マツダ

カーライフニュース - マツダ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

マツダのニュース

マツダ CX-8 新型用スポーツサイドバイザー、オートエクゼが発売

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年12月15日(金) 21時00分

オートエクゼは、マツダ『CX-8』(KG)に対応するスポーツサイドバイザーを新設し、販売を開始した。

スポーツサイドバイザーは、ベンチレーション機構(室内の換気機能)を備えた高機能サイドバイザーだ。サイドウインドウを推奨値まで下げることで、走行時に発生する負圧を利用し、室内の空気を積極的に排出。低速から速度に比例して、その機能を発揮する。

また、高品質なインジェクション成型によるアクリル樹脂製で、シミュレーション解析を基本に開発され・・・

ニュースを読む

マツダは12月14日、同日に発売した3列シートの新型SUV『CX-8』の予約受注が3か月で7362台になったと発表した。月間販売計画1200台の6倍強に相当し、国内営業本部では「想定以上の数字。3列シートSUVの市場創造に手応えがある」と評価している。

CX-8は9月14日に発表するとともに、予約受注を始めていた。6人または7人乗りで、国産車ではまだ少ない3列シート専用のSUVとして開発した。このため、3列目は補助席的な扱いのモデルも・・・

ニュースを読む

マツダ CX-8、3か月で7362台を予約受注…月販目標の6倍

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年12月14日(木) 16時45分

マツダは、12月14日に発売する国内向けフラッグシップSUV『CX-8』の予約受注台数について、9月14日の予約開始から約3か月間で、月販目標の約6倍となる7362台となったことを発表した。

グレード別の予約受注構成比は、専用大型コンソールボックスや本杢パネル、ナッパレザーシートなどを備えた「Lパッケージ」が43%、安全装備を充実させた「プロアクティブ」が51%。ボディカラー別では、リアルな金属質感を実現した「マシーングレープレミアム・・・

ニュースを読む

マツダは12月13日、初代『ロードスター』(NA型)を対象としたレストアサービスのWEB申込受付を開始した。

レストアサービスでは、マツダがオーナーからロードスターを預かり、オリジナルに近い状態にクルマをリフレッシュする。申込みはWEBサイトより受け付け、まずは車両状態などからサービスへの適合性を判断。適合確認が取れた場合、同社ロードスターアンバサダーの山本修弘氏をはじめとする担当者がオーナーと面談し、個別の要望やクルマの状態に合わせ・・・

ニュースを読む

マツダは、2018年1月12〜14日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン2018」に、新型SUV『CX-8』や『ロードスター特別仕様車レッドトップ』のカスタマイズカーを出品する。

今回の出展テーマは、「Be a driver. Experience 〜マツダの新しいチャレンジが始まる〜」。最新車両として3列シートクロスオーバーSUVの新型CX-8を展示するほか、ロードスター特別仕様車レッドトップ、『CX-5』、『CX-3』、「ロ・・・

ニュースを読む

マツダの米国法人、北米マツダは、米国で開催中のロサンゼルスモーターショー2017において、『CX-3』の2018年モデルを初公開した。

CX-3は、マツダのエントリーレベルのクロスオーバーSUV。2018年モデルのハイライトは、安全性の引き上げ、新たなテクノロジーの採用、ラグジュアリー性の向上など。

2018年モデルでは、車載コネクティビティの「マツダコネクト」が、インフォテインメントと診断機能をひとつに統合した最新版にアップデート・・・

ニュースを読む

マツダの米国法人、北米マツダは、米国で開催中のロサンゼルスモーターショー2017において、マツダ『3』(日本名:『アクセラ』)の2018年モデルを初公開した。

2018年モデルでは、引き続き、5ドアハッチバックと4ドアセダンをラインナップ。ベースグレードにも、自動ブレーキの「スマートシティブレーキサポート」を標準化。これで、米国向けアクセラ全車に、スマートシティブレーキサポートが標準装備された。

上級グレードには、レーダークルーズコ・・・

ニュースを読む

マツダの新型ロータリースポーツ、ついに開発車両を目撃!2019年発売へ

by 子俣有司@Spyder7 on 2017年12月11日(月) 08時00分

マツダのロータリースポーツプロジェクトが動き出したその瞬間をついに目撃した。『RX-8』後継モデルとされる『RX-9』(仮称)の開発テスト車両を、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えることに成功した。

ニュルブルクリンク付近で目撃された1台の不自然なRX-8。これが次期ロータリースポーツのテスト車なのは間違いない。外観はほぼRX-8のままだが、フロントエアダクトが見慣れぬ形状に拡大されていることが分かる。ボディの延・・・

ニュースを読む

東京ビッグサイトで開催された「エコプロダクツ2017」には、自動車メーカーからホンダ、SUBARU(スバル)、マツダ、三菱自動車の4社が出展した。それぞれ自慢のクルマを展示し、パネルを使って環境への取り組みを紹介していた。

東4ホールの入口近くにブースを構えたホンダは、燃料電池自動車(FCV)『クラリティ フューエルセル』とパッケージ型水素製造・貯蔵・充填装置「SHS 70MPaコンセプト」、外部給電器「パワーエクスポーター9000」・・・

ニュースを読む

ひと昔まで、「デザインがなんとも洒落ている」というのはヨーロッパ車の専売特許だったようにも思う。だが最近は日本車もその分野での進捗が著しく、「デザインにこだわるならやっぱ欧州車だよね」と一概には言えなくなってきている。特に近年のマツダ各車は、ある意味「日本車離れしてえる」とさえ言えそうなデザイン性の高さにより、従来はヨーロッパ車しか眼中になかったユーザー層をそれなり以上に取り込んでいるはずだ。

そして例えば今、プジョーのSUVラインア・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

コースケ

なかなかイイ車

車種名:ミニ クロスオーバー
投稿ユーザー:コー***** さん
総合評価:

2013年モデル、クーパーSのATをディーラー認定中古車で購入。1年延長...[ 続きを見る ]

コースケ

納車3日目

車種名:BMW X1 (ディーゼル)
投稿ユーザー:コー***** さん
総合評価:

納車3日目、スキー旅行で片道 約300Kmを走行した感想です。 慣らし...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針