ZF

カーライフニュース - ZF

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ZFは10月14日、新世代のアクティブリアアクスルステアリングシステムを開発した、と発表した。2020年12月から量産を開始する大型高級車に搭載される予定だ。

ZFのアクティブリアアクスルステアリングシステムは、リアアクスルでの操舵を可能にし、車両の安全性、快適性、ドライビングダイナミクスの向上を支援する。第1世代のシステムは、2013年に量産を開始した。これまでに、世界の自動車メーカーの50万台以上の車両に搭載されている。

第2世・・・

ニュースを読む

ZFは10月13日、イタリアの商用車メーカーのイヴェコ(Iveco)との提携を強化し、ZFが運用するトラックについて、天然ガスを動力源とする車種の運行を拡大すると発表した。

現在の長距離トラックは、ほとんどがディーゼル燃料を使用している。天然ガスで駆動するトラックは、CO2を15%削減し、二酸化窒素を90%削減し、排気粒子を99%削減する。液体天然ガス(LNG)または圧縮天然ガス(CNG)を使うトラックは、騒音が約30%少なくなるとい・・・

ニュースを読む

ZFは9月17日、ジープ『ラングラー』初のPHV、『ラングラー4xe』に、8速ATを供給すると発表した。

ラングラー4xe のPHVパワートレインは、エンジンが直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボで、最大出力270hp/5250rpm、最大トルク40.8kgm/3000rpmを発生する。このエンジンは、5800rpmまで許容する。シリンダーヘッドに直接取り付けられたツインスクロールの低慣性ターボチャージャーによって、優れたレスポ・・・

ニュースを読む

ZFとエヴァ(Aeva)は9月8日、世界初の周波数変調連続波(FMCW)ライダーを自動車市場に投入するために提携を結んだ、と発表した。

エヴァは2017年に設立され、米国カリフォルニア州マウンテンビューに本社を置く。アップルとニコンでエンジニアリングリーダーを務めていた2人によって設立され、自動運転車向けの次世代の感知・認知システムを開発している。エヴァは、フォルクスワーゲングループのポルシェなどから、支援を受けている。

ZFとエヴ・・・

ニュースを読む

ZFは9月3日、オランダの商用車メーカーのDAFトラックから、最高のサプライヤーに贈られるマスター賞を受賞した、と発表した。

ZFは、毎年恒例のサプライヤーパフォーマンスマネジメント(SPM)プログラムの一環として、DAFトラックから4つのパフォーマンスアワードを受賞した。この賞は、製品開発、車両の運用サポート、ビジネスの整合性を評価し、製品の革新や継続的なパフォーマンスの改善など、主要な領域にわたる卓越性を表彰するものだ。

ZFの・・・

ニュースを読む

ZFは8月27日、先進運転支援システム(ADAS)向けに、新しいソリッドステートLiDARセンサーの生産を開始した、と発表した。

このソリッドステートLiDARシステムは、ZFがドイツのIbeoオートモーティブシステムズの委託を受けて生産を開始したものだ。ZFは、Ibeoオートモーティブシステムズの40%の株式を保有している。

「ibeoNEXT」と呼ばれるLiDARセンサーには、新しいタイプのレーザー測定テクノロジーを導入している・・・

ニュースを読む

ZF、自動運転の開発を加速…テストコースを拡張

by 森脇稔 on 2020年08月30日(日) 07時30分

ZFは8月25日、ドイツのテストコースを拡張した、と発表した。

このテストコースには、新たに全長3.6kmの楕円形のコースが設けられた。カーブと直線を含めて、さまざまな道路状況を再現し、実際の高速道路の運転状況をシミュレートすることができる。

また、拡張されたテストコースでは、ZFの先進運転支援システム(ADAS)のテスト機能を大幅に引き上げる。車線逸脱警告システム、渋滞アシスタント、自動運転を見据えた高速道路のパイロット走行システ・・・

ニュースを読む

ZFは8月7日、2020年上半期(1〜6月)の決算を発表した。

同社の発表によると、上半期の売上高は、135億ユーロ(約1兆7040億円)。前年同期の184億ユーロに対して、26.7%減と、2年連続のマイナスだった。

また、上半期の最終損益は、9億1100万ユーロ(約115億円)の赤字。前年同期の1億6600万ユーロの黒字に対して、赤字を計上している。

赤字を計上した要因としては、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡・・・

ニュースを読む

ZFは、先進運転支援システム(ADAS)向け新世代カメラの「S-Cam4.8」が、日産『ローグ』新型に純正採用された、と発表した。

ZFは、長年のパートナーのモービルアイ(インテルの傘下企業)と協力して、S-Cam4.8を開発した。S-Cam4.8は、モービルアイの「EyeQ4」プロセッサーをベースとし、高度な物体認識を可能にする。ZFはこのテクノロジーを、「S-Cam」カメラシリーズに組み込んだ。これには、自動車業界初のプレミアム3・・・

ニュースを読む

ZF、乗用車向け電動パワートレインの新事業部を設立

by 森脇稔 on 2020年08月03日(月) 10時15分

ZFは、乗用車向け電動パワートレインの新事業部を設立すると発表した。

この新事業部は、現在のカー・パワートレイン・テクノロジー事業部とEモビリティ事業部を統合したものだ。新事業部では、顧客に電動パワートレインのソリューションを、集約して提供する。

将来的には、ZFは内燃機関のコンポーネント開発を終了し、長距離走行が可能なプラグインハイブリッド車(PHV)とフルEVにフォーカスしていく。

またZFは、2021年1月1日付けで、シュテ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ねばくん

CVTフルードを交換しました・・・

車種名:スズキ ランディ
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

CVTフルードの交換が過去されていないことがわかり、 9年目の車検と合わ...[ 続きを見る ]

love-ski-hokkaido

燃費いいですよ

車種名:マツダ CX-5 (ディーゼル)
投稿ユーザー:lov***** さん
総合評価:

CX5の2.2Lディーゼル4WDです。 根室から札幌まで片道500kmを...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針