日産

カーライフニュース - 日産

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

日産のニュース

日産自動車(Nissan)の欧州部門は2月7日、大型商用車の『インタースター』新型を発表した。内燃エンジン車に加えて、日産の大型商用車で初のEV仕様『インタースターe』が設定されている。効率性、積載量、乗り心地を重視して設計され、EVでは航続距離は460kmに到達。幅広いコンバージョンモデルをラインナップし、幅広いニーズに応える。・・・

ニュースを読む

自動車ニュースのレスポンスが贈る、クルマ好きのためのLINE公式アカウント『クルマら部』(ベータ版)! 参加型コンテンツ「クルマの車論調査」から、クルマ好きの皆さんのクルマへのLOVEを試すクイズをご紹介!今回は、日産『スカイラインGT-R』に関する全4問です。

1969年の通称“ハコスカ”GT-Rから始まり、2代目の“ケンメリ”で一度はその名称が途絶えるものの、1989年に「第2世代」としてR32型スカイラインをベースに復活。AWD・・・

ニュースを読む

日産自動車は、SUV『テラ』(Nissan Terra)の2024年モデルをフィリピンで発表した(2月6日)。

現行テラは2018年春、北京モーターショー2018でワールドプレミアされた。日産のピックアップトラック、『ナバラ』の車台をベースに開発されたフレーム構造のSUVがテラだ。テラは中国をはじめ、アジア主要市場で販売されている。

フィリピン日産は、2024年モデルのテラのラインナップを一新し、利便性と安全性を最優先した仕様の強化・・・

ニュースを読む

日産自動車と、日産モータースポーツ&カスタマイズは、1月12日から14日まで幕張メッセで開催された「東京オートサロン2024」に出展。『フェアレディZ NISMO』を展示した。

フェアレディZ NISMOは、日産が誇るスポーツカー「フェアレディZ」をベースに、NISMOが手掛けた専用エアロパーツを装着し、さらに専用チューニングを施したモデル。出力309kW(420PS)、最大トルク520N・m(53.0kgf・m)を誇り、パワフルな加・・・

ニュースを読む

遠隔でエンジン停止も可能、日産の盗難車追跡サービス

by 森脇稔 on 2024年02月16日(金) 16時15分

日産自動車の欧州部門は、「NissanConnect Services」アプリを通じて、盗難車両追跡機能を導入した、と発表した。

このサービスは、ボーダフォン・オートモーティブとの提携により提供されるサブスクリプションサービスだ。接続された車両をGPSを使用して追跡・特定することが可能。サービスプロバイダーは、警察と協力して車両の追跡と発見を支援する。必要に応じて、ボーダフォンのオペレーターにより遠隔でエンジンを停止することができ、車・・・

ニュースを読む

日産『ジューク』に改良新型、初代で人気のイエロー復活

by 森脇稔 on 2024年02月15日(木) 16時05分

日産自動車の欧州部門は2月14日、小型SUV『ジューク』(Nissan Juke)の改良新型を発表した。日本市場でヒットした初代に続いて、欧州で2019年に発表された2代目が、初の本格改良を受けている。


◆新グレードの「Nスポーツ」を追加
改良新型には、初代で好評を博したイエローのボディカラーを、顧客の要望を受けて復活させた。新色のイエローは、初代ジュークとは色合いが異なる。初代ジュークに採用されていたものと比べると、新しいイエロー・・・

ニュースを読む

日産自動車と、日産モータースポーツ&カスタマイズは、1月14日まで開催された「東京オートサロン2024」に出展。

『AUTECH』ブランドから「セレナ」をベースにした『SERENA AUTECH SPORTS SPEC CONCEPT』を展示。このコンセプトモデルは、街乗りからロングドライブまで、シーンに応じたリニアで楽しいスポーティさと、余裕や安定感のある走りを実現することを目指した。さらにマルチベッドシステムが搭載し、機能性と快適・・・

ニュースを読む

日産自動車は日産モータースポーツ&カスタマイズと共に、「東京オートサロン2024」に出展。最新のカスタマイズカーを展示し、来場者に新たなカスタマイズの世界を提案した。

高度なデザインと機能を兼ね備えたカスタムカーブランド『AUTECH』からは、2台の特別仕様車を展示。「AUTECH」は、NMCが長年にわたり培ってきたクラフトマンシップを継承し、スポーティで高級感あふれるスタイリングを追求するブランドだ。

今回展示された『X-TRAI・・・

ニュースを読む

日産自動車(Nissan)の欧州部門は2月7日、大型商用車の『インタースター』新型を発表した。内燃エンジン車に加えて、日産の大型商用車で初のEV『インタースターe』が設定されている。

新型インタースターは、効率性、積載量、乗り心地を重視して設計された。トラックらしいデザインが特徴。独特のフロントグリルが存在感を高めている。新型には、「ティッパー」、「ドロップサイド」、「ボックスバン」など、幅広いコンバージョンモデルをラインナップした。・・・

ニュースを読む

円安を追い風に過去最高の好決算が相次ぐ大手の自動車メーカーでは、今春闘で高い賃上げ要求の動きが広がっているようだ。

日産自動車の労働組合も、2024年の春季労使交渉で、賃上げ原資として1人当たり月額1万8000円を要求すると発表。前年比で要求額を6000円引き上げており、増額は3年連続で、現行の賃金体制では過去最高水準となるという。

◆賃上げ率に換算すると5%超
きょうの各紙にも「日産1万8000円賃上げ要求、自動車各社、最高水準相・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

imzine

オイル消費が激しい

車種名:シトロエン C3
投稿ユーザー:imz***** さん
総合評価:

A55F01は、燃費には少し悪影響だが、オイル下がりがあるようだ。 1万...[ 続きを見る ]

はしゅ

カタログの8割かな

車種名:BMW 1シリーズ (ハッチバック)
投稿ユーザー:はし***** さん
総合評価:

当初13.2kmだったが、最近14.5kmまで走るように。 STOP&G...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針