マツダ

カーライフニュース - マツダ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

マツダのニュース

マツダは9月20日、「2017年度 セントラル・リーグ クライマックスシリーズ ファイナルステージ」の冠協賛社に決定したことを発表した。

これにより、10月18日から「MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島」で開催される大会の正式名称は「2017 マツダ クライマックスシリーズ セ ファイナルステージ」となる。マツダがクライマックスシリーズの冠協賛社となるのは、初めて広島でファイナルステージが開催された2016年から2年連続2回・・・

ニュースを読む

北米カーオブザイヤー主催団体は9月15日、「2018北米SUVオブザイヤー」のセミファイナリスト15車種を発表した。

北米カーオブザイヤーは今回が25度目。米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型車の中からベストな1台を選出する。

従来、北米カーオブザイヤーは、「乗用車」と「トラックおよびユーティリティ」の2部門だった。前回からトラックとユーティリティを別部門化し、乗用車、トラッ・・・

ニュースを読む

マツダエースは東京ビッグサイトで開催された「フードファクトリー2017」(13〜15日)にユニークなロボットを展示した。それはおにぎりを9個まとめて掴み、箱詰めするというもので、この機械をきっかけに食品機械業界に殴り込みをかける。

同社はマツダの100%子会社で、本社も同じ広島県府中町にある。プラントテクノロジー事業をはじめ、情報技術サービス事業、不動産・建設事業、警備防災事業、ライフサポート事業など幅広いビジネスを手がけている。言っ・・・

ニュースを読む

12月14日に発売されるマツダの3列シートクロスオーバーSUV『CX-8』。このモデルの目玉の一つ(?)として注目したいのが、ディーラーオプションで「トレーラーヒッチ」が選べることだ。

カタログでも1ページを割いて、イメージ写真と共に紹介されているトーイング性能。そこには「750kg以下のキャンピングトレーラーなどをトーイング(けん引)できます」という文言がある。750kg以下のトレーラーをけん引する場合はけん引免許が不要で、普通免許・・・

ニュースを読む

ボーズは9月14日、マツダの新型クロスオーバーSUV『CX-8』に、ボーズ・サウンドシステムがオプション装備として採用されたことを発表した。

ボーズは、CX-8の3列すべてのシートで上質なサウンドが楽しめることを目指し、マツダと車両の設計段階からサウンドシステムを共同開発。「クラリティ」(明瞭で、澄んだ、歪みのない音)、「イメージング」(楽曲のもつすべての音の要素や、高音から低音までを正確に再生)、「パワー」(重低音のエネルギーを感じ・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2017年9月15日付

●ビール、遊園地不振、おでん、秋冬服好調、8月長雨夏商戦明暗(読売・10面)

●マツダCX-8、12月に、新型SUVディーゼルのみ(読売・10面)

●交通死夕暮れ時に集中、警察庁、ハイビーム使用呼びかけ(読売・29・・・

ニュースを読む

マツダが9月14日から予約受注を開始した3列シートの新型SUV『CX-8』のチーフデザイナーを務める諌山慎一氏は「マツダにとって国内最上位SUVにふさわしいデザインに挑戦した」と語る。

なかでも「一番のポイントは3列目まで大人の方にしっかりと座って頂けるパッケージを持たせながら、伸びやかで美しいプロポーションを両立させた」と諌山氏は明かす。

というのも「通常の3列シート車は箱っぽいキャビンで、左右を立てたり、後ろまで箱っぽく造ること・・・

ニュースを読む

マツダは9月14日、3列シートの新型クロスオーバーSUV『CX-8』の発表会を都内で開いた。予約受注を始めており、12月14日に発売する。国内向けのSUVでは『CX-3』、『CX-5』に次ぐ投入だが、6人または7人乗りの大きいモデルであり、国内SUVのフラッグシップとなる。

エンジンは2012年発売の初代『CX-5』に採用して以来、最大の改良を加えてパワーと燃費性能を高めた2.2リットルのクリーンディーゼルエンジン(SKYACTIV-・・・

ニュースを読む

マツダは3列のシートを備えた新型SUV『CX-8』の予約受注を9月14日から開始した。マツダの国内向けSUVとしては最上位モデルとなり、発売日は12月14日。価格は319万6800〜419万400円となっている。

CX-8の開発責任者を務めるマツダ商品本部の松岡英樹主査は「既存の多人数乗用車や3列シート車といった枠にとらわれず、日本向けのお客様を中心に考えながら開発をした」と語る。

というのも「マツダも日本の典型的な3列シート車とし・・・

ニュースを読む

マツダは14日、クロスオーバーSUVシリーズの新車種となる『CX-8』の予約受注を開始した。3列シートを採用し最大7人の乗車が可能で、従来のミニバンモデル『MPV』などに代わる「新たな選択肢」とマツダは提案する。現段階ではクリーンディーゼル車のみを設定。発売は12月14日、価格は319万6800円から。

CX-8は、『CX-3』『CX-5』に次ぐマツダの国内クロスオーバーラインアップの最上位モデルに位置する。マツダのデザインテーマ「魂・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

チャッピーパパ

2017年、夏の燃費

車種名:トヨタ アクア
投稿ユーザー:チャ***** さん
総合評価:

今年も暑い夏でした。朝からエアコンを付ける日もままありました。 5月以...[ 続きを見る ]

マイロ

35系PHV高速500km走破

車種名:トヨタ プリウスPHV
投稿ユーザー:マイ***** さん
総合評価:

北関東道経由で平均85km/hで500kmを自然エアコンにして、8時間か...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針