ステーションワゴン

カーライフニュース - ステーションワゴン

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

メルセデスベンツが2021年2月に発表した、主力モデルの新型『Cクラス』。その頂点に君臨するハードコアワゴン、メルセデスAMG『C63ステーションワゴン』新型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。見た目以上に「中身」が大きく進化するようだ。

ニュルブルクリンクのテストセンター付近で捉えた車両は、これまで隠されていたブーメラン型LEDデイタイムランニングライト、ヘッドライトのアウトライン、パナメリカーナグリル、サイドエアインテークが露出。・・・

ニュースを読む

◆脱ステーションワゴン・コンプレックス

ハッチバックをベースに嵩上げ、つまりキャビンごと上に高くしたようなBセグSUVは、2020年のヒット商品といっていい。VWの『Tクロス』やトヨタ『ヤリスクロス』に続いて、フランスからもBセグSUVが続々と上陸している。

その第1波が、昨年日本に登場したシトロエン『C3エアクロスSUV』と『DS 3クロスバック』、続く第2波が今秋より発売されたプジョー『2008』、そしてやがて上陸予定のルノー『・・・

ニュースを読む

フォルクスワーゲンのCセグメントステーションワゴン『ゴルフヴァリアントTDI』での3900kmツーリング。前編では長駆するときの最重要ポイントのひとつである走りと乗り心地、および運転支援システムについて述べた。後編ではパワートレイン、スペース&ユーティリティ、インフォティメントについて触れていこうと思う。

◆「事務的なフィール」も好感触なTDI


ゴルフヴァリアントTDIのパワートレインは2リットルターボディーゼルと7速デュアルクラ・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは7月7日、改良新型メルセデスAMG 『E63 4MATIC+ステーションワゴン』(Mercedes-AMG E63 4MATIC+ Station Wagon)の受注を欧州で開始した。ドイツ本国でのベース価格は、12万4978ユーロ(約1522万円)と発表されている。

同車は、メルセデスベンツ『Eクラスステーションワゴン』をベースにした高性能なAMGモデルの頂点に位置する。欧州では、Eクラスステーションワゴンに改良新・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは6月18日、改良新型メルセデスAMG 『E63 4MATIC+ステーションワゴン』(Mercedes-AMG E63 4MATIC+ Station Wagon)を欧州で発表した。

同車は、メルセデスベンツ『Eクラスステーションワゴン』をベースにした高性能なAMGモデルだ。欧州では、Eクラスステーションワゴンに改良新型が発表されており、内外装にはこれに準じた変更が施された。

◆最大出力612hpで最高速290km/・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは、改良新型メルセデスAMG『E53 4MATIC+ ステーションワゴン』(Mercedes-AMG E 53 4MATIC+ Stationwagon)の受注を欧州で開始した。ドイツ本国でのベース価格は、8万5531ユーロ(約1058万円)と発表されている。

改良新型メルセデスAMG E53 4MATIC+ステーションワゴンは、改良新型『Eクラス ステーションワゴン』がベースだ。メルセデスAMGが新たに展開している「・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツ『Eクラス ステーションワゴン』の頂点に君臨する、メルセデスAMG『E63 ステーションワゴン』の改良新型をカメラが初めて捉えた。

ベースとなる現行型『Eクラス』(W213)は2016年に登場、AMG版は2017年に登場している。既にEクラスや高性能AMG『A53』は改良新型を発表しており、E63もそれにともないフェイスリフトが執行される。

AMGの本社があるAffalterbach(アファルターバッハ)付近で捉えた・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツの高性能車部門のメルセデスAMGは、改良新型メルセデスAMG『E 53 4MATIC+ ステーションワゴン』(Mercedes-AMG E 53 4MATIC+ Stationwagon)を欧州で発表した。

改良新型メルセデスAMG E 53 4MATIC+ステーションワゴンは、改良新型『Eクラス ステーションワゴン』がベースだ。メルセデスAMGが新たに展開している「AMG53」シリーズ車となる。

◆AMGらしいスポ・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツのミドルサイズワゴン『Eクラス ステーションワゴン』の頂点に君臨する『AMG E63 ステーションワゴン』の改良新型プロトタイプを、カメラが初めて捉えた。

メルセデスベンツには、『C43/C63 ステーションワゴン』や『CLA35/45/45 Sシューティングブレーク』など多数のパフォーマンスワゴンが存在するが、その最強モデルが『E63 ステーションワゴン』だ。第5世代である現行モデルは2016年に発売されており、これ・・・

ニュースを読む

プジョーのCセグメントステーションワゴン『308SW GT-Line Blue HDi』で3700kmあまりツーリングする機会があった。前編では全面刷新された1.5リットルターボディーゼル+8速ATのパフォーマンスについて述べた。後編ではまず、ロングツーリングを支える最も重要な性能である走行性能、および快適性から触れていこうと思う。

◆ロングツアラーとしてのバランスが優れている


308SWは全般的に落ち着いた挙動で、ロングツアラー・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アンケート
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

yama

燃料

車種名:三菱自動車 eKワゴン
投稿ユーザー:yam***** さん
総合評価:

初めての燃料計測です。燃料18.65 古い車の3ATにして燃料まずまず。...[ 続きを見る ]

どんちゃん

4年半ほど経過

車種名:シトロエン C4 (ディーゼル)
投稿ユーザー:どん***** さん
総合評価:

2度目の車検前ですがキーロック解除時にサイドミラーが開かないトラブルが発...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針