鉄道

カーライフニュース - 鉄道

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

JR北海道グループは10月10日、同グループの連結子会社であるジェイ・アール北海道バスと札新開発が2020年4月1日に合併すると発表した。

ジェイ・アール北海道バスは、1987年4月のJR北海道発足時に北海道内の旧国鉄バス路線を承継し誕生した、JR北海道直轄の「JR北海道バス」が前身で、2000年4月には分社化されて現在に至っている。

一方の札新開発は、札幌市中央区にある桑園(そうえん)自動車学校の運営をおもな事業としている。

両・・・

ニュースを読む

JR東日本のBRTで新たに5駅…2019年内に着工、2020年春開業

by 佐藤正樹(キハユニ工房) on 2019年10月09日(水) 20時30分

JR東日本盛岡支社は10月9日、同社のバス高速輸送システム(BRT = Bus rapid Transit)に2020年春、新駅を設けることを明らかにした。気仙沼線BRT(前谷地〜気仙沼)に1駅、大船渡線BRT(気仙沼〜盛・上鹿折・陸前矢作)に4駅設置される。

気仙沼線BRTでは松岩〜南気仙沼間に「赤岩港」、大船渡線BRTでは長部(おさべ)〜奇跡の一本松間に「陸前今泉」、細浦〜下船渡間に「大船渡丸森」、大船渡〜盛間に「地ノ森(じのもり・・・

ニュースを読む

ピニンファリーナが新たな観光列車のデザインを発表した。2020年12月からスイス・アルプスで運行する。

フェラーリなどのカーデザインで有名なピニンファリーナだが、時計から航空機や建築まで、そのデザイン領域は幅広い。鉄道分野ではイタリア初の高速鉄道車両であるETR500(1985年運行開始)、ロンドンと欧州大陸の主要都市を結ぶユーロスターのe320型(2015年運行開始)がこれまでの代表作だ。

今回手がけたのは、レマン湖畔のモントルー・・・

ニュースを読む

かつてマツダといえばロータリーエンジンがイメージキャラクターであったが、『CX-5』以来マツダのイメージキャラクターはディーゼルエンジンになりつつあるといってもいい。

◆セダンのほうがなぜかノイジー

実際、CX-5に最初に搭載されたディーゼルエンジンは当時のディーゼルエンジンの常識を大きく変える高性能さを誇っていた。もちろんその高性能さには静粛性も含まれていたのだが、他車のディーゼルエンジンの性能が向上するに従って、その差は縮められ・・・

ニュースを読む

JR東日本のBRTがすべてハイブリッドまたはe-BRTに…9月上旬に新車5両を投入

by 佐藤正樹(キハユニ工房) on 2019年07月25日(木) 17時12分

JR東日本盛岡支社は7月25日、運営するバス高速輸送システム(BRT)に9月上旬、新車を投入すると発表した。

新たに投入されるのは日野自動車製の『ブルーリボンハイブリッド』と呼ばれる車種で、定員は72人。行先表示に白色LEDを採用することで視認性を向上。車内にはスマートフォンなどの充電用にUSBコンセントを9か所備える。

投入両数は5両で、大船渡線BRT(気仙沼〜盛)に1両、気仙沼線BRT(前谷地〜気仙沼)に4両が投入される。

現・・・

ニュースを読む

デゴイチと国鉄色キハ183が並んだ…北海道安平町の道の駅で車両公開が始まる

by 佐藤正樹(キハユニ工房) on 2019年06月17日(月) 17時00分

北海道安平(あびら)町の安平町鉄道資料館で保存されていたD51形蒸気機関車320号機(D51 320)と、2018年に引退した非貫通型の特急型気動車キハ183形がこのほど、相次いで「道の駅あびらD51ステーション」へ移送された。

両車とも4月19日の道の駅オープン時から公開される予定となっていたが、2018年9月に発生した北海道胆振東部地震の影響で延期されていた。

このうち、D51 320は6月13日夜に安平町鉄道資料館を出発。同機・・・

ニュースを読む

東武東上線にホンダの工場に隣接する新駅…東武竹沢-男衾間 2020年秋

by 佐藤正樹(キハユニ工房) on 2019年06月03日(月) 18時30分

東武鉄道(東武)は6月3日、東武東上線東武竹沢〜男衾(おぶすま)間に2020年秋、新駅を設置することを明らかにした。

これは、埼玉県寄居町に設けられているホンダ埼玉製作所完成車工場(寄居工場)へのアクセス向上を図るためのもの。

ホンダは2017年10月に関東における4輪車の生産拠点を2022年3月までに寄居工場に集約することを発表したが、以来、工場に隣接する駅の設置を東武と協議してきた。

新駅の名称は未定だが、設置箇所は埼玉県大里・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は17日、新型『スープラ』を発売した。新型スープラには、外板色“マット・ストームグレーメタリック”が「RZ」グレードに設定されている。2019年度生産分は24台という限定車だ。

商談申し込みを、5月17日13時から6月14日までの約1か月間、ウェブ限定で受け付ける。商談順は、抽選の上、新型スープラが参戦する第47回ニュルブルクリンク24時間耐久レース決勝中に(6月22〜23日)に発表される。レースと抽選の模様は、TOYOT・・・

ニュースを読む

BRT化も視野に入れた日田彦山線の復旧案はJRから説明を 5月14日の福岡県知事会見

by 佐藤正樹(キハユニ工房) on 2019年05月16日(木) 18時00分

福岡県の小川洋知事は5月14日の定例記者会見で、4月23日に開催された第4回「日田彦山線復旧会議」後の対応について言及した。

4回目の復旧会議では、沿線自治体に対して年間1億6000万円の運行経費の負担を求めていたJR九州が、負担に難色を示す自治体側に対して添田〜夜明(よあけ)間のバス高速輸送システム(BRT)による復旧を提案していた。

これに対して小川知事は「地域の活性化、あるいは観光の振興、それ自身が観光の資源になるかもしれない・・・

ニュースを読む

日本で初めて地下鉄が開業したのは1927年(昭和2年)。銀座線の前身であるという。90年以上の時が流れ、現在の東京は周辺部も含め地下鉄や鉄道網がくもの巣のようにはりめぐらされた世界が構築されている。インドネシアでは今年3月、初の地下鉄がジャカルタで開業。世界一の渋滞都市といわれるジャカルタの救世主になれるのか世界が注目をしている。

◆インドネシア待望のMRT開業

海の向こうの東南アジア各国。増加する輸送需要への対応や慢性的な交通渋滞・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

たか

低燃費タイヤとの相性はかなり良いと思います。 大分以前ですが、E36の3...[ 続きを見る ]

range22

エンジン、加速感は気持ちいいくらいに柔らかい感じでスーと伸びていきます。...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針