ステーションワゴン

カーライフニュース - ステーションワゴン

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

VW『パサート』に高性能を示す「Rライン」が設定された。と言っても以前からあるRラインとは異なり、エンジンは従来の1.4リットル150psから2リットル220psへとジャンプアップした。

そもそも、正直なことを言えば1.4リットルでも十分な性能を発揮してくれていた。それが2リットル220psとなって、さらに最大トルクは350Nmを1500〜4400rpmという広い範囲で発揮してくれている。というわけで、性能面で不満などあろうはずもない・・・

ニュースを読む

日本自動車輸入組合が主催する第37回JAIA輸入車試乗会にメルセデス・ベンツ日本は6台を提供。そのうちの1台は昨年11月に投入を開始した『Eクラス ステーションワゴン』だった。

Eクラスステーションワゴンの起源は、利便性の高い大容量ラゲッジスペースと、セダン同様の快適性を兼ね備えたワゴンとして、1978年にW123の3番目のボディタイプ“T-モデル”(Tourlism and Transportの意)だ。その後5世代にわたり世界で累計・・・

ニュースを読む

メルセデス・ベンツ日本は11月29日、全面改良した『Eクラス ステーションワゴン』を発売した。上野金太郎社長は同日、都内で開いた発表会で「先代のEクラスの約3割はワゴンだったが、新型では、たぶん3割では終わらなくて、4割に増えていく」との見通しを示した。

上野社長は「Eクラス ステーションワゴンは1978年に発表されて以来、累計で100万台以上販売された、いわゆるベストセラーモデル。日本ではとくに人気が高く、先代のEクラスの約3割はワ・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツ日本は、新型『Eクラス ステーションワゴン』を発表、11月29日より販売を開始した。

新型Eクラス ステーションワゴンは、メルセデスベンツの最新デザインを取り入れ、クーペのような美しい曲線美をリアエンドに取り入れたスタイリッシュなエクステリアとSクラス譲りの上質なインテリアを備える。ラゲッジルームは最大1820リットルを確保。広いだけではなく壁面とフロアをフラットにすることで実用性も高めている。また、手を使わずにテール・・・

ニュースを読む

アウディジャパンは、ミドルクラスワゴンのアウディ『A4アバント』をフルモデルチェンジし、4月21日より販売を開始する。

新型A4アバントは、2月に発売した新型『A4』セダン同様、次世代モジュラープラットフォーム「MLB evo」をベースにゼロから再設計。予防安全システム「アウディプレセンス」など、最新テクノロジーを投入するなど、商品力を大幅に向上させている。

開発にあたっては走行抵抗の削減を主要なテーマとし、体系的軽量化に取り組むと・・・

ニュースを読む

フルモデルチェンジしたVW『パサートヴァリアント』は数少ない、コンベンショナルなステーションワゴンである。

そのユーザーについて、フォルクスワーゲングループジャパンマーケティング本部プロダクト・マーケティング課プロダクトマネージャーの越知竜士さんは、「セダンはある程度年齢の高い方。ヴァリアントはもう少し年齢が若く、アクティブなパパというイメージ」だと説明する。

そして、どちらにも共通する重視点として、“バリュー”を挙げる。「すごくい・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、『ゴルフ』シリーズでは初めてとなる、本格的なクロスオーバー4WD(四輪駆動)ステーションワゴン『ゴルフ オールトラック』を21日より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで発売した。

同車のベースとなるモデルは、2014年から国内販売を開始したステーションワゴン『ゴルフ ヴァリアント』。その特徴である605〜1620リットルの積載力と幅広い用途に対応できる使い勝手の良さを活かしながら・・・

ニュースを読む

欧州で5月に発表となった新型『メルセデスベンツ Cクラスエステート(日本名:Cクラスステーションワゴン)』。日本でも定番モデルのひとつだが、新型はハイブリッドモデルも設定し益々魅力を高めた。そんな新型の公式写真を大量入手したので、写真蔵として紹介する。

1月のデトロイトモーターショーで新型セダンが公開されたばかりのCクラスだが、早くもワゴンがお披露目された。ボディサイズは、全長4702mm、全幅1810mm、ホイールベースが2840m・・・

ニュースを読む

ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツが5月21日、欧州で発表した新型メルセデスベンツ『Cクラス ステーションワゴン』。同車には遅れて、ハイブリッドが追加される。

歴代『Cクラス』で初となるハイブリッドは、「C300ブルーテックハイブリッド」グレード。このグレードは、ディーゼルエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載する。

ハイブリッドパワートレインは、すでに欧州仕様の『Sクラス』や『Eクラス』に用意されているも・・・

ニュースを読む

メルセデスCクラス 新型、ステーションワゴンを欧州発表

by 森脇稔 on 2014年05月22日(木) 08時00分

ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツは5月21日、新型『Cクラス エステート』(日本名:『Cクラス ステーションワゴン』)を欧州で発表した。

新型『Cクラス』に関しては2014年1月、『Cクラス セダン』がデトロイトモーターショー14でワールドプレミア。これに続いて今回、新型の第2のボディバリエーションとして、ステーションワゴンが登場した。

新型のボディサイズは、全長が4702mm、全幅が1810mm、ホイールベースが2840m・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

Red Star

バッテリーの状態に拘らず、モーター・アシストを得るためのアクセルワークが...[ 続きを見る ]

たか

11年間、15万Km走行し、総実燃費は22.1Kmになりました。冬は19...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針