ボルボ V60

カーライフニュース - ボルボ V60

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ボルボ V40 など、排ガス再循環装置不具合で火災のおそれ リコール

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年01月17日(金) 10時45分

ボルボ・カー・ジャパンは1月16日、『V40』など6車種について、排気ガス再循環装置に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは『V40』、『V40クロスカントリー』、『S60』、『V60』、『XC60』、『V60クロスカントリー』の6車種で、2015年6月16日から2016年12月17日に製造された3379台。

対象車両は、ディーゼルエンジンの排気ガス再循環装置(EGR)にて、排気ガス冷・・・

ニュースを読む

【暴走事故を防ぐ技術】高齢者が起こす交通事故の報道合戦が落ち着いてきたけれど、事故がなくなったわけではないし、今年、立て続けに起きた池袋と福岡の死亡事故は、思い出すたびにつらくなる。

衝突被害軽減ブレーキや、発進時ペダル踏み間違え加速抑制装置がついた、いわゆる「サポカー」は、あの二つの事故防止には“まったく”効果がないことは、以前、このコラムでも書いたとおり。では、いまの自動車技術では、このふたつの事故は防げなかったのか?

池袋と福・・・

ニュースを読む

◆PHEVがシステムとしての主流になる

2017年、ボルボは販売する全モデルに電気自動車、プラグインハイブリッドもしくはマイルドハイブリッド車をラインナップすると公表した。今年はその2019年である。

9月の時点でこの約束はまだ果たされていないが、電動車が着実に増えていることは間違いない。今回試乗した『V60 T6』もその1台である。このクルマ、いわゆるPHEVで、ガソリンの給油口を車体後半部右側に。そして電気の充電ソケットを車体前・・・

ニュースを読む

ボルボのクロスオーバーSUV『V60クロスカントリー(CC)』を短時間する機会があったので、インプレッションをリポートする。

◆足腰の強さに「本物」を感じた


V60CCは同社の『XC60』のような背の高いSUVではなく、ステーションワゴンの『V60』のサスペンションをリフトアップし、さらにタイヤを大径化することでオフロード走破性を与えたモデル。最低地上高は210mmと、結構厳しい道でもいけるクリアランスが確保されている。旧型V60・・・

ニュースを読む

ボルボの主力車種『V60』をベースに開発された新型SUV『V60クロスカントリー』。最低地上高210mmを確保しながら全高を1505mmに抑えた。4月にフルモデルチェンジされたばかりだが、6月に安全装備関連の一部仕様変更を受けた。ベースグレードの「T5 AWD」(549万円〜)と「T5 AWD PRO」(649万円〜)が設定されている。両グレード共に、JC08モード燃費(国土交通省審査値)で11.6km/リットルである。

目次【ボルボ・・・

ニュースを読む

◆「940」を思い出させる取り回しの良さ

リヤゲートの角度などの差異はあるが、上級の『V90』と『V60』を咄嗟に識別できるのは、かなりのボルボ通である。

とはいえ感覚上は同じにしか見えないが『V60』は『V90』より実はホイールベースが70mm短く、トレッド(前後ともー30mm)、全幅(ー40mm)など、コンパクトな仕上がり。


さらに今回の試乗車「T5 Momentum」はシリーズで唯一の17インチタイヤ(225/50R17)・・・

ニュースを読む

ボルボのエステートモデル『V60』に、PHEV(プラグインハイブリッド)モデルの「T6ツインエンジン」が追加された。

◆実質15万円プラスで買えるV60のPHEV


“プラグインハイブリッド”って、今ではわりと聞くようになったけど、じつはどういうモノかよくわかってない……。そんな人もいるだろう。簡単に言えば、内燃エンジンと電気モーターを積むハイブリッドカーで、なおかつ充電用の“プラグ(コンセント)”を備えているのがPHEVである。だ・・・

ニュースを読む

「ポールスター」でチューニングしたボルボ『XC40 T5』と『V60 T5D』をドライブ。それぞれ、心地よい性能の向上を確認できたので報告しよう。

◆ミドルレンジの最大トルクが大幅パワーアップ

1996年、スウェーデン国内のツーリングカー選手権から始まったポールスターの歴史。ボルボのパフォーマンスブランドとして、レースで培われたテクノロジーを様々な路面、条件で走行する市販車へと伝承している。

現在、「ポールスター・パフォーマンス・・・・

ニュースを読む

◆プラグインハイブリッドの「T6ツインエンジン」

『V60』にはすでに「T8ツインエンジン」が搭載されているが、新たにプラグインハイブリッドの「T6ツインエンジンAWD」の新グレードを設定した。

どちらもPHEVだが、グレード名がT8とT6と異なるのはエンジン出力が異なるためだ。基本的なメカニズムは共通でダブル過給エンジンをフロントに搭載し、リヤにはモーターを搭載するというレイアウトは変わらない。前後に動力を備えるためツインエンジン・・・

ニュースを読む

◆絶妙なサイズと価格設定

今年4月にフルモデルチェンジされたばかりのボルボ『V60クロスカントリー』だが、6月に一部仕様が変更された。

その変更内容は安全装備関係のみ。360度ビューカメラをベースグレード「T5 AWD」にも標準化し、運転支援機能のBLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)にステアリング・アシスト機能を追加。パイロット・アシスト(車線維持支援機能)はステアリングのバイブレーションで一時解除を知らせる・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

mici

満足はしてますが

車種名:日産 ノート(e-POWER)
投稿ユーザー:mic***** さん
総合評価:

納車後4か月半たちました。休日の登山が主で常時ecoモードでなるべく停止...[ 続きを見る ]

フィットボーイ

2/23 平均燃費 32.4 2/24 平均燃費 31.9累計 この時期...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針