人とくるまのテクノロジー展

カーライフニュース - 人とくるまのテクノロジー展

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

矢崎総業は、7月17〜19日にポートメッセなごや(名古屋市)で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」に出展、CASEなどに対応する先進安全システムとその構成部品に貢献する技術を紹介する。

矢崎グループでは、「クルマの中」、「クルマと人」、「クルマとくらし」をつなぐ技術開発を進めており、今回は、クルマの中の情報と電力を確実に“つなぐ”技術「EEDDS(Electrical/Electronic Distrib・・・

ニュースを読む

日本発条(ニッパツ)は7月17〜19日にポートメッセなごやで開催される「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」に出展すると発表した。

今回は、EV/HEV(電気自動車/ハイブリッドカー)向けのモーターコアや、高放熱に優れた金属ベースプリント配線板、軽量化を追求した新素材の懸架ばねなど、次世代自動車に向けた製品をメインに、クルマに使われる「なくてはならないキーパーツ」を展示する。具体的には、CFRPばね/FSD中空スタビライザ/モノ・・・

ニュースを読む

大豊工業は7月17〜19日にポートメッセなごやで開催される「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」に出展する。

今回は「トライボロジーから拡がる環境対応テクノロジー」をテーマに、要素部品から機能部品まで幅広い技術で地球環境保全に取り組んでいることをアピールする。特に自動車業界のトレンドの一つである電動化に向けた取り組みの一例を紹介する。

また、内燃機関の低燃費に貢献する軸受技術や、軸受、抄造樹脂、ダイカスト、システム製品などの軽・・・

ニュースを読む

三菱自動車は、7月17〜19日にポートメッセなごや(名古屋市)で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」に出展、電動車の新たな価値を提案する。

三菱自動車は、開催テーマである「新たな自動車技術が支える地域創生」のもと、『アウトランダーPHEV』2019年モデルに採用したPHEVシステムの技術紹介と、年内にサービス開始を予定している「電動DRIVE HOUSE」を紹介する。

ブースでは昨年に大幅改良したアウト・・・

ニュースを読む

トヨタ紡織は、7月17〜19日にポートメッセなごや(名古屋市)で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」に出展。自動運転や次世代自動車へ対応した技術・製品や、自動車技術会の「技術開発賞」を受賞した技術を紹介する。

自動運転に対応する技術・製品では、乗員の生体情報を検知し、感情を推定して、状態に応じて音や光で快適を提供するシートを紹介。次世代自動車向けとしては、リチウムイオン電池やハイブリッドシステム用モーター・・・

ニュースを読む

オムロンは、7月17日から19日までポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)で開催される「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」に出展すると発表した。

展示会は自動車産業の第一線で活躍するエンジニアのための自動車技術専門展でオムロンとしては初出展となる。

従来、検査員の目視による抜取検査にとどまっていた車載電装用基板や部品の寸法検査を、自動化によってインラインで全数検査できる業界初の検査装置「VT-M121」を紹介、顧客の「不良・・・

ニュースを読む

クラレは、7月17日からポートメッセなごやで開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」に出展すると発表した。

同社では「世のため人のため他人のやらないことをやる」というスローガンを企業ステートメントに掲げており、次世代技術の実用化に向けて顧客の課題をともに解決するパートナーとして独自のソリューションを積極的に提案する。

今回の展示会には耐熱性ポリアミド樹脂や、高剛性遮音ガラス中間膜、熱可塑性コンポジットなどの・・・

ニュースを読む

オイルシールメーカーのNOKとグループ会社の日本メクトロンは、7月17〜19日にポートメッセなごやで開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」に出展する。

NOKは「未来のモビリティーを支えるNOK製品」をコンセプトに企画・展示を行う。低フリクションシール「Le-μ's(レミューズ)」は、シール性能を保持しながら低フリクションを実現する高機能ブランド。低フリクション技術により駆動力損失を低減し、低燃費・低電費化・・・

ニュースを読む

住友理工は、7月17〜19日にポートメッセなごや(名古屋市)で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」に、住友電工、住友電装と3社共同で出展。自動運転対応の「ステアリングタッチセンサー」や「高機能アームレスト」を出品する。

電気自動車(EV)化の動きや、自動運転車の実用化に向けた取り組みが加速する中、住友理工は同社の強みである「高分子材料技術」「総合評価技術」を駆使し、新たな製品や材料の研究・開発に取り組んで・・・

ニュースを読む

豊田合成は、7月17〜19日にポートメッセなごやで開催される「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」に出展する。

同社は、中長期経営計画(2025事業計画)で「イノベーション・新モビリティへの挑戦」を活動の柱の一つに掲げ、CASE(コネクティッド、自動運転、シェアリング、電動化)に対応した新製品の開発や新規事業の創出に取り組んでいる。

展示会では、同社のコア技術であるステアリングホイールやフロントグリルなどの各種樹脂部品に、セン・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

としろー

EL41 まだ現役

車種名:トヨタ カローラII/コルサ/ターセル
投稿ユーザー:とし***** さん
総合評価:

走行距離はもうすぐ4万キロ、エンジンは極めて良好。 でも過去スターター・...[ 続きを見る ]

nice

さいあく

車種名:ホンダ N-VAN
投稿ユーザー:nic***** さん
総合評価:

とにかく燃費が悪い 以前のバモスの方がよっぽど良かった シートレイアウト...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針