スズキ

カーライフニュース - スズキ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

スズキの欧州部門は2月12日、新型『ジムニー』(Suzuki Jimny)が「英国カーオブザイヤー2019」の「ベスト4×4」に選出された、と発表した。

欧州向けの新型ジムニーは、日本向けの新型『ジムニーシエラ』とほぼ共通仕様になる。新型の特徴は、新開発の1.5リットルエンジンの搭載。先代の1.3リットルエンジンを置き換える。「K15B」と呼ばれる新開発の1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンは、最大出力102hp、最大トルク13.・・・

ニュースを読む

ジムニーシエラ、1/10電動RCカー用ボディでR31ハウスから登場

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年02月12日(火) 22時30分

7代目(R31型)スカイライン専門店「R31ハウス」(岐阜県・坂祝町)を運営する柴田自動車は、スズキ『ジムニーシエラ』の電動RCカー用ボディを2月15日に発売する。

スズキのライセンスを受けてリアルに再現したボディは、ポリカーボネート製(未塗装、フロント&バンパー別体)で、好みのカラーに塗装して仕上げることができる。サイズは全幅180mm、ホイールベース225mm。価格(税別)は5500円。オリジナルのMシャーシは現在開発中で、量産体・・・

ニュースを読む

スズキ、スポーツネイキッド GSX-S750 ABS のカラーリング変更へ

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年02月12日(火) 12時45分

スズキは、スポーツネイキッド『GSX-S750 ABS』のカラーリングを変更し、2月21日より販売を開始する。

GSX-S750 ABSはアグレッシブなスタイリングに、最高出力112psの749cc直列4気筒エンジンを搭載。高揚感のあるスムーズなスロットルレスポンスと爽快な走りを実現する。

2019年モデルは、青(トリトンブルーメタリック)、白(パールグレッシャーホワイト)、つや消し黒(マットブラックメタリックNo.2)の3色を設定・・・

ニュースを読む

スズキ、モトクロッサー RM-Z250 をフルモデルチェンジ 戦闘力向上

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年02月12日(火) 10時30分

スズキは、4ストロークモトクロッサー『RM-Z250』をフルモデルチェンジし、2019年モデルとして2月15日より販売を開始する。

2019年モデルは、「The Winning Balance『走る、曲がる、止まる』の高次元でのバランス」を開発コンセプトに、ツインインジェクターの採用やエキゾーストシステムの改良、シリンダーヘッドの変更などにより出力の向上を図った。

また、フレーム、スイングアーム、フロントフォーク、エンジン搭載位置を・・・

ニュースを読む

スズキ GSX-S1000 シリーズ、カラーリング変更へ

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年02月11日(月) 16時30分

スズキは、ストリートスポーツバイク『GSX-S1000 ABS』および『GSX-S1000F ABS』のカラーリングを変更し、2月21日より順次発売する。

GSX-S1000は、スーパースポーツバイク『GSX-R1000』のエンジンをベースとした直列4気筒エンジンをストリート用にチューニング。最高出力は148psと、高回転域の出力特性を損なうことなく、力強い低中速トルクにより街中やワインディングロードでの高揚感のある加速が楽しめる。外・・・

ニュースを読む

◆痛快なドライブはクラスでも希少

発売から1年たって、ようやくスズキ『スイフトスポーツ』に試乗できた。中々縁遠く、ついに1年もたってしまったというわけである。

ベースとなるスイフトはご存知の通り、新しい「ハーテクト」と名付けられたプラットフォームを採用し、大幅な軽量化を達成してなお、どっしり感のある乗り心地を損なわない摩訶不思議なチューニングを達成してきた。そのベース車両に1.4リットルターボユニットを押し込み、140ps、230N・・・

ニュースを読む

スズキ関連3財団、シンボルマークを決定

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年02月08日(金) 14時49分

スズキは2月8日、同社が関連する3財団、「公益財団法人 スズキ財団」、「公益財団法人 スズキ教育文化財団」、「公益財団法人 鈴木道雄記念財団」がシンボルマークを決定したと発表した。

スズキでは、2018年5月に鈴木道雄記念財団が公益認定を受けたことを機に、2020年に、設立40周年を迎えるスズキ財団、設立20周年を迎えるスズキ教育文化財団を含む3財団が、それぞれの特徴や活動内容を社会にアピールし、多くの人に親しみを持ってもらうよう、新・・・

ニュースを読む

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は2月5日、「2019ワールドアーバンカーオブザイヤー」の第2次選考5車種を発表した。

ワールドアーバンカーオブザイヤーは、今回が3度目だ。ワールドアーバンカーオブザイヤーは、世界の人口の50%以上が、都市部に集中していることに着目して、3年前に新設された賞で、都市に似合う車を選ぶ賞となる。

2019ワールドアーバンカーオブザイヤーの第2次選考5車種は以下の通り。

●アウディA1
●ヒ・・・

ニュースを読む

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は2月5日、「2019ワールドカーデザインオブザイヤー」のノミネート5車種を発表した。

ワールドカーデザインオブザイヤーは、ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)の賞のひとつ。今回は、2017年秋から2018年秋にかけてデビューした新型車の中から、最もデザイン性に優れた1台を選ぶ。

条件は2019年春まで、世界の少なくとも1市場で販売されていること。世界20か国以上、およそ85名のジャー・・・

ニュースを読む

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は2月5日、「2019ワールドカーオブザイヤー」の第2次選考10車種を発表した。

ワールドカーオブザイヤーは、2006年に開始された。今回は2017年秋から2018年秋にかけてデビュー、またはマイナーチェンジを受けた新型車の中から、最高の1台を選出する。欧州専用車、北米専用車、日本専用車などは、選考対象から外される。

投票は世界20か国以上、およそ85名のジャーナリストが、バリュー、安全・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

さんちゃん

大満足

車種名:マツダ キャロル
投稿ユーザー:さん***** さん
総合評価:

初めて軽自動車所有したのですが、この価格で充分すぎるコスパ 燃費はカタロ...[ 続きを見る ]

神戸のヨッシー

可愛いヤツです

車種名:メルセデスベンツ GLK
投稿ユーザー:神戸***** さん
総合評価:

適当なサイズ、国産車にない剛性感、今のところ、約4年と6ヶ月乗っています...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針