BMWモトラッドがマーシャルと提携を結び二輪車向け新サウンドシステムを共同開発《photo by BMW》

BMWの二輪部門のBMWモトラッド(BMW Motorrad)は7月19日、英国のマーシャル・アンプリフィケーション社と提携を結び、二輪車向けサウンドシステムを共同開発すると発表した。

英国ロンドン発のマーシャルは、およそ60年の歴史を持つ。現在は英国ミルトンキーンズに本拠を置いており、世界のミュージシャンが愛用するギターアンプを製造している。2012年からは音楽愛好家のために、ヘッドフォンやアクティブスピーカーも手がけている。

BMWモトラッドは、二輪車のライダー向けサウンドシステムの開発に取り組んできた。世界的に有名なマーシャル・アンプリフィケーション社との長期的なパートナーシップにより、BMWモトラッドのサウンドシステムを、新しいレベルに引き上げることを目指す。

BMWモトラッドは自社の開発力に、伝説的なマーシャルのスピリットを組み合わせる。近い将来、BMWモトラッドのヘリテイジセグメントにおいて、二輪車と音楽のための新しい革新的な製品を発表するという。

なおBMWモトラッドは、マーシャルとの戦略的パートナーシップから生まれる最初の新製品を、7月29日に初公開する予定、としている。