NTN

カーライフニュース - NTN

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

NTNは、9月19日から21日までの3日間、中国・重慶市で開催される「重慶パーツショー2018」および関係サービス展覧会「CAPE2018」に出展する。

NTNは「誰でも触れられる世界レベルの新技術」をテーマに、電動モータ・アクチュエータやEV・HEV駆動用モータ向けグリース潤滑高速深溝玉軸受を紹介。そのほかパーキング機能付電動ブレーキシステムなどのEVシステム商品に加え、ハブベアリングやドライブシャフトなどの基盤商品も展示し、NTN・・・

ニュースを読む

NTNは、7月11日から13日までポートメッセなごやで開催される「人とくるまのテクノロジー展2018名古屋」へ「なめらかな社会の実現」をテーマに出展する。

NTNブースでは、電動モータ・アクチュエータシリーズやステアリング補助機能付ハブベアリング「sHUB」、モータ・ジェネレータ機能付ハブベアリング「eHUB」などの電動化対応商品を展示する。

電動モータ・アクチュエータシリーズは、NTNのコア技術である軸受やボールねじの製品技術とモ・・・

ニュースを読む

NTNは、前輪用ドライブシャフトとして、高効率で世界最高の最大作動角55°となる固定式等速ジョイント「CFJ-W」を開発、5月23日から25日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展」に出展した。

前輪用ドライブシャフトのタイヤ側に使用される固定式等速ジョイントは、操舵に合わせて作動角をとりながら、エンジンやモータの動力をタイヤに伝達する重要な役割を担う。また、等速ジョイントの最大作動角が大きいほど、車両の操舵角の拡・・・

ニュースを読む

NTNは、業界初となる前輪に搭載可能なステアリング補助機能付ハブベアリング「sHUB」を開発。5月23日から25日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018」に出展する。

従来のステアリング装置は、ハンドル操作の角度によって転舵するタイヤの角度が一定に設定されており、走行しながら直進やコーナリングなどの走行条件ごとに最適な設定に変更することはできなかった。今回開発したsHUBは、左右各輪の転舵角度を個別に補正で・・・

ニュースを読む

NTNは、2018年度から2020年度までの中期経営計画「ドライブNTN100」を策定した。

基本方針は「新しい100年に向けて事業構造の変革を加速」。最新デジタル技術とNTNが培った経営資源を融合し、革新的な技術・商品・サービスの開発や調達改革、生産性と品質の世界No.1、資産効率の向上の実現を目指す。10年後に売上高1兆円以上、営業利益率10%以上に向けて事業構造改革を推進する。

数値目標は2021年3月期に2018年3月期比1・・・

ニュースを読む

NTNは、5月23日から25日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」に出展。「なめらかな社会の実現」をテーマに、電動モータ・アクチュエータシリーズやモータ・ジェネレータ機能付ハブベアリング「eHUB」などの電動化対応商品を展示する。

電動モータ・アクチュエータシリーズは、NTNのコア技術である軸受やボールねじの製品技術とモータの設計技術、車両制御のための電子制御技術とを組み合わせて開発。構成部品や諸元・・・

ニュースを読む

NTNは5月7日、インホイールモータ(IWM)駆動システムと車両運動制御技術(i2-ドライブシステム)を搭載した新エネ車の開発・量産に向け、中国自動車設計・製造メーカ「長春富晟汽車創新技術(FSAT社)」とライセンス契約を締結したと発表した。

4月27日に中国で行われた調印式では、NTNとFSAT社の各代表者、さらにFSAT社の戦略的パートナー10社が調印。FSAT社の劉●博総経理は「開発を進めてきた車は、軽量化や電動駆動技術などにお・・・

ニュースを読む

NTNは、世界最高水準の小型・軽量化を実現したプロペラシャフト用しゅう動式等速ジョイント「HEDJ-P」を開発。5月23日から25日の3日間、パシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」に出展する。

プロペラシャフトは4WD車などに使用され、トランスミッションの回転を車両の前後方向に伝達。また、プロペラシャフト用等速ジョイントはNVH(騒音、振動、乗り心地)を重視する高級乗用車、SUVへの適用が増加している。
・・・

ニュースを読む

NTNは、空冷式のインホイールモータ(IWM)駆動システムと車両運動制御技術を開発し、中国の自動車メーカーの長春富晟汽車創新技術(FSAT)にライセンスする契約を締結した。

FSATはNTNの技術支援を受けてIWM駆動システムを搭載した電気自動車(EV)を量産する。このEVには、CFRP製ボディとアルミ鋳造製シャーシを採用したFSATの軽量化技術と、NTNが開発したIWM駆動システム、車両運動制御技術が搭載される。

搭載するIWM駆・・・

ニュースを読む

NTN、ラジアル軸受の生産拠点を和歌山に新設

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年03月26日(月) 17時30分

NTNは3月23日、和歌山県橋本市にラジアル軸受の生産を行う新拠点「(仮称)和歌山製作所」を新設すると発表した。

ラジアル軸受は、モータなどの回転軸を支える部位に使用され、回転する際の摩擦を減らすことで、軸のなめからな回転と、エネルギーの損失の低減に貢献する。近年、自動車市場では油圧制御の電動化や電気自動車(EV)シフトが急速に進展し、ラジアル軸受にも、低摩擦や低振動、長寿命など、高付加価値商品の市場ニーズが増加。また、産業機械市場で・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

キャシー

初投稿です

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:キャ***** さん
総合評価:

デミオ ディーゼルターボのXD L購入後の感想です。 兵庫県神戸市で主に...[ 続きを見る ]

ヌキチ

燃費

車種名:トヨタ プリウスα
投稿ユーザー:ヌキ***** さん
総合評価:

年間を通しての平均燃費は約25.0km/L。 表示の平均燃費は約27km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針