マツダ

カーライフニュース - マツダ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

マツダのニュース

マツダ 6 改良新型、最新「i-ACTIVSENCE」搭載…欧州発売へ

by 森脇稔 on 2018年07月18日(水) 15時30分

マツダの欧州部門、マツダモーターヨーロッパは7月17日、改良新型『6』(Mazda 6、日本名:『アテンザ』に相当)を、7月下旬に欧州で発売すると発表した。同車には、最新の先進運転支援システム(ADAS)が搭載される。

改良新型マツダ6には、最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載。全車に、リアクロストラフィックアラートを備えたブラインドスポットモニタリング、マツダレーダークルーズコントロール、レーンキープアシスト、スマートシティ・・・

ニュースを読む

マツダ『RX-7』誕生40周年を記念したオリジナルグッズコレクションが登場。7月17日より全国の郵便局および郵便局のネットショップにて申込みを受け付ける。

1978年、初代「RX-7 SA22C」が誕生してから40年。ロータリーエンジン搭載の日本製スポーツカー RX-7の誕生40周年を記念して、RX-7の魂を具現化したオリジナルグッズを全国の郵便局で販売する。

老舗貴金属店・田中貴金属ジュエリーの高い加工技術による純金の記念プレート・・・

ニュースを読む

マツダコネクト、スマホ連携を強化…最新版を欧州導入へ

by 森脇稔 on 2018年07月13日(金) 16時45分

マツダの欧州部門、マツダモーターヨーロッパは7月12日、欧州向けのマツダ車に最新の「MZDコネクト」を導入すると発表した。

マツダは日本、米国、カナダ、メキシコで、車載コネクティビティの「マツダコネクト」を展開。欧州など、その他の市場でのマツダコネクトの名称が、MZDコネクトとなる。

最新のMZDコネクトでは、MZDコネクトマルチメディアシステム搭載車において、スマートフォンコントロール機能が強化されるのが特徴。

これにより、iP・・・

ニュースを読む

マツダは7月12日、平成30年7月豪雨にともなう義援金として、広島県に8000万円、日本赤十字社に2000万円、合計1億円を寄付することを決定した。

また同日、被災地域にマツダの災害用備蓄品として保存していたペットボトル入りの飲料水約2万3000リットルおよび土嚢袋1500枚を提供した。

マツダは地元の企業として、引き続き、被災地の復旧・復興を最優先に、地域住民と連携をとりながら、必要な物資の提供や人的支援などを行っていくとしている・・・

ニュースを読む

駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippaは、平成30年7月豪雨で深刻な被害を受けた広島県、岡山県の復興支援として、両県内スタジアム周辺のakippa駐車場を試合当日に1日10円で提供すると発表した。

akippaでは、スポーツ観戦で利用するユーザーが多いことから、今回、スタジアム周辺の駐車場を1日10円で提供する復興支援活動を実施。スポーツ観戦を通して、被災者に元気になってもらいたいとしている。

対象となるのは、マツダ・・・

ニュースを読む

マツダ、国内4工場の操業を7月12日より再開 平成30年7月豪雨

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年07月11日(水) 18時54分

マツダは、平成30年7月豪雨にともない7月7日の昼勤より操業を休止していた国内4工場について、7月12日より生産を再開すると発表した。

操業を再開するのは、宇品第1、宇品第2工場(広島県広島市南区)および、防府第1、防府第2工場(山口県防府市)。7月12日より生産を再開し、宇品工場では昼勤のみの1直操業、防府工場では通常の形態で操業する。

マツダでは、地域の復旧・復興を最優先に、安全面や交通状況などに配慮し、7月20日までこの形態で・・・

ニュースを読む

マツダは、8月3日から5日の3日間、幕張メッセで開催される「オートモビルカウンシル 2018」の出展内容を発表した。

オートモビルカウンシルは、「CLASSIC MEETS MODERN」をテーマに、日本車メーカー・輸入車インポーターとヘリテージカー販売店などが出展し、往年の名車と最新モデルが一堂に展示される、それまで日本になかったスタイルのイベント。過去から現代に至る歴史(ヘリテージ)にスポットライトを当て、各々のブランド固有のフィ・・・

ニュースを読む

マツダは7月5日、『ロードスター』など3車種について、DC-DCコンバータに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、ロードスターのほか、『デミオ』『CX-3』、合計3車種で、2014年8月5日〜2017年4月24日に製造された1万5105台。

今回、減速エネルギー回生システム(i-ELOOP)を搭載した車両にて、DC-DCコンバータの制御プログラムが不適切であることが判明。電気回路が故・・・

ニュースを読む

マツダの中国現地法人、マツダチャイナは7月3日、『CX-8』を2018年下半期(7〜12月)、中国市場に投入すると発表した。

CX-8は、マツダの日本国内SUVラインナップにおける最上位モデル。多人数が乗車できるモデルでありながら、走りもスタイルも重視する顧客に向けて、3列シートクロスオーバーSUVという新たな選択肢を用意した。

CX-8は日本国内において、2017年12月に発売。累計受注台数は2万台を超えており、30〜40代を中心・・・

ニュースを読む

マツダ米国販売15.7%増、CX-5 が4割増し 2018年上半期

by 森脇稔 on 2018年07月04日(水) 15時15分

マツダの米国法人、北米マツダは7月3日、2018年上半期(1〜6月)の米国新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は16万3924台。前年同期比は15.7%増とプラスに転じた。

乗用車系では、主力車種の『6』(日本名:『アテンザ』)が、1万8082台を販売。前年同期比は0.4%増と微増ながら、回復を果たす。『3』(日本名:『アクセラ』)は、3万5796台。前年同期比は10.1%減と、2桁の落ち込み。『5』(日本名:『プレマシー』)は、・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ねばくん

燃費計の目安

車種名:スズキ ハスラー
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

使用グレードG 5MT 満タン給油時と燃費計残量から、燃料残量の目安は...[ 続きを見る ]

谷貝宏一

手に入れました

車種名:フォルクスワーゲン ルポ
投稿ユーザー:谷貝***** さん
総合評価:

2004年当時RX-8と競合して買わなかった車。しばらくその事を忘れてた...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針