日産自動車

カーライフニュース - 日産自動車

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

日産自動車は15日、都内で『ノートオーラ』の発表会を行った。女優の中谷美紀が登場してアンベール、ノートオーラに「一瞬で恋に落ちた」とその美しさと上質さを称えた。

ノートの上級車とも呼べるノートオーラ。従来のコンパクトカーに無い気品と上質さを併せ持ち、第2世代「e-POWER」を搭載し最高出力100kW、最大トルク300N・mを発揮する。

日産自動車の星野朝子副社長は、「新次元の電気の走りと、今までに無い上質感を身に纏ったプレミアムな・・・

ニュースを読む

【日産 ノートオーラ】星野副社長「圧倒的な上質感」

by 池原照雄 on 2021年06月15日(火) 16時00分

日産自動車は6月15日、主力コンパクトカー『ノート』の上級モデルである『ノートオーラ』をオンラインで発表した。今秋に発売する。

発表会に出席した国内部門担当の星野朝子執行役副社長はオーラについて、「圧倒的な存在感と上質感をもつプレミアムコンパクトの自信作に仕上がった。第2世代のe-POWERがもたらす電気の走りと、静粛性に徹底的にこだわった」とアピールした。

基本モデルのノート同様にe-POWERのみの設定としたことについては、「電・・・

ニュースを読む

日産自動車は6月15日、主力コンパクトカー『ノート』の上級モデルである『ノートオーラ』を発表した。発表会に出席した国内部門担当の星野朝子執行役副社長は、一部報道にあった『スカイライン』の開発中止を否定した。

日本経済新聞の『スカイライン』に関する報道について星野副社長は、「先週末にスカイライン開発中止、日産の象徴の開発に幕というような記事が報道されているが、そのような意志決定をした事実は一切ない。日産は決してスカイラインをあきらめませ・・・

ニュースを読む

日産自動車は、6月4日に発表した新型クロスオーバーEV『アリア』の日本専用限定車「アリアリミテッド」が、発表当日の受付開始から10日間で、約4000台の予約注文を受けたと発表した。

アリアリミテッドは、「高級感ある美しいエクステリア」、「日産ならではの電動化、自動運転化技術と最新のコネクティッド技術の搭載」、「日産の電気自動車であるという安心感」等が高く評価されている。

グレード別受注構成は、91kWh(B9)バッテリーの4WDが最・・・

ニュースを読む

【日産 ノートオーラ】オーテック、助手席回転シートを設定

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年06月15日(火) 13時00分

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは6月15日、『ノートオーラ』をベースに「助手席回転シート」を設定し、今秋より発売すると発表した。

オーラ助手席回転シートは、簡単な手動操作で、助手席を車外に向けて回転できるモデル。スカートや和服を着ていても足を揃えてスマートに乗り降りできる。

助手席回転シートにはベース車同様、人間工学に基づき疲労が軽減するように設計された「ゼログラビティシート」を採用。また、メーカーオプションの「BOS・・・

ニュースを読む

日産自動車は6月15日、第2世代「e-POWER」を搭載した新型コンパクトハッチバック『ノートオーラ』を今秋に発売すると発表した。価格は261万0300円から295万7900円。

ノート オーラは、「感性品質」「美・機能」「先進感」の3つにこだわり開発した、「少し先の未来」を感じさせる先進的な新型コンパクトカー。全車に出力・トルクを向上させた第2世代 e-POWERを搭載し、ひとクラス上の電気の走りを提供する。車名の「オーラ」は、気品・・・

ニュースを読む

2021年6月15日に発表された、日産の新型コンパクトカー『NOTE AURA(ノート オーラ)』。ノートをベースに、こだわりのアイテムを満載し、e-POWERもさらにパワーアップ。「プレミアムコンパクトカー」として仕立て上げられたクルマだ。

今回、このノートオーラに試乗することができた。その模様をお伝えしていく。

◆「一見ノート」だがその中身は「別物」


ノートオーラは、ベースのノートと同じく、Bセグメントの2列シート5人乗りの・・・

ニュースを読む

日産 AD、ブリヂストン RD-613スチール/ECOPIA R680を新車装着

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年06月15日(火) 09時45分

ブリヂストンは、日産自動車が5月24日に発売した商用バン『AD』の新車装着用タイヤとして、「RD-613スチール」および「ECOPIA R680」を納入すると発表した。

日産 ADは、クラストップレベルの積載性、快適な乗り心地、あらゆるビジネスシーンでの使い勝手の良さなどが好評の『NV150AD』の車名を変更するとともに、アイドリングストップを2WDに標準装備することで燃料消費率を改善するなど、一部仕様を向上した商用バンだ。

今回、・・・

ニュースを読む

「箱入り」と言えば、上品で穏やかな立ち振いの娘のことを思い浮かぶが、こちらの「箱入り」は、海外に逃亡した無礼で人騒がせな男の立ち振る舞いである。

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告を海外に逃亡させたとして、犯人隠避の罪に問われた米軍特殊部隊「グリーンベレー」の元隊員マイケル・テイラー被告とその息子のピーター被告の初公判が東京地裁で行われ、両被告は「間違いない」と起訴内容を認めたという。

きょうの各紙が社会面のトップ記事で「ゴーン・・・

ニュースを読む

日産自動車の米国部門は6月9日、新型『パスファインダー』(Nissan Pathfinder)を6月後半、米国市場で発売すると発表した。現地ベース価格は3万3410ドル(約365万円)だ。

初代パスファインダーは、1986年にデビューした。『テラノ』の北米・中東向け仕様が、パスファインダーを名乗った。新型は5世代目モデルで、米国市場ではミドルクラスのSUVに属する。

日産は2020年5月、2023年度までの4か年計画を発表した。この・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

みずか

良い車です。

車種名:三菱自動車 アイ
投稿ユーザー:みず***** さん
総合評価:

満タン法で、これまでの平均実燃費は17.07km/l(16~18.5km...[ 続きを見る ]

ミズガメ

CVTのエコラン方法

車種名:スバル レヴォーグ
投稿ユーザー:ミズ***** さん
総合評価:

スバル車を乗り継いで23年、燃費は諦め半分でした。 今は、新型レヴォーグ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針