日産 GT-R

カーライフニュース - 日産 GT-R

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

HKSは、低フリクションと軽量・高剛性を実現した日産RB26DETT型エンジン用鍛造ピストンキットの販売を開始した。

新製品はトラス構造の鍛造素材を新規開発したほか、高温強度に優れるアルミ合金A2618材を採用することで剛性を高めた。また、高強度材の採用によりスカート部やピンボス周辺を肉抜き加工し、ピストンピンも短縮。ピストン352g/ピストンピン97gという軽量化と剛性の最適化を図った。

さらに外側の層は高荷重時の摺動に効果的なモ・・・

ニュースを読む

タカラトミーは4月20日、『トミカアドバンスプロジェクト』と題された、新しいプロジェクトの発表会を行った。プロジェクト第一弾商品としてアンベールされたのは、NFCチップを搭載し専用アプリと走行データが連動する『スーパースピードトミカ』だ。

◆次の50周年に向けて進化

発表会では始めに、タカラトミーの富山彰夫取締役・常務執行役員が登壇。富山氏は「大人も満足するかっこよさ高い品質を持ったダイキャストカーをつくりたい、という思いでスタート・・・

ニュースを読む

日本マクドナルドは、マクドナルドのお子さま向けメニューであるハッピーセットの「トミカハッピーセット」に、日産『GT-R NISMO』ミニカーをラインアップする。これを記念し4月14日、マクドナルドと日産でコラボレーション発表イベントをオンラインにて開催した。

発表会では最初に、金色にカラーリングされた実物のGT-R NISMOが登場、先に展示されていた「ニスモステルスグレー」のGT-R NISMOと並んだ。続いて日本マクドナルド社マー・・・

ニュースを読む

日産自動車は4月14日、『GT-R NISMO』2022年モデルと「GT-R NISMO Special edition」2022年モデルを先行公開した。両モデルの価格発表は本年の8月、発売は10月を予定している。今回の発表にともない、オンライン発表会も開催された。

発表会ではまずチーフ・プロダクト・スペシャリストの田村宏志氏が登壇し、GT-R NISMO開発についての思いなどを述べた。

「GT-Rは究極のドライビングプレジャーを追・・・

ニュースを読む

日産自動車は4月14日、『日産GT-Rニスモ』および『日産GT-Rニスモ スペシャルエディション』の2022年モデルを先行公開した。価格発表は8月、発売は10月を予定している。

日産GT-Rニスモと日産GT-Rニスモ スペシャルエディションの2022年モデルは、ボディカラーにニスモ専用新色の「ニスモステルスグレー」を設定した。スペシャルエディションは、クリア塗装を施したニスモ専用カーボン製エンジンフード(NACAダクト付)を採用。さら・・・

ニュースを読む

フーニガン(HOONIGAN)は4月10日、日産『GT-R』のパワートレインを日産のセダン『アルティマ』に移植した新ドリフトマシンの映像を、公式サイトを通じて公開した。

米国発のフーニガンは、自動車好きで走りやドリフト好きな人に向けたブランドで、ケン・ブロックをモデルにしたブランドだ。また、フーニガンは、『ジムカーナ』ビデオシリーズを制作していることでも知られる

このフーニガンが、日産GT-Rのパワートレインを、日産アルティマに移植・・・

ニュースを読む

日産自動車は、オンライン上で公開している「NISSAN CUSTOMIZE 2021」の特別展示会を3月24日から4月23日まで、日産グローバル本社ギャラリーで開催する。

NISSAN CUSTOMIZE 2021は、コロナ禍により中止となった東京オートサロン2021に出展予定だった日産のカスタマイズモデルが楽しめる特設サイトとして、1月15日にオープン。

今回、同サイトで公開している『NV350キャラバン・オフィスポッド・コンセプ・・・

ニュースを読む

銀座四丁目交差点に面した「日産クロッシング」に、『GT-R50 by Italdesign』が3月末までの予定で展示されている。『GT-R NISMO』がベースとはいえ改造車ではなく、イタルデザインが生産するニューモデル。50台限定という超少量生産モデルだ。

◆イタルデザインのビジネス拡大

イタルデザインはご存知のように、北イタリア・トリノを本拠とするカロッツェリア。1968年にデザイナーのジョルジェット・ジウジアーロとエンジニアの・・・

ニュースを読む

日産クロッシング(東京都中央区)に3月31日まで展示している日産『GT-R50 by イタルデザイン(テストカー)』。GT-R生誕50周年と同時にイタリアのカロッツェリア、イタルデザイン創設50周年であることで、両社協業で作られたモデルである。そこで、担当者に詳細を聞いてみた。

◆日産がデザインし、イタルデザインで製造

----:まず初めに伺いたいのは、このクルマがどういう経緯で誕生したかです。なぜ日産とイタルデザインがコラボレーシ・・・

ニュースを読む

日産自動車は、グローバル発信拠点「ニッサン クロッシング」にて、イタルデザインと初めて共同開発した『GT-R50 by Italdesign』のテストカーを1月12日から3月31日までの期間限定で展示する。

GT-R50 by Italdesignは、GT-Rとイタルデザインがそれぞれ2019年、2018年に迎える生誕50周年を記念して共同開発したモデルで、50台の限定販売とすることを発表している。

最新の『GT-R NISMO』を・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

サクラM

何を基準にして評価するのかは。車種のカタログ燃費ですよね。 しかし同車種...[ 続きを見る ]

ニャンコ

燃費伸びない

車種名:トヨタ ハリアー (ハイブリッド)
投稿ユーザー:ニャ***** さん
総合評価:

ハイブリッド車の乗り方を励行してますが市街地だけだと12〜13の間です。...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針