日産自動車

カーライフニュース - 日産自動車

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

日産自動車は、ミドルサイズSUV『ローグ』(日本名:『エクストレイル』に相当)の新型を10月下旬より全米ディーラーにて、販売開始すると発表した。

新型ローグは、様々な用途で活躍し、楽しく、冒険心を駆り立てる同車のスピリットを表現したデザインを採用した。大胆で力強いエクステリアはアスリートのような力強さと上質さを兼ね備え、インテリアでは家族が快適に過ごせる洗練されたデザインを実現。ボディカラーには、同車として初となる5種類のツートンカラ・・・

ニュースを読む

日産自動車のインド部門は10月9日、新型SUVの『マグナイト』(Nissan Magnite)の市販モデルを10月21日、デジタルワールドプレミアすると発表した。

マグナイトはすでに、コンセプトカーとして発表されている。その市販モデルは10月21日、初公開されることが決まった。

マグナイトは、日産の最新テクノロジーを導入したスタイリッシュなBセグメントSUVとして開発されている。日産のグローバルSUVの伝統と、高度な日本の技術を活用・・・

ニュースを読む

『エルグランド』改良新型を発売した日産自動車は、「家族の車利用の実態」について調査を実施。コロナ禍において、家族の間でも一定のディスタンスが求められていることが判明した。

調査は全国の30代から50代で、子どもがいる男女300名を対象に実施。まず、コロナ禍における家族の移動手段を尋ねたところ、「自家用車」が88.7%と圧倒的に高い数値となった。コロナ禍での移動では公共交通機関を避け、より安全に移動する手段の一つとして「自家用車」が注目・・・

ニュースを読む

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは、『エルグランド』のマイナーチェンジに合わせ、カスタムカー「オーテック」を新たに設定し、11月9日より販売を開始する。

「AUTECH」は、多種多様なカスタムカーづくりで蓄積してきたオーテックジャパン伝統のクラフトマンシップを継承しつつ、スポーティでありながら高級感漂うスタイリングが特徴のブランド。今回発売する『エルグランド オーテック』は、『セレナ』『ノート』『エクストレイル』『リーフ』・・・

ニュースを読む

日産自動車は、高級ミニバン『エルグランド』のデザインを一新するとともに、先進安全技術を拡充させ、10月12日より発売する。

エルグランド改良新型はデザインを一新するとともに、全方向から運転をサポートする360°セーフティアシストを全車標準装備とするなど、先進安全技術を拡充。さらに、漆黒のフロントグリルやフォグランプフィニッシャーなどの専用装備に加え、上質で存在感のあるスタイルに仕上げた特別仕様車「アーバンクロム」シリーズも新たに設定し・・・

ニュースを読む

代官山蔦屋書店(東京都渋谷区)が開催するモーニングクルーズは、毎月1回テーマを決め、車好きが愛車と集まるイベントだ。11日のテーマは日産『フェアレディZ』。数十台の歴代Zとともに、今回は日産自動車の協力で『フェアレディZプロトタイプ』が展示された。

イベントには日産自動車チーフプロダクトスペシャリストの田村宏志氏と同エグゼクティブデザインダイレクターの田井悟氏らも登場。田村氏は「これまで『Zはどうなってるんだ』と聞かれてきたが、こうし・・・

ニュースを読む

日産自動車と那須サファリパークは10月9日、この夏に遠出することができなかった家族向けにオンラインナイトサファリの様子をライブ配信した。

ライブでは日産『セレナe-POWER』にタレントの小島よしおが乗車し、那須サファリパーク(栃木県那須町)の動物たちを飼育員と一緒に紹介。今回使用されたセレナe-POWERは、モーターで駆動するのが特徴のワンボックスカー。そのため驚くほど静かな走りで夜のサファリパークを走行していた。

今回のライブ配・・・

ニュースを読む

日産自動車(Nissan)の米国部門の北米日産は10月5日、『ローグ』(日本名:『エクストレイル』に相当)の新型を、10月後半に米国市場で発売すると発表した。現地ベース価格は、2万5650ドル(約270万円)だ。

従来型ローグは2世代目モデルで、2013年9月に発表された。初代は独自デザインだったが、2代目ローグは、3代目エクストレイルの兄弟車として、北米でデビューした。このローグがおよそ7年ぶりにモデルチェンジを行い、3代目となる新・・・

ニュースを読む

日産 エクストレイル 仕様変更…内外装の質感向上

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年10月07日(水) 18時42分

日産自動車は、ミドルサイズSUV『エクストレイル』を一部仕様向上し、11月5日より発売する。

今回の仕様向上では、外装色や内装の質感を向上し、より洗練されたイメージに昇華させた。エクステリアでは、フロントグリル、フロント・リアバンパー下部、ドアロアモール、バックドアフィニッシャーをダーククロームに変更。またアウトドアハンドルは外装色と同色の仕様にした。さらにアルミホイールを全車ダークカラーとすることで、落ち着きのある上品な外観としてい・・・

ニュースを読む

◆なんだこの飛ぶような滑るような走りは

SUVといえば、重厚感ある走りと相場が決まっている。背が高く、全面投影面積が大きく、風の抵抗を真正面から受けつつもぐいぐい走るというイメージだ。ところが。

『キックス』の走り出しの軽さといったらない。なんだこの飛ぶような滑るような走りは。とんでもない軽快さである。さすが「e-POWER」、電気モーターの加速はSUVになっても健在なのだ。

ガソリンエンジンで発電して電気を作り、電気自動車として・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

love-ski-hokkaido

燃費いいですよ

車種名:マツダ CX-5 (ディーゼル)
投稿ユーザー:lov***** さん
総合評価:

CX5の2.2Lディーゼル4WDです。 根室から札幌まで片道500kmを...[ 続きを見る ]

kota

燃費モンスターです

車種名:トヨタ ヤリス (ハイブリッド)
投稿ユーザー:kot***** さん
総合評価:

納車後、1週間が経ってのレポートです。 毎日のように遠出して1000キロ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針