OLA)や自動運転の「Cruse」(GM系)に多額の出資・・・

ニュースを読む

ダイムラーとザイリンクス社は6月27日、車載システムの開発に関して提携し、ダイムラーが自動車向けアプリケーションの人工知能(AI)処理に、ザイリンクスの技術を導入すると発表した。

ザイリンクス社は、米国カリフォルニア州サンノゼに本拠を置く。エンドポイントから、エッジ、クラウドに至るまで、多種多様な技術でアダプティブプロセッサやプラットフォームを開発している。ザイリンクスは、自動車業界で12年以上にわたり、累計4000万ユニット以上を自・・・

ニュースを読む

パナソニックは6月22日、AI活用戦略についての説明会を開催した。その中でAIソリューションセンターの九津見洋所長が強調したのは、AIを使いこなせる人材を社内で育成し、住宅家電、自動車、電池の3つの事業を強化するということだ。

「2年前からAI人材育成プログラムを社内で展開して、2020年までにAI人材を1000人にすることを目指している。現在、318人おり、とりあえず18年度中に500人増やしていく計画だ」と九津見所長は話す。

同・・・

ニュースを読む

ZFは6月12日、ドイツ・ハノーバーで開幕したITに特化した世界有数の国際見本市「CEBIT 2018」において、人工知能(AI)を導入して生産性を高めるシステムを発表した。

このシステムは、ドイツ政府が推進している産官学共同の国家プロジェクト、「インダストリー4.0」の一環として開発されたもの。インダストリー4.0では、第4次産業革命を目標に掲げており、生産現場を「考える工場」に変える「スマートファクトリー」化を目指している。

Z・・・

ニュースを読む

ニュアンス・コミュニケーションズは、ダイムラーAGと「メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス(MBUX)」マルチメディアシステムの開発で協業、会話型AIを備えたMBUXを新型『Aクラス』に搭載すると発表した。

MBUXは最先端の会話型AIに対応したニュアンスのDragon Driveプラットフォームを活用することで、ドライバーと同乗者双方の好みやニーズを理解し、継続的に学習し、よりパーソナライズされたコネクテッドエクスペリエン・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

NenpiLog

H17/2005年式 Z HIDセ...

車種名:トヨタ bB
投稿ユーザー:Nen***** さん
総合評価:

故あって乗ることになり以降の平均は13km/L台。特に省燃費機構の無い1...[ 続きを見る ]

NenpiLog

H23/2011年式 L275S ...

車種名:ダイハツ ミラ
投稿ユーザー:Nen***** さん
総合評価:

購入動機における燃費の優先度が比較的下位であり、またカタログ値と実燃費の...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針