シャープ

カーライフニュース - シャープ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

シャープ、ダイムラーに無線通信関連特許の供与

by レスポンス編集部 on 2020年10月10日(土) 15時30分

シャープは10月7日、ダイムラーと、LTEを含む無線通信関連規格必須特許のライセンス契約を締結したと発表した。

シャープでは、既にダイムラーに自動車製品を供給する部品サプライヤーとライセンス契約を結んでいるが、今回の契約はこれらを補完するものとしている。

シャープは、ダイムラーが車両に搭載したLTE規格技術が、シャープの特許を侵害しているとして、差し止めと損害賠償を求めて提訴していたが、9月10日付けでシャープが勝訴している。

シ・・・

ニュースを読む

世界最高効率の太陽電池セルでEV…NEDOとシャープが実証へ

by レスポンス編集部 on 2020年07月07日(火) 10時21分

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とシャープは7月6日、世界最高水準の高効率な太陽電池セルを活用して電気自動車(EV)用太陽電池パネルを製作したと発表した。

NEDOの太陽光発電システム搭載自動車検討委員会は「変換効率30%以上の太陽電池パネルを使用すれば、自動車のような限られた設置面積でも1kWの発電電力を実現することが可能」、「ユーザーの利用パターン次第では、年間の充電回数をゼロにすることが可能」と試算した。

一方、・・・

ニュースを読む

自動販売機能付きバス停が登場---時刻を知るだけじゃない

by 高木啓 on 2020年06月28日(日) 15時00分

シャープマーケティングジャパンは、自動販売機能および32V型液晶タッチディスプレイを搭載した「スマートバス停」の実証実験を、北九州市において6月26日より開始した。実験には西鉄バス北九州、西鉄エム・テック、スピナ、YE DIGITALが協力する。

実験では、シャープの飲食店向けセルフ注文機をベースに開発した「スマートバス停」の試作機を、北九州市内の砂津バスセンターに設置する。

スマートバス停は自動販売機の機能を搭載しており、地元銘菓・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………

1箱50枚入り3938円(送料・税込み)。台湾企業資本のシャープが、液晶パネルを生産する三重県の自社工場で製造するマスクを専用ネット上でもきょう4月21日から発売するという。これまでは政府を通じて医療機関に納めていたが、個人向けにも当面は1日あたり・・・

ニュースを読む

シャープがテスラ輸入元を提訴…通信装置が特許を侵害しているとして

by レスポンス編集部 on 2020年03月24日(火) 09時15分

シャープは3月23日、テスラの電気自動車(EV)に搭載している通信装置が、シャープの複数のLTE関連特許を侵害しているとして提訴したと発表した。

シャープが保有するLTE関連特許を侵害する通信装置を搭載したEVを輸入・販売したとして、輸入元でテスラの子会社であるテスラモーターズジャパンを相手どって、2020年1月31日、2月3日、3月19日に、計3件の特許に基づく特許権侵害差止請求訴訟を東京地方裁判所に提起した。

シャープでは今後も・・・

ニュースを読む

NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)、シャープ、トヨタ自動車は、高効率太陽電池を搭載した電動車(EV)の公道走行実証を7月下旬から開始する。

同実証の目的は、高効率太陽電池を搭載することによる、EV航続距離や燃費向上効果の検証。実証にあたり、シャープはNEDO事業の一環として開発した世界最高水準の高効率太陽電池セル(変換効率34%以上)を車載用に約0.03mmの薄いフィルム状でモジュール化し、太陽電池パネルを製作。トヨタは『・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2018年6月5日付

●自動運転サービス推進、「高齢者の足」など100か所超、成長戦略素案(読売・2面)

●三菱自PHVもタイ生産、益子CEOが方針明言(読売・7面)

●東芝、PC事業売却へ、中国、台湾メーカーに苦戦、シャープに50億円前・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2017年12月8日付

●鴻海傘下でV字回復、シャープ東証1部復帰、1年4か月ぶり(読売・12面)

●革新機構持ち株会社に、政府検討、設置期限も9年延長へ(読売・13面)

●東京駅前、新たな名所へ、丸の内側広場新装(読売・29面)

●電・・・

ニュースを読む

シャープは、車載用プラズマクラスターイオン発生機の新商品として、カップホルダータイプ「IG-KC15」と、カーエアコン取付タイプ「IG-KC1」の2機種を2018年1月18日より発売する。

カップホルダータイプ(IG-KC15)は、乗車時のニオイが気になる人に最適な「おまかせ運転」モードを新たに搭載する。エンジン始動時に標準運転時の約3倍の高濃度プラズマクラスターイオンを約20分間放出(ターボ運転)することでニオイをスピーディーに消臭・・・

ニュースを読む

シャープ、新経営体制へ移行…鴻海精密の戴氏が社長に就任

by レスポンス編集部 on 2016年08月15日(月) 11時35分

経営再建中のシャープは、鴻海精密工業グループによる第三者割当増資の払い込みが完了し、新たな経営体制に移行すると発表した。

高橋興三社長が8月12日付けで取締役を含めて辞任し、8月13日付けで鴻海精密の戴正呉董事代表人がシャープの社長に就任した。

また、フォックス・コン・ジャパンの高山俊明代表取締役・堺ディスプレイプロダクト副社長がシャープの代表取締役に就任した。

このほか、劉揚偉氏、中川威雄氏がシャープの取締役に就任した。・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ねばくん

CVTフルードを交換しました・・・

車種名:スズキ ランディ
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

CVTフルードの交換が過去されていないことがわかり、 9年目の車検と合わ...[ 続きを見る ]

love-ski-hokkaido

燃費いいですよ

車種名:マツダ CX-5 (ディーゼル)
投稿ユーザー:lov***** さん
総合評価:

CX5の2.2Lディーゼル4WDです。 根室から札幌まで片道500kmを...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針