マツダ

カーライフニュース - マツダ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

マツダのニュース

ACEA(欧州自動車工業会)は10月16日、2019年1〜9月の欧州全域(EU+EFTA全30か国)の新車(乗用車)販売結果を発表した。総販売台数は1211万5927台。前年同期比は1.6%減とマイナスに転じた。

◆5大主要国ではドイツのみプラス

5大主要国では、ドイツが前年同期比2.5%増の274万0158台とプラスを維持した。英国は186万2271台にとどまり、前年同期比は2.5%減と、引き続き前年実績を下回る。フランスは、前年・・・

ニュースを読む

マツダと中国電力、明電舎の3社は10月17日、電気自動車(EV)の駆動用バッテリーをリユースした定置型蓄電池システムの構築、これを活用したバーチャルパワープラント(VPP)実証試験に共同で取り組むと発表した。

VPPは、一般家庭や工場などが保有する再生可能エネルギー、EV、蓄電池等の多数の分散型電源を束ねて、あたかも1つの発電所のように統合・制御するもの。送配電事業者の需給調整など、様々な電力サービスへの展開が期待されている。

実証・・・

ニュースを読む

マツダは、CSR(企業の社会的責任)の取り組みをまとめた「マツダサステナビリティレポート2019」と、経営・財務情報をまとめた「アニュアルレポート2019」を、同社公式ウェブサイトで公表した。

サステナビリティレポートでは、トップメッセージで、「持続可能な経済成長と社会課題解決への貢献に向けた取り組み」の進捗状況や、2019年5月に公表した「中期経営方針」において、SDGsおよびCSR関連投資などの項目を盛り込んだ経緯や思いを掲載。特・・・

ニュースを読む

マツダ(Mazda)の欧州部門は10月15日、10月23日に開幕する東京モーターショー2019でワールドプレミアされる新型EVのティザーイメージを公開した。

この新型EVは、新たにマツダのカーラインアップに加わる新世代商品の第3弾だ。マツダの開発哲学である人間中心の設計思想を基本とし、EVならではの特性を最大限に生かすことで、ドライバーが自然に心から運転を楽しむことができる走りを実現するという。

ティザーイメージでは、新型EVのイン・・・

ニュースを読む

マツダは10月15日、世界的なESG投資指標の一つである「ダウ・ジョーンズ サステナビリティ インデックス(DJSI)」のアジア・太平洋版「DJSI アジア・パシフィック インデックス」の構成銘柄に3年連続で選定されたと発表した。

DJSIは、環境対応、社会貢献、人材育成、企業統治、法令順守など、さまざまな項目から企業の持続可能性を評価し、年に1度、業種別に優れた企業を選定している。

2019年度の選定では、調査票への回答内容に加え・・・

ニュースを読む

10月13日、「ロードスター30周年ミーティング(Roadster 30th Anniversary Meeting)」が広島県のマツダ三次自動車試験場において開催された。これは1989年に誕生したマツダの「ロードスター」の30年目の誕生を祝うもの。これまで10周年、20周年のタイミングでも実施されており、今回が3回目となる。台風一過、風は強いものの秋晴れの中、10年に一度のビッグイベントが行われたのだ。

マツダの三次自動車試験場は普・・・

ニュースを読む

マツダ CX-30、東京ミッドタウンデザインタッチに出展 10月18日から

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年10月14日(月) 18時30分

マツダは、10月18日から27日に開催されるデザインイベント「東京ミッドタウンデザインタッチ2019」に新型クロスオーバーSUV『CX-30』をアート映像と合わせて展示する。

東京ミッドタウンデザインタッチは、「デザインを五感で楽しむ」をコンセプトに、デザインを通じて日常生活を豊かにすることを提案するイベントで、マツダは今回で8年連続の出展となる。

今回マツダは、グローバルに活躍の場を広げる日本のビジュアルデザインスタジオ「WOW ・・・

ニュースを読む

ファストバックとセダンのボディサイズの差は、全長4460mm、全幅1795mmは変わらず、全高がセダンの方が5mm上がって1445mmになることだけだ。でも人間の目で見ると、同じクルマとは思えないほどに印象がガラリと変わる。モダンさや躍動感が強めのファストバックに対して、セダンはやっぱり落ち着きやエレガントさが強まって、サイズも少しだけ大きく感じられた。

◆ファミリーユースならセダンの方がオススメ



以前にクローズドコースで試乗し・・・

ニュースを読む

マツダは10月8日、同社技術研究所 主幹研究員の三角正法(みすみまさのり)氏が、運転支援・自動運転などの技術に関する国際標準化事業への貢献により、令和元年度「産業標準化事業表彰」の経済産業大臣表彰を受賞したと発表した。

マツダが標準化事業表彰を受賞するのは、平成28年度「工業標準化事業表彰」国際標準化貢献者(産業技術環境局長表彰)受賞以来、2度目となる。

経済産業省は、毎年10月を「産業標準化推進月間」とし、日本の産業の発展に資する・・・

ニュースを読む

【マツダ CX-30】ヨコハマタイヤ BluEarth-GT AE51 を新車装着

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年10月08日(火) 18時16分

横浜ゴムは10月8日、マツダが発売した新型SUV『CX-30』の新車装着用タイヤとして、「BluEarth-GT AE51」の納入を開始したと発表した。

CX-30は、マツダが「毎日の中に新しい発見や刺激を感じ、それを大切な人と共有することで人生を豊かにしてほしい」という想いを込めて開発したSUV。全高を1550mm以下に抑えた日本市場に適した車体サイズで、低燃費性能に加え、操縦安定性と上質な乗り心地が特長だ。

BluEarth-G・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

range22

エンジン、加速感は気持ちいいくらいに柔らかい感じでスーと伸びていきます。...[ 続きを見る ]

moo

なかなか走ります!

車種名:ダイハツ ハイゼットトラック
投稿ユーザー:moo***** さん
総合評価:

ハイゼットジャンボ、リクライニングが出来、腰がだいぶ楽です。エンジンはツ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針