アウディ A7

カーライフニュース - アウディ A7

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

アウディは10月19日、新型『A7スポーツバック』に最新の車載コネクティビティを採用すると発表した。

新型A7スポーツバックの車載コネクティビティの特徴のひとつが、新開発の「MMIタッチレスポンスコントロールシステム」。先代のロータリープッシュボタンやスイッチ類に代わるもので、2つの大型高解像度タッチディスプレイを採用する。上側のディスプレイで、インフォテインメントシステムを操作。下側に8.6インチディスプレイが設置され、空調システム・・・

ニュースを読む

アウディは10月19日、新型『A7スポーツバック』に自動駐車を含めた「アウディAI」を搭載すると発表した。自動駐車は、2018年から可能になる予定。

ドライバーは、アウディAIボタンを押すことにより、「リモートパーキングパイロット」と「リモートガレージパイロット」を作動できる。この機能と使うと、車を自動的にパーキングスペースやガレージに駐車させたり、そこから出したりすることが可能になる。

ドライバーは車から降りた状態でも、スマートフ・・・

ニュースを読む

アウディは10月19日、ドイツ・インゴルシュタットにおいて、新型『A7スポーツバック』を発表した。

初代A7スポーツバックは2010年にデビュー。『A6』の車台やパワートレインをベースに開発された4ドアクーペ。大型のリアゲートを持つことから、「スポーツバック」の名称が与えられる。

7年ぶりにモデルチェンジを受けて登場した新型は、2世代目モデル。アウディの最新デザイン言語を導入。フロントマスクは新型『A8』に続いて、六角形の大型シング・・・

ニュースを読む

アウディは10月16日、新型『A7スポーツバック』を10月19日に初公開すると発表した。

A7スポーツバックは、『A6』の車台やパワートレインをベースに開発された4ドアクーペ。大型のリアゲートを持つことから、「スポーツバック」の名前が冠される。

現行(初代)A7スポーツバックは2010年秋、パリモーターショー2010で発表。2014年秋、パリモーターショー2014では、初の大幅改良車を公開した。A7スポーツバックがデビューからちょう・・・

ニュースを読む

公式発表が近いアウディのプレミアム4ドアクーペ『A7スポーツバック』次期型プロトタイプの姿を、カモフラージュが薄い状態でのスクープに成功した。

写真からは、より存在感が高まった六角形シングルフレーム、エアロダイナミクス性能を向上させるリップスポイラーやエアダクト形状が確認できる。ヘッドライトは市販用が装備されていることもわかる。そして注目は、新型『A8』で採用されたLEDストリップテールライトだ。左右薄型コンビランプがライトで結ばれて・・・

ニュースを読む

アウディ S7 次期型、ポルシェV6搭載で460馬力へ

by 子俣有司@Spyder7 on 2017年07月20日(木) 19時00分

アウディの高級5ドアハッチバック『A7スポーツバック』のハイスペックモデルとなる、『S7スポーツバック』次期型プロトタイプを捉えた。

南欧で捉えたこの車両は、現行モデルより低く、ルーフラインもより滑らかになり、ラグジュアリー5ドアクーペとしての存在感、流麗さを増している。

A7/S7に採用される最新バージョンの「MLB Evo」プラットフォームは約100kgの軽量化を実現し、剛性も大幅に向上しているという。

フロントバンパーには大・・・

ニュースを読む

ドイツの高級車メーカー、アウディは6月14日、米国ニューヨーク州において、同州初の自動運転車を試験走行させた、と発表した。

アウディは、ニューヨーク州議会周辺の公道において、『A7スポーツバック』ベースの自動運転車をテスト走行。車両には、議員やメディアなどが同乗し、アウディの先進技術を体験した。

アウディの自動運転車は、特定の条件が満たされたとき、公道で自動運転できる。テスト車両では、2名のエンジニアがシステムを監視するために同乗。・・・

ニュースを読む

アウディ A6 と A7、米国でリコール…燃料漏れのおそれ

by 森脇稔 on 2016年10月17日(月) 22時45分

ドイツの高級車メーカー、アウディのミドルクラス車、『A6』と『A7スポーツバック』。両車が米国市場において、リコール(回収・無償修理)を行う。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。アウディの属するフォルクスワーゲングループの米国法人から、アウディA6とA7スポーツバックに関するリコールの届け出を受けた、と公表している。

今回のリコールは、燃料系統の不具合が原因。NHTSAによると、A6とA7スポーツバッ・・・

ニュースを読む

アウディジャパンは、ハイパフォーマンスモデル「RS」3車種(『RS7スポーツバック』/『RS6アバント』/『RS Q3』)の性能をさらに向上させた「RSパフォーマンス」を設定し、8月下旬より発売する。

「RS Q3パフォーマンス」は、直列5気筒2.5リットルTFSIエンジンをチューンアップし、RS Q3用に比べ27ps/15Nmアップの367ps/465Nmを発揮する。7速Sトロニックとクワトロシステムの組み合わせにより、0-100k・・・

ニュースを読む

アウディ A7 スポーツバック、欧州で2017年型…装備が充実

by 森脇稔 on 2016年05月24日(火) 18時00分

ドイツの高級車メーカー、アウディは『A7スポーツバック』の2017年モデルを欧州で発表した。

A7スポーツバックは、『A6』の車台やパワートレインをベースに開発された4ドアクーペ。大型のリアゲートを持つことから、「スポーツバック」の名前が冠される。2010年秋、パリモーターショー11で初公開。2014年秋、パリモーターショー14では、初の大幅改良車を発表した。

今回、欧州で発表された2017年モデルでは、小規模ながら商品力を向上させ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

rs2000

のんびりゆったり走るクルマ

車種名:プジョー 508
投稿ユーザー:rs2***** さん
総合評価:

日本ではフルサイズに近いクルマ。1.6リッターターボで1.5t以上動かす...[ 続きを見る ]

smart-K

DA16T 四駆 5速AGS 30...

車種名:スズキ キャリイ
投稿ユーザー:sma***** さん
総合評価:

DA63Tより乗り換えで3000km 前は四駆3ATで燃費約10km/L...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針