キーパーソン インタビュー

カーライフニュース - キーパーソン インタビュー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

BYDオートジャパンはコンパクトSUVの『アット3』の販売を開始。同時に2月2日よりショールームの第1号店を東名横浜インター側にオープンする。その経営者であるアクセルの岡本二久代表取締役社長に、なぜBYDを販売するのかなどの話を聞いた。

◆BYDじゃないとダメなわけ
---:アクセルは西東京エリアに5ブランドの正規ディーラー8店舗と輸入車専業販売店3店舗を運営するトータルインポートカーショップです。そして新たにBYDの販売を手掛けるこ・・・

ニュースを読む

三菱自動車は「東京オートサロン2023」において、軽スーパーハイトワゴンの『デリカミニ』を一般公開した。従来の『eKクロス スペース』との違いはどんなところにあるのか。デザイナーの三菱デザイン本部プログラムデザインダイレクター、松岡亮介さんに話を聞いた。

◆デリカネスとは何なのか
----:今回ekクロス スペースがラインナップされているうえで、デリカミニを投入することになったわけですが、この話が商品企画部門から来た時にどう思いました・・・

ニュースを読む

2023年にテレビアニメ放送が予定されている『MFゴースト』(以下、MFG)。しげの秀一による『頭文字D』の後継作品だ。本作の版元である講談社は東京オートサロン2023に出展し、作品の世界観を現実世界に再現したトヨタ『GR 86』カスタムを展示した。

この「MFGコンセプト」のプロデューサーは、今年5年目となる“MAX織戸”こと織戸学氏が担当。カスタマイズに使用したパーツのこだわりや、実際に運転したフィーリングを伺った。

■織戸学氏・・・

ニュースを読む

CES 2023で話題の中心となったのが、ソニー・ホンダモビリティ(SHM)が2025年に発売を予定するEVに関してだ。SHMは昨年10月、ソニーとホンダが50%ずつ出資して設立した新会社。そのSHMが何らかを発表するとなり、日本のメディアは一気にそこへ関心を向けたのだ。

◆2025年の前半に先行受注を開始、26年春に北米からデリバリー
日本は生産台数でトップを占める自動車メーカーを抱えるものの、こと電動化になると現状のシェアを守るた・・・

ニュースを読む

三菱自動車は東京オートサロン2023に5月に発売が予定されている軽スーパーハイトワゴンの『デリカミニ』を公開した。なぜこのクルマを投入するのか、そのポイントは何か。開発責任者に話を聞いた。

◆『ekクロス スペース』ではメッセージが伝わらなかった
----:そもそもデリカミニを投入するきっかけ、要因はどういうことなのでしょう。

三菱商品戦略本部チーフ・プロダクト・スペシャリストの藤井康輔さん(以下敬称略):現在販売している『ekクロ・・・

ニュースを読む

インプレッサはスバルの基本だ[開発責任者インタビュー]

by 内田俊一 on 2023年01月16日(月) 12時30分

SUBARU(スバル)は東京オーオートサロン2023に、昨年11月のロサンゼルスオートショーでワールドプレミアした新型『インプレッサ』の日本仕様プロトタイプを公開。今春にも正式発表するという。そこで、今回の開発のポイントなどについて開発責任者に話を聞いた。

◆インプレッサからスポーツの名前を取ったわけ
---:国内のスバルのラインナップを見るとWRXがあり、クロストレックなどが投入され、これまでのインプレッサの立ち位置が変わりつつある・・・

ニュースを読む

1人乗りに割り切ったミニカー規格の超小型EVを開発するKGモーターズが、東京オートサロン2023で『ミニマムモビリティ』コンセプトモデルの展示を行った。

一貫して1人乗りにこだわる理由は何か? 都市や地方におけるパーソナルモビリティの可能性はどこにあるのか? 先行する中国メーカーに対する勝算はどこにあるのか? 代表取締役CEO 楠 一成氏に熱い想いを聞いた。

◆超小型EV開発の難しい点
---:今回の展示のポイントはどこでしょうか?・・・

ニュースを読む

コロナ禍で需要が高まっているとされる「副業」。そんな中、メーカーの社員でありながら、マウンテンバイク(MTB)好きが高じて山中にコースを自力で作り、運営会社まで起業してしまったという、ある意味“究極の趣味人”に出会った。

その方は、ヤマハ発動機の小倉幸太郎さん。ヤマハに勤務しながら現在はそのコース「ミリオンペタル バイクパーク」を運営する会社「ミリオンペタル合同会社」の執行役員をつとめる。なぜヤマハの社員が起業し、MTBコースを運営す・・・

ニュースを読む

三菱ふそうトラック・バスから発表された2代目『eキャンター』は、オレンジやブルーをアクセントにデザインされている。エクステリアは『キャンター』と大きな違いはないものの、インテリアは大きく変更。その詳細についてデザイナーに話を聞いた。

◆EVだからとことさら変えない
---:2020年にフルモデルチェンジしたキャンターとeキャンターの変化点、デザインの特徴を教えてください。

三菱ふそうトラック・バス開発本部デザイン部マネージャーの土出・・・

ニュースを読む

カワサキモータースジャパン(KMJ)は2022年10月からオフロード四輪車の国内導入を開始した。ラインナップは『TERYX4 S LE』、『TERYX KRX 1000』、『MULE PRO-FXT EPS』、『MULE PRO-FX EPS』の4機種だ。同年12月には愛知県豊田市のオフロードコースを備えた施設で試乗会を開催。導入の経緯、今後の展望、社長の想いを聞いた。

◆4つのターゲット層を想定、安心安全は絶対条件
北米では主にアウ・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

otou

3か月で5000km 初めてのオイル交換をしました 燃費は21km/L ...[ 続きを見る ]

たつろう

納車しました

車種名:トヨタ シエンタ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:たつ***** さん
総合評価:

2023年1月に納車しました。 発売前8月19日に契約してから5か月ちょ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2023 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針