ベントレー

カーライフニュース - ベントレー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ベントレーモーターズジャパンは、9月に発表した新型『コンチネンタルGTマリナー』の日本国内における販売価格を発表した。

コンチネンタルマリナーシリーズは新型『コンチネンタルGT』のクーペをベースに、ベントレーのビスポーク部門であり、世界最古の自動車用コーチビルダーであるベントレーマリナーが設計と製造を担当。エクステリアでは、専用デザインのダブルダイヤモンドグリルや、新デザインの22インチ10本スポークホイールを装着。キャビン全体には約・・・

ニュースを読む

ベントレーは10月15日、英国で10月16〜18日に開催される「グッドウッドスピードウィーク」において、新型『フライングスパーV8』(Bentley Flying Spur V8)の実車をワールドプレミアすると発表した。

◆全世界にデジタル配信される「グッドウッドスピードウィーク」

毎年恒例の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」は、2020年は新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の影響により中止された。その代わりに・・・

ニュースを読む

ベントレーは10月14日、新型『フライングスパーV8』(Bentley Flying Spur V8)を欧州で発表した。W12エンジンに続いて、新型にV8エンジン搭載車が設定される。

◆0〜100km/h加速4.1秒で最高速318km/h

パワートレインとして、まず発表されていたのが、6.0リットルW12気筒ガソリンツインターボだ。このエンジンは、最大出力635ps、最大トルク91.8kgmを引き出す。トランスミッションは、ZF製の・・・

ニュースを読む

ベントレーは9月23〜26日、英国で開催された「サロン・プリヴェ(Salon Prive)」において、新型『コンチネンタルGTマリナー』(Bentley Continental GT Mulliner)をワールドプレミアした。10月から欧州での受注を開始し、2021年初頭から納車を開始する予定だ。

同車は、新型『コンチネンタルGT』のクーペをベースに、ベントレーのコーチビルド部門のマリナーが、そのクラフトマンシップを注ぎ込み、ラグジュ・・・

ニュースを読む

ベントレーは9月4日、英国で9月22日に開幕する「サロン・プリヴェ」において、『マリナー・バカラル』(Bentley Mulliner Bacalar)の実車を初公開すると発表した。すでに、世界限定12台は完売している

同車は、ベントレーのコーチビルド部門の「マリナー」が、精巧にハンドビルドを行い、未来のコーチビルディングのあり方を示す1台となる。ベントレーによると、グランドツーリングの醍醐味を、余すところなく表現しているという。

・・・

ニュースを読む

◆スペックを羅列すればスーパーカーと肩を並べるレベル

新型『ベンテイガ』の試乗の日、『コンチネンタルGT』のステアリングを握ることができた。新世代ベントレーデザインを打ち出したモデルである。デビューは2017年で2018年モデルとしてお披露目された。そして昨年コンバーチブルと4ドアの『フライングスパー』が追加され、今年は日本にV8モデルが上陸している。


ここで紹介するのはそのクーペボディの12気筒モデル。もうお馴染みの6リットルW・・・

ニュースを読む

◆V8国内設定までに3年かかったが…

『コンチネンタルGT』が3世代目にフルモデルチェンジしたのは2017年。これまで通りW12エンジンを搭載して登場した。そして今年、4リットルV8ツインターボの“V8”が追加されたのだが、その間ちょっと空きすぎ?と思ってしまうのは私だけではないだろう。


これまでは矢継ぎ早にエンジン違いがリリースされている。が、実際は日本上陸がこのタイミングになっただけで、V8モデルはすでに完成していたらしい。と・・・

ニュースを読む

ベントレーは8月31日、『フライングスパー』(Bentley Flying Spur)の生産台数が4万台に到達した、と発表した。世界で最も成功を収めたラグジュアリースポーツセダンになるという。

初代フライングスパーは、『コンチネンタル・フライングスパー』を名乗り、2005年に発表された。2013年春、スイスで開催されたジュネーブモーターショー2013では、2世代目となるフライングスパーが初公開された。2019年6月には、現行の3世代目・・・

ニュースを読む

ベントレーは8月26日、新型『フライングスパー』(Bentley Flying Spur)に、「スタイリング・スペシフィケーション」を欧州で設定すると発表した。

スタイリング・スペシフィケーションは、ベントレーの英国本社のスタイリングチームによってデザインされたエアロパーツを中心にしたボディキットだ。各パーツは、カーボンパターンが特長になる。新車購入時だけでなく、後付けでも装着することができる。

◆同じ方向に織られたカーボンファイバ・・・

ニュースを読む

ベンテイガがモデルチェンジした。プラットフォームとパワートレーンをキャリオーバーのまま、エクステリアとインテリアに手を入れ、印象を大きく変えた。

◆新型ベンテイガで全モデルの新世代フェイス化が完了



エクステリアでは3世代目となったコンチネンタルGTの匂いを強く受ける。ヘッドライトの楕円は横長になり、鋭い目つきとなった。昨年リリースされた4ドアのフライングスパーもそうだから、これですべてのモデルが新世代顔になったことになる。とはい・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ねばくん

CVTフルードを交換しました・・・

車種名:スズキ ランディ
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

CVTフルードの交換が過去されていないことがわかり、 9年目の車検と合わ...[ 続きを見る ]

love-ski-hokkaido

燃費いいですよ

車種名:マツダ CX-5 (ディーゼル)
投稿ユーザー:lov***** さん
総合評価:

CX5の2.2Lディーゼル4WDです。 根室から札幌まで片道500kmを...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針