スズキ

カーライフニュース - スズキ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ノリモノの雑貨を企画する「フェイス」より、スズキの軽自動車SUV『ジムニー』の刺繍スウェットシャツが11月22日から発売を開始した。

スズキのジムニーは言わずと知れた、軽自動車SUVの元祖モデル。1970年の初登場から50年以上経った現在でも、多くのファンを抱える人気車種だ。2018年に20年ぶりのモデルチェンジを果たし、未だに納車待ちの状態となっている4代目モデル。その刺繍が胸元に施されたスウェットシャツが、スズキのライセンス取得商・・・

ニュースを読む

スズキ『ジムニー』のカスタムパーツ専門店、アピオは、フィールドスタイルジャンボリーに出展。ジムニーの限られた荷室を広く使用するためのオリジナルパーツの数々を紹介している。

最新の商品は同社のサイドラックに装着できるテーブル「SHIELD-DECK」。ロトパックスのボックスとも併用できる。このテーブルはガレージブランド「ロック・フィールド エクイップメント」とのコラボ商品で、素材は再生プラスチックを使用。15mm厚の天板は裏面に金属フレ・・・

ニュースを読む

ルートシックスの「ウォームス」は天然木材の風合いを活かした温もりある空間が魅力の軽キャンピングカー。2022年度グッドデザイン賞も受賞した美しさと機能性は福岡キャンピングカーショー2022でも、ひときわ目立つ存在となっていた。

ウォームスは、スズキ『エブリィ』(ダイハツ『アトレー』も選択可能)がベースの2人旅用モデル。就寝定員は4人、就寝定員は2人で、ベッドサイズは1800×1170mm(最大)。

天然木材を使った家具は完全自社生産・・・

ニュースを読む

静岡県浜松市のスズキ本社で11月13日、スズキ二輪主催によるVストロームミーティング2022が開催された。過去2年は、グッズ販売やオンライン開催だったため、リアルイベントとしては3年ぶり、6回目となった。

◆3年待ったVストロームミーティング 続々と集結するライダーたち
Vストロームはデュアルパーパスタイプ、すなわち、オフロードバイクより快適に舗装路を走行でき、オンロードバイクより未舗装路での性能に優れるジャンルのバイクで、車名はヴァ・・・

ニュースを読む

普段は街乗り仕様で快適な走り、週末にはゆったり車中泊。そんな希望を叶えてくれるのが、パパビルドの「フェイバリットボックス ウィッシュ」だ。

フェイバリットボックス ウィッシュはスズキ「ソリオ」ハイブリッドがベース。大型の家具などを設けず、ポータブルバッテリーなどはフロアの下へ格納することで、広々としたベッドスペースを確保しているのが特徴だ。

天井は防音断熱加工を施し、後方の5面のガラスにはUVカットのフィルムを施工。ソリオに標準装備・・・

ニュースを読む

スズキは現在、コンパクト・ハッチバック『スイフト』次期型を開発中だが、そのデザイン詳細をスクープサイト「Spyder7」が入手した。2023年にも登場するとみられる次期型は、どのような進化を遂げるのか? プロトタイプをベースに最終デザインを予想する。

7月にプロトタイプ車両をスクープした際には、フルカモフラージュ状態ながら現行型よりも丸みを帯びたシルエットが確認できた。スイフトらしいスタイルは健在ながら、より傾斜したリアウインドウが目・・・

ニュースを読む

毎シーズン新しいモデルが生まれては消えていく中、人気が衰えないロングセラーの1つがオートショップアズマの「ラクーン」。福岡キャンピングカーショー2022でも見物客が絶えない人気キャンピングカーだ。

ラクーンは平成15年登場の息の長いモデル。軽トラックであるマツダ「スクラム」(ベース車両はスズキ「キャリイ」、ダイハツ「ハイゼット」も選択可能)を普通車にサイズアップしている個性的なモデルで、「軽では狭い、とは言え、タウンエースなどの商用バ・・・

ニュースを読む

スズキが11月8日に発表した2022年度第2四半期累計(4〜9月期)の連結決算は、売上高が前年同期比32.5%増の2兆2175億円、営業利益が同65.8%増の1643億円、純利益が14.5%増の1151億円と、大幅な増収増益だった。

「上期の数字だけを見ると、確かに好決算だと思う。この数字を達成するにあたって、社内的な努力が想像以上にあった。半導体不足、コロナ、船便の手配等さまざまな要因があって、生産の組み替え、設計の変更等で1台でも・・・

ニュースを読む

「依然として増産対応ができず、日本での受注残は21万台、インドでは40万台を超える。1台でも多く作り需要に応えたい」。スズキの鈴木俊宏社長は、2022年度上半期(4〜9月)の決算会見で、半導体不足などの影響について、こう打ち明けた。

同社が発表した22年9月中間決算は、売上高が前年同期比32.5%増の2兆2175億円で過去最高となり、純利益も14.5%増の1151億円と増収増益の好決算だった。

23年3月期の見通しについても売上高は・・・

ニュースを読む

スズキは、11月8日から13日までイタリア・ミラノで開催されている二輪車ショー「EICMA 2022(ミラノモーターサイクルショー)」において、スポーツアドベンチャーツアラーの新型『V-STROM(ブイストローム)800DE』およびストリートバイクの新型『GSX-8S』を海外向けに発表した。

新型V-STROM 800DEは2023年2月より、新型GSX-8Sは2023年3月より欧州・北米を中心に全世界で順次販売を開始する予定だ。

・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

ずーくん

燃費に良くないACC(MT車限定?...

車種名:トヨタ ヤリス
投稿ユーザー:ずー***** さん
総合評価:

ACC(クルーズコントロール)を使わない方が燃費によさそうだと気づいたの...[ 続きを見る ]

リュウリュウ

10台目の新車

車種名:ホンダ ヴェゼル
投稿ユーザー:リュ***** さん
総合評価:

新車10台。中古車4台を乗ってきました。bBから5台目になりますが少しつ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針