市光工業

カーライフニュース - 市光工業

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

市光工業は、5月22〜24日にパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2019」において、自動運転時代のニーズに応えるライティングや新構造ドアミラーの最新技術を出展する。

同社は今回、自動運転時に車両がドライバーの代わりとなり、光で意思を表現するLED約400個を使用した「コミュニケーション ライティング」の実物大モックアップを展示する。自動運転時においては、ドライバーのアイコンタクトやジェスチャーといった意思伝達は存在・・・

ニュースを読む

市光工業は、アフターマーケット向けトラック用バックアイ高解像度カメラ「HX-100A」およびモニター「HT-100」を2019年1月より発売開始する。

後方が見えにくいトラック・バスや特殊車両では、バックアイカメラが大きな役割を果たしているが、夜間や明暗差が大きい場所でより鮮明な映像を求める声が高まっている。市光工業ではこれに応えて、HDR(ハイダイナミックレンジ)技術を搭載した128万画素の小型HDカラーカメラ「HX-100A」と、・・・

ニュースを読む

市光工業は、5月23日から25日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」に出展、ライティングと電子ミラーの最新技術を展示する。

市光工業ブースでは、「HDライティングユニット」のプロトタイプを初展示し、照射の実演を行う。HDライティングは光を電子デバイスで制御することでピクセル単位のコントロールを実現。ロービームでは路面に線や記号、数字などを照射し、ドライバーにナビ情報やレーンガイドアシスト、速度などを・・・

ニュースを読む

市光工業は、10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)される「第45回東京モーターショー2017」で、自動運転時代のニーズに応えるライティングと電子ミラーの最新技術を展示する。

市光工業は、高輝度の光源と電子デバイスで実現する「高解像度ヘッドランプ」の活用例として、より進化したグレアフリー(防眩)ハイビームや路面描画機能など6つのシーンを体験できるコックピットを設置。これまでの照らすという役割・・・

ニュースを読む

ヴァレオジャパンは、6月30日付けで、オードバディ・アリ氏を同社代表取締役社長に任命すると発表した。2012年から社長を務めている齋藤隆次氏は退任する。

オードバディ氏は1988年にフランスでヴァレオに入社。1999年にヴァレオチャイナの社長、2007年9月に東京に赴任してヴァレオジャパンの社長に就任。2010年10月からは、のちに子会社となる市光工業の代表取締役社長に就任。今回、7年ぶりのヴァレオジャパン社長復帰となる。

ヴァレオ・・・

ニュースを読む

市光工業は5月23日、パシフィコ横浜で5月24日から26日まで開催される自動車技術展、「人とくるまのテクノロジー展2017」の出展内容を公表した。

市光工業は、人とくるまのテクノロジー展2017において、最新のCMS(カメラモニターシステム)を出品する予定。従来のルームミラー、ドアミラーを、カメラとディスプレイに置き換えた次世代の後方視認システムとなる。

Class1(ルームミラー置換え)は、座席、乗車人員、積載物等に左右されること・・・

ニュースを読む

市光工業、大幅増益…国内合理化やASEAN収益改善 2016年4-9月期決算

by レスポンス編集部 on 2016年11月08日(火) 10時30分

市光工業が発表した2016年4〜9月期の連結決算は、経常利益が前年同期比360.7%増の10億5500万円と大幅増益となった。

売上高は同5.0%増の508億7400万円と増収となった。自動車部品事業が国内やASEANで受注が好調だったため、用品事業はアフターマーケット市場の低迷で減収だった。

収益では増収や国内工場の合理化効果やASEANの海外子会社の経営改善が前倒しで進んだため、営業利益は11億1000万円となった。四半期利益は・・・

ニュースを読む

市光工業、自動車部品事業好調で経常黒字化 4-6月期決算

by レスポンス編集部 on 2016年08月09日(火) 13時08分

市光工業が発表した2016年4〜6月期(第1四半期)の連結決算は、経常利益が1億8300万円の黒字に転換した。前年同期は2億8200万円の赤字だった。

売上高は、用品事業が低調だったものの、国内の受注が自動車部品事業が好調だったことから、前年同期比5.1%増の248億5100万円と増収となった。

収益では、自動車部品事業が黒字化したほか、原価低減効果もあって営業利益は3億1800万円の黒字に転換した。四半期純利益は9400万円だった・・・

ニュースを読む

市光工業は、標準LED光源ユニット「MonoLED」が「自動車技術会賞2016」を受賞したと発表した。

「MonoLED」は、トヨタ『アルファード』のクリアランスランプや、新型トヨタ『プリウス』のストップランプ、リアフォグランプなどに採用されている。低コスト、低消費電力、コンパクトで汎用性の高いことが評価され、第66回自動車技術会賞を受賞した。

「MonoLED」は、米国オートモーティブニュース主催の「PACEアワード」も受賞してお・・・

ニュースを読む

市光工業、自動車部品事業好調で増収・営業増益…2016年3月期決算

by レスポンス編集部 on 2016年05月17日(火) 16時45分

市光工業が発表した2016年3月期連結決算は、為替差損の影響で経常利益が前年同期比3.5%減の30億0700万円だった。

売上高は自動車部品事業が好調だったため、同8.5%増の1021億4300万円と増収だった。

自動車部品事業は、国内の受注が順調でタイ子会社も新製品効果で増収となった。中国の持分法適用会社を連結子会社化した影響が通年化したこともあって増収となった。

収益では、国内増収による影響やタイ子会社の赤字幅が減少したため、・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ぬ

変なところで実用性がある軽トラック

車種名:ホンダ アクティ
投稿ユーザー:ぬ***** さん
総合評価:

平成12年式のHA7初期型です。主に農作業に使用しています。 燃費は大体...[ 続きを見る ]

CF4152

燃費(通算37回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算37回目)を10/6に行いました。前回の給油から464.4km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針