三菱ふそうトラック・バス

カーライフニュース - 三菱ふそうトラック・バス

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

三菱ふそうトラック・バスの大型観光バス『エアロクィーン』2019年モデルが、「2019年度グッドデザイン賞」を受賞した。

エアロクィーンは、様々な安全装置搭載により「安全性」「快適性」「経済性」を実現。充実した安全装備に加え、新しいふそうのデザインアイデンティティー「ふそうブラックベルト」と新型LEDヘッドランプ&LEDフォグランプを採用し、エクステリアデザインを刷新した。

今回の受賞では、ドライバ常時モニタリングと異常発生時の客室・・・

ニュースを読む

三菱ふそうトラック・バスは、10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトなどで開催される「東京モーターショー2019」に出展、「CHALLENGE THE CHANGES」をテーマに、くらしを支える商用車メーカーとして常に社会の変化に先陣を切り対応していく姿を表現する。

同社ブースでは、燃料電池小型トラック『Vision F-CELL』(参考出品)および大型トラック『スーパーグレート』2019年モデルを世界初公開するほか、 大型観光・・・

ニュースを読む

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、先進安全装置とテレマティクス機能を新たに搭載した中型トラック『ファイター』の2019年モデルを発表、9月より販売を開始した。

4気筒および6気筒エンジンの2エンジンタイプを展開するファイター 2019年モデルは、様々なシーンを想定した先進安全装置を新規導入し、安全運転のサポート機能を大幅に強化した。

「アクティブサイドガードアシスト(オプション)」は、走行中に車両左側の歩行者や車両をレーダー・・・

ニュースを読む

ダイムラー(Daimler)は9月17日、傘下の三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)の小型EVトラック『eキャンター』が、全世界で延べ100万kmを走行した、と発表した。

eキャンターは、世界初の量産EVトラックだ。欧州仕様車は、車両総重量7.5トンクラス、1時間(直流急速充電)/11時間(交流200V)の充電で、航続は100km以上を実現する。

モーターは、最大出力175hp、最大トルク42.8kgmを発生する。蓄電容量13.8・・・

ニュースを読む

三菱ふそうトラック・バスは9月3日、自動運転技術導入に関わる関係省庁や国の自動走行システム推進委員会委員を招き、「大型トラックにおける自動運転技術の現在と将来」をテーマに運輸・物流業界をはじめとする産業界への効果などについてシンポジウムを開催した。

◆自動車業界は大きく3つのメガトレンド(電動化/コネクティビティ/自動走行)の中で動き出している

三菱ふそうトラック・バスはダイムラーグループの商用車部門として、メルセデス・ベンツトラッ・・・

ニュースを読む

三菱ふそうトラック・バスは、先進安全装置を新搭載し、インテリアを一新した小型バス『ローザ』の2019年モデルを8月30日に発表、10月より販売開始する。

同モデルは、衝突被害軽減ブレーキ、車両安定性制御装置(ESP)、車両逸脱警報装置(LDWS)等の先進安全技術を採用。さらに、坂道発進補助装置「EZGO(イージーゴー)&ヒルスタートアシスト機能」を装備することで、小型バスにおいても安全運転サポート機能を大幅に強化。また、平成28年度排・・・

ニュースを読む

三菱ふそうトラック・バスは、ドライバー異常時対応システム(Emergency Driving Stop System:EDSS)を新搭載した大型路線バス『エアロスター』の2019年モデルを発表、9月より販売開始する。

EDSSは、ドライバーが安全に運転出来ないなどの緊急事態が発生した場合、運転席および運転席後方の客席最前部に設置された非常ボタンを押すことで、車両を緊急停止させる安全装置。

非常ボタンが押され、システムが車両の減速を開・・・

ニュースを読む

100万台の新車市場インドネシア。商用用途車(トラック、商用バン、バス)の市場が約25%と大きく日本の国内トラックメーカーにとって海外最大の販売国となっている。

三菱ふそう、日野、いすゞ、UD。インドネシア国際オートショーは、見込み客との大きな商談の機会であり各日系メーカーは力こぶが入る。

◆赤い鳥居の日野コーナー


トヨタやホンダが並んでいるブースと反対側のゲートから会場に入っていくと部品やアクセサリー、バイクの展示コーナーが所・・・

ニュースを読む

三菱ふそうトラック・バスは8月6日、大型トラック『スーパーグレート』および大型バス『エアロエース』『エアロクイーン』のリヤブレーキに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2015年11月10日から2019年3月8日までに製造された1万2569台。

エアサスペンション装着車両にて、リヤブレーキシューを固定しているスプリングの設定が不適切なため、走行時の振動入力によってシューが振動して、シュ・・・

ニュースを読む

三菱ふそうのEV小型トラック『eキャンター』、北陸地域に初納車

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年07月30日(火) 09時33分

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、7月29日に新潟運輸へ電気(EV)小型トラック『eキャンター』2台を納車した。

eキャンターは世界初の量産電気小型トラックとして、2017年9月に発表。総重量7.5トンで、最大積載量は最大4.5トンまで対応。365V・13.8kWhの高電圧リチウムイオンバッテリー6個を動力とし、最高出力135kWを生み出す。1回の充電による航続距離は100kmを超え、市内配送には十分な距離を実現する。

MF・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

moo

なかなか走ります!

車種名:ダイハツ ハイゼットトラック
投稿ユーザー:moo***** さん
総合評価:

ハイゼットジャンボ、リクライニングが出来、腰がだいぶ楽です。エンジンはツ...[ 続きを見る ]

ぬ

変なところで実用性がある軽トラック

車種名:ホンダ アクティ
投稿ユーザー:ぬ***** さん
総合評価:

平成12年式のHA7初期型です。主に農作業に使用しています。 燃費は大体...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針