中村 孝仁

カーライフニュース - 中村 孝仁

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

実にFCV(燃料電池車)の試乗は1998年以来のことだ。実は日本製のFCVであるトヨタ『ミライ』やホンダ『クラリティ』には乗ったことがない。

その今から22年も前に乗ったFCVは、当時自動車の未来は燃料電池に有りと世界中が大騒ぎした中で生まれたメルセデスベンツNe-car4とフォードP2000(うろ覚え)の2台だった。まだ色々な要素が確立される以前の話だから、メルセデスは液体水素を燃料としていたし、一方のフォードは気体水素を燃料として・・・

ニュースを読む

フィアット『500X』に試乗するのはこれが3回目のことだ。2015年デビューだから、1年半おきに乗っている計算で、結構乗っている方。

毎回辛口に評価させていただいて、きっと販売されている方は苦々しく思っているに違いない。特に最初に乗った初期モデルでは、ブレーキやトランスミッションに問題があってかなり辛辣に書いた。

その後、エンジンがマルチエアからファイアフライに変わったマイナーチェンジではこれらの部分は改善されていたのだが、のっけか・・・

ニュースを読む

◆「思っているスピードよりも20km/hは速いわね」

隣に乗っていた我が女房殿が「このクルマって、安定してるわねぇ。ガシっとしてるし。」と、いつになくクルマを褒めた。そう言えば『208 GTライン』の時は乗せなかったかなぁ…などと思いつつ、秋に入ってガラ空きの横浜横須賀道路をのんびりとクルージングした。

もっともこの女房の言葉が出たのは、その前の第三京浜国道を走行中のこと。前を走る深紅の『フェラーリ』を何気なく追いかけていた時に発し・・・

ニュースを読む

車両重量2560kgである。だいたい重たい電池を腹の下に抱えるのだから、電気自動車はある程度車重があるのは致し方ない。

このバッテリーパックを含んだ腹下の重量は700kgもあるというから、日本の軽自動車より少し軽い重量が腹の下にあると考えると、その重心の低さは容易に想像できる。だから、全高は1615mmもあるのに、まるでスポーツカーのようなコーナリング性能を見せてくれる。そうした点では性格的にはジャガー『I-PACE』に似ている。

・・・

ニュースを読む

『GLA』と『GLB』。いずれもFWDプラットフォームを使ったコンパクトSUVだが、GLAの2列5人乗りに対し、GLBは3列7人乗りだ。

そもそも、このFWDプラットフォームで誕生した『Aクラス』と『Bクラス』。ご存知の通りAクラスはCセグメントのハッチバックとしてVW『ゴルフ』などと同じセグメントに送り込まれたモデル。一方のBクラスはいわゆるMPV風のスタイルと広い居住空間を有したモデルとして同じCセグメントに投入されたモデルである・・・

ニュースを読む

◆激戦区の中でも存在感を放つ『XC40』

自動車を選ぶ時の決め手になる要素として考えられるのは、性能、デザイン、価格、走り、それに経済性あたりだろうか。どこを重視するかは人によって異なる。

近年クルマの性能は均一化して、性能で選ぶというのはなかなか難しい。それだけ突出したクルマが無いともいえる。となると、デザイン、価格、走り、経済性は要素として大きい。価格というのは単に車両本体価格だけを見ると騙されるから、ちゃんと装備品をチェックし・・・

ニュースを読む

◆クーペSUVの中で最も洗練されたデザインを見せつける

ドイツの各ブランドはこぞってSUVのクーペスタイルを市場に送り出す中で、VWグループは(と言ってもアウディとVWに限定)、その市場にモデルを送り出していなかった。そんな中でようやくアウディが『Q3』に「スポーツバック」を名乗るクーペスタイルのSUVを出した。もっとも本国では1年も前から発売されていたのだが…。

それはともかくとして練りに練った結果なのだろうか。Q3スポーツバック・・・

ニュースを読む

◆『Aクラス』との決別

メルセデスの『GLAクラス』が新しくなった。一言で言って、新しいGLAのコンセプトは『Aクラス』との決別だったように思える。先代GLAは一目見てAクラスと外観に大きな違いを見出せなかった。少し車高をあげて、少しオフロード車っぽい演出をしたAクラスのように見えていたからだ。

そこへ行くと新しいGLAは、なりは小さくても立派なSUVに見えてそのスタイルからAクラスを連想することは難しい。むしろ、ひとクラス上の『G・・・

ニュースを読む

JARIテストコースでの試乗に続いて、スバルは本格的にその運動性能を検証する場として、袖ケ浦フォレストスピードウェイを用意してくれた。

メニューは今回も盛り沢山で、中心はサーキットにおける新旧『レヴォーグ』の乗り比べ。そしてもう一つはプリクラッシュセーフティーの同乗体験だ。それにしても今回のレヴォーグ、その進化した内容の濃さに驚かされる。

◆今回のレヴォーグは、間違いなくお買い得


具体的には全く新設計のエンジン。これまた大幅に進・・・

ニュースを読む

◆「★5つ」のハイブリッドに対しガソリン車は

Bセグメントが群雄割拠して、多くのメーカーが優秀なモデルを投入していることは以前にも書いた。その中でトヨタ『ヤリス』は少なくともハイブリッド車に関する限り、★5つの燃費性能や運動性能を見せた。

ガソリンモデルにも同様なイメージを期待していたのだが、残念ながらそうはいかなかった。初めに断っておくが、ヤリス・ハイブリッドはBセグメントでもずば抜けた燃費性能を持つし、やはり抜きんでた運動性能を・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ねばくん

CVTフルードを交換しました・・・

車種名:スズキ ランディ
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

CVTフルードの交換が過去されていないことがわかり、 9年目の車検と合わ...[ 続きを見る ]

love-ski-hokkaido

燃費いいですよ

車種名:マツダ CX-5 (ディーゼル)
投稿ユーザー:lov***** さん
総合評価:

CX5の2.2Lディーゼル4WDです。 根室から札幌まで片道500kmを...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針