日産 アルマーダ の2021年モデル《photo by Nissan》

日産自動車の米国部門は1月19日、『アルマーダ』(Nissan Armada)の2021年モデルを米国市場で発売した。現地ベース価格は、4万8500ドル(約500万円)と発表されている。

初代アルマーダは2003年に発表された。日産の北米向けフルサイズSUVで、日産の大型ピックアップトラック『タイタン』の車台をベースに開発された。2016年に発表された現行アルマーダは、2世代目モデルだ。日産が主に中東市場で販売している大型SUV、『パトロール』が、米国に2代目アルマーダとして導入された。

外観はフロントグリルをアルマーダ専用デザインに変更した。パトロールでは横基調のメッキグリルが、アルマーダではブラックアウトされた。パワートレインはパトロール譲りで、5.6リットルV型8気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載する。

このアルマーダの2021年モデルが米国市場で発売された。デビューから約4年が経過し、初の本格改良が施された。米国市場では、トヨタ『ランドクルーザー』などと競合する。

◆最大牽引能力はクラス最高の3.8トン

アルマーダの頑丈なラダーフレームには、クラス最高のパワーを発揮する5.6リットルV型8気筒ガソリン自然吸気エンジンを継続搭載する。最大出力は400hp/5200rpm、最大トルクは57.1kgm/4000rpmを引き出す。

パワフルなV8エンジン搭載により、最大牽引能力はクラス最高の3.8トンとした。牽引ヒッチレシーバーとトレーラースウェイコントロールを備えたトレーラーブレーキコントローラーが初めて採用されている。

7速ATは、アダプティブシフトコントロールとダウンシフトレブマッチング機能を備える。ワイドなギア比、ATフルードウォーマー、アイドルニュートラルコントロールの採用により、燃費性能を追求している。

駆動方式は、後輪駆動または「Auto 4WD」システムが選択できる。Auto 4WDシステムは、「Auto」、「4HI」、「4LO」の3モードが切り替えられる。電子制御のパートタイムトランスファーケース、2.70:1の4LOギア比を備える。

通常の走行状態では、システムは2WD駆動モードとなる。路面や走行状況に応じて、4輪すべてにトルクを分配する。トルクの最大50%は、オンデマンドで前輪に伝達される

◆フロントマスクを一新

2021年モデルでは、エクステリアを大幅に変更した。新デザインのフロントフェンダー、グリル、バンパーを採用して、アグレッシブな表情へと一新する。フロントグリルには、米国向け日産車として初めて、日産の新エンブレムが装着された。ヘッドランプは、50個以上のLEDを備えた新デザインとし、広範囲を明るく照らすようにした。

リアには、70個のLEDを備えた新デザインのテールランプを装備しており、被視認性を高めるとともに、モダンな雰囲気とした。その他、ボディ同色のオーバーフェンダー、ダーク仕上げのルーフレール、アコースティックフロントガラス&フロントサイドウィンドウなどが装備されている。

2021年モデルのボディカラーには、エルモサブルーパール、モカアーモンドパール、ガンメタリック、スーパーブラック、ブリリアントシルバーメタリック、アスペンホワイト、クーリスレッドパールの7色が用意される。

◆最新の「Nissan Connect」

2021年モデルのインテリアには、クラス最大の12.3インチディスプレイを新開発した。高解像度のディスプレイは、より鮮明な画像と鮮明なグラフィックスを提供する。カスタマイズ可能なホーム画面には、ユーザーのお気に入りへのショートカットと目的地検索が含まれている。

標準のスマートフォン接続には、ワイヤレスのApple「CarPlay」と有線のグーグル「AndroidAuto」を採用する。スマートフォンを置くだけでスマートフォンの充電が始まり、インジケーターに充電状態が表示される。Wi-Fi接続によって、地図データとソフトウェアを更新することもできる。

また、2021年モデルには、7.0インチの先進運転支援ディスプレイが導入された。新しいディスプレイは、視認性を向上させるために、フルカラーで高解像度とした。ステアリングホイールのスイッチにより、複数の情報画面への迅速な操作とアクセスを可能にしている。

「Nissan Connect」サービスコンビニエンスプランでは、ボタンを押すだけでライブアシスタントに24時間アクセスできる「日産コンシェルジュ」が利用できる。Nissan Connectサービスには、車内、パソコン、スマートフォン、スマートウォッチアプリ、アマゾン(Amazon)の「アレクサ(Alexa)」またはGoogleアシスタントからアクセスできる。

全グレードに、「SiriusXM」トラフィックとトラベルリンクを備えた日産ドアツードアナビゲーション(3か月の無料トライアル付き)、SiriusXMを搭載したNissan Connectサービスが採用される。SiriusXMラジオ、強化された音声認識、ハンズフリーテキストメッセージングアシスタントも用意されている。

日産 アルマーダ の2021年モデル《photo by Nissan》 日産 アルマーダ の2021年モデル《photo by Nissan》 日産 アルマーダ の2021年モデル《photo by Nissan》 日産 アルマーダ の2021年モデル《photo by Nissan》 日産 アルマーダ の2021年モデル《photo by Nissan》 日産 アルマーダ の2021年モデル《photo by Nissan》 日産 アルマーダ の2021年モデル《photo by Nissan》 日産 アルマーダ の2021年モデル《photo by Nissan》 日産 アルマーダ の2021年モデル《photo by Nissan》 日産 アルマーダ の2021年モデル《photo by Nissan》 日産 アルマーダ の2021年モデル《photo by Nissan》 日産 アルマーダ の2021年モデル《photo by Nissan》 日産 アルマーダ の2021年モデル《photo by Nissan》 日産 アルマーダ の2021年モデル《photo by Nissan》 日産 アルマーダ の2021年モデル《photo by Nissan》 日産 アルマーダ の2021年モデル《photo by Nissan》 日産 アルマーダ の2021年モデル《photo by Nissan》 日産 アルマーダ の2021年モデル《photo by Nissan》 日産 アルマーダ の2021年モデル《photo by Nissan》 日産 アルマーダ の2021年モデル《photo by Nissan》 日産 アルマーダ の2021年モデル《photo by Nissan》 日産 アルマーダ の2021年モデル《photo by Nissan》