ジェイテクト

カーライフニュース - ジェイテクト

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ジェイテクト、EVモータ用高速回転グリース潤滑玉軸受を開発

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年05月29日(金) 10時30分

ジェイテクトは5月28日、電気自動車(EV)における駆動ユニットのモータ用として世界最速となるdmn(ピッチ円直径×回転速度)2150万以上の高速回転を可能にしたグリース潤滑玉軸受を開発したと発表した。

近年、自動車の燃費・電費の向上に直結するモータの小型・高出力化が進んでおり、モータを支持する軸受にはさらなる高速回転性能が要求されている。そのため、高速回転下でも破損や焼付きが発生しない軸受の開発が課題となっていた。

軸受の高速化技・・・

ニュースを読む

ジェイテクトは5月27日、自動車のトランスミッションやデフユニットのピニオン支持などに使用される円すいころ軸受にて、シリーズ最高の低トルク性能と最軽量を実現する次世代製品「LFT-V」を開発したと発表した。

円すいころ軸受は油中で使用されるが、特に「潤滑油粘度が高い」「給油量が多い」「回転速度が高い」といった使用条件となり、軸受のポンプ作用により、潤滑油の攪拌損失が大きくなってしまうという問題があった。ジェイテクトではこの課題に着目し・・・

ニュースを読む

産学連携によるコオロギの食糧資源化を推進---。機械・自動車部品メーカーのジェイテクトは25日、食用コオロギ(昆虫食)の安定生産を実現し、将来の食糧不足回避に向けての安定した循環型エコシステムを構築するため、グリラスと業務提携した。

株式会社グリラスは、食用コオロギの事業化を目的に、国立大学法人徳島大学大学院社会産業理工学研究部渡邉崇人助教・工学博士が2019年5月に設立した徳島大学発のベンチャー企業だ。

ジェイテクトは2019年6・・・

ニュースを読む

ジェイテクト、低粘度油対応長寿命軸受を開発 2025年量産開始へ

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年05月25日(月) 21時00分

ジェイテクトは5月25日、自動車減速機の潤滑油として使用拡大が予想される低粘度油下にて、軸受の早期破損に対して優れた耐久性を有する長寿命軸受を開発したと発表した。

自動車の燃費・電費向上策の一つとして近年、減速機に使用する潤滑油の低粘度化が進んでいる。潤滑油の低粘度化には、軸受の撹拌抵抗が抑制されることによりトルクが低減する、というメリットがある。ただし、軸受に対しては潤滑状態が厳しくなり、高荷重、高振動が発生する過酷な環境下で使用さ・・・

ニュースを読む

ジェイテクト、加KSR社のECU開発拠点を取得

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年05月17日(日) 06時15分

ジェイテクトは5月13日、カナダ子会社を通じ、同国でステアリング事業を展開するKSRインターナショナル社が保有するECU開発拠点、ハリファックスR&D社を取得したと発表した。

ハリファックス社は従来から欧米市場向けにH-EPS用のMCUを開発するなど、ステアリング業界で15年以上の市場実績を重ねてきた。また、近年の高電圧システムの要求に対応する高電圧対応のECUの開発も進めている。

ジェイテクトでは、ハードウェア/ソフトウェア/機能・・・

ニュースを読む

ジェイテクトは、2月26日から28日に東京ビックサイトにて開催される「第11回[国際]二次電池展〜バッテリージャパン〜」に出展する。

ジェイテクトは、2017年9月にBR蓄電デバイス事業室を組織し、新領域の1つとして、蓄電デバイスの1種である「リチウムイオンキャパシタ」の開発を進め、2019年10月から量産を開始。今回のバッテリージャパンでは、このリチウムイオンキャパシタ、それを活用した電動パワーステアリング(EPS)補助電源システム・・・

ニュースを読む

ジェイテクト、高耐熱リチウムイオンキャパシタの量産開始

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年11月20日(水) 07時30分

ジェイテクトは、高耐熱リチウムイオンキャパシタの量産を同社花園工場(愛知県岡崎市)で開始したと発表した。

キャパシタとは、物理的に電力を充放電する蓄電池。蓄電容量は限られているものの、一度に高いエネルギーを放出する瞬発力が特徴だが、リチウムイオン二次電池同様、耐熱性に課題がある。車両に搭載するために要求される環境温度は、車室内であれば−40度から85度だが、ジェイテクトは特許技術によりこれをクリア。出力する上限電圧を制限することで10・・・

ニュースを読む

JR東日本のBRTで2回目の自動運転実験…前回よりも実運用に近い形に 11月25日から

by 佐藤正樹(キハユニ工房) on 2019年11月10日(日) 20時30分

JR東日本など10者は11月8日、JR東日本が運営しているバス高速輸送システム(BRT)の自動運転化へ向けた技術実証実験を行なうと発表した。

2018年12月から2019年3月にかけて行なわれた大船渡線BRTでの実験に続くもので、今回は宮城県登米市内の気仙沼線BRT柳津〜陸前横山間4.8kmで11月25日から2020年2月14日まで実施される。

実際の営業用車と同じ「日野ブルーリボンシティ」を使用して行なわれ、JR東日本のほか、先進・・・

ニュースを読む

ジェイテクト、自動車変速機向けクリープ摩耗抑制玉軸受を開発

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年10月10日(木) 07時30分

ジェイテクトは10月8日、ハイブリッド車(HV・PHV)や電動車(EV・FCV)の変速機、エンジン車のCVTなどに使用される「クリープ摩耗抑制玉軸受」を開発したと発表した。

軸受のクリープとは、内輪もしくは外輪が運転中に軸又はハウジングに対して回転する現象。摩耗や変色、かじりなど様々な損傷が起きる原因となる。またクリープが発生すると、軸受とハウジングが擦れ合うことで双方が摩耗して軸の芯ずれや傾きを引き起し、ギヤのかみ合い不良による変速・・・

ニュースを読む

ジェイテクトは10月8日、電動キャリパブレーキ(EMB)への適用を想定した「非循環ボールねじ」を開発したと発表した。

近年の環境規制に対応するため自動車業界でも電動化や自動運転化が急がれる中、搭載する部品も、油圧から電子制御への置き換えが進んでいる。EMBは、ディスクブレーキのピストンを押す駆動源を油圧から電動モータに変更したブレーキ方式。電気自動車(EV)やハイブリッド車(HEV)などに適しており、車両の軽量化やCO2排出削減、快適・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

DY

エアコン使用内規循環燃費

車種名:日産 ノート(e-POWER)
投稿ユーザー:DY***** さん
総合評価:

6月に入り流石に暑くなりだしたのでエアコンを使用してます 流石にガンガン...[ 続きを見る ]

久保田

高速道路 燃費テスト

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:久保***** さん
総合評価:

【高速道路燃費テスト(熱田神宮へ参拝)】 行きは、圏央道⇒新東名高速廻り...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針