市光工業

カーライフニュース - 市光工業

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

市光工業は、5月26日に開幕した「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」に出展、自動運転と電動化に関するライティングソリューションを発表している。

◆e-グリル EV時代の新たなライティング商品

自動車の電動化により、「エンジン冷却のための吸気」というラジエターグリル本来の役割は小さくなっているが、ブランドやモデルとしてのアイデティティを表現するアイコニックな役割を担っている。また世界的なスタイリングトレンドとして、ヘッドラ・・・

ニュースを読む

PIAAは世界初となるボールタイプのTPMS(タイヤ空気圧モニタリングシステム)「エアボールTB」の販売代理店を開始。3月末(予定)より、法人向けに販売を開始する。

TPMSはタイヤ内の空気圧と温度をセンサーで監視し、異常があった場合、瞬時に液晶モニター画面に点滅とアラーム音で警告。タイヤバーストや車両火災などを未然に防ぐほか、空気圧の維持により、燃費向上やタイヤ摩耗の低減にも貢献する。

既存のTPMSは、エアバルブ一体型のセンサー・・・

ニュースを読む

PIAAは、システムキャリアブランド「Terzo (テルッツォ)」より、大型コンテナボックスの積載に最適な「アルミルーフラック ミドル」を1月末日(予定)より発売する。

新製品は長さ130×幅105cmと、大型コンテナボックス3台がジャストフィット。SUV車などに最適なサイズだ。アルミ製で軽量、表面は腐食に強いアルマイト処理を実施。風切音を低減する整流版を標準装備する。

シックな印象のブラックカラーとスタイリッシュに映えるシルバーの・・・

ニュースを読む

Terzo、スキーアタッチメント「フラット600ブラック」発売

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年11月14日(土) 15時00分

PIAAは、システムキャリアブランド「Terzo (テルッツォ)」より、スキースノーボードアタッチメント「フラット600ブラック」を発売した。

新製品はシックな印象が引き立つブラックモデルだ。表面は渋さが際立つ艶消し塗装で、ブラックのベースキャリアとのコーディネートが可能。ラバークッションで大切なボードやスキー板を保護するほか、手袋のままでもしっかり押せる大型プッシュボタンや盗難防止ロックを装備する。

積載可能幅は60.0cm。最大・・・

ニュースを読む

市光工業は、10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトなどで開催される「東京モーターショー2019」に出展、CGを駆使したHDライティングのヴァーチャルリアリティ(VR)を初披露する。

HDライティングは、高輝度の光源と電子デバイスによってピクセル単位で光をコントロールし、高精密なヘッドライトの光によってドライビングをサポートする新技術。ロービーム領域では路面に線や記号、数字などを照射し、車幅を示すガイドラインやレストランなどへの・・・

ニュースを読む

市光工業は、5月22〜24日にパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2019」において、自動運転時代のニーズに応えるライティングや新構造ドアミラーの最新技術を出展する。

同社は今回、自動運転時に車両がドライバーの代わりとなり、光で意思を表現するLED約400個を使用した「コミュニケーション ライティング」の実物大モックアップを展示する。自動運転時においては、ドライバーのアイコンタクトやジェスチャーといった意思伝達は存在・・・

ニュースを読む

市光工業は、アフターマーケット向けトラック用バックアイ高解像度カメラ「HX-100A」およびモニター「HT-100」を2019年1月より発売開始する。

後方が見えにくいトラック・バスや特殊車両では、バックアイカメラが大きな役割を果たしているが、夜間や明暗差が大きい場所でより鮮明な映像を求める声が高まっている。市光工業ではこれに応えて、HDR(ハイダイナミックレンジ)技術を搭載した128万画素の小型HDカラーカメラ「HX-100A」と、・・・

ニュースを読む

市光工業は、5月23日から25日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」に出展、ライティングと電子ミラーの最新技術を展示する。

市光工業ブースでは、「HDライティングユニット」のプロトタイプを初展示し、照射の実演を行う。HDライティングは光を電子デバイスで制御することでピクセル単位のコントロールを実現。ロービームでは路面に線や記号、数字などを照射し、ドライバーにナビ情報やレーンガイドアシスト、速度などを・・・

ニュースを読む

市光工業は、10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)される「第45回東京モーターショー2017」で、自動運転時代のニーズに応えるライティングと電子ミラーの最新技術を展示する。

市光工業は、高輝度の光源と電子デバイスで実現する「高解像度ヘッドランプ」の活用例として、より進化したグレアフリー(防眩)ハイビームや路面描画機能など6つのシーンを体験できるコックピットを設置。これまでの照らすという役割・・・

ニュースを読む

ヴァレオジャパンは、6月30日付けで、オードバディ・アリ氏を同社代表取締役社長に任命すると発表した。2012年から社長を務めている齋藤隆次氏は退任する。

オードバディ氏は1988年にフランスでヴァレオに入社。1999年にヴァレオチャイナの社長、2007年9月に東京に赴任してヴァレオジャパンの社長に就任。2010年10月からは、のちに子会社となる市光工業の代表取締役社長に就任。今回、7年ぶりのヴァレオジャパン社長復帰となる。

ヴァレオ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2020-2021
e燃費アプリ

車レビュー

akkumagai

車両はスズキハスラーのOEMであり、(色々な意味で)多分何も心配はないだ...[ 続きを見る ]

小春日和

11年前の新車を購入

車種名:トヨタ プリウス
投稿ユーザー:小春***** さん
総合評価:

まだまだ現役です。 子供が巣立ってミニバンを卒業。 アクアラインを良く使...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針