中尾真二

カーライフニュース - 中尾真二

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

新型『ヴェゼル』の4WDシステムはエンジン部からの出力をプロペラシャフトでリアアクスルに伝える方式を採用している。一般的な4WDシステムといえるが、近年は前後に独立したモーターを搭載するHV、PHEV、EVが増えており、新型車においては、プロペラシャフトが存在する4WDの方がむしろ珍しい。

トヨタのTHS-IIや日産のe-POWERのように、リアの駆動は独立したモーターを動かせば4WDでもプロペラシャフトは不要という考え方もある。新型・・・

ニュースを読む

新型『ヴェゼル』に搭載されるHonda CONNECT(ホンダコネクト)の機能は、自動地図更新サービス、スマートフォンがキーになるデジタルキー、車内Wi-Fi機能、アプリセンターだ。自動地図更新サービスはホンダ初搭載。アプリセンターは、アプリが追加され使い勝手が良くなっている。

◆自動地図更新と車内Wi-Fiはどこが便利なのか

自動地図更新は、元の地図データの更新に合わせてダウンロードするバッチ処理更新ではなく、自車位置やナビの目的・・・

ニュースを読む

4月23日から販売開始となる新型ホンダ『ヴェゼル』は「AMP UP YOUR LIFE」をグランドコンセプトとし、新しい価値観を持つ世代に生活の質を向上させるクルマとして設計された。そのため、コンパクトカーからプレミアムカーまでで激戦区と言われるSUV市場の中で、馬力や燃費、ラゲッジスペースだけではない機能や細部にこだわっている。

◆見た目の個性より中身で勝負


新型ヴェゼルのパワートレインは、e:HEV(ハイブリッド)とガソリン車・・・

ニュースを読む

プジョー『3008 GT HYBRID4』には、ヒルディセントモードというものがある。これを急こう配の未舗装路(砂利道)で試す機会を得たので紹介する。

プジョー3008 GTは1.6Lガソリンターボエンジン、2.0Lディーゼルターボエンジンの他にプライグインハイブリッド(PHEV)4WDの3種類のパワートレインが用意されている。内燃機関(ICE)モデルは2WDだが、PHEVは4WDの設定となる。

2WDモデルには、アドバンスドグリッ・・・

ニュースを読む

「トヨタとテスラが再び提携」は誤報か---可能性を検証する

by 中尾真二 on 2021年04月08日(木) 07時15分

『朝鮮日報』が3月末、「トヨタとテスラが小型SUVの共同開発の最終調整に入った」と報じている。この報道はメキシコの自動車関連媒体が取り上げるなどしているが、記事というより噂話に近い。しかし、興味深いテーマなので掘り下げてみたい。

記事は、「トヨタのプラットフォームを使い、テスラがEVパワートレインとソフトウェアを提供する形で、小型SUVを開発する」と報じている。さらに「トヨタは2020年に独自プラットフォームを使ったEVの発売を発表し・・・

ニュースを読む

アウディ・ジャパンは2月にワールドプレミアされた『e-tron GT』を4月7日より5月31日まで東京・表参道の「Audi House of Progress Tokyo」で一般公開すると発表した。車両は「e-tron GT quattro」と「RS e-tron GT」の2台。

◆アウディの新しいブランドアイコン

発表にあたってアウディ・ジャパン代表取締役社長 フィリップ・ノアック氏は、「e-tron GTはただのEVではなく、ア・・・

ニュースを読む

2021年2月にはアメリカがパリ協定に復活し、カーボンニュートラルや脱炭素社会への動きは決定的となった。各国の政策や法規制にもなんらかの影響が出る可能性もある。潮目が変わったといってもいいだろう。あらためてカーボンニュートラルとはなんなのか、自動車業界に与える影響を考えてみたい。

業界への影響について、海外の環境規制を追っているフォーイン 取締役 企画調査部 田中八智代氏に話を聞いた。田中氏は4 月16日開催のオンラインセミナー「欧州・・・

ニュースを読む

「世界一幸せな動物」といえばクォッカワラビーだ。その動物の名前を冠する軽キャンパーをジャパンキャンピングカーショー2021で発見した。クォッカワラビーの笑顔のようになれるキャンピングカーという意味が込められている。

製作したのはミシマダイハツ。ダイハツのディーラーだが、キャンピングカー事業部があり、キャンプ架装にも力を入れいている。取り扱い車両はダイハツに限らず、キャンピングカーメーカー各社の車両も取り扱っている。

「クォッカ」は2・・・

ニュースを読む

ATV群馬はキャンピングカー向けの通信ナビキット「サイバーキャンプ」を展示していた。サイバーキャンプとは、車室内をWi-Fiエリアにすることでキャンプ場やアウトドアでもつながる世界を楽しもうというもの。

キット内容は、カロッツェリアのサイバーナビにSIMを内蔵した通信モジュール、これに後付けのサブバッテリー(40Ah)、NTTドコモの「in Car Connect」の契約が基本となる。in Car Connectは、ドコモが提供する車・・・

ニュースを読む

FIAMMAは、サイドオーニングやキャリーバイクなどを扱うイタリアのメーカーだ。国内でも取り扱い代理店はいくつかあるが、その最大手は日本ピストンリングだ。

日本ピストンリングは、社名どおりエンジン部品のメーカー、サプライヤーだが、用品卸など多角的に展開している。キャンプ関連用品では、他にもポータブルなサブバッテリーやアウトドア用のトイレなども扱っている。ポータブルトイレは小型で浄水タンクと汚水タンクが分離可能なタイプだ。オートキャンプ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

oji san

1年間の記録

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:oji***** さん
総合評価:

購入して1年となります。 走行距離:19875km 780L 平均燃費...[ 続きを見る ]

kmanz

3ナンバーカローラの感想

車種名:トヨタ カローラ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:kma***** さん
総合評価:

今度の3ナンバーカローラは、乗り換え前のアクシオと比べると走行性の違いが...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針