三井化学

カーライフニュース - 三井化学

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

三井化学と韓国・三井化学SKCポリウレタンは7月23日、植物由来のバイオマスプラスチック原料であるバイオポリオール「エコニコール」が、ZMPの自律型新モビリティ「Robocar Walk」に採用されたと発表した。

Robocar Walkは、移動に不自由を抱える人に対し、空港、商業施設、観光地など、様々な場面において安心で確実な移動を提供する新コンセプトの自動運転モビリティ。人とモノの移動の全体最適を目指すZMP版MaaSの実現に向け・・・

ニュースを読む

三井化学は5月31日、東京・汐留にある本社で経営概況説明会を開催した。その中で淡輪敏社長が強調したのは「新たな顧客価値の創造し、事業活動を通じて社会課題を解決する」ということだ。

事業をモビリティ、ヘルスケア、フード&パッケージング(F&P)、次世代、基盤素材の5つに分け、特にモビリティ、ヘルスケア、F&Pについては成長3領域と位置づけて拡張・成長を目指すという。そのために、投資案件を拡充すると同時に周辺事業への進出を図る。3年間でこ・・・

ニュースを読む

2019年5月22日、神奈川県横浜市にあるパシフィコ横浜で開幕した、「人とくるまのテクノロジー展」に、三井化学が出展。

材料メーカーとして高い技術力を持つ同社が、材料をカタチにする事で実用性のアピールを目的とし、同社傘下の大手工業デザイン会社アークがデザインしたプロダクトを展示した。

展示例を挙げると、通常金属で作成されることが多いクルマのギアボックスを様々なシミュレーションを経て、樹脂化。樹脂を利用する具体例として樹脂製ギアボック・・・

ニュースを読む

三井化学は、5月22〜24日の3日間、パシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」に出展すると発表した。

今回は高比表面積により高精度濾過及び高バリア性を発現する極細ポリオレフィン繊維の「シンテックスnano」や、良触感、超高流動で軽量化、工数削減に寄与する熱可塑性エラストマー「ミラストマー」を出展する。

また、繊維強化PPの耐久性向上と新たな異種材複合を可能にする変性ポリオレフィン「アドマー」、金属代替可能・・・

ニュースを読む

三井化学は3月11日、同社グループの保有する設計、解析、成形、試作、評価等の開発機能を兼ね備えた新拠点「デザイン&ソリューションセンター」を新潟県三条市に開設した。

三井化学グループは、ヘルスケアやモビリティ、フード&パッケージング、基盤素材といった事業領域で、設計、解析、成形、試作、評価といったものづくりの開発機能に強みを持つ。今回、新設したデザイン&ソリューションセンターは、敷地面積2700平米に車両状態での評価を可能とする恒温恒・・・

ニュースを読む

三井化学は、3月12日から14日にパリで開催される世界最大規模の複合材料展「JEC WORLD 2019」に出展。自動運転時代に向けた同社初のコンセプトカー「hour's Pod」を展示する。

hour's Podは、自動運転が普及した未来における新しい時間の使い方を提案するコンセプトカー。三井化学グループの様々な新素材・新技術を搭載しており、素材の融合により実現する新しい移動環境、時空間の価値を提案する。

コンセプトカーの骨格や床・・・

ニュースを読む

三井化学の淡輪敏社長は11月15日に都内にある本社で開いた経営概況説明会で、成長領域のひとつに掲げているモビリティ事業についてエンジニアリングプラスチックなどの分野でM&Aを検討していることを明らかにした。

淡輪社長は「当社が持っている基本技術では足りない部分、領域で足りない部分もある」とした上で、「事業領域としてはエンジニアリングプラスチックを強化したい。当社自身でも技術はもっているが、それを補完できるような機能、そういうものは常に・・・

ニュースを読む

三井化学はCEATEC JAPAN 2018に出展し、次世代アイウェア『タッチフォーカス』を展示した。液晶を埋め込んだレンズによって、快適な遠近両用メガネを実現するものだ。

通常の遠近両用メガネは、レンズの上半分を中長距離用とし、レンズの下半分に近接用のレンズを埋め込むことで、近眼と老眼の補正を同時に実現するものだが、『タッチフォーカス』は、メガネのツル部にあるタッチセンサーがスイッチになっており、レンズの下部に埋め込まれた透明な液晶・・・

ニュースを読む

三井化学は5月30日、自動車の軽量化に貢献するポリプロピレン(PP)コンパウンドの生産工場をオランダに建設すると発表した。三井化学が欧州にPPコンパウンド工場を構えるのは初めてで、2020年6月の稼働を計画している。

三井化学の淡輪敏社長は同日、都内にある本社で会見し、「当社は残念ながら今までヨーロッパに対してそんなに強みを持っていなかったが、PPコンパウンドもやっと自社設備を持つだけの販売量が見えてきたので、PPコンパウンドの欧州新・・・

ニュースを読む

三井化学は、本体各事業部をはじめ、ジャパンコンポジットやプライムポリマー、三井化学SKCポリウレタン、三井化学東セロといったグループ企業のプロダクトを集結。開発進度をアイデア・試作実験・開発完了・製品化の4段階にわけて紹介した(人とくるまのテクノロジー展)。

今回、試作・実験段階で紹介されたプロダクトは、「成形加工性に優れたポリオレフィン系UDテープ・シート」「高熱伝導性による高放熱性、低熱線膨張」「形状記憶シート」の3つ。

同社 ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

たか

低燃費タイヤとの相性はかなり良いと思います。 大分以前ですが、E36の3...[ 続きを見る ]

range22

エンジン、加速感は気持ちいいくらいに柔らかい感じでスーと伸びていきます。...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針