テスラ

カーライフニュース - テスラ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

テスラは6月11日、改良新型『モデルS』(Tesla Model S)の高性能グレード、「プラッド」の発売イベントの映像を、公式サイトを通じて配信した。

改良新型モデルSの最強グレードがプラッドだ。プラッドには、3個のモーターを搭載する。3個のモーターは、合計で1100hpのパワーを引き出す。この強大なパワーが4輪に伝達されるAWDとなる。プラッドの0〜96km/h加速は、1.99秒と2秒を切る。1回の充電での航続は、およそ627km・・・

ニュースを読む

テスラは6月8日、改良新型『モデルS』(Tesla Model S)の高性能グレード、「プラッド」の発売イベントを6月10日19時(日本時間6月11日11時)から、米国カリフォルニア州フリーモント工場で行うと発表した。

改良新型モデルSの最強グレードがプラッドだ。プラッドには、3個のモーターを搭載する。3個のモーターは、合計で1100hpのパワーを引き出す。この強大なパワーが4輪に伝達されるAWDとなる。

プラッドの0〜96km/h・・・

ニュースを読む

テスラのイーロン・マスクCEOは6月7日、改良新型『モデルS』(Tesla Model S)の頂点に立つ高性能グレードとして計画されていた「プラッド+」の設定を中止すると発表した。

改良新型には最強グレードとして、プラッド+と「プラッド」が設定される予定だった。両プレイドは、3モーターを搭載するのが特長で、3個のモーターは、合計で1100hpのパワーを引き出す。この強大なパワーが4輪に伝達されるAWDとなる。

0〜96km/h加速は・・・

ニュースを読む

テスラのイーロン・マスクCEOは5月21日、新型テスラ『ロードスター』(Tesla Roadster)に、オプションパッケージとして、「スペースX ロケットスラスター」を設定すると発表した。

2008年に発売された初代ロードスターは、テスラの原点となったEVだ。英国のスポーツカーメーカー、ロータスの『エリーゼ』の車台をベースに、テスラ独自のEVパワートレインを搭載していた。その後の『モデルS』、『モデルX』の成功の基礎を築いたのが、初・・・

ニュースを読む

ロイヤル顧客の反応可視化ツールを提供するスパコロは、「次世代自動車についての調査」の結果を発表。エコだと思うカーブランドランキングでトヨタがトップとなった。

調査は全国20〜60代を対象にインターネットリサーチで実施。2255名の有効回答をまとめた。エコだと思うカーブランドランキングでは1位トヨタ(46.8%)、2位日産(31.5%)、3位ホンダ(18.9%)という結果に。また10位まで国産ブランドがひしめく中、4位にテスラ(13.1・・・

ニュースを読む

テスラ(Tesla)は5月9日、同社初のEVピックアップトラックの『サイバートラック』(Tesla Cybertruck)が、米国ニューヨーク中心部を走行する映像を公開した。

サイバートラックは2019年11月に初公開された。サイバートラックは、トラックの実用性とスポーツカーの性能を備えた設計が特長になる。デザインは、従来のピックアップトラックとは全く異なり、非常に斬新だ。真横から見ると、三角形に見えるデザインとした。また、ヘッドライ・・・

ニュースを読む

テスラ モデルS 改良新型、納車を間もなく開始…米国

by 森脇稔 on 2021年04月28日(水) 09時08分

テスラは4月26日、改良新型『モデルS』(Tesla Model S)の納車を、米国で間もなく開始すると発表した。

改良新型では、内外装がアップデートを受けた。エクステリアは、フロントバンパーが新デザインとなり、開口部の形状が新しくなった。また、ドアハンドルなどが、ブラック仕上げに変更されている。

インテリアは、大幅な変更が施された。とくに、ステアリングホイールは、レーシングカーのように上側のグリップ部分がないデザインとした。モデル・・・

ニュースを読む

テスラ(Tesla)は4月26日、2021年第1四半期(1〜3月)決算を発表した。

同社の発表によると、売上高は103億8900万ドル(約1兆1240億円)。前年同期の59億8500万ドルに対して、73.6%増と引き続き伸びた。

また、第1四半期の純利益は、過去最高の4億3800万ドル(約474億円)。前年同期の1600万ドルから、およそ27倍の大幅増益を達成した。四半期決算としては、7期連続の黒字となる。

大幅な増益となったのは・・・

ニュースを読む

テスラのミッドサイズセダン『モデル3』での2900kmロングドライブ。前編は旅を支える航続性能と充電に関してリポートした。後編では動的な性能、快適性&ユーティリティ、運転支援システム&コネクティビティ等について述べていこうと思う。

◆操縦性はファン・トゥ・ドライブそのもの

まずはボディ&シャシーの出来だが、これは非常に良かった。モデル3は後輪駆動がベース。ロングレンジAWDは前輪にもモーターを置くAWD(4輪駆動)だが、操縦性はファ・・・

ニュースを読む

「トヨタとテスラが再び提携」は誤報か---可能性を検証する

by 中尾真二 on 2021年04月08日(木) 07時15分

『朝鮮日報』が3月末、「トヨタとテスラが小型SUVの共同開発の最終調整に入った」と報じている。この報道はメキシコの自動車関連媒体が取り上げるなどしているが、記事というより噂話に近い。しかし、興味深いテーマなので掘り下げてみたい。

記事は、「トヨタのプラットフォームを使い、テスラがEVパワートレインとソフトウェアを提供する形で、小型SUVを開発する」と報じている。さらに「トヨタは2020年に独自プラットフォームを使ったEVの発売を発表し・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

ねばくん

特に燃費への意識は行いませんでした...

車種名:スズキ ハスラー
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

使用グレード G 5MT 今回、浜松市から天竜川沿いにひたすら北上し、...[ 続きを見る ]

NekoNiko

納車後2ヵ月

車種名:トヨタ ルーミー / タンク
投稿ユーザー:Nek***** さん
総合評価:

納車して2ヵ月。在宅勤務であまり通勤で使わないし、納車間もないため控えめ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針