スバル インプレッサ

カーライフニュース - スバル インプレッサ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

SUBARU(スバル)は10月17日、『インプレッサ』および『XV』のイグニッションコイルなどに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2016年10月3日から2019年3月22日に製造された27万9558台。

不具合箇所はイグニッションコイル、ブローバイガス還元装置(PCVバルブ)、ブレーキホースの3つ。

イグニッションコイルについては、エンジンコントロールユニット(ECU)の制御プロ・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は、『インプレッサ』大幅改良モデルを発表、11月15日より販売を開始する。

2016年10月に発表した第5世代インプレッサは、次世代「スバル グローバル プラットフォーム」や、国産初となる歩行者保護エアバッグなどの新技術を採用。「総合安全性能」と「動的質感・静的質感」の大幅向上を実現した。

今回の大幅改良では、ドライバーの運転負荷を軽減するアイサイトツーリングアシストを全車に標準装備するとともに、「アダプティブ・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)の米国部門、スバルオブアメリカは、『インプレッサ』(Subaru Impreza)の2020年モデルを今秋、米国市場で発売すると発表した。

2020年モデルは、現行型のデビュー以来、初の本格改良を受けたモデルとなる。外装を中心に変更を受け、4ドアセダン(日本名:『インプレッサG4』に相当)と、5ドアハッチバック(日本名:『インプレッサスポーツ』に相当)が、米国で同時にデビューしている。

◆バンパーやグリルが新デ・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は25日、「第46回東京モーターショー2019」に出展予定の車両6台を発表した。

世界初公開となる『新型レヴォーグ・プロトタイプ』(既報)、特別仕様車の『WRX STI EJ20 Final Edition プロトタイプ』、『インプレッサSport 2.0i-S EyeSight』、『XV Advance(e-BOXER搭載車)』、『フォレスターAdvance(e-BOXER搭載車)』、参考出品となる『VIZIV・・・

ニュースを読む

ソニックプラス×スバル店頭試聴会、全国14店舗で開催 9月28-29日

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年09月24日(火) 14時30分

ソニックデザインは、9月28日・29日の2日間、全国のソニックプラスセンターにて、スバル車対応「ソニックプラス」を試聴できる「ソニックプラス×スバル店頭試聴会」を開催する。

ソニックプラス×スバル店頭試聴会では、スバル車のために専用設計された車種別スピーカーパッケージ「SP-S300M(フロント専用ハイグレードモデル)」を用意。ソニックプラスのクリアなサウンドを店頭設置のディスプレイで試聴できる。また一部店舗では『レヴォーグ』、『イン・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は、今秋発売予定の『インプレッサ』大幅改良モデルに関する事前情報を、8月27日より専用サイトで公開した。

2016年10月発表の第5世代インプレッサは、ドライバーに最高の「安心と愉しさ」を提供することを目指し、次世代プラットフォームをはじめ、国産初となる歩行者保護エアバッグなどの新技術を採用。「総合安全性能」と「動的質感・静的質感」の大幅向上を実現した。

今回の大幅改良では、エクステリアデザインを刷新するととも・・・

ニュースを読む

横浜ゴムは7月1日、米国タイヤ販売子会社であるヨコハマタイヤコーポレーション(YTC)がSUBARU(スバル)の米国生産子会社であるSubaru of Indiana Automotive, Inc.(SIA)より、サプライヤーアワードの「Excellent Performance Award」を受賞したと発表した。

今回の受賞は、SIAが生産する『インプレッサ』向けの新車装着(OE)用タイヤ「AVID S34P」の供給にて、同社が求・・・

ニュースを読む

モータースポーツジャパン2019フェスティバルインお台場(6〜7日)で、今年もスバル「インプレッサWRC」が登場。大迫力のデモランが行われた。

このインプレッサWRCは1998年にコリン・マクレーが世界ラリー選手権(WRC)で使用したもの。現役当時から約20年も経っているが、今でも迫力ある走行ができるほどのマシン状態で保存されている。

昨年、久しぶりにこのマシンがお台場に登場したとあって注目を集めたが、今年のモータースポーツジャパン・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

不具合が見つかった場合、国にリコール(回収・無償修理)を届けることは決して悪いことではなく、安全面からもむしろ消費者の不安を解消させてくれる効果がある。ところが、リコールが度重なると……。

スバルが、ブレーキランプをつけるためのスイッチの不具合・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は2月28日、『インプレッサ』および『フォレスター』のブレーキランプスイッチに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2008年9月19日から2017年3月29日に製造された30万6728台。

不具合の原因は、制動灯スイッチの接点方式が不適切だったこと。車内清掃用品や化粧品類などから揮発するシリコーンガスの影響で接点部に絶縁被膜が生成され導通不良となることがあり、ブレー・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

moo

なかなか走ります!

車種名:ダイハツ ハイゼットトラック
投稿ユーザー:moo***** さん
総合評価:

ハイゼットジャンボ、リクライニングが出来、腰がだいぶ楽です。エンジンはツ...[ 続きを見る ]

ぬ

変なところで実用性がある軽トラック

車種名:ホンダ アクティ
投稿ユーザー:ぬ***** さん
総合評価:

平成12年式のHA7初期型です。主に農作業に使用しています。 燃費は大体...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針