日産

カーライフニュース - 日産

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

日産のニュース

日産グローバル本社では、簡単なペダル操作で「電気の走り」と「ガソリンの走り」を体感できる「ドライブタワー」を展示中だ。

ドライブタワーはペダルを踏みこむとタワー内のキューブが連動し、ペダルを踏みこんだ力具合に応じてキューブが上下に動く仕組み。タワーは「電気の走り」と「ガソリンの走り」の2種類を用意する。キューブには時速40kmと80kmの目盛りを刻み、「電気の走り」「ガソリンの走り」それぞれで、その時速に合わせるためのキューブを上下さ・・・

ニュースを読む

車載用リチウムイオン電池の国内供給網の整備で連携するための新団体「電池サプライチェーン協議会(BASC)」の設立総会が開かれ、会長には住友金属鉱山の阿部功・電池材料事業本部長が就任した。

パナソニックとトヨタ自動車が共同出資する電池会社プライムプラネットエナジー&ソリューションズのほか、日産自動車、ホンダ、マツダなども加わり、参加企業は55社におよぶという。

きょうの日経が「電池原料確保へ55社連携」とのタイトルで詳しく報じているが・・・

ニュースを読む

日産自動車は4月14日、『GT-R NISMO』2022年モデルと「GT-R NISMO Special edition」2022年モデルを先行公開した。両モデルの価格発表は本年の8月、発売は10月を予定している。今回の発表にともない、オンライン発表会も開催された。

発表会ではまずチーフ・プロダクト・スペシャリストの田村宏志氏が登壇し、GT-R NISMO開発についての思いなどを述べた。

「GT-Rは究極のドライビングプレジャーを追・・・

ニュースを読む

日産自動車は4月14日、『日産GT-Rニスモ』および『日産GT-Rニスモ スペシャルエディション』の2022年モデルを先行公開した。価格発表は8月、発売は10月を予定している。

日産GT-Rニスモと日産GT-Rニスモ スペシャルエディションの2022年モデルは、ボディカラーにニスモ専用新色の「ニスモステルスグレー」を設定した。スペシャルエディションは、クリア塗装を施したニスモ専用カーボン製エンジンフード(NACAダクト付)を採用。さら・・・

ニュースを読む

日産自動車は4月13日、同社が発起人として参画している「知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言」に基づき、シーイーシーに対して、同社が開発した体温体調管理システムの使用を無償で許諾すると発表した。

日産は、新型コロナウイルス感染症の拡大を抑制するための安全対策強化を目的に、体温や健康状態の管理を一括して行うことができるシステムを開発した。具体的には、まず施設入館時に非接触体温計とサーモカメラによって従業員の体温を自動測定・・・

ニュースを読む

フーニガン(HOONIGAN)は4月10日、日産『GT-R』のパワートレインを日産のセダン『アルティマ』に移植した新ドリフトマシンの映像を、公式サイトを通じて公開した。

米国発のフーニガンは、自動車好きで走りやドリフト好きな人に向けたブランドで、ケン・ブロックをモデルにしたブランドだ。また、フーニガンは、『ジムカーナ』ビデオシリーズを制作していることでも知られる

このフーニガンが、日産GT-Rのパワートレインを、日産アルティマに移植・・・

ニュースを読む

日産自動車の9車種、先進安全ブレーキ技術が「性能認定」を取得

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年04月12日(月) 06時30分

日産自動車は4月9日、国土交通省の「先進安全技術の性能認定制度」にて、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」および「踏み間違い衝突防止アシスト」を搭載した9車種で、新たに認定を取得したと発表した。

先進安全技術の性能認定制度は、衝突被害軽減ブレーキ等の先進安全技術が一定の性能を有していることを国が確認し、その結果を公表する制度。

2020年度に認定の対象が拡充され、高齢運転者による交通事故防止対策をより強化すべく、乗用車に加・・・

ニュースを読む

岡山国際サーキットで11日、SUPER GT第1戦の決勝レースが行われ、GT500クラスは#14 ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/山下健太)がチーム初優勝。GT300クラスは#56 リアライズ日産自動車大学校 GT-R(藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)が優勝した。

チェッカーフラッグ直前に逆転でチャンピオンが決まるという、劇的な幕切れを迎えた2020年シーズンの最終戦から4ヶ月、岡山国際サーキットで・・・

ニュースを読む

ルノーの欧州Cセグメント・クロスオーバーSUV『カジャー』次期型の最新プロトタイプ2台を、スウェーデン北部でカメラが捉えた。

カジャーは『キャプチャー』と『コレオス』の間を埋めるべく2015年に発売、いよいよ第2世代へバトンタッチされる。次期型は2月にワールドプレミアされたばかりの日産『キャシュカイ』新型と「CFM-C」プラットフォームを共有する兄弟モデルだ。

マイルドハイブリッド、プラグインハイブリッドの両方のパワートレインが期待・・・

ニュースを読む

「日産レンタカー」ブランドでレンタカー事業を全国展開する日産カーレンタルソリューションは、個人客向けに、レンタカー予約をスムーズに行なえるスマホアプリ、『日産レンタカー公式アプリ』の提供を開始した。(9日発表)

このアプリでは、予約から返却まで、ひとつのアプリでサービス利用と手続きを完結することが可能だ。完結できるアプリは、日産カーレンタルソリューションによると大手レンタカー会社では初だという。

また、店舗カウンターに寄ることなく出・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

(つ)

NHP170G前期型 無給油でどれだけ行けるか、燃費はどれだけ伸びるかの...[ 続きを見る ]

さにろく

下調べのとおり、排気量の割に燃費が...

車種名:レクサス IS
投稿ユーザー:さに***** さん
総合評価:

2021年2月16日から乗り始めました。 購入前から下調べしていましたが...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針