テスラ

カーライフニュース - テスラ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

◆テスラのアキレス腱となっている『モデル3』

中国での生産計画やEVトラック、新型EVスポーツカーの発表。依然話題に事欠かないテスラだが生産の立ち行かない量販車『モデル3』がアキレス腱となり赤字が続いている。一時は膨大な受注残があると言われたこのモデル3。年末の生産挽回努力にもかかわらず昨年2017年の販売実績は僅かに2320台と少ない。

11月に追加で行われた資金調達は新モデル開発資金のためではなく、運転資金の補填と言う意味合いが・・・

ニュースを読む

テスラ、自動運転車による米国大陸横断ドライブを計画

by 森脇稔 on 2018年02月09日(金) 07時42分

米国のEVメーカー、テスラは自動運転車による米国大陸横断ドライブを計画していると発表した。

この米国大陸横断ドライブは、西海岸のロサンゼルスを出発し、東海岸のニューヨークを目指すというもの。テスラの最新自動運転車を使用して行われる予定。

テスラは、定期的に無料のワイヤレスアップデートを行い、自動運転機能の「オートパイロット」を進化させてきた。例えば、隣の車線内に他の車両を検出すると、自分のいる車線内で自車の位置を調整する「オートステ・・・

ニュースを読む

EVテスラの売上7割増 赤字幅は拡大 2017年通期決算

by 森脇稔 on 2018年02月08日(木) 15時22分

米国のEVメーカー、テスラは2月7日、2017年通期(1〜12月)決算を公表した。

同社の発表によると、2017年通期の売上高は、117億5875万ドル(約1兆2880億円)。前年の70億0013万ドルに対して、68%増と大きく伸びた。

一方、2017年通期の最終損益は、22億0903万ドル(約2420億円)の赤字。前年の7億7304万ドルの赤字から、赤字幅が拡大している。

赤字幅が拡大した要因のひとつが、新型コンパクトEVセダン・・・

ニュースを読む

米国のEVメーカー、テスラのイーロン・マスクCEOが率いる宇宙開発企業、「スペースX」は2月6日、新開発の大型ロケット『ファルコン・ヘビー』の打ち上げに成功した。

ファルコン・ヘビーは、スペースXが開発してきた宇宙旅行を前提とした新型ロケット。全長は、およそ70mと大きく、最大積載量もおよそ64tと大容量。

また、ファルコン・ヘビーでは、打ち上げに使われたブースターが、地上に垂直に着陸する設計。これにより、ブースターの再利用が可能と・・・

ニュースを読む

市販EVによるツーリングカーレース開催を目指す「エレクトリックGT」は、テスラ『モデルS』によるEVレースが、FIA(国際自動車連盟)から承認された、と発表した。

エレクトリックGTは、テスラモデルSの最強グレード、「P100D」によるEVレースを計画中。テスラは2016年8月、モデルSに新グレードのP100Dを設定すると発表。すでにテスラは、モデルSに「P90D」や「P85D」をラインナップ。2016年夏に発表されたP100Dは、さ・・・

ニュースを読む

米国のEVメーカー、テスラは同社のイーロン・マスクCEOの今後10年間の給与体系を発表した。完全成果報酬を導入し、基本給やボーナスは支給されない形になる。

テスラの2017年のEV世界販売は過去最高の10万1312台。『モデルS』と『モデルX』が牽引し、前年比は33%増と大きく伸びている。

その一方で、2017年第3四半期(7〜9月)の調整後の最終損益は、6億1937万ドル(約700億円)の赤字。前年同期の2188万ドルの黒字から赤・・・

ニュースを読む

米国のEVメーカー、テスラは1月3日、新型コンパクトEVセダン、『モデル3』の最新の生産計画を公表した。

新型EVのモデル3に関しては、2017年第3四半期(7〜9月)の納車台数が220台にとどまった。2017年第4四半期(10〜12月)の納車台数は、第3四半期よりは増えたものの、1550台。これは当初の計画を下回る結果で、工場の生産障害の克服が課題になっていた。

今回テスラは、モデル3の最新の生産計画を公表。2018年第1四半期(・・・

ニュースを読む

テスラEV世界販売、33%増の10万台超え…記録更新 2017年

by 森脇稔 on 2018年01月05日(金) 11時30分

米国のEVメーカー、テスラは1月3日、2017年第4四半期(10〜12月)および2017年通年の世界新車販売(納車)台数を公表した。

同社の発表によると、2017年第4四半期の世界販売(納車)台数は、2万9870台。前年同期比は34.5%増と大きく伸びた。

全販売台数2万9870台のうち、『モデルS』が1万5200台。前年同期比は19.7%増だった。新型クロスオーバー車、『モデルX』は1万3120台。前年比は38.1%増と大幅増を達・・・

ニュースを読む

米国IIHS(道路安全保険協会)は、2017年モデルの自動ブレーキの装着率や販売台数や調査した報告書を発表した。

この報告書は、米国に進出している自動車メーカーが提出したデータがベース。2016年9月1日から2017年8月31日までに、米国市場向けに生産された車両の自動ブレーキの装着率や販売台数を調査している。

自動ブレーキ車の販売が最も多かったブランドは、トヨタ。2017年モデルの140万台に自動ブレーキが標準装備された。2位はG・・・

ニュースを読む

米国のEVメーカー、テスラのイーロン・マスクCEOが率いる宇宙開発企業、「スペースX」。同社が、2018年に予定している初の打ち上げに使う新開発の大型ロケットの画像が公開された。

これは、テスラのイーロン・マスクCEOが、自身のインスタグラムで明らかにしたもの。新開発の大型ロケット、『ファルコンヘビー』の姿を公開している。ファルコンヘビーは、スペースXが開発してきた宇宙旅行用の新型ロケット。全長は、およそ70m。初の打ち上げでは、火星・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ヒーワ

プリウス50

車種名:トヨタ プリウス
投稿ユーザー:ヒー***** さん
総合評価:

シートが堅い、乗り心地も悪い腰にくる、ショックが良くないのか、誰かがクラ...[ 続きを見る ]

はげたこうどん

新車購入してから16年

車種名:トヨタ ファンカーゴ
投稿ユーザー:はげ***** さん
総合評価:

2002年2月に購入してからもうすでに210000Km走行 1300エン...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針