トヨタ プリウス

カーライフニュース - トヨタ プリウス (2ページ目)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

データシステムは、車種別サイドカメラキット(シングルタイプ)にトヨタ『プリウス(ZVW30・2009年5月〜2015年11月) 』用を追加し、販売を開始した。

車種別サイドカメラキットは、クルマの左サイドの死角をナビなどに映して、安全運転をサポート。左折や幅寄せ、縦列駐車などに効果を発揮する。明るい場所はもちろん、暗い場所でも障害物が見やすい視認性の高い高画質設計。障害物までの距離を把握しやすい歪みの少ない視野角設定で、安全確認をしっ・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は9月22日、トヨタ『ヤリス』など39車種11万台について、事故自動緊急通報装置に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、トヨタ車20車種、レクサス車19車種の合計39車種。2021年4月26日〜8月3日に製造された11万1842台。不具合の部位は、1. 事故自動緊急通報装置(車載通信モジュール)、2. 電気装置(ハイブリッドビークルコントロールコンピュータ)、3. 原動機(・・・

ニュースを読む

『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!?

by Spyder7編集部 on 2021年09月17日(金) 19時00分

トヨタは、『カローラ』の派生SUV『カローラクロス』を発表したばかりだが、ファミリーの頂点ともいえるハイパフォーマンスモデル『GRカローラ』(仮)が開発中との情報を、スクープサイト「Spyder7」がつかんだ。


GRカローラに搭載されるエンジンは『GRヤリス』に採用されている1.6リットル直列3気筒ターボチャージャーエンジンを流用、6速マニュアルミッションと組み合わされ、駆動方式は全輪駆動のみになることが予想されている。

しかし最・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車の米国部門は、『プリウス』(Toyota Prius)の2022年モデルを今秋、米国市場で発売する。8月25日、現地ベース価格は2万4525ドル(約270万円)と、トヨタ自動車の米国部門が発表している。

◆ボディカラーだけでなくアルミホイールもブラックに

2022年モデルのハイライトが、特別モデルの「ナイトシェードエディション」だ。米国トヨタは、ナイトシェードエディションと呼ばれる特別モデルシリーズを、『C-HR』や『カ・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は7月7日、『プリウス』の衝突回避支援システムに不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。対象となるのは、2020年6月17日〜2021年6月1日に製造された4万0941台。

対象車両は、衝突回避支援システムにて、プリクラッシュブレーキアシスト制御プログラムが不適切なため、前方に衝突の可能性がある車両を検知した際、警報および警告表示は正常に作動するが、運転者のブレーキ踏力が弱いと、ブレーキアシスト作動が遅れる場合・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車(Toyota)の米国部門の米国トヨタ販売は7月1日、2021年上半期(1〜6月)の新車販売の結果を発表した。総販売台数は129万1879台。前年同期比は44.5%増と、3年ぶりに前年実績を上回った。

全販売台数129万1879台のうち、トヨタブランドは113万4166台。前年同期比は44.1%増と回復した。その内訳は、乗用車が38万9673台で、前年同期比は43.7%増とプラスに転じた。SUVなどのライトトラックは50万・・・

ニュースを読む

「私の過失はない」。往生際が悪い被告に対して、妻子を亡くした遺族が驚き、怒りを感じて、むなしい気持になるのは当然だろう。

東京・池袋で2年前の2019年4月、旧通産省工業技術院元院長・飯塚幸三被告が運転する乗用車『プリウス』が暴走し、2人が死亡、9人が負傷した事故。その2回目の被告人質問が東京地裁で行われ、遺族の質問で、ブレーキと間違えてアクセルを踏んだ可能性について言及すると「踏み間違いはない」と「車の不具合」を繰り返し、改めて無罪・・・

ニュースを読む

トヨタカスタマイジング&ディベロップメントは、『プリウス』の特別仕様車「ブラックエディション」発売に伴い、モデリスタエアロキット「アイコニックスタイル」に専用色を新たに設定し、全国のトヨタ車両販売店を通じて6月3日より販売を開始した。

モデリスタは昨年12月、プリウスのマイナーチェンジに伴い、先進感とスタイリッシュな装いを創出するカスタマイズアイテムを発売。エアロキットは、ハイブリッドカスタマイズにマッチした先進的なイメージの「アイコ・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は、『プリウス』および『プリウスPHV』を一部改良するとともに、プリウスに特別仕様車「ブラックエディション」を設定し、6月3日より販売を開始した。

今回の一部改良では、8インチディスプレイオーディオ(プリウスのEグレードを除く)や「ナノイー」(プリウス:A、A ツーリングセレクション、プリウスPHV:Aプレミアム、A)を標準装備。プリウスの外板色にブラキッシュアゲハガラスフレークを採用した。

価格はプリウスが259万70・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車の米国部門は5月27日、『プリウス』(Toyota Prius)の2022年モデルを米国で発表した。特別モデルの「ナイトシェードエディション」とともに今秋、米国市場で発売される予定だ。

◆11番目のナイトシェードは初のハイブリッド車に

米国トヨタは、ナイトシェードエディションと呼ばれる特別モデルシリーズを、『C-HR』や『カムリ』、『カローラハッチバック』(日本名:『カローラスポーツ』に相当)など10車種に展開している。・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

CF4152

給油(通算81回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算81回目)を10/2に行いました。前回の給油から519.9km...[ 続きを見る ]

kei

中広くて最高

車種名:ダイハツ ウェイク
投稿ユーザー:kei***** さん
総合評価:

荷物も沢山積めるし加速も良いし最高です。お気に入りです。近場のお買い物で...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針