矢野経済研究所

カーライフニュース - 矢野経済研究所

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

矢野経済研究所は、自動車アフターマーケット市場に関する調査を実施。2021年の国内自動車アフターマーケット市場は前年比5.5%増の20兆0473億円に拡大したことが明らかになった。

調査は自動車アフターマーケット関連事業を展開する企業・団体、および管轄官庁などを対象に、2022年4月から7月までの期間、同社専門研究員による直接面談ならびに電話・メール等によるヒアリング、文献調査併用して行った。

調査結果によると、2021年の自動車ア・・・

ニュースを読む

ADAS 自動運転システム搭載車両数、2030年に倍増と予測---最多はレベル2

by レスポンス編集部 on 2022年08月28日(日) 11時00分

矢野経済研究所は8月24日、ADAS(先進運転支援システム)/自動運転システムの世界市場を調査し、2030年までの新車におけるADAS/自動運転システムの搭載台数を予測を発表した。

世界の新車市場でADAS/自動運転システムの搭載台数は2021年が4097万6019台だったが、2030年には7915万3000台と約2倍に増えると予測する。世界新車販売台数における搭載率は76.9%に達すると予測する。

2030年の自動運転技術のレベル・・・

ニュースを読む

車載用リチウムイオン電池の世界市場、2030年に116万MWh…2021年の3倍

by レスポンス編集部 on 2022年07月29日(金) 13時30分

矢野経済研究所が7月28日に発表した車載用リチウムイオン電池の世界市場調査によると、2030年には容量ベースで116万3040MWhに成長すると予測した。

2021年の車載用リチウムイオン電池世界市場規模は前年比120.9%増の37万1146MWhとなり、電動車市場成長と連動し車載用電池市場も拡大した。2030年予測は2021年実績の3倍に増える。

2021年の電動車のタイプ別ではハイブリッド車(HEV)が4751MWh(前年比68・・・

ニュースを読む

国内テレマティクス保険市場は2260億円、全体の5.3% 矢野経済調べ

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年07月03日(日) 09時30分

矢野経済研究所は、国内のテレマティクス保険市場の調査を実施。2021年度の国内個人向けテレマティクス保険市場は2260億円、自動車保険市場全体に占める割合は5.3%どまりであることが明らかになった。

テレマティクス保険とは、損害保険会社が自動車に搭載された通信機器から得られる走行距離やアクセル、ブレーキの強さなどの運転挙動の情報をもとに、保険料の割引や安全運転支援などを提供する保険商品やサービス。通信機器にはコネクテッドカーや通信型ド・・・

ニュースを読む

中古車小売市場---高年式で低走行の需要があるが 2021年

by レスポンス編集部 on 2022年06月18日(土) 15時00分

矢野経済研究所は6月13日、国内の中古車流通市場の動向や参入企業動向、将来展望を発表した。

調査結果によると、2021年の国内の中古車小売台数は268万5000台だったと推計している。コロナ禍によるサプライチェーンの寸断で新車供給や新車販売の停滞に繋がったことから、高年式で低走行の中古車を中心に需要が拡大している。

ただ、新車販売の減少で下取車の発生も減り、タマ不足によって市場も停滞している。中古車販売事業者は小売向きな良質中古車の・・・

ニュースを読む

矢野経済研究所は、日本、米国、ドイツ、中国主要5地域における自動運転の消費者ニーズについてアンケート調査を実施。この中で中国の自動運転に対するニーズが突出していることが明らかになった。

調査は日本、米国、ドイツ、中国主要5地域に居住する自動車運転免許を取得、かつ世帯で自動車を保有する20歳以上の男女を対象に、2021年10月から12月までの期間、インターネットによるアンケートで実施。2000人から得た有効回答をまとめた。

まず、次回・・・

ニュースを読む

車載用リチウムイオン電池廃棄重量、世界で9万7000トン 2021年見込み

by レスポンス編集部 on 2022年02月20日(日) 10時00分

矢野経済研究所が2月15日発表したリチウムイオン電池のリユース・リサイクル動向調査によると、2021年の世界の車載用リチウムイオン電池の廃棄重量が9万6850トンになるとの見込み。

2021年の車載用リチウムイオン電池の廃棄重量の地域別構成比では、中国が94%と大半を占める見通し。中国は2015年前後から政策主導で電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)の市場が世界に先行して成長したことから廃棄量の増加も先行している。
・・・

ニュースを読む

矢野経済研究所は、車載ディスプレイ部材世界市場を調査し、セグメント別の動向、参入企業動向、将来展望を「2021年版 車載ディスプレイ部材市場の展望と戦略」にまとめた。

調査は2021年8月〜10月、車載ディスプレイ関連部材メーカーを対象に、同社専門研究員による直接面談(オンライン含む)に文献調査を併用して行った。

近年、カーボンニュートラル社会の実現を目指し、自動車のゼロエミッション化に向けた取り組みとして、国内外の自動車メーカー(・・・

ニュースを読む

矢野経済研究所は、車載用パワーモジュール世界市場の調査を実施。xEVの普及拡大に伴い、2030年には2021年比3.9倍の1兆0338億円に達すると予測した。

調査結果によると、xEV(ハイブリット車/電気自動車)の世界的な販売拡大を受けて、2021年の車載用パワーモジュール(PM)世界市場は、メーカー出荷金額ベースで前年比43.1%増の2656億9200万円となる見込みだ。そのうち、従来のSi(シリコン)パワー半導体を実装するSi-・・・

ニュースを読む

矢野経済研究所は、カーボンナノチューブ(CNT)世界市場に関する調査を実施。世界出荷量は2025年に1万トンの大台突破を予測した。

CNTは炭素のみで作られた円筒状の極小物質。単体での活用は難しいが、プラスチックや金属、ゴムなどに混ぜることで、性能を大幅に向上でき、次世代自動車にとっても欠かせない素材として注目を集めている。

調査結果によると、2020年のCNT世界市場規模は、メーカー出荷量ベースで前年比20.3%増の3265トンと・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

ひさのけちゃん

燃費が……

車種名:ホンダ ストリーム
投稿ユーザー:ひさ***** さん
総合評価:

ここ最近、平均してリッター5kmだったのが、本日給油でとうとう4.81k...[ 続きを見る ]

ニーグラ

エクステリアのデザインはGC型と比べてデカくてイマイチと言われることもあ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2023 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針