日産

カーライフニュース - 日産

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

日産のニュース

日産自動車が11月28日に発表したミッドサイズミニバン、第6世代『セレナ』。日産が看板技術としているシリーズハイブリッド「e-POWER」の駆動用電気モーターは、同社の電気自動車(BEV)『リーフ』と共通の「EM57」型。

初搭載は2012年に第1世代リーフの改良時で、2017年に現行リーフが登場したときにレアメタル使用量削減などのマイナーチェンジを受けつつ、現在も使い続けられている熟成ユニットである。

◆熟成の電気モーター
EM5・・・

ニュースを読む

【日産 セレナ 新型】どう変わる? 発電専用の新エンジンを搭載

by 井元康一郎 on 2022年12月05日(月) 20時00分

日産自動車が11月28日に発表したミッドサイズミニバン、第6世代『セレナ』。パワーソースは2リットル直4直噴エンジン「MR20DD」+CVT、1.4リットル3気筒エンジン「HR14DDe」+2モーター式シリーズハイブリッド「e-POWER」の2種類。

◆超ロングストローク
後者のHR14DDeは末尾の“e”が示すように発電専用のHR系新エンジン。第5世代のe-POWER用「HR12DE」から排気量235ccアップ、燃料供給はポート噴射・・・

ニュースを読む

日産自動車の米国部門は11月19日、フルサイズSUV『アルマーダ』(Nissan Armada)の2023年モデルを米国で発表した。現地ベース価格は、5万0400ドル(約700万円)だ。

初代アルマーダは2003年に発表された。日産の北米向けフルサイズSUVで、日産の大型ピックアップトラック『タイタン』の車台をベースに開発された。2016年に発表された現行アルマーダは、2世代目モデルだ。日産が主に中東市場で販売している大型SUVの『パ・・・

ニュースを読む

日産自動車と赤ちゃん本舗は、『セレナ』や『ルークス』での「赤ちゃんとのお出かけ」をリアルに体験できる展示会を12月15日から全国5会場で順次開催する。

赤ちゃんとのお出かけは、近隣であってもなにかと準備が必要で、ママやパパにとっては簡単なことではない。しかし、お出かけ先で子どもが見せてくれる楽しそうな姿はかけがえのない家族の思い出になる。思っているよりも短い、赤ちゃんと一緒に過ごす日々。両社は協業し、赤ちゃんとのお出かけを通した思い出・・・

ニュースを読む

日産 エルグランド、横浜ゴムの「ADVAN V51」を新車装着

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年12月03日(土) 16時00分

横浜ゴムは、日産が一部仕様向上して発売したプレミアムミニバン『エルグランド』の新車装着(OE)用タイヤとして「ADVAN V51」の納入を開始した(11月29日発表)。装着サイズは225/55R18 98V。

ADVAN V51は、横浜ゴムの最高峰ブランド「ADVANシリーズ」のハイパフォーマンスタイヤ。今回装着されたADVAN V51はエルグランドにふさわしい高いレベルの静粛性をトレッドパターン・コンパウンドに専用チューニングを施す・・・

ニュースを読む

日産 ノート e-POWER NISMO S が走行不能でリコール…ヒューズ劣化

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年12月02日(金) 21時30分

日産自動車は12月1日、『ノート e-POWER NISMO S』が走行不能となるおそれがあるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2018年8月21日〜2020年7月28日に製造された4856台。

対象車両は、リチウムイオンバッテリ内部ヒューズの仕様設定が不適切なため、運転の仕方によっては早期に劣化が促進することがある。そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、ヒューズが溶断し警告灯が点灯するととも・・・

ニュースを読む

「未来的」と表現されるほど先進的なデザインを纏った日産自動車の新型『セレナ』。先代でも人気を博した「AUTECH(オーテック)」仕様が、新型にも設定されることになった。

◆専用装備でスポーティーさを強調
新型セレナは日産の先進技術が詰め込まれたミニバンだが、セレナオーテックはその特別感をさらに高めたモデルとなっている。アイコニックカラーである鮮やかなブルーは、ブランド発祥の地、茅ヶ崎の「海」と「空」をイメージしたものだ。

フロントグ・・・

ニュースを読む

日産自動車の米国部門は11月15日、エントリーレベルのコンパクト4ドアセダン『ヴァーサ』(Nissan Versa)の改良新型を12月、米国市場で発売すると発表した。現地ベース価格は、1万5730ドル(約215万円)だ。

初代『ヴァーサ・セダン』は、日本では『ティーダ・ラティオ』として販売されていた。現行ヴァーサは3世代目モデルで、2019年4月に米国で発表された。米国市場では、ヒョンデの入門コンパクトセダン『アクセント』などと競合す・・・

ニュースを読む

11月28日に6年ぶりのモデルチェンジが発表された、日産のミドルサイズミニバン『セレナ』。初代モデルから受け継がれる「BIG」「EASY」「FUN」のコンセプトはそのままに、先進技術と利便性そしてデザイン面でも大幅な進化を遂げた。

今回はその中から、標準グレードからデザイン面でも高級感を増した上位グレード『ハイウェイスターV』の内外装を、詳細写真40枚と共にお伝えする。

◆「ダイナミズム7割、モダニズム3割」のエクステリア
「ハイウ・・・

ニュースを読む

日産自動車は12月1日、日産『NV350キャラバン』および、いすゞのOEM車『コモ』のエンジン制御コンピュータ(ECU)に不具合があるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2012年6月16日〜2021年12月24日に製造された11万4115台。

対象車両のECUは、OBD(車載式故障診断装置)診断の警告灯点灯の設定が不適切なため、特定の診断項目で異常判定時に警告灯が点灯しないおそれがある。

改善措置・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

ほだ

結構良い

車種名:三菱自動車 eKクロス (マイルドハイブリッド)
投稿ユーザー:ほだ***** さん
総合評価:

なかなかのびる、4WDターボなのでどうかなぁと思っていたが、夏タイヤで2...[ 続きを見る ]

ずーくん

燃費に良くないACC(MT車限定?...

車種名:トヨタ ヤリス
投稿ユーザー:ずー***** さん
総合評価:

ACC(クルーズコントロール)を使わない方が燃費によさそうだと気づいたの...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針