ガソリン

カーライフニュース - ガソリン

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

◆日本の道路事情にはちょうど良いサイズ

このクルマの試乗は箱根で開催された試乗会の時のもの。同時に新しいスポーツバックにも試乗した。スポーツバックの方はクワトロで、しかも搭載エンジンはTDIだった。だから、通常の『Q3』は、ガソリンエンジンとFWDという組み合わせで乗った。

このQ3というクルマ、全長4490×全幅1840全高1610mmというサイズを持つ。結構大きいのではという印象も持つが、今となってはこれはコンパクトな部類。だか・・・

ニュースを読む

レギュラーガソリン、5週連続の値下がり 前週比0.1円安の134.0円

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年10月21日(水) 16時30分

資源エネルギー庁が発表した石油製品の店頭小売価格週次調査によると、10月19日時点でのレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均価格は前週比0.1円安の134.0円。小幅ながら5週連続の値下がりとなった。

地域別では北海道は前週と同じ133.0円、東北は0.3円安の131.4円、関東は0.4円安の133.4円、中部は0.4円高の133.6円、近畿は0.3円安の133.3円、中国は0.2円安の132.0円、四国は0.3円高の134.1・・・

ニュースを読む

レギュラーガソリン、4週連続の値下がり 前週比0.5円安の134.1円

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年10月14日(水) 15時45分

資源エネルギー庁が発表した石油製品の店頭小売価格週次調査によると、10月12日時点でのレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均価格は前週比0.5円安の134.1円。4週連続の値下がりとなった。

地域別では北海道は前週比0.7円安の133.0円、東北は0.4円安の131.7円、関東は0.4円安の133.8円、中部は0.9円安の133.2円、近畿は0.3円安の133.6円、中国は0.7円安の132.2円、四国は0.1円安の133.8円・・・

ニュースを読む

レギュラーガソリン、3週連続の値下がり 前週比0.1円安の134.6円

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年10月07日(水) 15時48分

資源エネルギー庁が発表した石油製品の店頭小売価格週次調査によると、10月5日時点でのレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均価格は前週比0.1円安の134.6円。3週連続の値下がりとなった。

地域別では北海道は前週比0.9円高の133.7円、東北は0.3円安の132.1円、関東は0.3円安の134.2円、中部は0.1円安の134.1円、近畿は0.2円安の133.9円、中国は0.1円高の132.9円、四国は0.1円安の133.9円、・・・

ニュースを読む

レギュラーガソリン、2週連続の値下がり 前週比0.3円安の134.7円

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年09月30日(水) 16時02分

資源エネルギー庁が発表した石油製品の店頭小売価格週次調査によると、9月28日時点でのレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均価格は前週比0.3円安の134.7円。2週連続の値下がりとなった。

地域別では北海道は前週比0.1円高の132.8円、東北は0.4円安の132.4円、関東は0.1円安の134.5円、中部は0.1円安の134.2円、近畿は0.4円安の134.1円、中国は0.6円安の132.8円、四国は0.8円安の134.0円、・・・

ニュースを読む

ホンダは現在『シビックタイプR』次期型の開発に着手しているとみられるが、スクープサイト「Spyder7」はデザインに関する最新情報を入手。そのエクステリアを大予想した。

初代シビックタイプRは、1997年に初代が誕生。2001年には第2世代、2007年には第3世代へとバトンタッチされ、3ナンバーサイズへと進化。2015年の第4世代ではニュルFF最速の称号も得ている。そして2020年7月には、現行型となる第5世代「リミテッドエディション・・・

ニュースを読む

レギュラーガソリン、3週間ぶりの値下がり 前週比0.8円安の135.0円

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年09月25日(金) 16時00分

資源エネルギー庁が発表した石油製品の店頭小売価格週次調査によると、9月23日時点でのレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均価格は前週比0.8円安の135.0円。3週間ぶりの値下がりとなった。

地域別では北海道は前週比1.4円安の132.7円、東北は1.1円安の132.8円、関東は0.9円安の134.6円、中部は1.4円安の134.3円、近畿は0.6円安の134.5円、中国は1.3円安の133.4円、四国は0.4円安の134.8円・・・

ニュースを読む

マツダ、直噴ガソリンエンジンの高圧縮比燃焼技術で日本機械学会賞

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年09月25日(金) 15時00分

マツダは9月24日、「直噴ガソリンエンジンの熱効率向上のための高圧縮比燃焼技術に関する研究開発」に関する実績で、同社パワートレイン技術開発部の山川正尚氏が2019年度日本機械学会賞エンジンシステム部門賞(技術業績賞)を受賞したと発表した。

マツダはSKYACTIV-G以降、ガソリンエンジンの熱効率改善のために高圧縮比化の研究開発を推進。今回、高圧縮比を実現する革新的な燃焼技術を研究開発した論文や、特許の実績が高く評価され、エンジンシス・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………

そこまでやりますか? ……世界の自動車メーカーからはそんな不平不満の声が聞こえてきそうだ。米西部のカリフォルニア州のニューサム知事が、2035年までに州内で販売される全ての新車を排ガスを出さない「ゼロエミッション車」にするよう義務づけると発表。州内・・・

ニュースを読む

アウディは9月15日、『Q8』の高性能モデルの『SQ8』(Audi SQ8)に、ガソリンターボ搭載モデルを今秋、欧州市場で設定し発売すると発表した。ドイツ本国でのベース価格は、10万1085ユーロ(約1248万円)だ。

SQ8は、欧州ではディーゼルターボエンジンを積む『SQ8 TDI』が先に発表されていた。直噴4.0リットルV型8気筒ツインターボディーゼルエンジンは、最大出力435ps、最大トルク91.8kgmを発生する。91.8kg・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

よしモン

POPでCUTEでSPORTYなM...

車種名:ミニ コンバーチブル
投稿ユーザー:よし***** さん
総合評価:

 今春、第一世代後期MINIクーパーSコンバーティブルを初めての輸入車と...[ 続きを見る ]

GRポチ

トヨタのターボエンジンの実力

車種名:トヨタ ヤリス
投稿ユーザー:GRポ***** さん
総合評価:

ナラシ中の燃費 16.0キロ 661.2キロ走って 42.28L給油で満...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針