富士重工業(コーポレート)

カーライフニュース - 富士重工業(コーポレート)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

東京ビッグサイトで開催された「エコプロダクツ2017」には、自動車メーカーからホンダ、SUBARU(スバル)、マツダ、三菱自動車の4社が出展した。それぞれ自慢のクルマを展示し、パネルを使って環境への取り組みを紹介していた。

東4ホールの入口近くにブースを構えたホンダは、燃料電池自動車(FCV)『クラリティ フューエルセル』とパッケージ型水素製造・貯蔵・充填装置「SHS 70MPaコンセプト」、外部給電器「パワーエクスポーター9000」・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)が11月29日、米国で開幕するロサンゼルスモーターショー2017でワールドプレミアする予定のスバル『アセント』。同車のティザーイメージが11月21日、公開された。

アセントは、スバルが開発を進めてきた新型3列ミッドサイズSUV。『アセントSUVコンセプト』の市販版となり、従来の『トライベッカ』の後継車に位置付けられる。

アセントの特徴が、スバルとしては初のフル3列シートのSUVという点。すべての座席において、高・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は11月6日、2017年度第2四半期(4〜9月期)連結決算についての記者会見を開いた。いつも笑顔を見せながら会見に望んでいた吉永泰之社長も、今回ばかりは全くの笑顔を見せず、終始厳しい表情だった。

冒頭、先日発覚した無資格者による完成車検査問題に対して陳謝し、現状について報告した。「10月30日、31日に国土交通省による当社の製作所への立ち入り検査がありまして、現状は改善された完成検査が実施されていることを確認いた・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)が11月6日に発表した2018年3月期の第2四半期累計(4〜9月期)連結決算は、円安影響や日米での新モデル販売が順調だったことから、営業利益は前年同期比2%増の2121億円となった。

通期の業績予想については、販売環境の悪化している米国などの計画を下方修正し、営業利益は300億円減額の3800億円(前期比8%減)に見直した。

第2四半期累計のグローバル販売は4%増の53万1300台で、この期としては6年連続で過・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は11月6日、2017年4〜9月期(第2四半期累計)の連結決算を発表。全世界販売台数で過去最高を記録するなど、売上は好調だったものの、タカタエアバッグ関連の特別損失などが影響し、2期連続の最終減益となった。

全世界販売台数は、前年同期比3.8%増の53万1000台。国内販売は軽自動車が前年を下回ったものの、『インプレッサ』や『XV』など、登録車が順調だったことから、同21.0%増の8万2000台となった。海外販売・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は10月20日、北海道・美深町にある「スバル研究受験センター美深試験場」を刷新。そのお披露目を報道関係者向けに行うにあたり、最寄りの旭川空港までのフライトに利用して最新鋭旅客機・ボーイング787-8の「中央翼体感フライト」を実施した。

このイベントは、これまでにもスバルが衝突実験や中央翼製造現場の見学会を実施してきた「SUBARUテックツアー」の一環として、報道関係者向けに行ったもの。

スバルは今年4月に「富士・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)はテックツアーと題し、報道陣に対して同社のフィロソフィやDNAを伝えるイベントを開催している。今回第7弾として、“SUBARU中央翼体感フライト&スバル研究実験センター美深試験場見学”が開催された。

◇ボーイング787の中央翼を作るスバル航空宇宙カンパニーとは

ボーイング787の中央翼はスバル航空宇宙カンパニーが製造している。この事業所はヘリコプターのような回転翼機、翼のついた固定翼機、人が乗る有人航空機と無人・・・

ニュースを読む

スバル、汎用エンジンなど産業機器事業を終了---66年の歴史に幕

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年10月02日(月) 14時45分

SUBARU(スバル)は、2017年9月末をもって、汎用エンジン・発電機等の生産・販売を終了したと発表した。

同社の産業機器事業は、1951年に旧大宮製作所(当時:大宮富士工業)にて540ccの「M6型」エンジンの生産を開始してから60年以上にわたり事業を継続し、世界各国で生活基盤を支える動力源として高い信頼を獲得。建設機械や産業機械、農業機械に搭載する汎用エンジンをはじめ、スノーモービルやオフロードカー等向けの高性能車載用エンジン、・・・

ニュースを読む

スバル、XV 好調で輸出が8か月ぶりのプラス 8月

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年09月28日(木) 13時30分

SUBARU(スバル)は9月28日、8月の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年同月比1.8%減の8万3802台と、2か月連続のマイナスとなった。

国内生産は同0.3%増の4万9606台で8月度新記録で2か月ぶりのプラス。国内向け『レヴォーグ』『XV』および海外向けXV等が好調で、北米向け『インプレッサ』生産を米国に移管したこと等による減少をカバーした。しかし海外生産は同4.8%減の3万4196台で2か月連続のマイ・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は8月30日、7月の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年同月比5.1%減の7万3361台と、12か月ぶりのマイナスとなった。

国内生産は同5.5%減の5万7799台。北米向け『インプレッサ』の生産を米国に移管したことで、で2か月ぶりのマイナスとなった。海外生産も前年同月に対して稼働日が少なかった影響により、同3.8%減の1万5562台で14か月ぶりのマイナスとなった。

国内販売は同19.3・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

コースケ

なかなかイイ車

車種名:ミニ クロスオーバー
投稿ユーザー:コー***** さん
総合評価:

2013年モデル、クーパーSのATをディーラー認定中古車で購入。1年延長...[ 続きを見る ]

コースケ

納車3日目

車種名:BMW X1 (ディーゼル)
投稿ユーザー:コー***** さん
総合評価:

納車3日目、スキー旅行で片道 約300Kmを走行した感想です。 慣らし...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針