テスラ

カーライフニュース - テスラ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

米国のEVメーカー、テスラ。同社にとって、初となるEVトラックのデビュー時期が、当初の計画よりも1か月遅れることが分かった。

これは9月13日、テスラのイーロン・マスクCEOが、公式Twitterページで明らかにしたもの。「テスラのセミトラックの発表会と試乗会を、10月26日に開催する予定」と公表している。

当初、このセミトラックは9月に発表される計画だった。しかし今回、その発表が1か月先延ばしに。なお、発表順延の理由は明らかにされ・・・

ニュースを読む

米国のEVメーカー、テスラは9月11日、米国の都市中心部に初めて、急速充電ネットワーク「スーパーチャージャー」を整備すると発表した。

スーパーチャージャーは従来、高速道路の出入り口付近など、主に郊外の長距離移動の経路に設置されてきた。しかし、自宅や職場の充電環境が整っていないユーザーを含めて、すべてのテスラの顧客のオーナーシップエクスペリエンスを向上する取り組みの一環として、まずは米国のシカゴとボストンのダウンタウンを皮切りに、スーパ・・・

ニュースを読む

米国のEVメーカー、テスラの主力EV、『モデル3』。同車のタクシーが3年間で40万km以上を、ノントラブルで走り抜いた。

これは8月28日、テスラがインスタグラムで明らかにしたもの。「フィンランドのタクシードライバーが、3年間にモデルSで40万km以上を走破。大きなトラブルはなかった」と公表している。

このタクシードライバーは、Ari Nyyssosesta氏。EV先進国として知られるフィンランドでは、モデルSのタクシーは珍しくない・・・

ニュースを読む

テスラ、社債発行で15億ドル調達へ…モデル3 増産に充当

by 森脇稔 on 2017年08月08日(火) 14時30分

米国のEVメーカー、テスラは8月7日、新たな社債を発行し、15億ドル(約1660億円)の資金を調達する計画を発表した。

今回の社債発行は、新型EV、『モデル3』の増産に向けての対応。テスラは2017年第3四半期(7〜9月)、モデル3の生産能力を週あたり1500台以上へ増強。以降、2017年末の時点で週あたり5000台、2018年には週あたり1万台へ引き上げることを目指している。

テスラは社債発行で得られる見通しの15億ドルの資金を、・・・

ニュースを読む

テスラ モデルS、航続1000km以上を達成…量産EV初

by 森脇稔 on 2017年08月08日(火) 01時30分

米国のEVメーカー、テスラの主力EV、『モデルS』。同車が量産EVとして初めて、1回の充電で1000km以上の走行を達成したことが分かった。

これは8月4日、イタリアのテスラ車のオーナーズクラブ、「テスラ・オーナーズ・イタリア」が明らかにしたもの。モデルSの「P100D」グレードが、1回の充電で1078kmを走行することに成功した、と発表している。

P100Dは、モデルSの最上級グレード。デュアルモーターが生み出す611psの最大出・・・

ニュースを読む

テスラ モデル3、右ハンドルの出荷は2019年からを予定

by 森脇稔 on 2017年08月04日(金) 13時30分

米国のEVメーカー、テスラは日本時間の8月3日、新型EV、『モデル3』の右ハンドル車の出荷開始時期について、「2019年からを予定している」と発表した。

モデル3は、『モデルS』の下に位置する、テスラの入門EVセダン。テスラにとって、入門EVの役割を担うモデルとなる。米国でのベース価格が3万5000ドル(約385万円)ということもあり、米国での先行予約が40万件に迫る人気に。

今回、テスラは、モデル3の生産計画を公表。まずは、40万・・・

ニュースを読む

米EVテスラが赤字拡大、売上高は2.2倍 第2四半期決算

by 森脇稔 on 2017年08月03日(木) 13時30分

米国のEVメーカー、テスラは8月2日、2017年第2四半期(4〜6月)の決算を開示した。

同社の発表によると、第2四半期の売上高は27億8956万ドル(約3090億円)。前年同期の12億7002万ドルに対して、およそ2.2倍と伸びた。

一方、第2四半期の最終損益は、3億3640万ドル(約373億円)の赤字。前年同期の2億9319万ドルの赤字から、赤字幅が拡大している。

赤字が拡大したのは、新型EVの『モデル3』をはじめ、『モデルS・・・

ニュースを読む

テスラ モデル3、新バージョンを計画…高性能モデルか

by 森脇稔 on 2017年08月02日(水) 09時15分

米国のEVメーカー、テスラが米国で納車を開始したばかりの新型EV、『モデル3』。同車に早くも、新バージョンの開発が計画されていることが分かった。

これは7月30日、テスラのイーロン・マスクCEOが自身の公式Twitterページで、フォロワーの質問に答える形で明らかにしたもの。同CEOは、2016年にモデル3のパフォーマンス仕様を示唆していたが、その後の進展が見られなかった。マスクCEOは30日のツイートで「おそらく2018年の半ばにな・・・

ニュースを読む

テスラの新型EV、モデル3 の詳細発表---航続500km

by 森脇稔 on 2017年07月31日(月) 16時49分

米国のEVメーカー、テスラは7月29日、米国で新型EV、『モデル3』の納車セレモニーを開催し、モデル3の詳細を明らかにした。

モデル3は、『モデルS』の下に位置する小型EVセダン。テスラにとって、入門EVの役割を担うモデルとなる。2017年4月の発表以来、先行予約が発表3週間で40万台に迫る人気となっていた。

今回、発表されたモデル3の詳細では、米国仕様は2グレードで構成。ベースグレードは、0〜96km/h加速5.6秒、最高速210・・・

ニュースを読む

テスラモーターズジャパンは7月21日、テスラ『モデルX』『モデルS』の駐車ブレーキキャリパーに不具合があるとして、国土交通省にリコールを届け出た。対象となるのは、2016年4月11日から2017年4月27日に輸入された184台。

電動駐車ブレーキにおいて、駐車ブレーキキャリパーの製造が不適切なため、キャリパー内のギヤの強度が不足しているものがある。そのため、モーターの作動力により、ギヤが破損し、最悪の場合、駐車ブレーキの解除ができなく・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

チャッピーパパ

2017年、夏の燃費

車種名:トヨタ アクア
投稿ユーザー:チャ***** さん
総合評価:

今年も暑い夏でした。朝からエアコンを付ける日もままありました。 5月以...[ 続きを見る ]

マイロ

35系PHV高速500km走破

車種名:トヨタ プリウスPHV
投稿ユーザー:マイ***** さん
総合評価:

北関東道経由で平均85km/hで500kmを自然エアコンにして、8時間か...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針