電気自動車 EV、PHV

カーライフニュース - 電気自動車 EV、PHV

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

小池百合子東京都知事は24日、パリ市長のアンヌ・イダルゴ市長と共同声明を発表。「2030年までに、東京都はEV(電気車)、FCV(燃料電池車)などゼロ・エミッション・ビークルの新車販売割合を50%まで引き上げることを目指す」と宣言した。

ゼロ・エミッション・ビークルとはCO2排出量ゼロの車両のことを示し、小池氏が環境負荷低減のキーワードとして用いている。

パリ市長との共同宣言は、22日と23日の両日に東京で開催された「きれいな空と都・・・

ニュースを読む

シトロエン初のPHV、C5エアクロス に設定へ…2019年

by 森脇稔 on 2018年05月25日(金) 17時30分

シトロエンは5月24日、『C5エアクロス』に2019年、シトロエンブランド初のプラグインハイブリッド車(PHV)を設定すると発表した。

C5エアクロスは、Cセグメントに属するSUV。2017年秋、欧州市場に投入された『C3エアクロス』の上級モデルに位置付けられる。

シトロエンが属するPSAグループは、新経営戦略「Push to Pass」において、2021年までに、新型の環境対応車を合計11車種発売する計画。環境対応車11車種の内訳・・・

ニュースを読む

米国のEVメーカー、テスラのイーロン・マスクCEOは5月24日、現在開発を進めている新型EV、『モデルY』のデビュー時期を明らかにした。

モデルYは、『ロードスター』、『モデルS』、『モデルX』、『モデル3』に続くテスラのEV。モデル3の下に位置するコンパクトな電動SUVになる。

また、モデルYはモデル3の車台をベースに開発される。小型EVセダンのモデル3は、多くの受注を抱える人気車となっており、モデル3のSUV版ともいえるモデルY・・・

ニュースを読む

ボルボカーズ、V40 後継車を開発… EVも設定へ

by 森脇稔 on 2018年05月25日(金) 14時45分

ボルボカーズは5月24日、主力コンパクトカーの『V40』の後継モデルの開発計画を発表した。

初代V40は1995年に、4ドアセダンの『S40』とともに登場したステーションワゴン。生産は三菱自動車との合弁会社で、オランダのネッドカーで行われた。2004年、2代目への移行を機に、V40は『V50』へネーミングを変更。V40の名前は、いったん消滅した。

ボルボカーズは2012年春、ジュネーブモーターショー2012において、現行『V40』を・・・

ニュースを読む

日野自動車は『プロフィア』や『レンジャー』に搭載されている最新の安全・環境技術を「人とくるまのテクノロジー」に展示。また「小型EV商用車プラットフォーム 」は、来場者の大きな注目を集めていた。

展示内容は「次世代技術と、現行車種の環境性能それに安全性能の3本柱です」と説明するのは、 技術管理部技術統括室の中村俊悦 室長。次世代技術でとくに目を引いたのは、前輪駆動の小型電動商用車プラットフォームのモックアップだ 。

このプラットフォー・・・

ニュースを読む

「SiCをウエハから一貫して製造する唯一のメーカー」のロームは、自社で開発・製造する半導体デバイスをラインナップ。「なかでもぜひ見てほしいのは、インバーターのフルSiCパワーモジュールへの変遷がわかるフォーミュラEコーナー」と同社。(人とくるまのテクノロジー展)

フォーミュラEに参戦するヴェンチュリー・フォーミュラEチーム(Venturi Automobiles)のオフィシャル・テクノロジー・パートナーであるロームは、インバータのシリ・・・

ニュースを読む

BMWグループは5月22日、ドイツで6月に開催される世界最大級のIT関連見本市「CEBIT」において、電動車両向けの新型急速チャージャーを初公開すると発表した。

BMWグループは、ダイムラー、フォルクスワーゲングループ(アウディとポルシェを含む)、フォードモーターと共同で、欧州において電動車向けの急速充電ネットワーク「IONITY」を新設する計画。この計画は、電動車による長距離走行を可能にするために膨大な数の充電ステーションの迅速な構・・・

ニュースを読む

パシフィコ横浜で開催されている「人とくるまのテクノロジー展2018」。トヨタ自動車のブースの主役は燃料電池車(FCEV)と水素プラットフォームの提案だ。

ブースのセンターに陣取るのは世界初の市販FCEV『MIRAI』のカットモデル。その横には水素プラットフォームを表現した都市のジオラマが置かれていた。液体水素貯蔵施設、海外からの水素タンカー、水素を生むための風力発電や太陽光発電、そしてその利用先である住宅や自動車向け水素ステーションが・・・

ニュースを読む

自動車技術者のための自動車の最新技術・製品の技術展示会「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」が、23〜25日の会期で、パシフィコ横浜(横浜市)において開催される。主催は自動車技術会。

日本国内の四輪・二輪自動車メーカー、部品、材料、テスティング、CAEソリューションなどの企業各社をはじめ、関係協会・団体など、自動車産業に関わるあらゆる業界から企業が展示する。ワークショップ、特別講演、体験イベントとして試乗会などの特別企画も開催する・・・

ニュースを読む

米国の有力消費者誌、『コンシューマーリポート』は5月22日、テスラのEV、『モデル3』の走行テストを行った結果、モデル3を推奨しないと発表した。

モデル3を推奨しない理由は、ブレーキ性能の低さ。コンシューマーリポートによると、96km/hで走行中に緊急時を想定した急ブレーキテストを行ったところ、停止までの距離は152フィート(約46m)。この距離は、フォードモーターの重量級フルサイズピックアップトラック、フォード『F-150』よりも7・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

よしみん

GW

車種名:スズキ MRワゴン
投稿ユーザー:よし***** さん
総合評価:

関越自動車道使いまして、川越から沼田までのり道の駅川場に行って来ました。...[ 続きを見る ]

gokuhaze

25.5km/L 通勤 4WD 5...

車種名:ホンダ バモス
投稿ユーザー:gok***** さん
総合評価:

毎日130km通勤です。代車で22年式の4WDですが 走らないので450...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針