メルセデスベンツ

カーライフニュース - メルセデスベンツ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

メルセデスベンツが開発を進める新セグメントモデル『CLEクーペ』の最新プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。CLEは『Cクラス』と『Eクラス』のクーペ&コンバーチブルに取って代わる新モデル。これまで多くのプロトタイプを捉えてきたが、今回出現したのは厳冬のフィンランド山中だ。

まだまだカモフラージュが厳重だが、シングルバーを備えるグリル、シャープなヘッドライトが露出。側面では流麗なクーペルーフを見ることができ・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは12月6日、最上位4ドアサルーン『Sクラス』新型の高性能電動モデル、メルセデスAMG『S63 Eパフォーマンス』(Mercedes-AMG S 63 E PERFORMANCE)を欧州で発表した。

◆0〜100km/h加速3.3秒で最高速290km/h
高性能プラグインハイブリッド(PHEV)システムは、直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジン(最大出力612hp/5500〜6500rpm、最大トルク・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは12月2日、新型コンパクトEVミニバンの『EQT』(Mercedes-Benz EQT)を欧州で発表した。内燃エンジンを搭載する『Tクラス』のEVバージョンになる。

◆バッテリーの8割の容量を38分で充電可能
EQTのEVパワートレインのモーターは、最大出力122hp、最大トルク25kgmを発生する。バッテリーはリチウムイオンで、蓄電容量は45kWh。このバッテリーは、リアアクスル前方のアンダーボディにレイアウトされ・・・

ニュースを読む

日本自動車輸入組合は12月6日、2022年11月の輸入車新規登録台数(外国メーカー車)を発表。前年同月比28.8%増の2万2647台で2か月連続の2ケタ増となった。

ブランド別では、1位メルセデスベンツが同75.8%増の5700台で3か月連続のプラスとなった。2位BMWは同18.5%増の2913台、3位フォルクスワーゲンは同17.9%増の2802台でともに2か月連続プラス。4位アウディは同41.8%増の1762台、5位MINIが同6.・・・

ニュースを読む

メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は12月6日、電気自動車(EV)ブランド「メルセデスEQ」の新たなモデルとして『EQS SUV』および『EQE SUV』の2車種を、2023年中に日本市場に導入する計画を明らかにした。

上野金太郎社長は同日、横浜市内に開設した世界初となるメルセデスEQ専売拠点のオープニングセレモニーであいさつし、「メルセデスEQは、日本では2019年に『EQC』を導入し、その後2021年には都市型SUV『EQA』・・・

ニュースを読む

メルセデス・ベンツ日本は12月6日、電気自動車(EV)ブランド「メルセデスEQ」の専売拠点として世界初となるメルセデスEQ横浜を横浜市内に開設した。

メルセデスEQ横浜はメルセデス・ベンツ日本の正規販売代理店であるシュテルン世田谷の15拠点めの新店舗となる。シュテルン世田谷の板東徹行社長は同日行われたオープニングセレモニーで「現在、自動車業界は100年に1度と言われる大変革の真っただ中にあるが、実際にその変化を感じられているお客様はま・・・

ニュースを読む

世界初のメルセデス EQ専売拠点、横浜にオープン

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年12月06日(火) 11時45分

メルセデス・ベンツ日本と正規販売店契約を結ぶシュテルン世田谷は12月6日、世界初のメルセデス EQ専売拠点「メルセデスEQ 横浜」を横浜市神奈川区にオープンした。

メルセデス EQはメルセデス・ベンツの電気自動車(EV)ブランド。日本では2019年に『EQC』を導入以降、5モデルをラインアップしている。メルセデス・ベンツは、2030年までにすべてのモデルをEVへ移行する準備を整えることを発表しており、今回、日本におけるEV市場の成長性・・・

ニュースを読む

メルセデスAMGの新型 Sクラス、「63」は802馬力PHEVに

by 森脇稔 on 2022年12月06日(火) 11時30分

メルセデスベンツは12月6日、最上位4ドアサルーンの『Sクラス』新型の高性能電動モデル、メルセデスAMG『S63 Eパフォーマンス』(Mercedes-AMG S 63 E PERFORMANCE)を欧州で発表した。

高性能プラグインハイブリッド(PHEV)システムは、直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジン(最大出力612hp/5500〜6500rpm、最大トルク91.8kgm/2500〜4500rpm)に、電気モー・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは11月30日、ドイツ・シュトゥットガルト空港の駐車場での高度に自動化された駐車システムの使用が、ドイツ連邦自動車交通局(KBA)から承認された、と発表した。SAEレベル4に対応する高度に自動化されたドライバーレス駐車システム機能が、世界で初めて正式に商用利用を承認されたことになる。

◆スマホアプリにタップするだけで車両が駐車スペースへ移動
このテクノロジーは、ボッシュと共同開発された。車両とインフラが運転と操作を代行・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは11月30日、商用EV『eスプリンター』(Mercedes-Benz eSprinter)の次期型を、2023年2月にワールドプレミアすると発表した。これに先駆け、量産プロトタイプによる航続確認テストを実施している。

◆100km走行当たりのエネルギー消費量は21.9kWhと認定
eスプリンターは、メルセデスベンツの主力商用バン、『スプリンター』のEVバージョンだ。メルセデスベンツは、eスプリンター次期型の量産プロト・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

ほだ

結構良い

車種名:三菱自動車 eKクロス (マイルドハイブリッド)
投稿ユーザー:ほだ***** さん
総合評価:

なかなかのびる、4WDターボなのでどうかなぁと思っていたが、夏タイヤで2...[ 続きを見る ]

ずーくん

燃費に良くないACC(MT車限定?...

車種名:トヨタ ヤリス
投稿ユーザー:ずー***** さん
総合評価:

ACC(クルーズコントロール)を使わない方が燃費によさそうだと気づいたの...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針