メルセデスベンツ・ヴィジョン AVTR(CES 2020)《photo by Mercedes-Benz》

CESを主催するコンシューマー・テクノロジー・アソシエーションは7月28日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大に配慮して、CES 2021を2021年1月、完全デジタルイベントとして開催すると発表した。

CESには、世界中の家電、コンピューター、オーディオメーカーなどが出展し、新製品や最新テクノロジーを披露する世界最大規模の見本市だ。自動車メーカーも、ブースを構えることが増えている。

CESは毎年1月初頭、米国ラスベガスで開催されてきた。しかし、2021年は新型コロナウイルスの感染拡大に配慮して、コンシューマー・テクノロジー・アソシエーションは、ラスベガスで何万人もの人々を集めて開催することは困難との結論を下した。

その代わり、CES 2021は、完全デジタルイベントとして開催される。例えば、基調講演やカンファレンスには、オンラインで参加することができる。出展企業は、CESショーフロアのデジタル化により、新製品の発表をライブ配信で行う。気になるブランド、オピニオンリーダー、ビジネスとのつながりは、ライブインタラクションや円卓会議を通じて、参加することができる。

コンシューマー・テクノロジー・アソシエーションは、「完全デジタル化されるCES 2021によって、世界のどこにいてもCESに参加できる。世界で最も影響力のあるデジタルテクノロジーイベントで2021年の幕開けを迎えるために、世界的なブランドからスタートアップまで、グローバルなテクノロジー企業を歓迎する」と述べている。

ホンダ・オーグメンテッド・ドライビング・コンセプト(CES 2020)《photo by Honda》 フォード・マスタング・マッハE(CES 2020)《photo by Ford Motor》