電気自動車 EV、PHV

カーライフニュース - 電気自動車 EV、PHV

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

BMWのEV初のM『i4 M50』、警察仕様に変身…ACシュニッツァー

by 森脇稔 on 2022年12月08日(木) 16時00分

ACシュニッツァー(AC Schnitzer)は12月3日、BMWの4ドアクーペEV『i4』をベースにした警察仕様を、エッセンモーターショー2022で初公開した。

エッセンモーターショーは2004年から「TUNE IT! SAFE!」と題したキャンペーンを展開している。「違法チューニングは愛車を壊す可能性があるし、交通安全上、とても危険なのでやめよう」との趣旨だ。このキャンペーンを、ドイツ警察と連邦交通省が全面的にバックアップしている・・・

ニュースを読む

現代モービス(Hyundai Mobis)は12月5日、米国で2023年1月に開催されるCES 2023において、自動運転のコンセプトカー『M.ビジョンTO』を初公開すると発表した。

M.ビジョンTOは、次世代の 「PBV(パーパス・ビルド・ビークル)」の提案だ。PBVは、自動運転機能を備えた高度にカスタマイズ可能なコンセプトにより、車を単なる移動手段以上のものにする無限の可能性を持つという。

「M.ビジョン」は、現代モービスの未来・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは12月6日、最上位4ドアサルーン『Sクラス』新型の高性能電動モデル、メルセデスAMG『S63 Eパフォーマンス』(Mercedes-AMG S 63 E PERFORMANCE)を欧州で発表した。

◆0〜100km/h加速3.3秒で最高速290km/h
高性能プラグインハイブリッド(PHEV)システムは、直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジン(最大出力612hp/5500〜6500rpm、最大トルク・・・

ニュースを読む

商用EVのHW ELECTRO、エレモシリーズ新車種を初公開へ

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年12月08日(木) 07時00分

電気自動車(EV)ベンチャーのHW ELECTROは、2023年1月13日から15日までの3日間、幕張メッセで開催される東京オートサロン2023に出展し、新車種を初公開すると発表した。

HW ELECTROは次世代の多用途小型商用EV『エレモ』シリーズの製造・販売を行うファブレスメーカー。2021年4月に輸入小型の商用EVとして国内で初めてナンバーを取得し、2021年7月24日より小型商用EV『エレモ』、11月20日より軽規格のEVト・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲン(VW)ジャパンは、VWブランドが取り組んでいる脱炭素化戦略「Way to ZERO」とその活動について、楽しみながら体感できるポップアップスペース「ID.SQUARE」を12月12日から25日まで東京ミッドタウン アトリウムに開設する。

ID.SQUAREでは、新型フル電動SUV『ID.4』の体感型展示および体験試乗に加え、長年VWブランドのアイコンとして親しまれてきた『タイプ2(ワーゲンバス)』がEVとして復活し・・・

ニュースを読む

ホンダは12月7日、軽商用車『N-VAN』をベースとした、新型軽商用EV(電気自動車)を2024年春に発売すると発表した。

ホンダは、2050年に同社全製品と企業活動を通じたカーボンニュートラル実現を目指しており、四輪車では2030年までにグローバルで30種類のEV展開を予定している。日本市場では暮らしに欠かせないクルマとして軽自動車がある。中でも商用車は企業の電動化に対するニーズが高いことから、ホンダはまず商用車を皮切りに軽EVを展・・・

ニュースを読む

ラムの新型EVピックアップトラック、ティザー

by 森脇稔 on 2022年12月07日(水) 14時30分

「ラムトラック」ブランドは12月6日、米国で2023年1月に開催されるCES 2023でワールドプレミアする予定のEVピックアップトラックコンセプト、ラム『1500レボリューション』のティザー映像を公開した。

ラム1500レボリューションは、2024年に北米で発売予定の新型EVピックアップトラックを示唆したコンセプトカーだ。ラムトラックが属するステランティスは、傘下の14ブランドの電動車両の基礎となる4種類のEV向けプラットフォームを・・・

ニュースを読む

レクサス初のEV専用車『RZ』、航続は440km

by 森脇稔 on 2022年12月07日(水) 12時45分

レクサスの欧州部門は12月5日、ブランド初のEV専用車『RZ』(Lexus RZ)の欧州仕様車が、1回の充電で最大440kmの航続を達成すると発表した。

◆0〜100km/h加速5.6秒で最高速は160km/h
レクサスRZには、モーター、トランスアクスル、インバーターを一体設計した新開発の「eAxle」を搭載する。欧州仕様車の場合、フロントのモーターが最大出力204hp、リアのモーターが最大出力109hpを発生する。システム全体で3・・・

ニュースを読む

ヒョンデのEVに高性能仕様「N」開発中

by 森脇稔 on 2022年12月07日(水) 11時45分

ヒョンデ(現代自動車)は12月2日、小型ハッチバックEVの『アイオニック5』の高性能モデル「アイオニック5 N」のティザー映像を公開した。

車名の「N」とは、ヒョンデの高性能ブランドの「N」を意味する。ヒョンデは2015年秋、Nブランドの立ち上げを発表した。Nは、ヒョンデが新たに立ち上げたサブブランドだ。Nは、WRC(世界ラリー選手権)などモータースポーツのノウハウを導入し、ヒョンデ初の高性能車に特化したブランドとなるのが特長。Nとは・・・

ニュースを読む

オムロン、EVの電力を建物に供給する「V2X」システムを提供へ

by レスポンス編集部 on 2022年12月07日(水) 10時30分

オムロンソーシアルソリューションズは、普及拡大が見込まれる電気自動車(EV)市場に向けて、EVから建物に電力を供給するV2X(Vehicle to X)システム「KPEP-Aシリーズ」を2023年5月に販売する。

EVを大容量蓄電池システムと見立て、貯めた電気を住宅(V2H)や施設(V2B)に供給するV2Xシステムは、相次ぐ自然災害に対するレジリエンス強化として注目されている。EVは動く蓄電池として、災害発生時、停電した避難所や自宅な・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

ほだ

結構良い

車種名:三菱自動車 eKクロス (マイルドハイブリッド)
投稿ユーザー:ほだ***** さん
総合評価:

なかなかのびる、4WDターボなのでどうかなぁと思っていたが、夏タイヤで2...[ 続きを見る ]

ずーくん

燃費に良くないACC(MT車限定?...

車種名:トヨタ ヤリス
投稿ユーザー:ずー***** さん
総合評価:

ACC(クルーズコントロール)を使わない方が燃費によさそうだと気づいたの...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針