矢野経済研究所

カーライフニュース - 矢野経済研究所

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

矢野経済研究所は、ADAS/自動運転用キーデバイス・コンポーネントの世界市場の調査を実施、その結果を「<スマートシティ> 2020 ADAS/自動運転用 キーデバイス・コンポーネント」にまとめた。

調査は国内外の自動車メーカ、カーエレクトロニクスメーカ、半導体メーカ、センサメーカ等を対象に、2020年7月〜9月の期間、同社専門研究員による直接面談(オンライン含む)、電話によるヒアリングならびに文献調査を併用して行った。

2019年に・・・

ニュースを読む

矢野経済研究所は、リチウムイオン電池(LiB)主要4部材の世界市場を調査し、民生小型機器用や車載用などのLiBセルの用途や主要4部材の出荷動向、国別の設備投資や部材価格の動向などを明らかにした。

調査結果によると、2019年のLiB主要4部材世界市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年比6.7%増の209億7987万3000ドル(約2兆2000億円)。2020年は同4.5%減の200億3811万7000ドル(約2兆1000億円)の見・・・

ニュースを読む

矢野経済研究所は9月29日、車載用ディスプレイ世界市場を調査し、タイプ別や部位別、インチ別の市場動向、メーカー動向、価格動向、将来展望を明らかにした。

2019年の車載用ディスプレイ世界市場(純正品および市販品を含む、メーカー出荷数量ベース)は前年比3.1%減の1億6125万枚と、自動車生産台数減少の影響から前年割れとなった。2020年は前年の反動もあり、当初プラス成長が見込まれたが、新型コロナウィルスの影響で欧州を中心とした各国の自・・・

ニュースを読む

矢野経済研究所は、2020年の車載用リチウムイオン電池(LiB)世界市場を調査。市場ベース予測では、新型コロナウイルスの影響により減少に転じる見込だとした。

調査は2020年5月から7月、日本、韓国、中国の車載用LiBメーカーを対象に、同社専門研究員による直接面談取材および文献調査を併用して行った。

調査結果によると、2019年の車載用LiB世界市場規模は容量ベースで前年比17.6%増の133.1GWhと推計する。xEVタイプ別の出・・・

ニュースを読む

矢野経済研究所は、2020年の車載用リチウムイオン電池世界市場を調査。車載用LiB生産の前提となる、世界のxEV生産台数推移・予測について公表した。

2019年の世界xEV(次世代車)市場はメーカー生産数量ベースで前年比18.8%増の682万1000台と推計。内訳はハイブリッド車(HEV)が同28.6%増の428万7000台、電気自動車(EV)が同13.2%増の195万8000台、プラグインハイブリッド車(PHEV)が同15.1%減の・・・

ニュースを読む

矢野経済研究所は、車載ディスプレイ部材世界市場を調査。コロナ禍により自動車生産台数減少により減速は余儀なくされるものの、2021年には昨年レベルまで回復すると予測する。

世界自動車生産台数はここ数年、8800万〜8900万台をキープしてきたが、2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行により、大幅に縮小する見込み。順調に搭載数を伸ばしてきた車載ディスプレイだが、部材関連メーカーの中ではポジティブに見て前年比8・・・

ニュースを読む

矢野経済研究所は、2019年の国内自動車アフターマーケット市場を調査。市場規模は、前年比1.5%減の19兆3553億円と推計する。

本調査における自動車アフターマーケットは、中古車事業(中古車小売、中古車輸出、中古車買取、オートオークション)、自動車賃貸事業(オートリース、レンタカー、カーシェアリング)、自動車部品・用品事業(カー用品、補修部品、リサイクル部品(中古・リビルト))、自動車整備事業(自動車整備、自動車整備機器)、その他関・・・

ニュースを読む

矢野経済研究所は、国内の中古車流通市場を調査し、主要領域別(中古車小売販売、中古車買取、オートオークション、中古車輸出)の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。

調査結果によると、2019年の国内の中古車小売台数は262万台、平均小売価格117万円と推計。消費増税による駆け込み需要や、台風がもたらした水害による代替需要も発生し、2019年の中古車小売販売市場は活性化した。次世代車の普及も流通車両の単価上昇をもたらしており、同研究・・・

ニュースを読む

2030年の車載モーター世界需要、7割増の56億個へ拡大 矢野経済予測

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年06月22日(月) 15時00分

矢野経済研究所は、車載モーター世界市場の調査を実施、2030年には2018年比74.9%増の約56億6300万個に拡大すると予測した。

電気自動車(EV)をはじめとするxEV(電動車)はもちろん、内燃機関車(ICE)でもパワートレイン、シャシ、ボディ領域それぞれで電動化が進んでいる。部品の電動化に伴い、急速に搭載数を増加させているのがモーターだ。2018年の車載モータ世界市場は、新車販売台数ベースで前年比2.7%増の約32億3700万・・・

ニュースを読む

矢野経済研究所は、EMC(電磁両立性)・ノイズ対策関連世界市場の調査を実施、2023年の市場規模は、2019年比16.1%増の4兆3645億円に拡大すると予測した。

EMCとは、電子機器から電磁ノイズ(妨害波)が放射されるのを抑えるだけでなく、ノイズにより性能低下や誤作動を起こさないように電子機器の耐性を強化することも含む。近年、デジタル回路の高密度化やそれに伴うIC電源の低電圧化、動作速度の高速化に加え、5G対応製品やミリ波レーダー・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

そっとじ

北海道5000㎞の旅

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:そっ***** さん
総合評価:

1か月休みを頂いて静岡~北海道ドライブしてきました 出発日 9月29日 ...[ 続きを見る ]

DY

全く関係ないけど

車種名:ダイハツ ムーヴ
投稿ユーザー:DY***** さん
総合評価:

前期モデルのJC08燃費が最高31あって 後期モデルのJC08燃費が26...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針