富士経済

カーライフニュース - 富士経済

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

電動車向け急速充電器、中国で普及が加速 富士経済調べ

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年10月10日(木) 08時30分

富士経済は、EV、PHVの普及に必要な充電インフラの市場について主要16か国の市場を調査。その結果を「EV/PHEV充電インフラの国別整備実態と普及計画 2019」にまとめた。

調査では、主要16か国(欧州6か国、米州2か国、アジア4か国、アセアン3か国、オーストラリア)の3タイプの充電インフラ「急速充電器」「ワイヤレス給電システム」「普通充電器」の市場について整備実績と普及政策などを踏まえた現状を把握。また、利用形態別として、公共用・・・

ニュースを読む

2035年のEV市場予測、インド37万台・オランダ39万台 富士経済

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年08月28日(水) 13時45分

富士経済は、拡大を続けるxEV(EV、PHV、HV、48VマイルドHV、FCV)の世界市場について主要20か国を中心に調査。その結果を「xEV国別中長期市場予測 2019」にまとめた。

調査では、主要20か国(欧州8か国、米州2か国、中国、日本、インド、その他7か国)のxEV市場について普及政策や自動車メーカーの展開状況を踏まえ現状を把握し、将来を予測。今回はその中でも注目市場として、インドとオランダを紹介する。

インドでは、xEV・・・

ニュースを読む

富士経済は、自動車分野向け大型二次電池の世界市場を調査、その結果を「エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望 2019 次世代環境自動車分野編」にまとめた。

報告書によると、2018年の自動車分野向け二次電池市場は駆動用と補機用を合わせて3兆9174億円。2030年には3.8倍の14兆9610億円に伸長すると予測している。

駆動用はリチウムイオン二次電池(LiB)が中心で、市場は中国需要をはじめとするEV向けが続伸。2018年は前年・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………

「電動車」といえば、日産自動車の『リーフ』や米テスラに代表される電動モーターのみで走る電気自動車(EV)ばかりでなく、ガソリンエンジンと併用するハイブリッド車(HV)やプラグインハイブリッド車(PHV)なども含まれるが、その中で、本流の電動モーター・・・

ニュースを読む

コネクテッドカー世界市場、2035年に1億台超を予測 富士経済

by レスポンス編集部 on 2019年07月07日(日) 06時30分

富士経済はコネクテッドカーの世界市場を調査し、結果を「コネクテッドカー関連市場の現状とテレマティクス戦略2019」にまとめた。

調査では、コネクテッドカーのエリア別市場に加えて、コネクティビティサービス8品目、コネクティビティ機器・システム9品目、コネクティビティデバイス3品目、自動運転関連機器・技術5品目、シェアリング関連ビジネス3品目の現状を調査し、将来を予想。主要自動車メーカーやサプライヤーのコネクテッドカー戦略についても整理し・・・

ニュースを読む

自動車向けパワー半導体はSiCが急成長と予測 富士経済

by レスポンス編集部 on 2019年06月09日(日) 22時00分

富士経済は6月5日、自動車・電装分野を中心に需要増加が見込まれるパワー半導体についての世界市場を調査し、結果を「2019年版次世代パワーデバイス&パワエレ関連機器市場の現状と将来展望」にまとめたと発表した。

現状のパワー半導体の主軸であるSiをはじめ、量産化が期待される次世代、次々世代のSiC、GaN、酸化ガリウム系などを調べた。

対象としたパワー半導体市場は堅調に拡大しており、2018年に合計3兆円弱となった。2018年後半から中・・・

ニュースを読む

ライドシェア市場、2030年には187.1倍の131億円へ拡大…富士経済

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年02月25日(月) 14時45分

富士経済は、欧米や中国で普及が進み、日本国内でも今後の需要増加が期待される自動車関連のシェアサービス市場を調査、その結果を報告書「自動車関連インフラシステム/パーキング&シェアサービスの市場予測 2019」にまとめた。

今回の調査では、ライドシェア(カープール型)や駐車場シェアリングといったシェアサービス、コインパーキングなど自動車関連のパーキング&シェアサービス9品目をはじめ、駐車場や駐輪装置、充電器などインフラシステム14品目、計・・・

ニュースを読む

富士経済は、需要拡大が続くリチウムイオン二次電池(LIB)市場を調査、その結果を報告書「2018 電池関連市場実態総調査 No.2」にまとめた。

今回の調査では、「小型民生用(シリンダ型、角型、ラミネート型)」「xEV用」「ESS、UPS、BTS用」の3品目のLIBをはじめとする二次電池8品目、一次電池8品目、LIB用制御部品5品目、LIB主要応用製品4品目、計25品目の市場を調査・分析した。

報告書によると、LIBの世界市場は20・・・

ニュースを読む

FCV市場、2030年に2兆2084億円を予想 富士経済

by レスポンス編集部 on 2019年01月17日(木) 13時15分

富士経済は、中国でFCトラック・バスの生産が急増するなど、世界的に市場が活性化しつつある燃料電池システムの世界市場を調査し、結果を「2018年版燃料電池関連技術・市場の将来展望」にまとめた。

2017年度の燃料電池システム市場は1757億円で、燃料電池車(FCV)、産業・業務用、駆動用が市場をけん引した。主要各国では、2025年または2030年の普及目標に向けた技術支援が続けられており、エネルギーの多様化、低炭素社会の実現に向けた燃料・・・

ニュースを読む

エンプラ市場、電動車向け需要拡大---2022年に1515万トンと予測 富士経済

by レスポンス編集部 on 2019年01月15日(火) 09時02分

富士経済は、耐熱性や機械的性質、電気的性質などからハイブリッド車(HV)、電気自動車(EV)を含めた自動車分野、エレクトロニクス分野で需要増加が予想されるエンプラ関連市場を調査し、結果を「2019年エンプラ市場の展望とグローバル戦略」にまとめた。

調査結果による汎用・スーパーエンプラ、機能性樹脂の世界市場は、2018年が1317万トン見込みだったが2022年には1515万トンにまで拡大するよ予想する。

汎用エンプラは、中国や東南アジ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ぬ

変なところで実用性がある軽トラック

車種名:ホンダ アクティ
投稿ユーザー:ぬ***** さん
総合評価:

平成12年式のHA7初期型です。主に農作業に使用しています。 燃費は大体...[ 続きを見る ]

CF4152

燃費(通算37回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算37回目)を10/6に行いました。前回の給油から464.4km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針