イプシロン

カーライフニュース - イプシロン

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ランチアは6月7日、『イプシロンHF』と『イプシロン・ラリー4 HF』の開発に、1988〜1989年にWRC(世界ラリー選手権)を制したミキ・ビアシオン氏が参画すると発表した。

2025年には、240hpの電動モーターを搭載した高性能モデル、イプシロンHFが発売される予定だ。また、ランチアは2025年、若手ドライバーの育成を目的としたイプシロン・ラリー4 HFを投入し、ラリー界に公式に復帰する。この2つの新モデルは、5月末にプレビュー・・・

ニュースを読む

ランチア『イプシロン』新型は「動く傑作」?

by 森脇稔 on 2024年06月05日(水) 12時15分

ランチアは6月2日、プレミアム5ドアハッチバック、『イプシロン』新型の新映像を公開した。

映像では、新型イプシロンを「動く傑作」として紹介し、美しさ、時を超えたデザイン、エレガンスを強調している。映像内では、レオナルド・ダ・ヴィンチの「白貂を抱く貴婦人」やアメデオ・モディリアーニ(マダム・モド)の「黄色いドレスの若い女性」など、歴史的な芸術作品を背景に新型イプシロンが登場する。

新型イプシロンは、EVまたはハイブリッドパワートレイン・・・

ニュースを読む

ランチアは5月27日、ラリー界に再び挑戦することを発表した。新型『イプシロン』をベースにした「Rally 4 HF」を開発している。ランチアはこれまでに、WRC(世界ラリー選手権)で15回タイトルを獲得。ラリー界で最も成功したブランドのひとつだ。

今回ランチアは、ラリーの基本である「ラリー4」クラスから再スタートを切る。このクラスは、将来のプロフェッショナルを目指す若手ドライバーがキャリアを始める場であり、「純粋な情熱が詰まっている」・・・

ニュースを読む

ランチアは5月27日、プレミアム5ドアハッチバック『イプシロン』(Lancia Ypsilon)の全ラインアップを欧州で発表した。

新型イプシロンは、若年層向けのエレガントなベースグレード、最高スペックの「LX」、そして車内での快適さを追求した「EDIZIONE CASSINA」の3つのグレードが用意される。

これらの全てのバージョンは、ハイブリッドまたはEVの選択肢があり、セグメントをリードする包括的で多用途な車、と自負する。新型・・・

ニュースを読む

ランチアは5月27日、高性能EVの『イプシロンHF』を欧州で発表した。ハッチバックのイプシロン新型の高性能仕様になる。2025年5月に市場に投入される予定。

「HF」は長年ランチアの高性能仕様に使わていたグレード名だ。ランチアは今後、ブランドの新モデルすべてにHFバージョンを導入する計画だ。

イプシロンHFは、ブランドの最も競争力のある高性能スピリットを表現している。モーターは最大出力240hpに強化。0〜100km/h加速は5.8・・・

ニュースを読む

ランチア『イプシロン』新型が、6月にイタリアで開催される「第42回ミッレミリア」のサポートカーに起用される。ランチアが5月22日に発表した。

「ミッレミリア」は、1927年に始まったイタリアの伝統的公道レースだ。北部のブレシアを起点にローマへ南下し、再び北上して、ブレシアでゴールする。総走行距離が1000マイル(約1600km)であることから、ミッレミリアと呼ばれる。

ミッレミリアは1957年に起きた大事故により、その後のレース開催・・・

ニュースを読む

ランチアは5月27日、新型『イプシロン』に関するライブストリーミングイベントを行う。ランチアが5月20日に発表した。

このライブストリーミングイベントのテーマは、「NEW YPSILON. 1 CAR, 4 STATEMENTS」だ。EVと48Vマイルドハイブリッドが発表されているイプシロンだが、「4 STATEMENTS」というキーワードから、他の仕様が登場する可能性もある。

すでにランチアは、新型イプシロンに高性能グレードの「H・・・

ニュースを読む

ランチアは4月30日、プレミアム5ドアハッチバックの新型『イプシロン』(Lancia Ypsilon)の生産を開始した、と発表した。

4代目となる新型は、13年ぶりにモデルチェンジを受けた。パワートレインには、EVと48Vマイルドハイブリッドを設定している。

EVパワートレインのモーターは、最大出力156hp、最大トルク26.5kgmを発生する。バッテリーの蓄電容量は51kWh。Bセグメントのプレミアムハッチバックとしては、クラス最・・・

ニュースを読む

ステランティス傘下のランチアは3月19日、5ドアハッチバックの新型『イプシロン』(Lancia Ypsilon)に、欧州でマイルドハイブリッドを設定すると発表した。EVとマイルドハイブリッドの2種類のパワートレインから選択できる。

48Vマイルドハイブリッドは、最大出力100hpを発揮する1.2リットル直列3気筒ガソリンエンジンに48Vのリチウムイオンバッテリー、6速「e-DCT」トランスミッションを組み合わせたものだ。このe-DCT・・・

ニュースを読む

ランチアは3月13日、小型EVの新型『イプシロン』に高性能グレードの「HF」を設定すると発表した。HFのロゴが公開されている。

ランチアのデザイン部門は、伝統あるHFロゴを現代風に再解釈した。とくに1966年の『フルヴィア・クーペ』の白、赤、黒の色を使用し、グラフィック要素を加えずに純粋化し、ランチアブランドの特徴的な幾何学的形状を尊重しつつ、シンプルにした。文字の傾斜は1990年代のランチア『デルタ』から取り入れ、速度感と過激さを表・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

nori

流れの良い幹線道路では20km/l前後で走ることができました。 一方で、...[ 続きを見る ]

運転志

三度目だし正直…

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

純正オプションの約1/7価格のカ■メイト・セキュリテイボルト買うも、ネジ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針