トヨタ プリウス

カーライフニュース - トヨタ プリウス

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

トヨタ自動車は、『プリウス』および『プリウスPHV』の安全装備や給電機能を強化し、7月1日より販売を開始した。

今回の一部改良では、予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」の機能を向上。プリクラッシュセーフティの検知範囲を夜間の歩行者と昼間の自転車運転者に拡大したほか、レーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内中央を走行できるよう操舵を支援するレーントレーシングアシスト(LTA)を装備した。また、カメラで認識した道路標識をデ・・・

ニュースを読む

トヨタは7月1日、『プリウス』『プリウスPHV』の一部改良モデルを発表した。先進安全性能の強化が目玉だが、その中でも特に注目したいのは、新開発の急アクセル時加速抑制システム「プラスサポート」だ。

「何としてもプリウスからお届けしなければ」と語るトヨタ。約1年(!)という短い開発期間からもエンジニアの思いが伝わる。この「急アクセル時加速抑制システム」は、社会問題化した高齢ドライバーのペダル踏み間違い事故の抑止、被害軽減のために新たに開発・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は6月24日、『プリウス』など4車種25万台について、ハイブリッドシステムに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、トヨタ『プリウス』『プリウスα』『オーリス』、ダイハツ『メビウス』の4車種で、2014年2月4日〜2020年2月5日に製造された25万0284台。

不具合箇所は、ハイブリッドシステムのパワーマネジメントコントロールコンピュータまたはハイブリッドビークルコントロ・・・

ニュースを読む

世界初の量産ハイブリッド乗用車、トヨタ『プリウス』は、2000年に2001年型としてはじめて北米市場に投入された。それから20年が経ち、北米トヨタは20周年記念仕様プリウスを用意した。

プリウスは日本市場で1997年に投入され、以来トヨタは600万台以上のプリウスを全世界で販売した。アメリカ市場ではレクサスも加えて360万台以上のハイブリッドが販売され、2019年までに190万台のプリウスが売れている。

初代プリウスは自動車の駆動力・・・

ニュースを読む

トヨタ プリウス に米国20周年記念車、2020台を限定発売へ

by 森脇稔 on 2020年05月12日(火) 21時00分

トヨタ自動車の米国部門は5月11日、『プリウス』(Toyota Prius)の米国20周年記念車、「2020エディション」を、2020台限定発売すると発表した。

初代プリウスは2000年、米国市場で発売された。日本では1997年12月、初代プリウスは発売された。米国では、初代の改良新型が登場した2000年に、初めて投入されている。

◆ブラックアクセントのエクステリア

2020 エディションのエクステリアには、ブラック仕上げの17イ・・・

ニュースを読む

アフターマーケット事業者の視点で「いいクルマ」を選ぶ「いいクルマアワード」で、トヨタ『プリウス』が3年連続で「大賞」に選ばれた。

いいクルマアワードは、オートアフターマーケット連絡協議会が主催となり、2017年より開催。自動車整備、車体整備、買取り、用品・部品販売、新車・中古車販売、ロードサービス、ガソリンスタンド、カーディテイリング、保険などに従事している人を対象に、「コスパ部門」「トラブルレス部門」「リセールバリュー部門」の3部門・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は1月29日、『プリウス』など4車種41万8929台について、運転席シートベルトバックルに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、トヨタ『プリウス』『プリウスPHV』『プリウスα』、ダイハツ『メビウス』の4車種で2014年10月14日〜2019年7月29日に製造された41万8929台。

対象車両は、運転者席シートベルトの非装着時警報装置にて、バックル内の警報スイッチ接点の組・・・

ニュースを読む

ソニックデザインは、車種別スピーカーパッケージ「ソニックプラス」を装着したトヨタ車デモカーを試聴できる「SonicPLUS×トヨタ試聴体験会」を1月25日、26日の2日間、全国のソニックプラスセンター9店舗にて開催する。

イベントでは、『RAV4』『カローラスポーツ』『C-HR』『プリウス』をデモカーとして用意。トヨタ車のために専用設計されたソニックプラスのクリアなサウンドを、実際に車両に装着した状態で試聴できる。内装や配線の加工作業・・・

ニュースを読む

日本自動車販売協会連合会は1月9日、2019年(1〜12月)の乗用車系車名別販売台数ランキングを発表。トヨタ『プリウス』が2年ぶりに首位を獲得した。

プリウスは2018年末にマイナーチェンジ。批判の声も多かったエクステリアデザインを一新するとともに、コネクテッド機能・安全性能を強化した。結果、2019年3月までは『日産ノート』の後塵を拝したものの、4月からは4か月連続で月間販売台数トップになるなど、好調をキープ。前年比8.8%増の12・・・

ニュースを読む

トレードイン取り付けが可能でありつつ高音質を誇るモデルであるビーウィズのBE-FIT(ビーフィット)。リファレンスAMのユニットを用い、専用開発されたアルミバッフルなどを備えてサウンドクオリティの高さは抜群。

今回は新たにラインアップに加わったトヨタ『プリウス』(5X系)対応モデルをチェックしてみた。

◆手軽な取り付けで高音質を得る
BE-FITの車種専用モデルが登場

高品質なユニットを用いつつトレードイン取り付けを可能にしたBE・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

のわー

平均的な車

車種名:トヨタ カローラフィールダー
投稿ユーザー:のわ***** さん
総合評価:

MTで走りを求めず、ある程度快適さを求める方におすすめです。 特に遮音性...[ 続きを見る ]

シロボル

一度ディーゼルモデルに乗ってみたいと思い、本当に思いきって、買ってしまっ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針