メルセデスベンツ

カーライフニュース - メルセデスベンツ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

メルセデスベンツのハードオフローダー、『Gクラス』のフラッグシップとして発売された『G500/G550 4x4 2(スクエアード)』に新型が登場するようだ。プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

4x4 2は、2016年にGラクスの旗艦モデルとして誕生。6輪駆動車として話題となった『G63 AMG 6x6』の足回りを移植し、最低地上高を224mm高い460mmにリフトアップ。巨大ホイールを装備し3351・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは5月27日、『Eクラスカブリオレ』(Mercedes-Benz E-Class Cabriolet)の改良新型を、欧州で発表した。

◆最新のLEDテクノロジーを導入

フロントには、従来よりもフラットなヘッドライトを採用した。このヘッドライトには、オールLEDテクノロジーが全車に標準装備される。オプションで、マルチビーム LEDヘッドランプが選択できる。

フロントグリルは、新しいダイヤモンドパターンの「Aシェイプ」・・・

ニュースを読む

メルセデス・ベンツ日本は、SUVモデル『GLE』新型に48Vマイルドハイブリッドシステムを採用する「メルセデスAMG GLE53 4マチック+(ISG搭載モデル)」を追加し、5月28日より予約注文の受付を開始した。納車は6月以降の予定。

パワートレインは、3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジン、「ISG」(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)、48V電気システム、電動スーパーチャージャーを組み合わせる。3.0リット・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は5月25日、2022年から世界中のすべての生産拠点を、CO2ニュートラルにすると発表した。

全生産拠点のCO2ニュートラル化は、ダイムラーがメルセデスベンツを含めたグループ全体の中期経営計画として発表した「アンビション2039」(Ambition2039)と密接な関係がある。

アンビション2039では、今後の20年間で、メルセデスベンツ乗用車の向かう方向性を示した。2030年までに新車・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは5月25日、新型EVセダンの『EQS』(Mercedes-Benz EQS)のプロトタイプの画像を公開した。コンセプトカーの『ヴィジョンEQS』の市販版として、現在開発が進められている。

「EQ」は、メルセデスベンツが立ち上げた電動車に特化したサブブランドだ。EQブランドの最初の市販車として登場したEVが、SUVの『EQC』となる。EQブランドの市販第2弾は、ミニバンの『Vクラス』ベースの『EQV』だ。

メルセデス・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は、5月27日(日本時間5月27日21時)、「Meet Mercedes DIGITAL」で初公開する『Eクラスクーペ』と『Eクラスカブリオレ』の改良新型に、新世代のステアリングホイールを採用すると発表した。

改良新型には、新開発のステアリングホイールを導入する。このステアリングホイールには、静電容量式のタッチセンサーが組み込まれており、ドライバーがステアリングホイールを握っているかどうか・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは5月25日、ミニバンの『Vクラス』ベースの新型EV、『EQV』(Mercedes-Benz EQV)の受注を欧州で開始した。「EQV300」グレードのドイツ本国でのベース価格は、7万1388ユーロ(約840万円)と発表されている。

メルセデスベンツは2018年秋、メルセデスベンツブランド初の市販EV、『EQC』を発表した。「EQ」は、メルセデスベンツが立ち上げた電動車に特化したサブブランドだ。EQブランドの最初の市販・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツの主力クロスオーバーSUV、『GLC』次世代型プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

GLCクラスは、2015年に『GLK』後継モデルとして、現行モデルである初代が誕生。2019年には大幅改良が執行されており、いよいよ第2世代へバトンタッチされる。

茂みの中から撮影したプロトタイプは、現行型と比べるとよりボンネットが水平になり、ルーフラインが低く、ホイールベース、全長が大幅に長くなって・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は、5月27日に開催する「Meet Mercedes DIGITAL」で初公開する『Eクラスクーペ』と『Eクラスカブリオレ』の改良新型に、「エナジャイジングコンフォート」を設定すると発表した。

エナジャイジングコンフォートは、各種ヒーターやパフュームアトマイザー、シート設定、照明、音楽などのシステムを統合的にコントロールし、快適性を高める装備だ。車両のエアコン、アンビエントライト、パフュー・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは5月25日、次期『Sクラス』(Mercedes-Benz S-Class)を、2020年の後半にワールドプレミアすると発表した。

メルセデスベンツは、9月にオープンするドイツ・ジンデルフィンゲンの新しい「ファクトリー56」において、次期Sクラスの生産を開始する予定だ。ファクトリー56は近代的な生産施設で、革新的な技術とプロセスを導入するのが特長になる。

また、次期Sクラスには、最新の人工知能(AI)が搭載される。現・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

mashita

4年半、8万km走行したので再レビ...

車種名:スバル レヴォーグ
投稿ユーザー:mas***** さん
総合評価:

ファミリーカーとしての実用性と、EyeSightの運転支援システムは、長...[ 続きを見る ]

BLAUERLUZ

燃費仕様

車種名:スズキ ジムニー
投稿ユーザー:BLA***** さん
総合評価:

●TOYO OPENCOUNTRY R/T 185/85R16 ●JB2...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針