日産 ノート

カーライフニュース - 日産 ノート (3ページ目)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

日産自動車と日産モータースポーツ&カスタマイズは、カスタムカー『ノート オーテック クロスオーバー +アクティブ』を追加設定し、2023年1月下旬より発売する。

ノート オーテック クロスオーバーはコンパクトカー『ノート』をベースに、オーテックブランドのコンセプト「プレミアムスポーティ」と、SUVの機能やスタイルを融合させたコンパクトクロスオーバーモデルだ。スポーティで高級感漂うスタイリングに加え、地上高を25mm拡大。不整地や雪道な・・・

ニュースを読む

フロントスピーカーにロックフォードの2つのハイエンドシリーズを組み合わせて使う変則3ウェイを構築した月井さんの日産『ノート』。ロックフォード好きのオーナーがこだわったサウンドとデザインを栃木県のlc sound factoryが見事に表現した。

◆T5の2ウェイにJ5のミッドレンジを加え
ロックフォードによる変則3ウェイを構築
ロックフォードが好きな月井さん、フロントのスピーカー群はもちろんロックフォードで統一。選んだスピーカーは同ブ・・・

ニュースを読む

ラゲッジルームに黒を基調としたシックで大人のデザインのオーディオボードを組んだ月井さんの日産『ノート』。オーナーの好みをくみ取ってセンス良くカスタムインストールを施したのは栃木県のlc sound factory。その精度の高さを隅々まで見ていくこととしよう。

◆ラゲッジに作り付けられた大型ボックスに
パワーアンプやDSPなどを整然とビルトイン
ロックフォード好きの月井さんが、高音質化に加えてイベント仕様を兼ねて作り上げたのがノートへ・・・

ニュースを読む

日本自動車販売協会連合会は12月6日、2022年11月の乗用車系車名別販売台数ランキングを発表。トヨタ『ヤリス』が7か月連続トップとなった。

前月6位の日産『ノート』は2か月ぶりに2位浮上。3位は前月同様、トヨタ『カローラ』、8月に新型を発売した『シエンタ』は前月の2位から4位へとランクダウンした。

そのほか、トヨタ『ヴォクシー』『ノア』といったトップ10の常連がランク外へ。半導体不足による納期の遅れがランキングにも影響を及ぼしてい・・・

ニュースを読む

日産 ノート e-POWER NISMO S が走行不能でリコール…ヒューズ劣化

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年12月02日(金) 21時30分

日産自動車は12月1日、『ノート e-POWER NISMO S』が走行不能となるおそれがあるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2018年8月21日〜2020年7月28日に製造された4856台。

対象車両は、リチウムイオンバッテリ内部ヒューズの仕様設定が不適切なため、運転の仕方によっては早期に劣化が促進することがある。そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、ヒューズが溶断し警告灯が点灯するととも・・・

ニュースを読む

日産自動車は、プレミアムコンパクトカー『ノートオーラ』のイメージキャラクター中谷美紀主演による同社初の短編映画「CHASING THE LIGHT〜これは、私を旅する物語。〜」を特設サイトで公開した。

作品は、とある女性が自分自身の心の中の世界に迷い込み、オーラとともに幻想的な4つの世界を旅することで、自分を“解放"していく物語。中谷美紀がオーラと巡る心の中の旅を通して、抑圧されていた心を解きほぐしていく主人公を演じる。

・・・

ニュースを読む

日産『e-POWER ROAD』はここだ!! 伊勢志摩スカイラインを改称

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年11月06日(日) 19時00分

日産自動車は、有料道路「伊勢志摩スカイライン」のネーミングライツを取得。11月8日より「伊勢志摩 e-POWER ROAD」に改称すると発表した。

伊勢志摩スカイラインは、三重県の伊勢神宮内宮側から標高555mの朝熊山(あさまやま)を縦走し、伊勢志摩や伊勢湾の大パノラマが眺望できるドライブウェイ。なだらかなアップダウンや緩やかなカーブもあり、e-POWERによる100%電気の走りを遺憾なく発揮でき、運転する楽しさを存分に実感できる。
・・・

ニュースを読む

日産自動車のBセグメントサブコンパクト、第3世代『ノート』のAWD(4輪駆動)モデルでの3600kmツーリング。前編では走り、運転支援システム(ADAS)について述べた。後編ではまずパワートレインから。

先代ノートe-POWERと比べても“芸コマ”なパワートレイン
第3世代ノートは日本専用商品となったこともあって第2世代では存在した純ガソリングレードが落とされ、パワートレインは「e-POWER」と銘打つシリーズハイブリッドのみとなった・・・

ニュースを読む

日産自動車のBセグメントサブコンパクトクラスの乗用車『ノート』で3600kmあまりツーリングを行ってみたので、インプレッションをお届けする。

電動AWDの「ノート X FOUR」で3600km
ノートの第1世代が登場したのは2005年。2012年には第2世代にバトンタッチされるが、そのモデルライフ途中の2016年にシリーズハイブリッドシステム「e-POWER」が搭載されたのを契機に存在感を強めた。2020年末に発表された第3世代では純・・・

ニュースを読む

フォーカルのスピーカーが奏でる音に惚れ込んだ山口さん。日産『ノートオーラ』への乗り換えを機会に念願だったフォーカルK2パワーのフロント2ウェイの導入を計画。千葉県のサウンドエボリューション・ログオンでインストールを実施して現在はその高音質を堪能中だ。

◆大好きなフォーカルの中でも憧れだった
K2パワーシリーズのフロント2ウェイを導入
以前乗っていたクルマでいくつかのスピーカーを経験してきた山口さん。その中でもフォーカルのサウンドが気に・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

nori

流れの良い幹線道路では20km/l前後で走ることができました。 一方で、...[ 続きを見る ]

運転志

三度目だし正直…

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

純正オプションの約1/7価格のカ■メイト・セキュリテイボルト買うも、ネジ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針