トヨタ プリウス

カーライフニュース - トヨタ プリウス

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

フロントスピーカーとして渡邊さんがチョイスしたのはフォーカルのユートピアM(3ウェイ)。サウンドはもちろんデザインのよさもチョイスの理由だった。広島県のリクロスと相談の上、コクピットまわりのインストールを実施。狙い通りのサウンドを完成させた。

◆音楽を思う存分聴く環境として選んだ車内
そのためにカーオーディオを高音質していく
プロショップに加えて知人やまわりのオーディオ仲間の影響を受けてシステムアップを続けている渡邊さん。ここまでのレ・・・

ニュースを読む

アイデア満載のラゲッジインストールを実施した渡邊さんのトヨタ『プリウス』。積載性能をキープしつつ多くのユニットを収めるためにラゲッジをボードでかさ上げする手法を採用。広島県のリクロスがアイデア満載の取り付けで高音質と使い勝手を両立させた。

◆大型スーツケースも積載できる荷室確保のため
ラゲッジフロアをかさ上げするボードをワンオフ
知人が高音質なカーオーディオを楽しんでいたのに影響されて前のクルマからプロショップでのオーディオインストー・・・

ニュースを読む

現行型の60系の登場以来、カスタムベースに使われることがさらにヒートアップ中のトヨタ『プリウス』。東京オートサロン2024の会場内でも、独自路線のエアロワークやデザイン処理を加えたデモカーが多数出展。プリウスユーザーには目移りする状況となった。

フロントウインドウを大きく寝かせたワンモーションフォルムやハンマーヘッドデザインなど、思い切ったデザインを投入して登場した60プリウス。ソリッドなボディスタイリングや完成度の高い細部デザインな・・・

ニュースを読む

フロントサブウーファーにするなど、システムや取り付け面に徹底してこだわった坂本さんのトヨタ『プリウス』。フロントスピーカーに選んだのはアマネ。福井県のcustom & car Audio PARADAと共にトランスを心地良く聴かせるサウンドを完成させた。

◆フロント2ウェイを2チャンネルアンプ
2台でドライブする充実のシステムデザイン
サブウーファーをセンターコンソール前方に置いたり、パワーアンプやDSPなどをすべてフロントシ・・・

ニュースを読む

プリウス/プリウスPHEV用車高調が新発売、タナベの「SUSTEC PRO CR」

by ヤマブキデザイン on 2024年01月19日(金) 10時00分

サスペンション・マフラー・ホイールのトータルメーカー・TANABE(タナベ)が販売中のローダウン向け車高調「SUSTEC PRO CR」に60系トヨタ『プリウス(MXWH60)/プリウスPHEV(MXWH61)』用が新登場。税込み価格はいずれも10万3180円。発売開始は2月を予定。

「SUSTEC PRO CR」はダンパーピストンのリーフバルブに車高調特有の“街乗りでの不快なゴツゴツ感を大幅に軽減するノンプリロードバルブを採用。低速・・・

ニュースを読む

愛車のトヨタ『プリウス』をオーディオカーとして進化させ続けている坂本さん。現時点での完成形となったのがこちら。福井県のcustom & car Audio PARADAと作り上げたセンターコンソールはパワーアンプがビルトインされ前方にサブウーファーを設置するスタイルが斬新だ。

◆フロントまわりにユニットを集中設置
ケーブルを最短化して高音質化を引き出す
パワーアンプやサブウーファー、さらにはDSPなどの主要ユニットをすべてフロ・・・

ニュースを読む

2023年8月千葉・幕張メッセで開催された、カスタムカーイベント『A-MESSE TOKYO 2023』で、多くのショップがデモカーとして展示していたのが新型トヨタ『プリウス』だ。スポーティさを増したモノフォルムとハンマーヘッドフェイスが、思い思いの方向性で磨き上げられていた。

◆ローダウン+ビックローターのセットで本物感マシマシに【T-DEMAND】
会場入口の付近に陣取り、赤と黒の2台の60プリウスを展示していたのが、福井のT-D・・・

ニュースを読む

◆目まぐるしく進化するクルマ、同時にタイヤに求められる性能も高まる
タイヤの進化が目まぐるしい。というか、これまで以上にパフォーマンスが求められるようになってきた。理由はクルマ自体の急速な進化だが、中でもEVに関してはそれなりの対応が必要になっている。瞬間的な太いトルクの立ち上がりを含め、内燃機関とは異なる特性があるからだ。走り以外では静粛性というのもポイント。なんたって“エンジン音”がごっそりなくなるのだからこれまでと同じとはいかない・・・

ニュースを読む

トムスは、2024年1月12日から14日まで幕張メッセで開催される「東京オートサロン2024」に出展する。同社は2024年に創業50周年を迎え、これまでの支援に感謝の意を込めた様々な施策を予定しているという。

展示エリアは例年よりも拡大し、初公開となる車種展示や実車の初披露車種展示、50周年を記念したロゴ入りのウェア&グッズや福袋の販売、スペシャルゲストを招いてのトークショー、TOM'Sアテンダントによる撮影会等が行われる。

初公開・・・

ニュースを読む

長い長いトンネルを抜けて、2023年は日常生活がもどってきた。非常事態宣言が出て、世の中の動きが凍結してから3年。冬眠するように過ごすなか、それでも技術は進化し概念はアップデートされ、4年ぶりに行われた東京モーターショーは、「ジャパンモビリティショー」として生まれ変わった。

もうクルマは、一台一台がどうこうという時代ではないのか。タイムパフォーマンスという言葉がもてはやされ、いかに要領よくふるまうかが人の価値を決めている風潮のなかで、・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

バル7

良い車ですよ

車種名:マツダ MX-30(マイルドハイブリッド)
投稿ユーザー:バル***** さん
総合評価:

外観に一目ぼれ。 夫婦二人、後部座席は年に数回の使用なので、この車がピッ...[ 続きを見る ]

ねばくん

バッテリー交換前と交換後の燃費につ...

車種名:スズキ ハスラー
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

普段は燃費が24キロ/Lほど出ている車ですが 昨年12月ごろから20~2...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針