人とくるまのテクノロジー展

カーライフニュース - 人とくるまのテクノロジー展

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

市光工業は、5月26日に開幕した「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」に出展、自動運転と電動化に関するライティングソリューションを発表している。

◆e-グリル EV時代の新たなライティング商品

自動車の電動化により、「エンジン冷却のための吸気」というラジエターグリル本来の役割は小さくなっているが、ブランドやモデルとしてのアイデティティを表現するアイコニックな役割を担っている。また世界的なスタイリングトレンドとして、ヘッドラ・・・

ニュースを読む

NTNは、前輪用ハブベアリングに転舵角度を調整する機構を組み合わせたステアリング補助機能付ハブベアリング「sHUB」を後輪用に改良した「Ra-sHUB」を開発。5月26日に開幕した「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」に出展している。

sHUBは、NTNが有するハブベアリングの設計、製造技術とモータなどの制御技術を組み合わせ、左右各輪の転舵角度の個別補正が可能なモジュール商品。2018年の開発発表後、車両の応答性の向上や燃費・・・

ニュースを読む

クラレは、オンラインで開催中の自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」に出展していると発表した。

脱炭素社会の実現に向けた動きや、CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)領域での技術革新によって自動車業界は変革期を迎えている。

今回の展示会では、クラレグループの独自技術を「環境対応素材」「車載用電子部品」「電池関連製品」「水素・燃料電池関連技術」「熱マネジメント」など11のカテゴリーで紹介している・・・

ニュースを読む

自動車技術会は5月27日、政府が緊急事態宣言の延長する見通しとなるなど、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の影響が長期化している状況から「人とくるまのテクノロジー展2021名古屋」の中止を決定した。

「人とくるまのテクノロジー展」は、自動車産業の第一線で活躍するエンジニアのための自動車技術専門展として横浜で1992年に開始した。今年は6回目となる名古屋では、6月30日から7月1日まで、ポートメッセなごやでの開催を予定していた。・・・

ニュースを読む

日本航空電子工業(JAE)は、5月26日に開幕した「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」に出展、次世代アンテナモジュールなどを紹介している。

JAEブースでは、新たに事業を開始した小型・高性能アンテナ「AN01シリーズ」を紹介する。同シリーズは、表面実装タイプのアンテナで、車載向けと一般用途向けに2.4GHz帯と5GHz帯、および一般用途向けに920MHz帯の製品をラインアップ。基板パターンの追加により、ローカル5Gやプライ・・・

ニュースを読む

ファーウェイは、5月26日に開幕した「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」に出展、先進運転支援や電動化技術に貢献する各種製品を紹介している。

ファーウェイの自動車事業であるインテリジェント・オートモーティブ・ソリューション事業部は2019年に設立。製品には30年以上ICT業界で培った技術を自動車部品向けに応用し、フルパッケージのソリューションから、個別の製品まで取り揃えている。

◆モバイルデータセンサー

自動運転の「脳」・・・

ニュースを読む

NTNは、世界最高水準の小型・軽量化を実現した4WD車に最適なリヤ用等速ジョイントを開発。5月26日に開幕した「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」に出展している。

等速ジョイント(CVJ)は、エンジンまたはモータの動力の大きさ(負荷容量)やタイヤの転舵のための作動角によってサイズを使い分けている。リヤ用CVJは転舵による大きな作動角は不要。NTNは2015年、リヤ用CVJに必要な作動角に合わせた専用設計により小型・軽量化を・・・

ニュースを読む

ヤマハ発動機は、自動車向け製品および技術のコンセプトブランド「αlive(アライヴ)」を立ち上げ、5月26日に開幕した「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」に各種製品を出展した。

ヤマハ発動機は創業後まもなく、二輪車と並行して自動車に関する技術研究や開発に取り組み、高性能・高品質、さらには「上質感」と「気持ちよさ」を創出してきた。αliveは、自動車用エンジンの開発・生産技術をはじめ、蓄積されたさまざまなリソースを活かして、・・・

ニュースを読む

NTNは、遊星ギヤ用保持器付き針状ころを開発。5月26日に開幕した「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」に出展している。

近年、低燃費化を背景としたATの多段化に伴い、一部の遊星ギヤの回転数が高くなり、遊星ギヤ用軸受には高速回転への対応が求められている。また、ATの重量を抑えるために、軸受を含む各部品は小型・軽量化。従来と同等のトルクを出力するために、軸受には高い負荷がかかるなど、軸受の使用条件はますます過酷になっている。
・・・

ニュースを読む

三菱自動車は、5月26日に開幕した「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」に出展、改良新型『エクリプスクロス』に搭載したPHEVシステムと車両運動統合制御システム「S-AWC」、その融合による「理想前後駆動力配分」を紹介する。

◆PHEVシステム

車両前後にモーターを配置したツインモーター4WDとし、インバーターやジェネレーター、駆動用バッテリーなどPHEV専用コンポーネントを最適にレイアウトすることで、SUVとして十分な車・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

ねばくん

特に燃費への意識は行いませんでした...

車種名:スズキ ハスラー
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

使用グレード G 5MT 今回、浜松市から天竜川沿いにひたすら北上し、...[ 続きを見る ]

NekoNiko

納車後2ヵ月

車種名:トヨタ ルーミー / タンク
投稿ユーザー:Nek***** さん
総合評価:

納車して2ヵ月。在宅勤務であまり通勤で使わないし、納車間もないため控えめ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針