インプレッサ

カーライフニュース - インプレッサ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは7月6日、『インプレッサ』の2019年モデルの米国価格を発表した。ベース価格は、1万8595ドル(約205万円)に設定している。

インプレッサの2019年モデルの米国仕様車には、直噴2.0リットル水平対向4気筒ガソリンエンジンを積む。最大出力は152hpを発生。トランスミッションはグレードに応じて、5速MTまたはリニアトロニックCVTを組み合わせる。

2019年モデルのインプレッ・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは7月6日、『インプレッサ』の2019年モデルに、最新の車載コネクティビティを採用すると発表した。

2019年モデルのインプレッサの大きな特徴のひとつが、車載コネクティビティの「スターリンク」の最新版の採用。6.5インチのタッチパネルを核にしたマルチメディアシステムは、グーグルの「Android Auto」とアップルの「Apple CarPlay」に対応。リアビジョンカメラも標準装備・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは7月6日、『インプレッサ』の2019年モデルを発表した。

2019年モデルには、最新の「アイサイト」を設定。ベースグレードを含めて、CVT車の全グレードで、アイサイトが選択できるようになった。

アイサイトは、フロントガラスの上部に2つのカメラを搭載。このカメラから得られたステレオ画像を処理して、前方を走行する車両、障害物、車線、その他の物体を認識する。アイサイトは、歩行者を検出す・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は6月14日、『レガシィ』と『インプレッサ』の燃料ポンプに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2004年4月1日〜2009年9月21日に製造された23万2708台。

燃料ポンプにつながるワイヤハーネスの材質が不適切なため、車両使用過程の動きでコネクタ端子の接触状態が悪化し、導通不良となることがある。そのため、ポンプが作動せず、走行中のエンジン停止や始動不良が発生す・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は3月29日、2月の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年同月比3.5%減の8万9144台で4か月連続のマイナスとなった。

国内生産は北米向け新型『XV』の増加が『フォレスター』などの減少をカバーし、同0.7%増の5万9780台で2か月ぶりのプラスとなったが、海外生産は同11.2%減の2万9364台で3か月連続のマイナス。『インプレッサ』の生産開始から1年が経過して新型車効果が落ち着いたことで・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は、『インプレッサ スポーツ/G4』にスバル60周年記念の特別仕様車「1.6i-L EyeSight S-スタイル」を設定し、4月24日より発売する。

特別仕様車は量販グレードの「1.6i-L EyeSight」をベースに、切削光輝16インチアルミホイールをはじめ、サイドシルスポイラーやメッキ加飾付フロントフォグランプカバー、LEDサイドターンランプ付ドアミラーなどを採用。最上級グレード「2.0i-S EyeSi・・・

ニュースを読む

ドライブと音楽はセット、そう考えているドライバーは多いはずだ。そして、今よりももっと良い音で楽しみたい、そう考えている方も多いに違いない。より良い音を得るためにはどうすればいいのだろうか…。おすすめはズバリ、「スピーカー交換」だ。

音の出口であるスピーカーを市販モデルに換えるだけで、状況はガラリと一変する。

その体験記をお届けしよう。今回は「スバル・インプレッサSPORT」に、世界的な人気ブランド「FOCAL(フォーカル)」のエント・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は、『インプレッサSPORT/G4』に特別仕様車「1.6i-L EyeSight S-style」を設定する。実車は2月26日に発表、4月24日に発売される予定だ。すでに2月1日より店頭での先行受注を開始している。

1.6i-L EyeSight S-styleは、インプレッサの人気グレードである「1.6i-L EyeSight」に、スポーティなエクステリア装備と充実したインテリア装備を加えながら、価格を抑制した・・・

ニュースを読む

欧州で唯一の公的衝突テストを行うユーロNCAPコンソーシアムは1月10日、2017年に衝突テストを実施したおよそ70車種の中で、最も優れた安全性を示したモデルを6カテゴリー別に発表した。

6カテゴリーの安全ベスト車は、以下の通り。

スーパーミニ部門:VWポロ
スモールファミリーカー部門:スバル・インプレッサ/XV
スモールMPV部門:オペル・クロスランドX
スモールオフロード部門:VW T-Roc
ラージオフロード部門:ボルボXC6・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは、米国で開催中のロサンゼルスモーターショー2017において、『インプレッサ』の2018年モデルを初公開した。

インプレッサの2018年モデルの大きな特徴のひとつが、車載コネクティビティの「スターリンク」の最新版の採用。タッチパネルを核にしたマルチメディアシステムは、スマートフォンとの連携やiPodコントロール、ブルートゥースに対応。また、SOS緊急アシスタンスをはじめ、自動衝突警告・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

高橋健一

高速+一般道

車種名:マツダ デミオ
投稿ユーザー:高橋***** さん
総合評価:

最近は高速+一般道でエコ運転で、リッター20kmは出ます。 以下、詳細...[ 続きを見る ]

AWS

スポーツという名を冠するが、ディーゼルだからかアクセルを踏んだ時のスピー...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針