ボルボ V60

カーライフニュース - ボルボ V60

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

マイナーチェンジを経て着々と完全電動化への移行を進めるボルボ。だが、その進化と変化は、単にパワートレインの脱CO2化にとどまらない。それはグレード体系や高級ブランドとしてのデザインのあり方にまで及んでいるという。最新ラインアップの試乗を通じて見えてきた「ボルボの今」を、レポートする。

◆R-デザインは「ダーク」に、2023年モデルの見所は
日本市場で『V90』と『XC60』のリチャージ系が2022年初夏、マイナーチェンジを通じて車格ご・・・

ニュースを読む

ボルボ・カー・ジャパンは、原材料価格等の高騰を受け、『C40リチャージ』『XC40リチャージ』を除く全モデルの価格を2023年1月1日より引き上げると発表した。

値上げ幅は各シリーズのプラグインハイブリッドモデルが30万円。そのほかのガソリン車は各モデル、XC40シリーズが10万円、S60/V60/XC60/V90/XC90シリーズが20万円の値上げとなる。・・・

ニュースを読む

ボルボ V60など、8車種1万6000台をリコール…燃料タンクに雨水混入

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年09月21日(水) 18時15分

ボルボ・カー・ジャパンは9月21日、『V60』など8車種について、燃料タンクに雨水が混入するおそれがあるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは『S60』、『V60』、『V60クロスカントリー』、『S90』、『V90』、『V90クロスカントリー』、『XC60』、『XC90』の8車種で、2016年1月14日から2020年11月24日に輸入された1万6007台。

対象車両は、燃料給油口の防水設計が不適切な・・・

ニュースを読む

ボルボ・カー・ジャパンは、特別限定車『V60リチャージ ポールスター エンジニアード』および特別仕様車『V60 アルティメット B4 ダークエディション』を9月1日より発売する。

『V60リチャージ』は前輪をエンジンで、後輪をモーターで駆動するボルボ独自のプラグインハイブリッドパワートレーンを搭載するミッドサイズステーションワゴン。今回150台限定で発売するV60リチャージ ポールスター エンジニアードはそのハイエンドモデルとなる。6・・・

ニュースを読む

ボルボ・カー・ジャパンは7月27日、『XC40』など9車種について、エンジンが始動できないおそれがあるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは『XC40』、『S90』、『V90』、『V90クロスカントリー』、『S60』、『V60』、『V60クロスカントリー』、『XC60』、『XC90』の9車種で、2021年7月12日から2022年6月29日に輸入された8925台。

対象車両は、MVBM(中電圧バッテリ・・・

ニュースを読む

ボルボ XC40、初のフェイスリフト…60/90シリーズもラインアップ一新

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年07月07日(木) 12時00分

ボルボ・カー・ジャパンは、XC40、60シリーズ、90シリーズのラインアップおよび仕様を変更し、7月6日より販売を開始した。

今回より、最上級モデルの「Ultimate(アルティメット)」と充実装備の「Plus(プラス)」の2グレードを基本とするラインアップへと変更となった。中でもプラグインハイブリッドモデルの最上級グレード「アルティメット」は北欧の価値観で仕上げられたラグジュアリーな内装を継承しながら、よりモダンな造形と精悍なグロッ・・・

ニュースを読む

ボルボ 60/90シリーズ、PHEVの性能向上…EV航続距離が2倍に

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年01月14日(金) 12時00分

ボルボ・カー・ジャパンは、『60シリーズ』と『90シリーズ』のプラグインハイブリッド(PHEV)モデル5車種のパワートレーンを一新し、1月13日より販売を開始した。

対象となるのは、ボルボの中・大型車用プラットホームとなるSPA(スケーラブルプロダクトアーキテクチャ)を採用している『S60』、『V60』、『XC60』、『V90』、『XC90』の5車種となる。

ボルボのPHEVでは、2016年の導入以来初の大幅刷新となり、エンジン、モ・・・

ニュースを読む

ボルボ V60 B4、新開発DCT搭載で燃費向上…価格は据え置き

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年12月16日(木) 19時45分

ボルボ・カー・ジャパンは、ミドルサイズワゴン『V60』のエントリーグレードであるB4パワートレーン搭載車に新開発の7速DCTを搭載。ドライバビリティと燃費の大幅な向上を図り、12月16日より販売を開始した。

優れた燃費性能と走行性能と実現する新しいDCTは、湿式デュアル・クラッチ採用し、電子制御の機械式ギヤシフトアクチュエーター採用したことが特徴。また一定の条件下では、アクセルオフによるコースティング時に、エンジンを停止させることで、・・・

ニュースを読む

ボルボ V60など7車種、ヒューズ切れでエンジン始動できず リコール

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年07月28日(水) 13時00分

ボルボ・カー・ジャパンは、『V60』など7車種について、エンジンが始動できないおそれがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのはV60のほか、『V60クロスカントリー』、『S60』、『V90』、『V90クロスカントリー』、『XC60』、『XC90』の計7車種で、2019年1月18日から2020年11月24日に輸入された5462台。

対象車両は、エンジンの低圧燃料ポンプのヒューズの容量設定が不適切な・・・

ニュースを読む

ボルボ、V60など7車種5万7000台をリコール シートベルトに不具合

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年03月12日(金) 16時30分

ボルボ・カー・ジャパンは3月11日、『V60』など7車種について、シートベルトに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのはV60のほか、『S80』、『S60』、『V70』、『XC70』、『XC60』、『V60クロスカントリー』の計7車種で、2006年9月27日から2018年10月26日に輸入された5万7545台。

対象車両は、前席のシートベルトにおいて、使用状態を想定した設計が不十分なため・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

otou

3か月で5000km 初めてのオイル交換をしました 燃費は21km/L ...[ 続きを見る ]

たつろう

納車しました

車種名:トヨタ シエンタ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:たつ***** さん
総合評価:

2023年1月に納車しました。 発売前8月19日に契約してから5か月ちょ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2023 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針