ブルー・スイッチカード《写真提供 日産自動車》

日産自動車は、電気自動車(EV)優遇施策実施地域をEVで訪れた際に、そのサービスを簡易に受けられるEV利用証明のひとつとなる「ブルー・スイッチカード」の運用を10月11日より開始する。まずは、熊本県阿蘇市、長崎県佐世保市で利用が可能となる。

日産はEVの普及を通して、地域課題の解決に取り組む日本電動化アクション「ブルー・スイッチ」活動の連携協定のもと、熊本県阿蘇市や長崎県佐世保市と、観光施設でのサービス利用料割引などのEV優遇施策を進めてきた。

このブルー・スイッチカードは、日産のコネクテッドカーサービス「NissanConnectサービス」が提供するEVオーナー向け「NissanConnect EV」アプリの新機能として、スマートフォンの画面上にEV利用を簡易に提示、証明するもの。施設側での確認をスムーズに行うことができる。

日産は、より多くの日産EVオーナーにブルー・スイッチカードでのサービス利用を簡便にできるよう、今後、デジタル上での仕組みを拡大していく予定だ。

ブルー・スイッチカード《写真提供 日産自動車》 ブルー・スイッチカード《写真提供 日産自動車》 ブルー・スイッチカード《写真提供 日産自動車》 ブルー・スイッチカード(トップ画面)《写真提供 日産自動車》 ブルー・スイッチカード(メニュー画面)《写真提供 日産自動車》 ブルー・スイッチカード(カード画面)《写真提供 日産自動車》