人工知能(AI)

カーライフニュース - 人工知能(AI)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ZFは6月12日、ドイツ・ハノーバーで開幕したITに特化した世界有数の国際見本市「CEBIT 2018」において、人工知能(AI)を導入して生産性を高めるシステムを発表した。

このシステムは、ドイツ政府が推進している産官学共同の国家プロジェクト、「インダストリー4.0」の一環として開発されたもの。インダストリー4.0では、第4次産業革命を目標に掲げており、生産現場を「考える工場」に変える「スマートファクトリー」化を目指している。

Z・・・

ニュースを読む

ニュアンス・コミュニケーションズは、ダイムラーAGと「メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス(MBUX)」マルチメディアシステムの開発で協業、会話型AIを備えたMBUXを新型『Aクラス』に搭載すると発表した。

MBUXは最先端の会話型AIに対応したニュアンスのDragon Driveプラットフォームを活用することで、ドライバーと同乗者双方の好みやニーズを理解し、継続的に学習し、よりパーソナライズされたコネクテッドエクスペリエン・・・

ニュースを読む

ジャガー E-PACE、AIによる自己学習技術導入

by 森脇稔 on 2018年06月08日(金) 10時30分

ジャガーカーズは6月6日、ジャガー『E-PACE』のコネクティビティを向上させると発表した。

ジャガーE-PACEには新たに、人工知能(AI)アルゴリズムによる自己学習テクノロジー、「スマートセッティング」を導入。これにより、各ドライバーの好みを特定して、それに応じてドライビングや車内の設定を自動的に調整する。

スマートセッティングでは、車両のキーとスマートフォンの両方のBluetooth信号に基づいて、E-PACEに接近してくるド・・・

ニュースを読む

トヨタ、AIを活用して都市交通を最適化へ…共同研究開始

by 森脇稔 on 2018年05月25日(金) 09時30分

トヨタ・モビリティ基金は5月24日、人工知能(AI)を活用した都市計画と交通流最適化に関する共同研究を開始した、と発表した。

この研究は、英国に本拠を置くアラン・チューリング研究所と共同で行うもの。1年半におよぶ共同研究プロジェクトとなる。ケンブリッジ大学、マンチェスター大学から、数学やデータ相互作用の研究者やソフトウェアエンジニアらも参加。ロンドン行政庁の関連部署の専門家からも協力を得る予定。

共同研究の目的の「人工知能による都市・・・

ニュースを読む

トヨタ、自動運転開発のデータ分析分野でALBERTと業務提携

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年05月16日(水) 06時30分

トヨタ自動車は5月15日、データソリューション企業のALBERTへ約4億円を出資、主に自動運転技術の先行開発分野における、ビッグデータ分析で業務提携を行うと発表した。

トヨタは、自動運転技術開発を促進するために、2016年1月に「Toyota Research Institute Inc.(TRI、先端研究)」を米国に設立、2018年3月に新会社「Toyota Research Institute Advanced Developme・・・

ニュースを読む

運賃無料配車サービス「nommoc」が開始へ 資金調達達成

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年05月15日(火) 11時30分

日本初となる運賃無料の配車サービス「nommoc(ノモック)」は5月12日、247名の投資家から5000万円の資金調達を実施。過去最速4分30秒で目標金額を達成、2019年3月のサービス開始に向けて本格始動する。

nommocは、15歳で起業した若手実業家 吉田拓巳氏(22歳)が新たに立ち上げる日本初の運賃無料配車サービス。フリーペーパーを読むように、ディスプレイを見るだけで、行きたい場所に無料で行くことができるという。

新サービス・・・

ニュースを読む

ZFは4月23日、ドイツで開幕した「ハノーバ・メッセ」において、フォークリフト向けの高度な自動運転システムを発表した。

このフォークリフト向けシステムは、「ZFイノベーション・フォークリフト」と命名。高度な自動運転技術を搭載し、電動化および完全にネットワーク化されたフォークリフトとなる。

ZFイノベーション・フォークリフトでは、周囲の環境を認識するカメラとレーダーシステムを装備。システムが得たデータは、人工知能(AI)ソフトウェアを・・・

ニュースを読む

BMWグループは、ドイツで開催中の「デジタルデイ2018」において、市街地での非常に複雑な交通状況に対応できる自動運転システムの開発に、最新のAI(人工知能)を活用している、と発表した。

AI(人工知能)は、大量のデータを並べ替え、評価し、車両をどのように行動させるべきかについての意思決定に組み込む、といったアルゴリズムの開発に際して、重要な役割を果たす。

BMWグループは、市街地での極めて複雑な交通状況にも対応できる自動運転システ・・・

ニュースを読む

ディー・エヌ・エーは4月19日、AIを活用したタクシー配車アプリ「タクベル」のサービスを神奈川タクシー協会と共同で、神奈川県の横浜および川崎地区で開始した。2018年夏までには神奈川県全域にまでサービスを拡大するという。

タクシー配車アプリはすでに既存のものが複数存在し、実際に運用もされているが、ディー・エヌ・エーの中島宏執行役員は同日に横浜市で開いた発表会で「日本で展開されているタクシー配車アプリは残念ながら諸外国と比べて必ずしも使・・・

ニュースを読む

AI活用の次世代タクシー配車アプリ「タクベル」、DeNAがリリース

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年04月19日(木) 13時45分

DeNAと神奈川県タクシー協会は、AIを活用する次世代タクシー配車アプリ「タクベル」をリリース、横浜・川崎エリアにて4月19日より正式サービスを開始した。

タクベルでは、周辺を走行するタクシーもリアルタイムに表示し、空車走行中のタクシーも確認可能。乗客はアプリで予想到着時間を事前確認した上で、指定場所への配車依頼ができる。さらに互いの現在地を確認できる機能や、定型メッセージを送り合える機能を実装する。また、車内決済のほか、全車両でネッ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

FD乗り

燃費と感想

車種名:スズキ ソリオ(ハイブリッド)
投稿ユーザー:FD乗***** さん
総合評価:

走行距離4600kmの実績、感想。(下記燃費は車載メーター。エコモード、...[ 続きを見る ]

スピードバード

想像以上の燃費

車種名:トヨタ ハリアー
投稿ユーザー:スピ***** さん
総合評価:

千葉から実家のある大阪まで大人2名乗車+エアコン常時ON+荷物約20kg...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針