日産 GT-R

カーライフニュース - 日産 GT-R

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

「GT-R NISMO」を撮影できるのは「GT-R」だけ、究極のカメラカーが話題

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年02月07日(金) 18時30分

日産自動車が独ユーロスピードウェイ・ラウジッツで行った『GT-R NISMO』2020年モデル試乗会。そこでGT-R NISMOとGT-Rのカメラカーが互いに追いかける姿を記録した映像が注目を集めている。

通常、こうした撮影用のカメラカーとしては、高性能SUVを選ぶのがセオリーだった。しかし、サーキットを疾走するGT-R NISMOを走りながら撮影できるクルマは、GT-Rをおいて他に存在しなかった。

今回、GT-Rを高速カメラカーに・・・

ニュースを読む

日産自動車と日本郵便南関東支社は、『GT-R』誕生50年を記念した「GT-R誕生50周年記念ミニカー付きフレーム切手セット」を、2月10日から神奈川県と山梨県の郵便局(950局・一部除く)および全国の一部郵便局(計45局)で発売する。

GT-R誕生50周年記念ミニカー付きフレーム切手セットは、昨年、50周年を迎えたGT-Rを記念するアニバーサリー商品として企画したもの。初代から最新型までの各世代から厳選した写真で構成したフレーム切手(・・・

ニュースを読む

◆外国製ミニカーに負けない、と

1月15日、タカラトミーは2020年に50周年を迎えるミニカー『トミカ』の50周年事業発表記者会見を開催。キーメッセージは「いつだって、カッコイイ。」だ。自動車メーカーと開発したコラボ商品や、ファン感謝祭など、さまざまな企画を発表した。

記者会見ではまず、タカラトミーの富山幹太郎代表取締役会長が登壇。富山氏は「トミカファンに支えられての50年でした。それと同時に、トミカの歴史は車文化をなくしては語れな・・・

ニュースを読む

日産自動車は1月11日に開催された「2020 横浜F・マリノス新体制発表会」のイベント中、仲川輝人選手に日産『GT-R』を贈呈するサプライズ企画を行った。

仲川輝人は“ハマのGT-R”の異名を持つ選手。2019年はMVPと得点王をW受賞し、横浜F・マリノスを15年ぶりのJ1リーグ優勝へ導いた立役者だ。

GT-Rの大ファンとして知られる仲川選手は、自身のSNSで度々GT-Rについて投稿している。2019年12月23日のTwitterで・・・

ニュースを読む

日産自動車とNISMOは10日、東京オートサロン2020にて今季のSUPER GT参戦体制を発表した。

日産陣営はこれまで2月に発表を行っていたが、今年は日程を前倒しして、SUPER GT GT500クラスのラインアップを発表することになった。2019年はシーズン1勝に終わった日産陣営だけに、今年の巻き返しに大型ドライバーの招集も噂されていた。

発表されたドライバーラインアップはこうだ。日産のエースMOTUL AUTECH GT-R・・・

ニュースを読む

2020年1月10日から12日まで幕張メッセで開催される「東京オートサロン2020」に、点火プラグなどを主に扱う日本特殊陶業株式会社(NGK SPARK PLUGS)が出展。同社のスパークプラグや2017年インディ500優勝車の展示他、名ドライバーによるトークショーを開催。

総合セラミックメーカーの日本特殊陶業株式会社(NGK)。今年の出展会場には、「NGKイグニッションコイル」や「NGKプレミアムRXスパークプラグ」を展示。従来品と・・・

ニュースを読む

英国に本拠を置くモータースポーツ会社JRMは、日産『GT-R』をベースにした ロードカー、JRM『GT23』を、2020年に限定23台発売すると発表した。

◆ニスモとのタッグでFIA GT1を制したJRM

JRMはニスモと協力し、2010年から日産『GT-R NISMO GT1』で、FIA GT1世界選手権に参戦した。JRMは英国のモータースポーツ会社として、FIA GT1を始め、グループNラリーやプロダクションカーレースの分野で・・・

ニュースを読む

ニスモフェスティバル2019が8日、富士スピードウェイで開催され、日産『GT-R』と『フェアレディZ』のレーシングカーなど、懐かしいマシンが一同に会した。

ニスモフェスティバル2019では、それぞれ発売から50周年を迎えたGT-Rと、フェアレディZをフィーチャーして構成され、「日産モータースポーツ ヘリテージラン GT-R& Z 50thアニバーサリー」と称したデモランを実施した。

メインストレートでのウエルカムセレモニーを終えたあ・・・

ニュースを読む

『GT-R NISMO』で走り出すとまずはそのボディ剛性のカタマリ感に驚く。それがカーボンルーフの威力だとすると、硬質感を増した進化だと理解できる。

テストコースはいつもの袖ケ浦フォレスト・レースウエイ。路面の摩擦係数は一般公道と同じ。いわゆるサーキット舗装のようにザラザラとグリップ力が高い性質とは違う。なので、クルマの挙動変化が起きやすく素性が掴みやすい。

◆「弱アンダーステア特性」がひとつの答え


そんな中で、低速から高速まで・・・

ニュースを読む

日産自動車は、イタルデザインと共同開発した『Nissan GT-R50 by Italdesign』の限定市販モデルの納車を2020年後半から開始すると発表した。

Nissan GT-R50 by Italdesignは、『GT-R』とイタルデザインの50周年を記念して共同開発した希少モデル。「GT-R NISMO」2018年モデルをベースに、内外装デザインを日産デザインヨーロッパと日産デザインアメリカが、開発・設計・製造をイタルデザ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

チェイサー37

ノーマルの水垢ビッシリの修復歴アリ...

車種名:トヨタ チェイサー
投稿ユーザー:チェ***** さん
総合評価:

埼玉県深谷市の車屋で購入、ノーマル車を購入後コツコツ中古純正パーツを購入...[ 続きを見る ]

Masa_disco

最高です

車種名:マツダ CX-8 (ディーゼル)
投稿ユーザー:Mas***** さん
総合評価:

静かなエンジン、1.8t越えの車体重量で大人6人が乗れてダイナミックな加...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針