電気自動車 EV、PHV

カーライフニュース - 電気自動車 EV、PHV

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

シトロエンのEV『e-C4』、航続を357kmに延長…欧州発表

by 森脇稔 on 2021年12月06日(月) 12時00分

シトロエンは12月2日、『C4』(Citroen C4)のEV、『e-C4』の2022年モデルを欧州で発表した。

◆低転がり抵抗タイヤの採用やギア比の変更で航続を延ばす
2022年モデルでは、転がり抵抗を減らして効率を向上させる「A +」クラスのタイヤを採用した。これにより、1回の充電での航続は、WLTPサイクルで7km引き上げられ、357kmに到達する。気温や道路の種類、走行モードなどの使用条件に応じて、航続は従来比でおよそ30km・・・

ニュースを読む

アイディアは、12月4、5日に東京国際フォーラムで開催された「EVバイクコレクション in TOKYO 2021」で、超小型4輪EV『AA-i』を世界初公開した。発売時期、価格は未定。

アイディアは、2019年東京モーターショーで誕生した、日本の新しいモビリティブランド。2020年6月に発売した電動3輪バイク『AAカーゴ』は、環境性能の高さや3輪ならではの走行安定性が認められ、日本マクドナルド、日本郵便、DHLジャパンなど多くの企業に・・・

ニュースを読む

トヨタ、西欧新車販売のEV比率を50%に…2030年目標

by 森脇稔 on 2021年12月06日(月) 10時47分

トヨタ自動車(Toyota)の欧州部門のトヨタモーターヨーロッパは12月2日、2030年までに西欧の新車販売におけるEVの比率を50%にする目標を発表した。

この目標達成の原動力に位置付けるのが、新型EVの『bZ4X』だ。同車は、トヨタの「bZ」シリーズ第一弾のEVで、パートナーのスバルと共同開発されたSUVタイプのEVとなる。

bZ4Xには、トヨタとスバルが共同開発した「e-TNGA」EV専用プラットフォームを採用している。電動化・・・

ニュースを読む

ボルボカーズ傘下のポールスターは12月2日、現在開発を進めているブランド初の電動SUVの『ポールスター3』(Polestar 3)のプロトタイプの写真を公開した。

ポールスターの市販車第一弾は、高性能プラグインハイブリッド(PHV)クーペの『ポールスター1』だった。市販車第二弾の『ポールスター2』は、ポールスター初のピュアEVで、テスラ『モデル3』などと競合するミッドサイズEVスポーツセダンだ。

市販車第三弾のポールスター3は、ブラ・・・

ニュースを読む

2021年12月4・5日の期間中、東京都千代田区にある国際フォーラムで開催されている「EVバイクコレクション in TOKYO 2021」にカワサキが出展。

イタリアで毎年開催されている国際モーターサイクルショー、EICMA 2019でに発表された同社のEVスポーツモデル「EVプロジェクト」と、2021年5月にクラウドファンディングを実施し、2950万円を調達した前2輪の電動3輪車「ノスリス」を展示し、大きな注目を集めている。

「・・・

ニュースを読む

なんとなく電気自動車(EV)の世界が現実味を帯びてきたような気がする。もちろん、日本はまだまだEV化が進んでおらず、世の中はハイブリッドが支配的だ。

EV化が進まない背景の大きな理由は、実際に使うユーザーが充電施設の少なさや実際に充電にかかる時間の長さなどに懸念があるからだ。かくいう私も、まさに一般的なユーザーと同じ考えでいた。そんなわけだが、職業上もEVに乗らないわけにはいかないし、PHEVが増えてくると、自宅に充電設備がない限りほ・・・

ニュースを読む

これからの時代にぴったりな、最先端EVバイクが大集結する「EVバイクコレクション in TOKYO 2021」が2021年12月4〜5日、東京国際フォーラム(東京都千代田区)で開催されている。

EVバイクをラインナップする国内外のメーカーが、挙ってブースを出展するなか、ヤマハは電動アシスト自転車『YPJ MT-Pro』と電動スクーター『E-VINO』、電動トライアルバイク『TY-E』を展示。全日本トライアル選手権で通算11回チャンピオ・・・

ニュースを読む

2021年12月4日、これからの時代にぴったりなEVバイクが大集結するイベント、「EVバイクコレクション in TOKYO 2021」が東京都千代田区にある国際フォーラムで開幕。

2輪メーカー各社が、様々なEVバイクを紹介するなかで、ホンダもブースを出展し、同社がラインナップする電動ビジネスバイクシリーズ『BENLY e:』(ベンリィe:)、『GYRO e:』(ジャイロe:)、『GYRO CANOPY e:』(ジャイロキャノピーe:)・・・

ニュースを読む

これからの時代にぴったりな、最先端EVバイクが大集結! と主催者(東京都環境局)が謳う「EVバイクコレクション in TOKYO 2021」が、12月4〜5日の会期で、東京国際フォーラム(東京都千代田区)で開催中だ。

会場に並ぶのは国内外のEVバイクメーカーからの最新型EVバイクだ。出展企業は五十音順にaidea(アイデア)、カワサキモータース、KTMジャパン(KTM、ハスクバーナ、GASGAS)、トヨタ車体、ビー・エム・ダブリュー(・・・

ニュースを読む

GMは12月1日、新世代EVプラットフォーム「アルティウム」向けバッテリーで使用するカソード活物質を処理する合弁工場を、北米に建設することでPOSCOケミカル社と合意した、と発表した。

合弁工場では、バッテリーセルのコストの約40%を占める主要な電池素材のカソード活物質を処理する。合弁工場は2024年に稼働する予定で、開業時には数百人の新規雇用の創出を見込む。

合弁工場は、米国のEV市場における主導的地位を目指すGMのバッテリーセル・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2020-2021
e燃費アプリ

車レビュー

スズ(_ _)

AWDモデルについて

車種名:スズキ キザシ
投稿ユーザー:スズ***** さん
総合評価:

キザシの魅力、AWDモデルの機能についても掘り下げます。 燃費に付いて、...[ 続きを見る ]

デカ耳こーぎー

【全般】  Aピラー下端を除き良好な視界で不思議な安心感があり、見た目も...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針