中谷明彦

カーライフニュース - 中谷明彦

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

メルセデスベンツ『Cクラス』はそのシャシー性能を大幅に高めた。スポーツカーではないCクラスにこれほどのシャシー性能を可能としているのはどんな技術なのか。今後解明せねばならないテーマになりました。

一方、国産勢はコンパクトカーが主翼を担っています。注目すべきはディーゼルユニットの導入や軽自動車が極めて存在感を高めていることです。その辺りを考慮し配点しました。

ホンダ『N-WGN/N-WGNカスタム』:4点
マツダ『デミオ』:2点
スズ・・・

ニュースを読む

ガソリン、ディーゼル、ハイブリッド(HV)と3種のパワートレインをラインアップした新型『アクセラ』に注目している。

1車種でこのような3つのパワートレインを持つのはメルセデスやBMWなどの一部の輸入車くらいで国産乗用車としては初となるだろう。その分ユーザーは難しい選択を迫られることになりそうだが、ここではその一助となるようなレポートを寄稿したい。

新型アクセラにはセダンと5ドアハッチバックの二つのボディバリエーションがある。どちらも・・・

ニュースを読む

日産『リーフ』に10点だ。EVとしての完成度は文句なく高い。ハンドリングを含め操縦性も日産車の中では群を抜いていい。航続距離やインフラなど実用面での問題は山積しているがリーフの登場なくしては何もはじまらない。

国も自治体も企業も個人も、真剣に低炭素社会に向けて積極的に投資すべきという姿勢を明確に示した。クルマだけの出来具合に留まらず、日産という自動車メーカーの取り組みが高く評価された結果だと思う。おめでとう。

ただ、スタイリングと後・・・

ニュースを読む

【COTY 選考コメント】久し振りに傑作と出会った…中谷明彦

by 中谷明彦 on 2010年11月11日(木) 10時30分

私はVW『ポロ』に10点を配した。これまで数百万円のお金を出さなければ手に入れることのできなかった、欧州車特有の高い質感と高速安定性を、コンパクトカーのスタンダードであるポロで実現した。

十分なエコ性能を持ちながら走る事、運転する事の楽しさ、歓びを与えてくれる。久し振りに傑作といえるクルマに出会った。

中谷明彦|レース&テストドライバー/自動車関連コンサルタント
大学在学中よりレーサー/モータージャーナリストとして活動。1988年全・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

フィットボーイ

2/23 平均燃費 32.4 2/24 平均燃費 31.9累計 この時期...[ 続きを見る ]

フィットボーイ

令和2年2月22日に納車

車種名:ホンダ フィット (ハイブリッド)
投稿ユーザー:フィ***** さん
総合評価:

納車されたばかりですが凄まじい燃費で推移しています現在約350km 走っ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針