ダンロップ エナセーブ

カーライフニュース - ダンロップ エナセーブ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

【スズキ ソリオ 新型】ダンロップ エナセーブEC300+ を新車装着

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年11月27日(金) 09時45分

住友ゴム工業は、スズキが12月4日より販売を開始した新型『ソリオ』『ソリオバンディット』の新車装着用タイヤとして、ダンロップの環境タイヤ「エナセーブEC300+」の納入を開始した。

今回装着される「エナセーブEC300+」は、これまでエナセーブシリーズの開発で培った低燃費技術を投入し、新型ソリオ/ソリオ バンディットが求める燃費性能や乗り心地の実現に貢献する。

納入タイヤサイズは165/70R14 81Sおよび165/65R15 8・・・

ニュースを読む

住友ゴム工業は、サステナブル経営推進機構主催の「第3回エコプロアワード」で、2019年12月に販売開始したダンロップのフラッグシップ低燃費タイヤ「エナセーブ NEXT III」が優秀賞(エコマテリアル賞)を受賞したと発表した。

エナセーブ NEXT IIIは、これまでタイヤに用いていたポリマーとは全く異なる「水素添加ポリマー」を採用。ウエットグリップ性能の低下を大きく抑制することで、新品時の性能が長く持続する。さらに、高機能バイオマス・・・

ニュースを読む

【トヨタ ヤリスクロス】ダンロップ エナセーブEC300+ を新車装着

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年09月12日(土) 10時15分

住友ゴム工業は、トヨタが8月31日より販売を開始した新型車『ヤリスクロス』の新車装着用タイヤとして、ダンロップの環境タイヤ「エナセーブEC300+」の納入を開始した。

今回装着される「エナセーブEC300+」は、ヤリス クロスの求める燃費性能を実現するため、これまでエナセーブシリーズの開発で培った低燃費技術を投入したタイヤ。また、独自のトレッドコンパウンド技術を採用することで、乗り心地性能も追求しており、ヤリスクロスが目指した都市型コ・・・

ニュースを読む

住友ゴム工業は、新型軽ハイトワゴン、日産『ル−クス』および三菱『eKクロススペース』、『eKスペース』新型に、ダンロップ「エナセーブ EC300+」の納入を開始した。

日産ルークスは優れた走行性能やクラストップレベルの室内の広さなどを実現し、全方位の先進安全技術も搭載。eKクロス スペース/eKスペースは三菱自動車らしい力強いSUVテイストのデザインと、スタイリッシュで親しみやすいデザインを採用し、使い勝手が良く快適な室内空間を備えた・・・

ニュースを読む

トヨタ ヤリス 新型、ダンロップ エナセーブEC300+ を新車装着

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年02月12日(水) 14時00分

住友ゴム工業は、トヨタが2月より販売を開始した新型車『ヤリス』の新車装着用タイヤとして、ダンロップの環境タイヤ「エナセーブEC300+」の納入を開始した。

今回装着される「エナセーブEC300+」は新コンパウンドを採用し、低燃費性能と乗り心地を向上。ヤリスの求める軽快な走りと乗り心地の向上に貢献しながら優れた燃費性能を兼ね備えている。

タイヤサイズは175/70R14 84S、185/60R15 84H。・・・

ニュースを読む

【スズキ ハスラー 新型】ダンロップ エナセーブEC300+ を新車装着

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年12月25日(水) 10時00分

住友ゴム工業は、スズキが12月に発表した新型『ハスラー』の新車装着用タイヤとして、ダンロップの環境タイヤ「エナセーブ EC300+」の納入を開始した。

今回装着される「エナセーブ EC300+」は、トレッドに新コンパウンドを採用し、操縦安定性と乗り心地を両立しながら優れた低燃費性能を実現。2014年発売の現行モデルに引き続き、軽クロスオーバー「ハスラー」の楽しさや燃費性能の実現に足元から貢献している。

タイヤサイズは165/60R1・・・

ニュースを読む

住友ゴム工業が10月に発表したダンロップ『エナセーブ NEXTIII』は、同社の「SMART TYRE CONCEPT」の現状の主要技術を投入した最初の製品となる。12月1日の発売開始時点で195/65R15 91Hの1サイズのみだ。なぜ1サイズからの市場投入なのだろうか。

近年、素材技術や製品の開発において、画像処理や3Dシミュレーション、ビッグデータ解析といった新しい設計手法やツールの取り入れが業界のブレークスルーを後押ししている・・・

ニュースを読む

住友ゴム工業は、新ポリマー採用でウエットグリップ性能の低下をほぼ半減した低燃費タイヤ、ダンロップ『エナセーブNEXT III』を12月1日から発売する。

近年、カーシェアリングやライドシェアなど、車の所有から使用への転換が進む中、タイヤに求められる性能も変化が現れている。住友ゴムは「SMART TYRE CONCEPT」を掲げ、新品時の性能を長く持続させる「性能持続技術」や、商品ライフサイクル全体で環境性能を高めて循環型社会の実現に寄・・・

ニュースを読む

【トヨタ カローラ 新型】ダンロップ エナセーブ EC300+ を新車装着

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年10月01日(火) 10時15分

住友ゴム工業は、トヨタ自動車が9月から販売を開始した新型『カローラ』『カローラツーリング』に、ダンロップの環境タイヤ「エナセーブ EC300+」の納入を開始した。

エナセーブ EC300+は新コンパウンドを採用し、優れた低燃費性能と操縦安定性能を両立。新型カローラ/カローラツーリングの求める上質な走りと乗り心地と燃費性能の実現に貢献している。

納入タイヤサイズは195/65R15 91Hおよび205/55R16 91V。・・・

ニュースを読む

住友ゴムは、「日刊自動車新聞用品大賞2019」にて、ダンロップのミニバン専用タイヤ『エナセーブRV505』がタイヤ部門賞を受賞したと発表した。

1988年に創設された日刊自動車新聞 用品大賞は、販売数量だけでなく、商品開発のアイデアや話題性、業界貢献度、あるいは社会状況などを重視。カー用品量販店、整備専門学校の学生へのアンケート調査の結果を参考としながら、総合的かつ客観的に評価され、優秀かつ影響力があったものを選定して表彰する。

エ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

seizku

問題の助手席ダッシュボードが割れた...

車種名:マツダ RX-8
投稿ユーザー:sei***** さん
総合評価:

2003年4月新車で購入。車庫保管で17年目で助手席ダッシュボードが5c...[ 続きを見る ]

としくん

納車1週間

車種名:トヨタ ヤリス
投稿ユーザー:とし***** さん
総合評価:

定年後日産フーガから乗り換えです。 ☆納車1週間のインプレ。 納車まで8...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針