メルセデスベンツ

カーライフニュース - メルセデスベンツ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

近い将来、メルセデスベンツの屋台骨『Cクラス』に取って代わる次世代EVの姿をスクープ!さらにそのインテリアも激写することに成功した。

現在メルセデスベンツは、エントリーモデルの『CLA』を含めエレクトリックモデル=EVラインアップの拡充に向け開発を急ぐ。そしてついに、中核モデルであるCクラスもEV時代に突入する。

今回キャッチしたプロトタイプは、まだまだ厳重にディテールを隠しているものの、兄貴分である『EQE』や『EQS』に倣った流・・・

ニュースを読む

メルセデス・ベンツ日本は4月2日、メルセデスAMG『GT 63 4MATIC+ クーペ』新型の予約受注を開始。最高出力585psの4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジン、AMG 4MATIC+を搭載するハイパフォーマンスクーペながら、室内空間、ラゲッジスペースの確保もなされた、4名乗車が可能となるオプションの設定もある。価格は2750万円。


●メルセデスAMG『GT 63 4MATIC+ クーペ』新型の詳細は《こちら》から・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは4月11日、大型EVセダン『EQS』の改良新型を欧州で発表した。

EVのフラッグシップモデルのEQS改良新型には、クロームメッキが施された新しいラジエーターカバーが標準装備される。クロームメッキが施され、フラッシュマウントされたスラットが、深いブラックの周囲にエレガントなコントラストを生み出している。このグリルはフロントボンネットのフードマスコットと組み合わされ、『Sクラス』のような表情を演出している。

上質なディ・・・

ニュースを読む

電動SUV、メルセデスベンツ『EQA』改良新型を発売…航続591km

by 纐纈敏也@DAYS on 2024年04月12日(金) 07時00分

メルセデス・ベンツ日本は4月11日、電動コンパクトSUV『EQA』改良新型(EQA 250+)の販売を開始した。価格は771万円。

EQAは全長4465mm、全幅1835mm、全高1610mmと、日本の道路環境に適したサイズでありながら、SUVとしての実用性も備えている。安全性や操縦安定性、快適性、利便性、品質といったメルセデスベンツの特長を高いレベルで維持している。

EQAはフロントアクスルに同期モーターを搭載し、最高出力190p・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは、4月25日に中国で開幕する北京モーターショー2024において、EVの『EQS』(Mercedes-Benz EQS)の改良新型を初公開する。メルセデスベンツが4月8日に発表した。

メルセデスEQブランドの第4弾となるEQSは、大型EVサルーンで、『Sクラス』のEVバージョンに位置付けられる。EQSは、ラグジュアリーカーおよびエグゼクティブセグメントのEVに、メルセデスベンツの新しい電動アーキテクチャの「EVA」を採・・・

ニュースを読む

この4月に日本での予約受注を開始したメルセデスAMGの高性能2ドアクーペ『GTクーペ』。日本に導入されるのは『GT 63 4MATIC+ クーペ』だが、本国ではエントリーモデルにあたる『GT 43 クーぺ』もほぼ同時期に発表されるなど、徐々にシリーズを拡大している。そして、さらに“ピュア”な新モデルを開発中であることが発覚した。

ドイツ・アッファルターバッハにあるAMG本社付近で捉えたプロトタイプは、フロントバンパーコーナーに冷却を向・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは、4月24日に『Gクラス』(Mercedes-Benz G-Class)のEVを中国北京で初公開する。メルセデスベンツが4月8日に発表した。

メルセデスベンツは2021年9月、ドイツで開催したIAAモビリティ2021において、『コンセプトEQG』を発表した。コンセプトEQGは、メルセデスベンツ伝統のオフローダー、GクラスのEVを示唆したコンセプトカーだった。

コンセプトEQGでは、各車輪の近くに、4つの電気モーター・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツ日本は、3月18日より『CLE200クーペ』を発売した。「CLE200クーペ」は従来の『Cクラスクーペ』と『Eクラスクーペ』を統合し誕生した新世代のモデルで、『CLA』と『CLS』の中間に位置する2ドアクーペだ。

◆伝統的クーペスタイルを踏襲
2ドア、ロングボンネット、ショートオーバーハング、ロングボンネット、ロングホイールベース、というメルセデス「伝統」のクーペのスタイルを採用。ヘッドライトとリアコンビネーションから・・・

ニュースを読む

レゴとF1の融合! 19万個超「実物大」メルセデスAMGを鈴鹿に展示…F1日本GP

by レスポンス編集部 on 2024年04月05日(金) 12時30分

レゴグループは、4月5〜7日のF1日本グランプリ開催期間中、鈴鹿サーキット内の「レゴテクニックブース」で、19万2937個のレゴブロックを使用して制作した「LEGO MERCEDES-AMG PETRONAS F1 W14 E PERFORMANCE」の実物大モデルを展示している。

この実物大モデルは、18歳以上向けの大人用レゴ「レゴテクニック Mercedes-AMG F1 W14 E Performance」基にスケールアップして・・・

ニュースを読む

ダイムラートラックは4月2日、大型トラック、メルセデスベンツ『アクトロスL』(Mercedes-Benz Actros L)の新型を欧州で発表した。12月に生産を開始する予定だ。

未来的なデザインのプロキャビンは、『アクトロス』シリーズの新時代を告げるものだ。フロントエンドが80mm延長され、空力対策がさらに強化されたことで、燃料を最大3%節約できるようになった。

新型アクトロスLの効率は、空力特性に優れた運転席と、現行世代のOM ・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

はるりく

31.15

車種名:ダイハツ ロッキー(Rocky)(ハイブリッド)
投稿ユーザー:はる***** さん
総合評価:

燃費がどんどん上がっている。ガソリン満タン法で今回 31.15 特に遠出...[ 続きを見る ]

よもぎもち

概ね満足

車種名:トヨタ パッソ
投稿ユーザー:よも***** さん
総合評価:

実際、多少期間を設けてハイブリッドかディーゼルを買う予定だったけど、前の...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針