NTN

カーライフニュース - NTN

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

NTNは、前輪用ハブベアリングに転舵角度を調整する機構を組み合わせたステアリング補助機能付ハブベアリング「sHUB」を後輪用に改良した「Ra-sHUB」を開発。5月26日に開幕した「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」に出展している。

sHUBは、NTNが有するハブベアリングの設計、製造技術とモータなどの制御技術を組み合わせ、左右各輪の転舵角度の個別補正が可能なモジュール商品。2018年の開発発表後、車両の応答性の向上や燃費・・・

ニュースを読む

NTNは、世界最高水準の小型・軽量化を実現した4WD車に最適なリヤ用等速ジョイントを開発。5月26日に開幕した「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」に出展している。

等速ジョイント(CVJ)は、エンジンまたはモータの動力の大きさ(負荷容量)やタイヤの転舵のための作動角によってサイズを使い分けている。リヤ用CVJは転舵による大きな作動角は不要。NTNは2015年、リヤ用CVJに必要な作動角に合わせた専用設計により小型・軽量化を・・・

ニュースを読む

NTNは、遊星ギヤ用保持器付き針状ころを開発。5月26日に開幕した「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」に出展している。

近年、低燃費化を背景としたATの多段化に伴い、一部の遊星ギヤの回転数が高くなり、遊星ギヤ用軸受には高速回転への対応が求められている。また、ATの重量を抑えるために、軸受を含む各部品は小型・軽量化。従来と同等のトルクを出力するために、軸受には高い負荷がかかるなど、軸受の使用条件はますます過酷になっている。
・・・

ニュースを読む

NTN、耐水素脆性軸受を開発---水素起因の早期破損を防止

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年05月24日(月) 17時45分

NTNは5月24日、新規鋼材と特殊熱処理技術により、水素起因の軸受の早期破損を防止する「耐水素脆性軸受」を開発したと発表した。

自動車市場では電動化を背景に、動力伝達装置のさらなる高効率化が要求され、装置内の潤滑油量の低減、低粘度油化など、軸受には、より過酷な潤滑条件への対応が求められている。近年、水素原子が鋼材に侵入することで、鋼材の強度が低下する水素脆性により、軸受が早期に破損する場合があり、その対策が求められていた。

耐水素脆・・・

ニュースを読む

NTNは、5月26日から7月30日に開催される「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン展示会」に出展。「NTNが造る未来技術」をテーマに、電動化や低燃費化、高効率化などに対応した商品を動画や写真を用いて紹介する。

商品紹介コーナーでは、従来品比で62%の低フリクション化を実現した「低フリクションハブベアリングIII」のほか、本展示会が初出展となる多数の新商品を展示する。

また、「EV・HEVの進化に貢献するNTNの新商品」と「・・・

ニュースを読む

NTN、独自設計で自動車用軸受の「クリープ」を停止 新商品開発

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年04月20日(火) 15時00分

NTNは4月19日、軸受の外輪外径面に同社独自開発の逃げ部加工を施すことで、クリープの停止を実現した「クリープレス軸受」を開発したと発表した。

近年、自動車の省燃費化および省電費化に向けて、モータやトランスミッションなどの小型・軽量化の要求が高まっている。そのため、駆動装置に使用される軸受の軌道輪やハウジングを薄肉化する傾向にあるが、それらの変形により固定した外輪が円周方向に回転してずれる「クリープ」現象が発生する場合がある。特にトラ・・・

ニュースを読む

NTN、高速軸受など電動化対応商品を出展へ…上海モーターショー2021

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年04月15日(木) 10時30分

NTNは、4月19日から28日まで開催される上海モーターショー2021に出展、電動車両の開発が加速する中国自動車市場に向け、電動化や低燃費化、高効率化に貢献する商品を幅広く紹介する。

NTNブースでは、電動化に対応する商品として、優れた高速回転性能によりモータの小型・軽量化に貢献するEV・HEV用高速深溝玉軸受や、減速機向け軸受として低トルクと長寿命を両立した「超低フリクションシール付玉軸受」など、近年、同社が量産拡大している商品を展・・・

ニュースを読む

キャデラック エスカレード 新型、NTNのドライブシャフトを採用

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年03月13日(土) 06時15分

NTNは3月11日、同社のリヤ用ドライブシャフト(CVJ)が、キャデラックのフルサイズSUV、新型『エスカレード』に採用されたと発表した。

近年、フルサイズSUVは北米を中心に人気が高まる中、乗り心地や操作の安定性などの向上が求められている。新型エスカレードは、左右のホイールを個別に路面状況に対応させることができる独立懸架式のリヤサスペンション(IRS)を採用。これまでのフルサイズSUVはリヤにドライブシャフトを使わず、左右のタイヤを・・・

ニュースを読む

NTNは10月20日、世界最高水準の低昇温・低トルクを実現するトランスミッション・デファレンシャル用円すいころ軸受を開発したと発表した。

近年、自動車産業がスマートモビリティやCASEに代表されるように大きな変革期を迎える中、電動化やカーシェアリングによる航続距離の延長などを背景に、動力伝達装置の高効率化が加速。これにより、装置内の潤滑油量の低減や低粘度油への切り替えが進められ、軸受にはこうした過酷な潤滑条件下の対応や、より一層の低ト・・・

ニュースを読む

NTN、自動車用ULTAGE円すいころ軸受の量産納入を開始…省燃費化に貢献

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年10月19日(月) 07時30分

NTNは10月16日、トランスミッションやデファレンシャル向けに開発した「自動車用ULTAGE(アルテージ)円すいころ軸受」の量産納入を開始したと発表した。

トランスミッションやデファレンシャルなどの動力伝達装置は自動車の省燃費化を背景に小型・軽量化が進んでいる。小型かつ軽量な装置で従来と同等のトルクを出力するために、装置の高出力化が進み、軸受には高速回転性能が求められている。また、軽量化のために用いられるアルミ製ハウジングは、従来の・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

みずか

良い車です。

車種名:三菱自動車 アイ
投稿ユーザー:みず***** さん
総合評価:

満タン法で、これまでの平均実燃費は17.07km/l(16~18.5km...[ 続きを見る ]

ミズガメ

CVTのエコラン方法

車種名:スバル レヴォーグ
投稿ユーザー:ミズ***** さん
総合評価:

スバル車を乗り継いで23年、燃費は諦め半分でした。 今は、新型レヴォーグ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針