日産 GT-R

カーライフニュース - 日産 GT-R

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

日産が誇るハイパフォーマンス・スポーツカー『GT-R』。ここタイでもSUPER GT(2014-15年 GT500クラス)で2年連続チャンピオンとなり、それが人気へとつながっていたが、そのGT-Rがついにタイ国内で正規販売されることとなった。

GT-Rの魅力は、存在感ある個性的なデザインと3.8リットルV6ツインターボが生み出す圧倒的な動力性能にある。デビューから10年を経過したクルマではあるが、これまでも年次改良を行いながら着実な進・・・

ニュースを読む

長野県・女神湖で開催された日産の氷上・雪上試乗会には、実に興味深いモデルが準備されていた。ステージは、日本列島を襲った大寒波で硬く凍った湖である。うっすらと積もった雪を剥ぐと、ツルツルの氷が顔を出す。

『GT-R』の3.8リットルV型6気筒のツインターボが絞り出すパワーは桁外れである。最高出力は570psに達し、最大トルクは637Nm。超低ミュー路では明らかに過剰だろう。重量級ボディはタイヤの強い荷重を与えることに貢献したとしても、暴・・・

ニュースを読む

ニスモは、日産『GT-R』(R35)用エアロパーツを追加、2月13日より出荷を開始すると発表した。

今回、2017年11月に発売したNISSAN GT-R(R35)用エアロパーツに、2011年モデル用フロントアンダースポイラーとリヤアンダースポイラーを追加する。

材質はFRP製で黒ゲルコート仕上げ、未塗装。適合車種はフロントアンダースポイラーがR35・2011年モデル、リヤアンダースポイラーセットはR35・2008〜2011年モデル・・・

ニュースを読む

日産自動車の米国法人、北米日産は米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、『GT-R』の2018年モデルを初公開した。

2018年モデルでは、全車に「日産コネクトSM」を標準装備。これは、8インチのディスプレイを核にした最新システムで、ナビゲーションやオーディオの操作が、音声認識で可能に。スマートフォンなどの操作もブルートゥースにより、ハンズフリーで行える。アップル社のCarPlayへの対応も図る。

また、2018年モ・・・

ニュースを読む

日産自動車は、高性能スポーツモデル『GT-R』および『GT-R NISMO』の2018年モデルを11月16日より発売する。

2018年モデルでは、これまで上位モデルの「GT-R NISMO」「GT-R プレミアムエディション」に標準設定していた車両防盗システム(イモビライザー・国土交通省認可品:サッチャム準拠)を全グレード標準設定へと拡大した。

また、iPhoneとテレマティクスシステムを連動させる「Apple CarPlay」に全・・・

ニュースを読む

日産自動車の米国法人、北米日産は11月3日、『GT-R』の2018年モデルを発売した。

2018年モデルの特徴のひとつが、新グレード「ピュア」の設定。米国ベース価格は9万9990ドル(約1145万円)と、10万ドルを切る価格を実現する。

ピュアはひとつ上の「プレミアム」グレードに対して、11スピーカーのBOSE製オーディオ、アクティブノイズキャンセレーション、アクティブサウンドシステム、チタン製エグゾーストを廃止。これにより、1万0・・・

ニュースを読む

まだまだ進化する日産 GT-R NISMO、改良モデルがニュルでテスト開始

by 子俣有司@Spyder7 on 2017年10月18日(水) 15時00分

日産『GT-R』の高性能モデル『GT-R NISMO』の改良新型、MY2019モデルがニュルブルクリンクの高速テストに姿を見せた。常に進化をし続けるGT-Rの新たな姿が間もなく見られそうだ。

フェンダーの一部にカモフラージュが見られる他、より大きなブレーキキャリパーが装着されているようだ。その他NISMO専用カーボン製フロントバンパーやエアスプリッターなどを改善し、より大きなダウンフォースをもたらす。さらにNISMO専用のチューニング・・・

ニュースを読む

日産自動車は10月11日、『GT-R』のラジオコントロール(R/C)カーがサーキットを211km/hで無人走行することに成功した、と発表した。コントローラーはプレイステーション4用のゲームコントローラー「デュアルショック4」だ。

このGT-Rは『GT-R /C』と命名。実車の2011年型「GT-R」をベースに、ステアリング、トランスミッション、ブレーキ、スロットルをドライバーに代わって操作する4台のロボット装備。トランクに搭載された6・・・

ニュースを読む

2007年の登場から10年。日本が誇るスーパーカー日産『GT-R』をリフレッシュ&チューンアップするパーツがニスモから販売されている。

もっともトピックなパーツはエンジン。エンジンとミッションは単なるオーバーホールではなく、チューニングを伴うものとなっており、2800〜5200回転のフラットトルクを実現。さらに5600回転以上の高回転域ではさらなる伸びを実現している。

空力面ではベースデザインをSUPER GT500用車両の空力エン・・・

ニュースを読む

黄色いゴジラだ!! 日産 GT-R にワンオフ「プレジラ」登場

by 森脇稔 on 2017年06月09日(金) 19時46分

日産自動車の米国法人、北米日産は6月6日、『GT-R』のワンオフモデルをチャリティオークションに出品すると発表した。

このワンオフモデルは、北米日産の本社があるテネシー州ナッシュビルを本拠地とするプロアイスホッケーチーム、「ナッシュビル・プレデターズ」の財団のチャリティオークションのために、北米日産が製作し、同財団に寄付した1台。

2017年モデルのGT-Rの「プレミアム」グレードをベースに、ナッシュビル・プレデターズ公式カラーのイ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ねばくん

走行、いろいろ試してみました。

車種名:スズキ ハスラー
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

あちらこちらの下り坂をニュートラル走行で走ってみました。 おおむね下り勾...[ 続きを見る ]

旅行大好き人間

■購入後丸5年目で17万5千km達成。総平均燃費は19.33 km/L。...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針