日本自動車工業会

カーライフニュース - 日本自動車工業会 (2ページ目)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

日本自動車工業会は4月19日、2020年度に実施した「小型・軽トラック市場動向調査」の結果をまとめた。

調査は、小型・軽トラックユーザーの保有・購入・使用実態の変化を時系列的に把握し、今後の市場動向を探っていくことを目的に隔年で実施。今回は事業所単位調査のみを実施し、時系列として「保有状況と変化の背景」「今後の購入・保有意向」、トピックとして「新型コロナウイルスによる影響」「環境意識と次世代環境車」「安全意識と先進安全技術」「次世代技・・・

ニュースを読む

コロナ禍で経営状況は大幅悪化、2020年度普通トラック市場動向調査

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年04月20日(火) 06時45分

日本自動車工業会は4月19日、2020年度に実施した「普通トラック市場動向調査」の結果をまとめた。

調査は、普通トラックの保有・購入・使用実態、輸送ニーズの変化と対応や、物流を取巻く市場環境の変化を時系列的に捉え、隔年でアンケートを実施しているもの。今回はユーザー調査のみを実施し、ドライバー不足に関する意識・意向、フルトラクタの需要動向と課題、安全に対する意識、新型コロナウイルス感染症の影響についても調べた。調査対象は全国の普通トラッ・・・

ニュースを読む

「3・11」のきのうは、あの東日本大震災発生から10年という節目の「特別な日」。日本自動車工業会(自工会)の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)が、オンライン形式での記者会見を行った。

国や福島県が進める水素実証事業について、自工会としても参画することを表明するなど、550万人が働く自動車産業としても、引き続き東北の復興を支援している考えを改めて強調した。

きょうの読売、朝日、日経の各紙が、豊田会長の会見内容を報じている。それによると、・・・

ニュースを読む

日本自動車工業会の豊田章男会長は3月11日にオンラインでの記者会見を開き、東日本大震災からの10年を振り返るとともに、2050年のカーボンニュートラルに向けた課題などに言及した。

東日本大震災については「日本の半分が大きな被害に見舞われ、私たちは悲しみのどん底に突き落とされた。私自身も無力感にさいなまれた」と振り返った。また、当時は為替が1ドル80円台の超円高のなか、大震災による電力制限など自動車産業は「6重苦」に置かれ、「国内でのも・・・

ニュースを読む

死者と行方不明者が2万2200人を超える東日本大震災からきょう(3月11日)で10年。

東京電力福島第一原子力発電所事故が発生した福島県を中心に、いまなお4万人以上が避難生活を余儀なくされているほか、人口の減少にともなう経済活動の停滞や人とのつながりの再生など、区切りどころか、今後の大きな課題も浮かび上がっているようだ。

きょうの各紙も「東日本大震災10年」を1面トップのほか、総合面や社会面など各紙面に特集記事を満載。「避難なお4万・・・

ニュースを読む

日本自動車工業会に所属する自動車メーカー全14社と日本部品工業会に所属する主要サプライヤー7社は、サイバーセキュリティ情報を共有・分析する「Japan Automotive ISAC(J-Auto-ISAC)」を設立する。

昨今、サイバー攻撃が高度化し被害が急増する中、「つながるクルマ」を顧客に安全・安心に使ってもらうためには、関係するすべての事業者が連携し、サイバーセキュリティを確保しなければならない。これまでは、2017年1月に日・・・

ニュースを読む

日本自動車工業会(自工会)は1月8日、豊田章男会長の年頭メッセージ動画を公式ウェブサイトで発信した。「自動車産業で働く550万人の皆様、あけましておめでとうございます」とともに「ありがとうございます」と感謝の言葉でメッセージは始まる。

550万人という数字は、部品を含め、その製造・販売・整備などに関わる人々、タクシー、バス、トラックなどの輸送に関わっている人々、ガソリンスタンドや自動車保険などサービスに関わっている人々の合計=「クルマ・・・

ニュースを読む

コロナという言葉を毎日繰り返し聞いているうちに、2020年も終わろうとしている。

2020年。

東京オリンピックで盛り上がるはずだった年。自動運転の開発でも、2020年を一里塚として研究開発が進められてきた。しかし、オリンピックは延期になり、春には緊急事態宣言が出て、自動運転の実証実験は軒並みストップした。ふだんから家で仕事しているし、外食をほとんどしないから、私にはあまり影響はない……といいたいところだが、ホットケーキミックスの品・・・

ニュースを読む

日本自動車工業会の豊田章男会長は12月17日、オンラインでメディア関係者と懇談し、政府の「2050年カーボンニュートラル」方針に関連して自動車の電動化や純ガソリン車の販売停止などへの見解を示した。

このなかでハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)などによる電動化については、「日本は遅れていると言われることがあるが、(直近の販売では)電動化率は35%であり、ノルウェーの68%に次いで世界第2位だ。(年間販売の)実台数では日本が150・・・

ニュースを読む

日本自動車工業会(自工会)が14日、メディア向け説明会を開催した。11月の政府発表やその後の都知事による「脱ガソリン車」宣言で揺れる業界だが、自工会としてその立場や考え方を表明するものだった。

自工会の基本的な考え方は、菅総理の2050年までのカーボンニュートラル政策については「国際ポジションを高める英断」と称し、自動車業界とも政府方針に貢献するため全力でチャレンジする」とした。しかし、その実現には技術的ブレークスルーに加え、諸外国同・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アンケート
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

sam

いい車です

車種名:BMW X1 (ディーゼル)
投稿ユーザー:sam***** さん
総合評価:

BMWらしく、加速時にしっかりGを感じ、運転を楽しめます。 バランスが取...[ 続きを見る ]

CF4152

給油(通算63回目)を7/18に行いました。前回の給油から497.4km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針